イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

TORAFU’s TILE LAB

当ページ管理人orientlibraryは、イスラーム世界の建築を装飾するタイルに魅了されて四半世紀になります。テイストは違いますが、やきもの感の高い日本のタイル(例えば泰山タイル)にも惹かれます。この嗜好の流れから、工業製品としてのタイルは自分にとって好き嫌いではなく別カテゴリー。

が、「トラフ建築設計事務所の鈴野浩一氏が、実際のプロジェクトを通して、素材としてのタイルの魅力とデザインのプロセスを解説」(DESIGNER's TILE LAB、2月14日開催@渋谷ヒカリエ)というトークを知り、日本の建築・デザインの専門家が、どのような視点でタイルを見たり、選んだりしているのかに興味がわき、参加させていただきました。

・・・・・・・・・・・・

“デザイナーズ・タイル・ラボ”(LIXIL)のコンセプトは、「タイルのいまを知ると、デザインが楽しくなる」。この観点から新しいタイルを5つの方向に分類し、その可能性を考えていく」試みのようです。 
*→https://www.lixil.co.jp/…/ti…/designers_tile_lab/default.htm
トラフの鈴野さんのお話、メモを取りましたが、こちらにインタビューのまとめがありました。ラッキー!4回に分けて詳しく書かれています。 
*→https://www.lixil.co.jp/…/ti…/designers_tile_lab/default.htm 
ここでは感じたことだけを(勝手にすいません!)。

・・・・・・・・・・・・

まず、鈴野さんがタイルに興味を持ったきっかけは、INAXライブミュージアムで2013年に開催された展覧会「建築の皮膚と体温 – イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界」の会場構成を手がけたこと。「シンプルな形状をしたタイルでも、組み合わせ方で重なったり、段差が付いたりと、表情が変わって見える」ことが新鮮だったようです。インテリア雑誌「コンフォルト」の企画で、オリジナルのクローバー型タイルを作ったことも。

タイルの持つ特徴を生かしながら設計しているさまざまな事例がスライドで紹介されます。大理石のモザイクタイルを張り壁画のように見立てた事例、14mm角タイルに対して目地をレンガ用の荒々しい仕様の幅広の6mmに設定して焼き色が1つずつ異なるタイルと一体で奥行きが感じられるようにした事例、床にモザイクタイルを敷きつめて水を表現した事例など。次に、LIXILのタイル製造工場を見学した体験の紹介。

トラフのタイル使いは、異素材との組み合わせや余白など、タイルを生かすバランスの工夫が、タイル好きとしてはうれしく感じました。(日本の工業製品の)モザイクタイルは小さくてカラフルで、テキスタイルのような多彩な表現ができるのですね。

最後に衝撃の?YouTube映像。二人の若者が地元の泥から日干しレンガや焼成レンガを作り、プール付きハウスや塀をサクサクとセルフビルドしていく様子が紹介されました。

e0063212_22371054.jpg


e0063212_22375920.jpg


・・・・・・・・・・・・

さすが。鈴野さんのメッセージは、ここかなとも感じました。その後のトークで、「今回の5つの方向の中では、やきもののタイルに惹かれる。表情があっていいなと思う」「タイルは工業化されすぎているかなとも感じる。ガタガタしたり、ちょっと違うのが魅力」と、ばらつきや歪みへのおおらかな感性も語られました。
そうなんですよね。デザイン関係者でも、そういう人が少なくないのでは。でもメーカーの使命が、良い意味で均一な製品を提供することだと考えると、なかなか難しい。

だから、やはり分けて考えた方がわかりやすいと思いました。一方で、やきもの的なタイルをオーダーで作り提供するのもありかなと。


・・・・・・・・・・・・・

添付写真4枚めからは、ウズベキスタン西部・ホラズムのタイル工房で、組み合わせで模様が変わるのを見せてもらった時のもの。あまりの早業に動画撮るのも間に合わず。ジオ・ポンティの幾何学模様変化映像を見て思い出しました(笑) 

このような幾何学模様が満載のヒヴァのタイルを少々。青が綺麗でしょう?時代はあまり古くなく18世紀以降のものが多いと思います。修復が盛んに行われていますが、難しそう!釉薬の発色も素地の強さも、昔の技術は凄いです。

e0063212_22383222.jpg


e0063212_2238467.jpg


e0063212_2239522.jpg


e0063212_22392224.jpg


e0063212_22393784.jpg


・・・・・・・・・・・・・

この数年、日本の古いタイル(大正、昭和)が人気。多治見にモザイクタイルミュージアムも開館し、タイルをめぐる状況も変化しつつ、変わらない部分もあり。自身の体調や各国の事情などあり海外に行けていないこの頃ですが、マイペースでいこうと思います。
# by orientlibrary | 2019-02-15 22:40 | タイルのデザインと技法

キャプション無しって、なんて自由!〜日本民藝館『柳宗悦の「直観」』

展示品の解説無し。そのことを知らずに行ったので、余計に鮮度高く感じました。NO解説だけでなく、展示もNOカテゴリー(ジャンル、産地、年代、技法など)。強いて言えば、サイズ別のレイアウト。いろんなものが混ざっている。

あ〜、なんて自由!なんて清々しい!楽しい。キャプションがないだけで、こんなに新鮮に見られるなんて。


私、博物館などで、いつもキャプションから読んでしまうのです。見てから読もうと思っているのに、気が急いて読んでしまう。読んだ時点で見たつもりになっている。文字情報があると読まなくちゃと思ってしまう。囚われてるなあ。。


展示は、色や質感が心地良いバランス。ものたちが伸び伸び、そこにある。展示設計にはとても苦労されたそうですが、「楽しかったでしょうねえ」と何度も言ってしまった私でした。


館の方によると、キャプション無しの展示は日本民藝館開館以来初の試みだそうです。これはもちろん、展覧会のテーマである柳宗悦の「直観」を追体験するため。企画した方、英断です!


併設展の河井寛次郎、朝鮮半島の陶磁器、富本憲吉なども大好き。久々に展覧会を満喫しました。


**************


● 下記=「直観について」(柳宗悦/昭和15年5月末日 於病室/*日本民藝館配布資料)より抜粋・引用 ●


直観とは文字が示唆する通り「直ちに観る」意味である。美しさへの理解にとっては、どうしてもこの直観が必要なのである。知識だけでは美しさの中核に触れることが出来ない。


直観に在るとは、心を空しくする事を意味してくる。


平たく云えば何の色眼鏡も通さずして、ものそのものを直かに見届ける事である。


仏教流に云えば、空(くう)に帰って、その空の場から見る時、直観の働きが現れるわけである。


つまり直観はものを、「そのままの相」で、「そのままに観る」ことなのである。それ故見ることにも、見られる相手にも囚われず、又自ずからにすら囚われない自在さに入ってこそ、初めて直観が可能になる。この意味で「直観人」はいつも「自在人」たる事を意味する。


直観の根のない知識ほど、美に向って力の弱いものはない。


なぜ美しさの理解に、直観がかくも必要となるのか。それは美しさが言葉や判断に余るものだからである。


真の直観人なら、同じものを度々見ても、いつも「今観る」想いで見るのである。この「今観る」という事が、直観の面目だと云ってよい。


今観る以外に直観はないのである。


いつ見ても常に「今観る」ことが、直観の本性なのである。


e0063212_20481874.jpg



e0063212_20485953.png

*展覧会URL http://www.mingeikan.or.jp/events/


# by orientlibrary | 2019-02-07 20:49 | 日本のいいもの・光景

BIRDS 2017

2017年、皆様にとって良き年となりますように。
どうぞ、健やかに、のびのびと、笑顔で、おすごしください。

そして、どの地でも、誰もが、安全で穏やかな日々を送ることができますように。

西アジア、中央アジアにも、鳥をモチーフとする陶器がたくさんあります。中世から現在にいたるまで。写真もいろいろあり、選べない。なので深く考えず、バババッ!っとセレクトしました。日本の陶磁器やテキスタイルも折り込みながら、鳥たちを少々コラージュしてみました。(詳細なキャプションなしにて、失礼します)



e0063212_20181152.jpg
(セルジュークの青い鳥/カラタイ・マドラサ〜ミュージアム/トルコ・コンヤ)



e0063212_20205323.jpg
(ティムール朝のおおらかな鳥/ティムールミュージアム/ウズベキスタン・タシケント)



e0063212_20224035.jpg
(日本/九谷、東京国立博物館など)



e0063212_20225965.jpg
(リシタンの青い鳥、現代/ウズベキスタン・リシタン)



e0063212_2024024.jpg
(キュタヘヤ、イズニックの青い鳥、現代など/トルコ)



e0063212_20244037.jpg
(テキスタイル、刺繍/バングラデシュ、東欧、日本、カシミールなど)




* * * * * * * * * * * *

今年は、動き始めたい。前を向いて、深呼吸して、歩いて行きたいです。人や景色や美しいものと、たくさん出会いたい。get moving,, 今年もよろしくお願いいたします。
# by orientlibrary | 2017-01-03 20:32 | 世界の陶芸、工芸

工芸の秋 〜 日本の美術タイル@旧朝香宮邸、漆藝、割り箸ピアノ、色の景

工芸の秋に背中を押されて、ブログ更新。動こう書こう!、、 写真中心になりますが、アップしていきますので、サクッとお立ち寄りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■トークイベント「昭和の美術タイルと旧朝香宮邸」@東京都庭園美術館

庭園美術館で開催中の展覧会「アール・デコの花弁」。その関連イベントとして、タイルに焦点を当てたトークイベント「ディテールのアール・デコ 旧朝香宮邸の室内空間 〜 昭和の美術タイルと旧朝香宮邸」がおこなわれました。参加予約は、すぐに満員になったようです。リニューアルした庭園美術館の魅力はもちろんでしょうけれど、最近のタイル人気もあるのかな。

トーク内容は、タイルの定義(〜世界のタイルの歴史概略)、昭和のタイル、美術タイル、アールデコの建物にタイルが多用される理由、幾何学模様、旧朝香宮邸のタイル(玄関から便所、テラス、中庭、居間、バルコニー、ガーデンなど各所について、現在の写真と貴重な図面を見ながらの解説)と、全体を網羅しながらディテールに迫るものでした。

同館出版の本の帯、「絶品のタイル、極上の石。絢爛たる意匠を堪能せよ」。え?タイル??、、、 朝香宮邸(1933年=昭和8年竣工)、何度か行っていますが、これまではアールデコという先入観のせいか、正直、土っぽいタイルというイメージはあまり持っていませんでした。絶品?

でも、トークでタイルだけを追って拝見してみると、これは確かにすごいですね。認識あらたにしました。といっても、アールデコの文脈から、ではなく、日本のタイル、という面からです。

朝香宮邸のタイルは、日本の美術タイルの二つの名門、「泰山製陶所」(池田泰山/京都)と「山茶窯」(小森忍/瀬戸)のタイルを採用。「この2大メーカーのタイルを同時に使っている現場はここしかないのでは。それが“絶品”のワケ。タイルのすごさを実感した。職人もすごい」(講師の後藤泰男さん)。

当時の日本の美術タイル独特の重厚さ、やきもの感の強さよりも、こちらでは一片が小さなタイルを幾何学的に組み合わせたり曲線を取り入れたりして、柔らかく軽やかな印象です。そして何と言っても魅力は淡い「色」、その組合せだと感じました。

きれい。何色と言えない仄かな薄い紫、薄い青、薄い茶色、さまざまな色。揺らぐような、たゆたうような釉薬の質感。なんという魅惑でしょう。スライドでタイルの写真をずっと見せてもらっているうちに、テキスタイルを見ているような気がしてきました。日本の絣を見ているような感じ。日本の美の感性。

これだけの色のバランスを作り出せた裏には、色を綿密に指示した設計図があったようです。職人さんも大変です。すごい仕事ですね。

が、残念ながら写真がないのです。トーク日は撮影禁止(平日のみ撮影可能&この展覧会会期中だけでは?詳細はサイトをご参照ください)。また行ってきます。

e0063212_23462532.jpg
(かろうじて撮った写真3枚)

e0063212_23464085.jpg
(妃殿下居間 バルコニー タイル(部分)=庭園美術館ホームページより引用)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■「三田村有純漆藝展 黄金幻想」@平成記念美術館ギャラリー

三田村有純さん、江戸蒔絵赤塚派十代を継承、東京芸術大学漆芸術科教授(先日退官)、日展作家として活躍。展覧会サイトはこちら

「自ら木を掘り、漆を塗り重ね、その上に漆で絵を描き、金を蒔いた作品」35点の展示。「風景彫刻、レリーフによる壁画、揺れる箱などが漆の概念を超えた魅力を放つ」。「参考出品として、祖父、父、三人の息子の作品も合わせて50点が並ぶこの展覧会は、漆藝を代々受け継ぎ、明治、大正、昭和、平成と発展してきた三田村家の歴史と、漆藝の未来を見せてくれることでしょう」(チラシより)。

漆、蒔絵は、土もの好きの私にとって、少し敷居の高いというか、見るのが難しい印象があったのですが、見始めると、細密な技巧、優美な美しさ、奥に感じる自然の素材感、日本の美意識などに、引き込まれるのを感じます。

e0063212_23441819.jpg
(物語性が印象的。吸い込まれるようです)


平成記念美術ギャラリー、次回の展示は、九谷の作家・武腰一憲さんの「色絵シルクロード行」。「特にウズベキスタン共和国の艶やかさは九谷の色と重なり、それ以降その作風がライフワークとなりました。鮮やかなサマルカンドブルーが力強く優しく語りかけ、悠久の時間が流れる作品たちを、どうぞお楽しみください」。青に会いに行こうと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ ”FUTURE AMBIENT feat. Benjamin Skepper and Sami Elu”@WALL&WALL

孤高の音楽家 BENJAMIN SKEPPER&自作の割り箸弦楽器「幻ピアノ」を操る唯一無二のアーティストSAMI ELUによるライブ。内容紹介はこちら

割り箸ピアノのサミエルさんの大ファンです。戸外イベントで聴いて、一目惚れならぬ一耳惚れ?!高価なシンセサイザーとかではなく、本当に割り箸やリサイクルの素材で自作したピアノで奏でる他にない音の世界は、アコースティックの素朴な優しさとエレクトリックなコズミック感があり、私にはずっと聴いていたい音楽なのです。

e0063212_2347518.jpg


***  YouTube  What Does a Chopstick Piano Sound Like?  ***




ベンジャミンさんも初めて聴く音の世界。「常にどこに居るのかわからないほどに、セレブのオーダーで世界中を縦横無尽に飛び回る貴族系?!音楽家」。すごいな〜。「来週はロシア。大学で人間の遺伝子を数学化した音楽をチームで研究中」と流暢な日本語で。いろんな世界があるんですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■「SENSE OF MOTION あたらしい動きの展覧会」@スパイラルガーデン

e0063212_23482072.jpg


写真のみです。エマニュエル・ムホーさん作品の景色、どこから見てもワクワクする色の景色。単体はシンプルな形ですが、集まって、何か自然を思わせます。スパイラルのサイトはこちら



************

超駆け足で書いてきました。がんばろう。。
# by orientlibrary | 2016-11-13 01:12

映画『あたらしい野生の地 リワイルディング』

忘れないうちに、印象が強いうちに、、と思うと、こんなに頻度低いブログアップが、映画の話題ばかりに、、。そう、今回も映画「あたらしい野生の地 リワイルディング」について、なのです。

いろんなことを書きたいと思っているんです。たとえば、

1: 日本のタイルの動き・まとめ (日本のタイルが動いています!多治見市モザイクミュージアムのオープン、各地の多彩なタイルイベント、タバコ屋とタイルの会に寄せられる日本各地のタイルの景、素晴らしい本『美濃のモザイクタイル つながる思い、つなげる力』、「タイルびとの会」のイベント、など)

2: 「工芸を体感する100日間」レポ (10月22日〜1月29日まで東京で開催される300に及ぶ工芸イベントについて、ガイドブックを見ながら行ける限り行き、見学体験し、なるべくトークなども参加し、それをレポしていこうと思い、別のブログの用意までしました。実際、展示やトークにも行っています。が、まだ書けていません、、)

3: 民藝を巡る (2とも関連しますが、この数年、あらたなブームとも言える若い層の民藝人気について、ショップやイベント体験を)

4: ホラズムのタイルと陶芸 (ウズベキスタン西部、ホラズム地方の装飾タイルと青の陶器について。陶芸工房訪問レポ。取材もしています。かなり秘境の地、二度訪問しました。でもまだ書けていません)

5: アースバッグの家づくり (今年の2月に出会った「アースバッグ」、土で作る家(空間)に一目惚れしました。天幕と土の好きな私の超ツボでした。主催者や集まる人たちも魅力的。時間をかけて追いかけたいと思っています、が、まだまだ動けていません)

6: タイルのテーマいろいろ (鳥の図柄、魚の図柄、多角形、幾何学、その意味や背景、文化など)

7: 九州北部の陶磁器 (有田、三川内、そしてこれから回りたい九州の産地。有田焼400周年イベントレポ)

8: 植物アルバム (去年秋から、コンデジでパシャパシャですが、植物の写真を撮っています。小さな植物の宇宙、枯れて満ちて開く時間の流れに惹かれています。雫も好き)

、、などなど。要気力&体力、です。

e0063212_22112951.jpg
(テーマいろいろ)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「大自然の無尽の力を、春夏秋冬の歓喜を、途切れることのない命を、そして生死を見つめていた」〜『あたらしい野生の地 リワイルディング』 

e0063212_22161583.jpg



■ 干拓事業の失敗で放置された土地

オランダというと、海抜が低く人口過密な小さな国、というイメージが。そのオランダに、しかもアムステルダムから2時間ほどのエリアに、何万匹もの馬が駆け抜け、キツネや鹿が走り、さまざまな鳥が飛ぶ「野生の地」がある、そのことがまず、イメージできませんでした。しかも、1968年以降、50年に満たない時間の中で、ほぼ自然にできた野生というのですから、不思議でなりませんでした。

映画公式サイト、現在上映中の渋谷UPLINKサイト、そして菅啓次郎さん&ドリアン助川さんによるトークショー(濃くて充実!)の内容から(メモとっていないので記憶違いがあったらすいません!)、少し書いてみたいと思います。

まず、この野生の園が、元々は干拓事業の失敗で放置された土地だったということに驚きます。

「アムステルダムから北東50キロの海沿いに位置する6000ヘクタール程の小さな自然保護区「オーストファールテルスプラッセン」。もともとは1968年に行われた干拓事業の失敗で放置された人工の地だった。しかし、人に忘れられたその土地に、わずか45年で自然はあたらしい命を育み、野生の楽園を築きあげていた」(UPLINKより)

オランダは干拓事業による地域が多い国ですが、放置されたというこのエリアは海抜が低い湿地で、水はけがうまくいかなかったのだそうです。そして放置されたままに。


■ 生態系が自らを復元する

ところが数年後に、植物学者が訪れてみると、あらたな生態系ができている気配が。長期を見越した調査や計画がすすめられ、10年程後には馬をこの地に放ちます。

「この土地でもっとも人目を引くのは、美しいたてがみをゆらして草原を駆け抜ける馬の群れ。ヨーロッパ原生種の馬にもっとも近いといわれるポーランドのコニックがリワイルディング(野生の再生)の試みとして放たれると、馬たちはこの土地に適応し、人間の介入の外で順調に数を増やしていきた。今では2000頭を優に越える頭数が確認されている」(公式サイト)

放たれた生き物もあれば、さまざまな地から入って来た多様な生き物が。

「同時期に放たれたアカシカも繁殖に成功。また鳥類では、17世紀以来ヨーロッパ大陸では目撃されたことがなかったオオワシが、おそらくスカンジナビア半島から飛来して姿を見せている」(公式サイト)


■ 春夏秋冬、生き物たちと自然、映像の美しさ

この野生の園の広さは東京大田区ほどであり、それほど広くありません。まさに都市近郊ですが、ゲートで囲まれており、一部を除き人間は入れないそうです。この中に、16人もの各分野(動物、昆虫等)の専門カメラマンが入り、600日かけて撮影したという映像の迫力、臨場感、美しさが素晴らしい。

「限られた土地の中で植生がどう移り変わってゆくのか、どこにどんな動物が戻り、他の動植物たちとの関係をつくっていったのか。湿原にはコケ類が、草原には一年生の草本が、そして森林には多年生の草木がはえ、土の性質を変えていく。水辺にはまず魚、両生類が戻り、鳥類が呼び寄せられ、それを狙ったキツネがやってくる。草原では馬やアカシカが子どもを育てる。こうした生態系復元のプロセスや自然のサイクルを美しい映像を通して学ぶことができる本作は、それはまるで動く生きもの図鑑のよう」(公式サイト)

トークでは福島の話がありました。避難指示が出された南相馬では一時、家畜が野生化して繁殖しているという報道がありましたが、守るのではなく殺すという選択が取られたそうです。南相馬は元々は湿地帯で、津波の後、農地に開拓された部分が流されて元の湿地に戻り、自然という面から見ると、この「オーストファールテルスプラッセン」的でもあったそうです。複雑な気持ちです。


■ 凍っていく鹿のように、、 

ドリアン助川さん、トークにて開口一番「この映画は(老子の)tao、タオだと思った」。そして「観られた幸せ」を、詩人の言葉でたくさん語ってくれました。皆さん同じなのでしょう。映画へのコメント、いい言葉がたくさんありました。(公式サイトより)

* 捨てられた土地で新しい生命の可能性が示された。それは人間の想像を超えた想定外のことだった。考えてみよう「捨てる」ことの積極的な意味を。認識を変えたとたん、それは新しい思想になる。(田口ランディ)

* なにもなかった場所にこれだけの宇宙が誕生するのであれば、この世の命あるどんなものも自らを再生する力を持っているのだと確信できた。(吉本ばなな)

* 映像を観ているうち、ボクは草に宿った水滴となり、大自然の無尽の力を、春夏秋冬の歓喜を、途切れることのない命を、そして生死を見つめていた。体験し得た者は、本当の意味でこの世の祝福を受けたのだ。(ドリアン助川)

* 人間の手の触れない世界が、隅から隅まで、どれほど喜ばしい生命に満たされているかを、本作品はつぶさに示してくれる。(野崎歓)

* ひたすら生きて繁殖して死んで食われる、食われて死ぬ。ただそれだけのことが圧倒的に美しい。この美しさは、ただ単に人間が「何もしなかった」ことの結果だ。その結果を驚くべき映像でつきつけられ、身体中の細胞が喜びに打ち震える。この映画の中で凍ってゆく鹿のように死にたい、と本気で思った。(小池桂一)


・・・ 「凍ってゆく鹿のように死にたい、と本気で思った」、同感です。もっとも強く印象に残ったシーンです。死期を悟った鹿の眼に映るオーストファールテルスプラッセンの景。それをカメラは静かに見つめます。動物の眼に映る自然の景、次第に閉じていく眼、閉じた眼に降り積もる雪。厳しく、悲しく、しかし美しかった。この死は不幸なのでしょうか。自然なのでしょう。私の心にも、思いが降り積もりました。

映画は、東京アップリンクの他、名古屋、大阪、京都などで上映されるようです。
* 公式サイトはこちら
* UPLINKサイトでの紹介はこちら



*********************************

タイルのブログとしては、オランダ→デルフトを載せるべきなのでしょう。けれどもヨーロッパのタイルの写真がほとんどない、イスラームタイル一辺倒のorientlibraryです。中国染付と染付に憧れたデルフト&世界各地のブルー&ホワイトのやきものを少々ご紹介します。


e0063212_2240114.jpg
(青花魚藻文壺/景徳鎮窯/元時代14世紀)(青花唐草文水差/景徳鎮窯/明時代(1426−35))(デルフト/藍彩人物タイル)(イラン)


e0063212_22401673.jpg
(トルコ)(青磁染付鶴亀図大皿/伊万里/19世紀)(ウズベキスタン)(リシタン絵付け)


近々、何かアップしたいです。気合い入れつつ、セルフメンテナンスをゆるゆるやっていきます。
# by orientlibrary | 2016-11-03 23:04 | 美術/音楽/映画