イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

多治見笠原 懐かしの「モザイク浪漫館」- 1

訳あって写真整理をしています。懐かしいなあ、「モザイク浪漫館」。「多治見市モザイクタイルミュージアム」(2016年オープン)の前身とも言える日本モザイクタイルの殿堂です(でした)。

e0063212_2333013.jpg


時間を忘れて熱中する、タイル好き、やきもの好きの聖地のような場所。地元有志が長い年月をかけて集めたタイルや資料、生き字引のような館長さん、皆さんのタイル愛に圧倒されました。

e0063212_2334450.jpg


日本を代表するタイル産地・笠原のタイル、全国から収集した歴史的価値のあるタイルやテラコッタ、浴槽や洗面台、タイル見本帳や道具。

e0063212_2341734.jpg


昭和のデザインや色使いは可愛らしく、明るい。前向きな心持ちを感じる。やきものとしての魅力度も高い。廃校を利用した建物の味わいも、たまらないものがあるのでした。

e0063212_2344777.jpg


心に残る、タイルのある場所。ありがとう。忘れません。
(写真がまだ結構あるので、またアップします)

e0063212_234272.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・
* 検索で発見したブログ「やきもの物語」内記事「タイルの変遷ーモザイク浪漫館」。笠原のタイルの歴史も合わせ、展示内容が詳しく紹介されています。写真も豊富! → http://www.kano.co.jp/blog/2009/06/タイルの変遷ーモザイク浪漫館/
by orientlibrary | 2019-03-09 23:05 | 日本のタイル、やきもの