イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

タグ:工芸・手仕事 ( 176 ) タグの人気記事

中央アジアの子どもたち絵画&陶磁器展覧会、冬のミニ旅までTOPIC祭り

今回は「トピック祭り」。もう、ほんと、いろいろ飛びまくります!

---------------------------------------------

中央アジア五カ国の子どもたちの絵画

まずは中央アジア関係。国立新美術館で2月3日まで開催中の「アジア創造美術展2014」の一角に、中央アジア五カ国の子どもたちの絵画が展示されています。世界各地の子どもの絵、時々見る機会がありますが、中央アジアの国々勢揃いは初めてで興味津々。

e0063212_0113464.jpg


広々とした会場の奥、各国2枚ずつ10枚のパネル。カザフの民族衣装姿で説明してくださるのは、企画から展示まで尽力されたアルマティ在住のKさん(日本人)。この展覧会のために帰国なさっているのだそうです。

先入観があるのかもしれませんが、子どもたちの絵画、中央アジア好きには「この感じ、わかる」とツボでした。子どもたちの事情も様々、画材も様々なのを前提としても、子どもたちが見てきたもの、経験したこと、心のなかにあるものが、かたちや色として表れている。深読みかもしれませんが、象徴性を感じます。国別に見ていきましょう!

e0063212_0111728.jpg
(カザフスタン/太い線で力強く大胆。黄色のお風呂みたいなのはなんだろう?)

e0063212_011272.jpg
(ウズベキスタン/明るい!色合いが華やか。のびのび。表情がニコニコ。人も太陽も動物も笑ってる。スマラックづくりかな)

e0063212_0113720.jpg
(トルクメニスタン/さすが!きっちりで耽美的叙情的な印象。他の国と何か雰囲気が違う。子どもの絵でもそうなのかと興味深い。鹿と蜜蜂?の絵では花がキッチリ描いてあるし蜂の羽根も線が描きこんである。枯木と落葉の絵で左下にいるのは姉と弟?真ん中の緑はなに?不思議トルクメン旅行を思い出す、、)

e0063212_0114718.jpg
(キルギス/「みんなの家」の光景や自然など。日本人と風貌が似ていると言われるキルギス人。人の特徴をよくつかんでいると思う)

e0063212_0122031.jpg
(タジキスタン/版画的なものや立体的な表現もあり感性の良さを感じる。やさしい詩情、山あいの自然の感じが伝わります)

e0063212_0123196.jpg
(カザフスタン/歴史絵巻!文化紹介!)

e0063212_0135540.jpg
(ウズベキスタン/基本の笑顔。オレンジ色の明るい色使い。お洒落が好き。右の女の子のスカート、アトラス柄。建物はモスクっぽいモチーフでレンガ造。ウズだなあ。トルクメンの砂漠からブハラのオアシスが見えてきた時のうれしさ、ホッとした感じを思い出す。心がほどけていくようだった)

-----------------------------------------------

トピック祭りなので、どんどん行きます。デザイン編。国立新美術館の近く、東京ミッドタウンにある「21—21」、「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」(2月9日まで)。見たのがけっこう前で記憶が薄れているのですが、「地域を世界につなぐ〈東北/祈り/ユーモア〉の系」の展示がとても良かった。

e0063212_016286.jpg
(東北は豊かな手仕事の国。シナ布、からむし織、紙衣、ぜんまい織、こぎん刺し、裂織などを受け継ぐ東北。その地の作品と映像が紹介されていた。作り手の仕事と言葉で紡ぐ映像がとても良かった/マタタビそばざる、奥会津編組細工/ペットボトルの山は、たしか1杯の牛丼に要する水量だったような記憶。モノで見せつつ、それ自体に美しさがあるという展示が好みです)

-----------------------------------------------

トピック祭り、北関東編。日本のやきものに興味が高まっている昨今、なるべく産地や美術館博物館を訪ねたいと思っています。たまたまネットで見た「栗田美術館」(栃木県足利市)、景勝の地に敷地3万坪、伊万里、鍋島の収蔵で世界最大級の陶磁美術館とのこと。鍋島ファンとしては行くべきでしょう!と小さな旅に。電車を乗り継いで行ってみると、、とにかくものすごく広い。展示館がいくつもある。1万点という膨大な展示数。が、あくまで陶芸素人&個人の好みなのですが、これは惹かれた、というものがなかった。しいて言えば、蒐集のきっかけになったという染付の徳利がいちばん良かった。ただ、蒐集への熱と無名の陶工への敬意、愛情はひしひしと伝わりました。

あまり調べ込まずに現地を歩いてみるやり方なので、館の創立者であり鬼気迫るほどの徹底蒐集をされた栗田英男さんについて、まったく調べていませんでした。最寄り駅の待合室でiPad。Wikipedia曰く「日本の実業家(肥料商、東京毎夕新聞社主、鉱山経営者)、総会屋、元衆議院議員、美術評論家(栗田美術館創設者)」。趣味に投じた私財は当時500億円とも言われたそうです。

e0063212_016567.jpg
(栗田美術館現地マップ/電車で足利市へ。銘仙の生産地として一世を風靡した足利、一度行きたかったので、いい機会になりました。まちの皆さん、とても親切で、足利織物記念館では銘仙の歴史に触れることができました。織姫神社にも参拝)

-----------------------------------------------

トピック祭り、カシミヤショール編。「アジアの染織 憧れの毛織物 カシミヤ・ショールの歴史」(東京国立博物館アジアギャラリー地下/3月9日まで)。「カシミヤ・ショールは、インド北西部カシミール地方で放牧されたカシミヤ山羊の毛を紡ぎ、細くつややかな毛糸をさまざまな色に染め綴織(つづれおり)で文様(もんよう)を表わした最高品質の毛織物です」。ペイズリー好きには惹かれる展示。ただ、爛熟感のあるヨーロッパ色が濃くなってくると苦手に。ペルシア、ムガルの清楚な草花模様が好きだ〜!

e0063212_0175883.jpg
(左:亀甲繋ぎ文様切嵌刺繍カシミヤ/インド、カシミール/18〜19世紀/カシミヤで出来たフェルト地を黒・赤・オレンジ・青・緑などに染め、文様の形にくりぬいてははめこんで縫い留めている。鮮やかな対比が際立つ、美しい文様が表れる。さらにさまざまな色あいの糸で輪郭や葉脈を細かく刺繍し大変手が込んだもの)(右:白地立木鸚鵡文様刺繍カシミヤ/イラン、ケルマン/18〜19世紀/毛織物/花鳥文で飾られた額模様要の中にメッカの方向を示す窓状のミフラーブ文を表し、立木風のペイズリー文様を中央に配している。ペイズリー文様の内側にもどても細かい草花文様が刺繍で表され、繊細で美しい文様を愛好したペルシアの好みがうかがえる)(東博にて撮影、解説も同館のもの)

-----------------------------------------------

トピック祭り、陶芸編。「茶と美 -柳宗悦の茶 」(日本民藝館/3月23日まで)。

「柳宗悦は「茶」とその「美」について生涯に渡り強い関心を寄せました。なかでも初期の茶人の鋭い直観を高く評価し、併せて茶礼における型の美や、茶と禅との濃い結縁を重視したのです。さらに茶が暮らしと深く交わるよう願いました」。やきもの好きにはうれしい茶器の数々。併設展も「朝鮮陶磁」「丹波古陶」「庄内被衣」など充実で見応え。

e0063212_0195955.jpg
(館内は撮影できないので外の様子。枯れ蓮の大瓶の中に青を見つけた。民藝館の真白のこぶしは春の知らせ。もう芽吹いていた。うれしい)

----------------------------------------------

トピック祭り、建築編。「内藤廣展 アタマの現場 」(ギャラリー間/3月22日まで)。

内藤廣さんの「海の博物館(三重県鳥羽市)」、力強くて好きです。

e0063212_02059100.jpg
(展覧会場では内藤廣建築設計事務所の一部を再現。ひとりの建築家がひたすら走り続けてきた「アタマの現場」、その思考のなかから発せられた語録「言葉のかけら」。やはり、すごい人だ。上段左、インドの木版捺染の型が。面白いものいろいろ。「ISLAM」の写真集で喜んだけれど写真家さんとの関わりからかも)

-----------------------------------------------

トピック祭り、陶板編。民藝の器を中心にしっくりしてデザイン性の高い手仕事を紹介する「SML」(目黒川沿い)。こちらで見ることで勉強になります。楽しい。あるとき、モダンな陶板が数枚あったので、「こういうのも扱ってるんですか」とお聞きしてみたら、奥から出してきて、いろいろ見せていただきました。

e0063212_0214122.jpg
(日本の陶板。いろいろあるんだな〜。タイルとは違うとも言えるし、タイル的使い方をするのも自由。実際にはどのように使われてるんだろう。四角い平面なので作り手も使い手もいろんな表現ができそう)

---------------------------------------------

トピック祭り、芽吹く編

e0063212_0215525.jpg
(民藝館&右上の写真は、近所の八百屋さんで「この時期になると芽が出るんだよ。花よりいいよ、50円でいいよ」と薦められたニンニク。ミニタジン鍋飾りにピタッと納まりました)

* * * 長々でした〜。寒い日々ですが、皆さんご自愛くださいね! * * *
by orientlibrary | 2014-01-26 00:26 | 日々のこと

”みかわち焼”、やわらかな白と淡い呉須、超絶技巧が織りなす優美な陶世界

前回更新から時間が経ちました。時間の早さについていけてません。。こんなブログですが、どうぞよろしくお願いします。

この間、いろいろ見たものはあるのですが、今回は記憶の新しいところで、「江戸の美、明治の技、現代の匠  長崎 みかわち焼展」(渋谷ヒカリエ8階にて/1月20日まで)について。ライブトーク「みかわち焼めぐり」(講師:荒川正明さん)のお話を軸に、展示会場を巡るイメージで、ご紹介したいと思います。

* みかわち焼 * 400年の歴史をもつみかわち焼。江戸時代には平戸藩の藩主のための器や献上品をつくる「御用窯」として、篤い保護のもと採算を度外視したような繊細なやきものを残しています。幕末から明治・大正・昭和初期には、ヨーロッパへの輸出のための洋食器や宮内庁御用達の食器など、一時代の工芸を象徴した存在でした。こうして培われた職人技は、いまでもDNAとなり受け継がれ、うつわづくりが続けられています。(チラシより)

*「 」内=トークより、荒川さん、みかわちの作家の方、コーディネーターの坂井さんの言葉/写真の説明及び情報部分は、会場の展示解説、冊子「みかわち焼の見どころ・勘どころ」、チラシ等を基にしています。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

e0063212_0301472.jpg
(会場光景。江戸〜幕末、明治、大正、昭和初期のものから現代の作品まで貴重な名品揃い!「美術館や博物館に展示されているほどの逸品が、オープンな場で見られる。あり得ない。照明もいいし見やすい」と荒川さん。ガラスケースの中のものは撮影も可で嬉しい。下段左はライブトークの様子。熱心なオーディエンスがたくさん。作品を見ながらお話を聞けるので臨場感がありました)

16世紀末から現代に続くみかわち焼ですが、その歴史や功績がきちんと認識されたのは、この10年くらいのことなのだそうです。

「みかわち焼は、江戸時代、幕末明治は細工物で有名だった。平成10年以降の研究でわかってきたのは、これまで柿右衛門と言われてきたものの中にみかわち焼が入っていたこと。平戸藩三川内皿山代官所跡の発掘調査では柿右衛門と同じようなもの、余白を持ったものが出てきた。浅草の松浦家の屋敷の調査でも、ものすごくきれいな元禄前後の染付がたくさん出てきた。これまで肥前や有田として報告されていたものも、再度見直したらみかわちということが多い。みかわちを見逃していた。研究者の間で、やっとみかわちの本当に歴史が認識されてきた」

e0063212_0231198.jpg
(染付草花文輪花皿/江戸時代/高級食器としてつくられたものと考えられ、皿の中央〜見込み〜部分は無地に二重の線、その外側にはボカシ濃みによって地面と大胡石と草花が描かれている)

「有田では18世紀には量産が始まり雑器生産に向かうが、みかわちはこの(高い)レベルを維持し、18世紀になっても16世紀と同じ仕事している。余白があり繊細なタッチで秋草などを描いている。鍋島の藩窯と同じような松浦藩の藩窯。江戸中期にもレベルの高い仕事、いい仕事をしている」

e0063212_0233543.jpg
(白磁水差/江戸時代後期/蓋の表面には、原料に含まれる鉄分がホツとなって現れている。本来、磁器製品としては白い肌を損なうマイナス点になるが、長石分が多かったと推されるマット調の釉と調和し、むしろやわらかい印象を生み出した)

「白磁水差しは、やややわらかい感じ。なにかあか抜けた白磁の美しさ、破綻のない造形の美しさ。ヨーロッパでは磁器の時代、白磁が流行した時代。そういう世界の流れにしっかり沿いながら磁器の仕事を九州でやっていた。海外に近い、世界に開かれた造形感覚がここにあったと感じる。日本の磁器の中では異質な世界、真行草の真につながる造形を感じる」

e0063212_0235215.jpg
(献上手唐子絵銘々皿/江戸時代末期/器の中央部分に二重線が引かれたものを「献上手」と呼ぶ。七人唐子、松、蝶など)

「唐子絵銘々皿は典型的な唐子。18世紀の後半から作られた有田より先んじて中国モチーフを取り込んだ」

e0063212_025755.jpg
(染付雀竹文大皿/江戸時代/雀の躍動感と中央部の二重線、内部の大胆な余白で見る人にサイズ以上に大きな印象を与える)

「雀竹皿。周辺のものを自然に使う。色合いも自然。土を作るにしても今は精製する。鉄分を抜くので白い。これを抜ききらない侘び寂び的なものは当時の特徴。みかわちでは、天草の土を先端的に取り込んできたが、地元の土を混ぜながら発展した。地元の土を入れることで細工しやすくなった」

e0063212_026335.jpg
(上2点は大正時代のもの/染付透彫香炉〜透し彫りは器面の一部をくり抜いて模様を施す/染付菊文献上徳利〜淡い呉須の色や底に近い部分の唐草の線がみかわち焼ならではのもの)

e0063212_0263782.jpg
(上部に龍の細工、染付で唐獅子の絵、下部に剣先模様)

「(↑上写真)、繊細な技法を駆使した細工物。龍に唐獅子の絵。有名な狩野永徳の獅子には渦巻きがあり大きな気を宿している感じがするが、この獅子にはものすごい細かい渦巻きが全体にある。勢いがあり素晴らしい」

「狩野派の絵師がみかわちに来た。絵師が原画を描き、やきもの職人が描写していく。日本画をベースにしている。染付の濃みでぼかしていく。筆跡がでなくて日本画のようなぼかしがでる。その効果がこの染付の特徴」

「文様は剣先が多い。武士の心。失敗を恐れず挑戦する。変なものを世の中に出さない(心意気がある)」

e0063212_0264746.jpg
(左:白磁毛彫虎置物、江戸時代後期、髭や眉毛も彫られているのが釉のたまりによってわかるが、口の中の細かい歯や瞳には釉をかけないことでリアルな表情になっている/右:菊彫文鎮、明治15年、菊花飾細工、一枚ずつ切り起こして生まれる花びら)

e0063212_0305155.jpg
(染付秋草文椀/江戸時代/江戸時代末期以降のみかわち焼は「薄づくり」が特徴のひとつになるが、その100年ほど前に、この当時としては薄く精巧につくられた高級食器。淡い呉須で、野菊などの秋草が繊細に描かれている)

「江戸中期の蓋椀。有田や波佐見がくらわんか茶碗のようなものを作っている時に、みかわちでは量産だと思うが緻密な絵付けをしている。余白を持っており、いい仕事。18世紀にこういうものがあったことに驚く」

e0063212_0284261.jpg
(染付鯉陽刻花瓶/江戸時代後期〜末期/藍色の鯉に重なるように動いた白い鯉は、「置き上げ」の技法で描かれている。器本体と同じ土を水に溶いたものを何度も塗り重ねるようにして描き立体感をつくる)

「鯉が二匹。白い泥を塗って盛り上げる置き上げという技法。浮世絵でも広重に盛り上げる表現がある。時代の流行を取入れ、やきもので重要な部分を浮き上げたのだろうか。魅力がある」

e0063212_029248.jpg
(染付菊文角形水滴/明治時代初期/一枚一枚の細かい筋に至るまで描き、曲線が強調された花びらは、菊の流麗な魅力を引き出す。細密な描写とみかわち焼特有のボカシ濃みによって、絵画的な立体感をつくり出した)

「水滴。文房具、李朝が有名。菊水の意匠、永遠の命、吉祥。みかわちには菊の模様が多い」

e0063212_0293992.jpg
(中里陽山/昭和時代に名を馳せた陶工。卓越した絵付け技術。形のバランスやその薄さはみかわち焼の伝統。近代のみかわち焼の技術を体現/左はデミタスカップ、右は菊紋章入椀皿。薄づくりの皇室用食器としてつくられた。江戸時代以来のみかわち焼の特徴である淡い呉須が使われており繊細)

「品がいい。白磁の薄さは透けて向うが見えるくらいだ。ハレというか日常でも使いたい。欲しい」

e0063212_0295248.jpg
(現代の2点/虫籠鈴虫、嘉久房窯/白龍、嘉久房窯)

会場で頂いた『みかわち焼 散策ガイド 見方、買い方、歩き方』という冊子が充実!染付、唐子、透かし彫り、手捻り、菊花飾細工、置き上げ、薄づくりといった技法から、歴史、やきもの用語集、古写真、散策マップまで。ハンディサイズのこの冊子を持って歩けば、初めてでもスムーズに窯巡りができそうです。

昨年1月に引き続いての展覧会拝見。みかわち焼の端正・優美で品のいい佇まい、超絶技法を駆使した細密な表現、やわらかい白地、淡い青、薄づくり。美しいものに出会う、触れる幸せに存分に浸ることができました。作家の皆様、協同組合の皆様、開催準備をしてくださった皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。


--------------------------------------------------

次回は、こちらも陶酔の陶芸美、板谷波山(現在、出光美術館で「板谷波山の夢みたもの」開催中)について、日本の陶芸超ビギナーが素人目線で、素直に感じたことを書いてみたいと思っています。

&青の釉薬づくりも最終局面に入ってきました(と期待!)。

e0063212_0322641.jpg
(透明釉レシピは決定。3種類比率替え呈色剤を加えた下段左の6つのピースの中から一つ、望みの青が輝きますように。青の名前は「リシタンブルー OLK(オルカ)」=orientlibraryとカドヤ先生のイニシャルで=にしようかなとかイメージ先行、どんどん広がってます。青ができたら、いろいろ作ってみたいな〜)
by orientlibrary | 2014-01-20 00:47 | 日本のタイル、やきもの

中央アジア人2・かれらの眼に近づきたい。カザフ装飾文化を調査し発信する廣田千恵子さん

帰国の荷物が70キロと聞き、170㎝くらいのたくましい女性を想像していました。待合せ場所にふわりと現れた廣田さんは小柄でやさしい雰囲気。一方で、その眼差しや、揺れる水色のビーズのイアリングから、草原の風を感じます。人が惹かれて向かう地は、やはりその人に合っているなあと、いつも思います。今回は長文です。カザフ人の暮らし、装飾文化、現地での調査について、若き中央アジア人の思いをお聞きしました。(今回の写真はすべて廣田千恵子さんからお借りしたものです。多謝。*最後のコラージュはorientlibrary)

e0063212_19234157.jpg


---------------------------------------------

<中央アジア人・2 >
「カザフの人たちのこころを知りたい。かれらの眼に近づきたい。その思いで突っ走る」
廣田千恵子さん(千葉大学大学院/カザフの装飾文化をフィールドワーク&発信)



■ ■ ■ いちまいの布を、ただただずっと見ていた ■ ■ ■

--- 装飾文化に興味を持ち始めたのは、いつ頃からですか。カザフの装飾文化をフィールドワークするようになったきっかけを教えてください。
手芸は苦手だったのですが憧れはありました。織や刺繍も詳しくなかったけれど、いつかやってみたいと思っていました。きっかけは2009年。東京外国語大学モンゴル語専攻時に、一年間モンゴル国立大学に語学留学したときの経験です。雪害の年ですごく寒かった。部屋の壁に氷が張るくらいでした。それで外気を塞ぐために窓に布を貼ったんです。バヤンウルギー(カザフ人が居住するモンゴル西部の県)で買った大きな刺繍布でした。それを毎日なんとなく見ていた。これ手で作ったんだよあ、時間がかかってる、すごいなあ。きれいなものはパッと見たときにきれいと思いますよね。でも、使いながら見ていると、また違ったものが見えてくるんです。響くものがあった。惹き付けられるように、ずっと見ていました。そして一針一針の縫い目を手で触ったときに、本当にきれいだと思った。これだ!これを調べたい、と思うようになりました。

--- バヤンウルギーの刺繍布、強い磁力があったのですね。どのような布なのですか。
トゥス・キーズと呼ばれる布です。布にびっしりと刺繍が施されています。家(天幕=カザフでは“ウイ”と言う)の中で、装飾品として、また防寒対策や砂よけのために使われます。でも、どのような意味を持つものか、またなぜ埋め尽くすほどに全面に刺繍を施すのか、全然知らなかった。あれだけの大きいものをよく縫えるなあ、と思っていました。

--- 布のことを調べたいと思い、どのようなアクションをおこしたのですか。
2009 年の留学はモンゴル語習得のために1年間費やしました。2010年の春、もっとカザフの文化を知りたいと思い、当時ウランバートルにあったカザフ文化センターで話を聞くと同時に、そこでカザフ語の勉強を始めました。大学4年生の秋に帰国。急いで大学院(千葉大学)を受験し、2011年に入学。カザフの装飾品を研究したいという思いから、文化人類学を専攻。2012年から再度モンゴル国立大学に留学し、バヤンウルギー県でのフィールドワークをスタートしました。布を美しいと思って感動し、大学院進学と再留学。ただきれいだなと思っただけで突っ込んでいきました。これは何?知りたいという思いだけで。

e0063212_19442646.jpg



■ ■ ■ どうしてこんなに手のかかるものを作るのだろう ■ ■ ■

--- 知りたいという、そこまでの強い思いの根源は何だったのでしょう。
人のこころ、でしょうか。どうしてこんなに手のかかるものを作るのだろう、という好奇心。家族のことをいろいろ考えて、思って縫うのだろうなあ。そういう心の部分、カザフ人ってどんな人だろうというのが知りたかった。

--- 熱い思いに感心します。20代前半にくっきりしたテーマを見つけて走っているのですから、すごい。モンゴル語を専攻した時点で、遊牧文化やアジアの文化に興味が強かったのですか。
何にも知らない、ちゃらんぽらんな学生でした。カザフ装飾に出会う前は、モンゴル語を知れば就職に有利かな、商社とかキラキラした企業で働いてお給料をもらえればいいや、くらいに考えていました。でも、ある出会いがあったのです。西村幹也さん(NPO法人北方アジア文化センターしゃがあ理事長)に会って人生が180度変わりました。西村さんの影響が大きい。西村さんは、「彼らが見ている眼と自分の眼とは違う。見ている世界が違う。彼らが見ている眼に近づきたい。彼らの眼になりたい」と言い、そのスタンスで遊牧文化を伝える活動を続けています。そうだ、私が見ている刺繍布と彼らが見ている刺繍布とは違う。彼らの眼に近づくためにはもっと知らなくてはいけないと考え、大学院進学を決めたのです。単純にきれいと感動したことも一因ですが、彼らの眼を持ちたいと思ったのがきっかけです。彼らの眼に近づきたいのです。

--- 「眼に近づく」、なるほど、遊牧文化に関わる活動を長くなさっている方ならではの言葉、視線ですね。
西村さんは、人生の先生です。加えて、留学中に日本人の学芸員に出会い、学芸員の仕事に興味を持つようになりました。いつか学芸員として仕事をするためにも研究テーマを見つけたいと思っていたときに刺繍布を見た。これを深めたい。普通に就職してお金を稼げればと思っていたのに、いまは「お金?どうでもいい」になっちゃった。すごい縁だと思います。

e0063212_19445773.jpg



■ ■ ■ 家族と同じ暮らし。天幕で起き20キロの牛糞を集める ■ ■ ■

--- 現地のことを教えてください。まず、モンゴルのカザフ人について。どのくらいの数の人たちがどのあたりに居住し、どのように暮らしているのですか。モンゴルに対しての意識は?
モンゴルには約14万人のカザフ人が、ウランバートル市などに居住(2007年現在)。私がフィールドワークに入っている西部のバヤンウルギー県には、およそ9.3万人が暮らしています。生業は季節移動型の牧畜が主です。メインは羊と山羊。山羊はカシミアが採れるので増えています。また、一部牧民は鷹の観光で収入を得ています。カザフの鷹の羽は質が良く、日本の弓道の矢にも使われているんですよ。かれらは「自分たちはカザフ人であり、バヤンウルギーはホームランドである」と思っています。モンゴル人に対してネガティブな感情はなく、同じ遊牧民だし土地を与えてくれたし、平和に暮らしてこれたのは彼らのおかげと言っています。

--- フィールドワークの生活はどのようなものでしたか。天幕で家族と暮らすのですよね。
元牧民で今は街の病院でお仕事をなさっているクグルシンさんという人の家で2年弱、住み込み調査をおこないました。クグルシンさんのお宅は県央であるウルギー市内にあります。また、毎月1週間ほど、ウルギー市から30kmほど離れたサグサイ郡のブテオというところに住む牧民・マナさんの家に泊まりにいっていました。クグルシンさんのところでも、マナさんのところでも、夏期はウイ(カザフの天幕)で、冬期は木造平屋の固定家屋で、家族と同じように暮らしました。ウイは広くて高くて快適。たくさんの装飾品で飾られています。田舎では、朝は起きてから家畜を放牧に出す仕事や糞掃除をします。春から秋は、燃料用の牛の糞を集めますが、これが重労働。20キロもの糞を袋に詰めて帰るので腰にくる。バヤンウルギーのほとんどが標高1600メートル、最も高いところは4300メートルに及びます。私が調査した場所も1700〜2700メートルと高かった。高地のせいか、疲れ方が違う。最初の3ヶ月で12キロ痩せました。でも病気ではなかった。食事の違いが大きいと思います。現地は朝昼とも揚げパンとお茶、夜は肉だけ。米をあまり食べないので痩せてしまいました。2年目には一時期体調を崩しました。数ヶ月間、39度、40度の高熱が突然出て、家の人に心配をかけました。たぶん疲労だったんだと思います。お風呂は1週間に1回くらい、少量のお湯を使う程度。これはきつかった。痒くて体を掻く。それが今、傷跡になっているんですよ。

e0063212_19445130.jpg

--- 調査はどのようにかたちで進みましたか。自分でも刺繍や織をおこなうのですか。
留学の調査テーマは「カザフの装飾品の社会的経済的利用の変遷について」です。社会主義時代には手作りの装飾品を販売することはなかったのに、資本主義経済になり観光地化していくなかで、大事な装飾品を売るようになった。そのことが彼らの経済に影響を与えています。その詳細を調べたい。日常生活のなかで装飾品がどのように使われているかも調べたい。そうして見て歩いているうちに、自分でも作りたいと思うようになり、2年目から作り始めました。作られたものは細密だけれど、手芸手法は凝ってはいないので、意外と簡単。反復練習を重ねていくうちに、できるようになりました。並行して元々牧畜文化に興味があったので、春営地、夏営地、秋冬のデータを取ることもおこなっています。

e0063212_1945776.jpg



■ ■ ■ 市販の糸を自分の手でさらに撚る ■ ■ ■

--- 装飾品の自宅利用と販売の比率はどのくらい?また手作りする人は今でも多いのですか。動向を教えてください。
装飾品は自宅利用がほとんどです。販売は本当に一部。でも自宅利用すら少なくなってきています。装飾手芸文化がなくなるのではないかと危惧しています。材料の糸などは、社会主義時代にはソ連からの支援物資をバザールで買っていました。ところが1980年代、突然物資が入ってこなくなった、あるいは値段が高くなったときがあったそうです。カザフの布製品はたくさんの糸を使うので大変です。40代〜60代くらいの女性がその頃のことを話してくれるのですが、持っている服を裂いて糸にして、その糸を撚ってから使ったそうです。そこまでして作らなきゃいけないの?と聞くと、あの頃は時間があった、と。以前は給料をもらえていた、やることやっていれば時間もあり、生活に少し余裕があったのだそうです。想像ですが、手芸ブームみたいなものもあったのではないかと思います。

--- 服から糸を作るのですか。そこまでして装飾品を作ってきたんですね。
70年代80年代に作られた装飾品が圧倒的に多いんですよ。70年代まではロシア製の細い糸、元々撚ってある糸をそのまま使っていた。80年代には生地を裂いて作った糸を自分たちで撚る。糸が太くなり糸の質が良くなりました。自分たちで撚った糸、労力を費やした糸で作るので、女性たち自身も質の良さを自覚しています。90年代、がらっと変わって中国製の糸になる。これが質が悪い。細くて毛羽だって、すぐに切れてしまう。けれども、それを使わざるをえないので、自分たちで撚るんです。三重くらいに撚って撚って、ものすごい時間かかっている。貴重で丈夫なドイツ製の糸でも撚っています。自分の手で作るからには、質のいいもの作りたいというプライドがある。きれいということだけではない、日々使うものなので実用性、丈夫であることは重要。その人たちの眼になると、そうかなと思う。あるもので手をかける。安い糸を買っても手をかければ美しくなる。ものづくりしている人たちのこだわりですね。時間をかけるのがすごいなあ。時間感覚が違う。

e0063212_1929199.jpg

--- 手に入るもので時間と手間をかける、手仕事の基本なのかもしれませんね。若い世代も手芸が好きなのですか。
人によりけりですね。勉強したい、海外留学したいという人は手芸には行かない。最近ではパソコンや携帯電話で遊んだりする方が面白いと感じる子も多い。人気アイドルのクリップをみて踊ったり。一方、手芸全般ができるとある30代後半の女性は、「おばあちゃんに手芸はやっておきなさい、嫁に行くとき利益になるよ」と言われたそうです。こだわりを持って手芸をしていると、上手な人がいるという噂が広がり、みんなが頼むようになる。あるときは、作ってあげた布のお礼に羊2頭をもらい換金、大きな利益を得たそうです。こういうタイプの人は、常に刺繍しています。また、子供が多い家庭のほうが装飾品を作ります。子どもの数は9人、10人くらい。18人という人も。子供が多いと、子どもが家事や兄弟の世話を担うので、親は自分の時間を作ることができる。装飾品を作る環境作りになります。子育てにお金のかかる日本や欧米とは逆の発想ですね。

--- カザフの装飾品は、いつ頃に生まれ、どのように発展してきたのですか。
カザフの手工芸の歴史については、資料が少なく探している最中です。その歴史について、はっきりしたことは今の私にはまだ言えません。模様については、伝統的に受け継がれてきたと言われるものもあれば、一部は近隣地域の手芸品やバザールにある既製品などを見て取り入れていったのではないかと想像します。いまは安いキリムが入ってきているので、それを買って使う人もいます。モンゴル人は絨毯を壁に貼るけれど、カザフ人は貼らない。というのも、主柱がないウイの構造上、重いものは負担になるからです。でも何かつけないと美しくない。だから布になったのではないかと思います。布になる前は、フェルトなど別の素材を使っていたのではないかと。ちなみに、刺繍布の下の部分は完結してしまうから(不完全な部分を残す)ということで縫いません。

e0063212_19453828.jpg



■ ■ ■ 赤を使わない人はいない。満たすように縫う ■ ■ ■

--- 布は、赤やオレンジなど、とにかく色合いが派手ですね。
色や模様については、モンゴルはシンプルでシック。カザフは多彩で華やか。カザフ人のセンスで、派手なものが美しいと思ったのだと思います。色の組み合わせは子供のときに親が教えてくれるそうです。地味めの人もいるんですよ。でも、赤を使わない人はいない。たぶん自分の作っているものが派手だと思っていないと思います。美しい、きれいという言葉はよく使いますが、派手という表現は使わない。派手とか地味とは異なる概念があるのだと思います。私自身もシンプル好みだったのに、現地に行ってから派手なのがいいなと思うようになりました。自然環境が大きいと思います。山合いの地で色彩がまわりにない。そんななかでは、赤などの明るい色を求めるのではないでしょうか。また、自分で刺繍をやってみてわかったのですが、色選びは意外に難しい。大きな布のため全体が見えず、頭の中でイメージしにくい。でも、カザフの女性は頭の中で見えているんです。すごい才能だと思う。

e0063212_19275235.jpg

--- 模様は大胆で、ぎっしりと埋め尽くすように縫い込まれています。
よく見かける丸の模様ひとつとっても、作り手はかたちにもこだわっています。規則性がある。余白や間のような日本の美的感覚とは違うようです。余白があるのは美しくないのかもしれない。満たす、という感じでしょうか。カザフの女性たちは手工芸を楽しんでいる。楽しまなきゃ、あのびっしりした手仕事はやりきれないでしょう。使う家族や相手を思って作っていくし、自分も楽しんで作る。だから心に響くものになる。販売目的だったらたぶん作れないんじゃないかな、あれだけのものは。

e0063212_19461637.jpg

--- 民族衣装はどのようなものですか。日常に着ていますか。
民族衣装は男女とも、ふだん着ている人はあまり見ません。祭りなどの行事には大勢の人が着ているのを見ます。模様の刺繍のある長いコート、装飾のある凝ったベルトなどです。男性の帽子、女性のスカーフは、普段からよく着用しています。女性が髪を見せるのはよくないようです。元々の習慣でもありイスラム的なこともあるようです。現実的には頭が汚れているのを隠したり、冬は防寒にも役立ちます。私も向こうでは、バザールでいろいろ買って毎日かぶっていました。

--- 宗教が暮らしに根づいているのですか。イスラム?チベット仏教?また中国の影響はどうですか。
イスラム教のスンニ派ですが、それほど厳格ではありません。また、チベット仏教でもありません。中国の影響はないと思います。中国化は避けているように思います。でも、中国のミシンや糸、織物が入ってきているなど、現実的な関わりはありますね。


■ ■ ■ アウトプットは大事。勢いをつけていきます ■ ■ ■ 

--- 現在は一時帰国中。また現地に戻るそうですね。今後、どのようなかたちで活動をしていかれるのでしょう。とても興味があります。
冬に一時現地に行き、春からはしばらく日本で活動します。現地で集めた手工芸品を紹介する展示会をしていきたい。それが大切なものを売ってくれた人たちへの恩返しにもなるかなと思います。試行錯誤ですが、布の展示に際しては、作り手のこと、布の背景を伝えたい。作り手の人となり、暮らしや歴史について語っていきたい。その上で、その人に何か作って欲しいという人がいたらオーダーを取るなどして、少しずつ広がっていけばいいなと思います。将来は招聘事業もしていきたい。作者と生で交流してもらうと、また違うでしょう。逆にツアーで向うに行き、触れ合ってもらうのもいいなと思っています。

e0063212_19465292.jpg

--- ビジョンとともに、具体的な活動のプランがありますね。アウトプットを強く意識されている印象です。
手探りなんです。でも、夢ややりたいことって口にしていくほうがいいと思う。言っていくことで、広がっていけばいいなと思います。アウトプットはすごく大事だと思う。「カザフ情報局 ケステ」というホームページを作り発信しているのも、とにかくカザフに触れて欲しいから。まず興味を持って欲しい。学校などで教えることも考えましたが、論文やペーパーだけを残してなんになるんだ、という気持ちが強い。日本ではカザフについての情報が少ないんです。モンゴルはいろいろあるのですが。カザフにも、こんなすごいのがあるよ!と発信していく方が盛り上がるかなと思って。そんな気持ちで、この一年は勢いをつけていこうかと思っています。

* 廣田さんが管理人をつとめる「カザフ情報局 ケステ」。カザフの人、暮らし、装飾文化について、豊富な写真とともにイキイキと紹介。

e0063212_1947149.jpg


--------------------------------------------------

もう何もつけ加えることはないのですが、丸の模様や他の地域からの影響の話も出ていたので、自分の写真を見ながら考えてみました。文様構成は中央アジアの好みがベースにあるような気がします。

e0063212_18523936.jpg
(上段左から:ウズベキスタンのフェルガナ(タジク寄り)のスザニ/同マルギランのスザニ/ブハラのアンティーク・スザニ3点。色の組合せやデザイン=オアシス的と感じる/リシタン陶器=大皿の模様。青と緑で花円を多数描く/ご存知トルクメニスタン、テケ族の赤い絨緞。強烈なギュル。遊牧民の強さと、突き抜けた手技の洗練がある/パキスタンのミラーワーク。円の模様は各地にある/雲南の民族衣装。印象だが、高地に行けば行くほど手仕事の濃密度が高まるような気がする。とてつもない凝縮に圧倒される。一種のトランス!?)


廣田さん、ありがとうございました。とても楽しい取材でした。WEBサイト、レクチャー、展示会、ツアー、招聘事業、どんどんアウトプットする、興味を持つ人が増える、きっと動きが生まれるはず!、、その意気と粋がいいな。触発されます。どんどん発信していってくださいね。そして、中央アジア、盛り上げていきましょう!
by orientlibrary | 2013-12-25 19:48 | 中央アジア人

真珠の世界史、東方見聞録、カロタセグ

真珠を旅する

e0063212_025377.jpg真珠の世界史 〜富と野望の五千年〜』(山田篤美著/中公新書)。『ムガル美術の旅』の著者が徹底的に探った真珠史。フォーマルシーン以外にあまり意識することのない真珠でしたが、卑弥呼から東方見聞録、帝国主義、養殖真珠、グローバル化まで、真珠をめぐる激動の歴史に驚きの連続でした。

まとめられないので、同書からの引用にて。

「古代ギリシアやローマでは真珠は最高の宝石だった。なぜなら丸くて美しいアコヤガイの真珠は、アラビア半島と南インドの海域でしか採れなかったからである。そのため古代ヨーロッパ人は希少な真珠に高い価値を置いてきた。真珠は、コショウや象牙、綿織物などとと同じように、オリエントを代表する富のひとつだった」
e0063212_2334684.jpg
(真珠の写真がなく仕方がないと思っていたそのとき、偶然入れたテレビが真珠の番組でビックリ。カメラを持ってきてテレビ画面を撮影しました。NHKの番組より/自然が生み出す丸くて美しい玉。神戸の加工工房ではミリ単位の大きさを一瞬で判断していく)

「十六世紀の大航海時代になると、新大陸のベネズエラ沿岸部がアコヤガイの真珠の産地であることが明らかになった。スペインはベネズエラの真珠の産地を支配。ポルトガルはアラビアとインドの真珠を手に入れた。こうしてヨーロッパには大真珠ブームが訪れる。十七世紀になると、ダイヤモンドの人気が増していったが、十九世紀後半に南アフリカでダイヤモンドが発見されると、その希少性が減少し、真珠がダイヤモンドよりも貴重になった」

15世紀、コロンブスが「発見」したベネズエラ。スペイン人は、当初は先住民が持っていた真珠を収奪するも、次第にカリブ海の無人島を拠点にしての真珠の採取へ。バハマ諸島でとらえた先住民を強制連行して海に潜らせる。潜水という重労働を朝から夜まで強いられた先住民は次々と命を落とし、民族絶滅の道に追い込まれます。

紀元前、ある博物学者は、「それを獲得するには人命をも賭けねばならない」として、真珠を「貴重品の中でも第一の地位、最高の位」と述べているそうです。清楚な輝きは古代より権力者の証、そして帝国主義の賜物。

「したがって二十世紀のはじめの日本の真珠養殖の歴史的意義は、ヨーロッパの支配者階級が二千年にわたって熱望し、カルティエ社やティファニー社が高値で販売していた真珠という宝石の価値と伝統を瓦解させたことだった。養殖真珠の登場で、真珠は大量消費時代の大量生産商品になったのだった」
e0063212_2336141.jpg
(NHKの番組より。神戸は世界有数の真珠製品の集積地なのだそうです。現在は南洋産の多彩な真珠が豊富に供給されており、日本で細密に加工されお洒落な製品に。フォーマル一辺倒ではない斬新なアクセサリーをデザインする日本女性も紹介されていました)

日本の養殖真珠は欧米による財宝の支配をグラグラと揺るがしました。その品質があまりに素晴らしかったため欧米では排斥運動も起きたほど。やがて日本は真珠王国に。けれども、「ほかならぬ日本人がこのことを十分理解してこなかった」。

古代日本でも最古の輸出品であり、戦後は外貨を稼ぐ救世主となった真珠。「日本は長い間真珠王国だったが、いったいどのくらいの日本人が貝から真珠を取り出したり、その真珠の神秘的な美しさや輝きに感動したことがあるだろうか。真珠と産地が一体ならば、私たちはきっと海の環境にも目を向ける」。結びの言葉は、「豊穣な海があり、美しい真珠があること、それが日本の原風景なのだから」。

----------------------------------------------

東洋文庫ミュージアムで『東方見聞録』を見る

真珠史でも鍵を握ったマルコ・ポーロの『東方見聞録』。現在、文京区の東洋文庫ミュージアムで、「マルコ・ポーロとシルクロード世界遺産の旅~西洋生まれの東洋学~」展開催中。
e0063212_23455134.jpg
(東洋文庫ミュージアム。上段右がアントワープで出版されたラテン語訳本。下段は世界で出版された『東方見聞録』)

『東方見聞録』では、日本は「莫大な金を産出し、宮殿や民家は黄金でできているなど、財宝に溢れている」との記述があるようです。

一方、『真珠の世界史』での『東方見聞録』は、次のように紹介されています。「この書物は紀行文というよりも、オリエント世界ではどこにどのような特産品があるのか記された情報本だった。きわめて役に立つ本で、たちまち当時のベストセラーとなった。百四十以上もの古写本などがヨーロッパ各地の図書館に残っている」。

『東方見聞録』、真珠についても情報が。オリエントの真珠産地は、日本、中国、南インドとセイロン島の三カ所。丸くて美しい真珠の産地は、世界でも日本と南インドとセイロン島だけ、と。これらの地域への到達がヨーロッパの支配者の悲願になりました。

展覧会では世界で出版された同書が多数展示されています。なかでも目玉は、1485年、アントワープで出版されたラテン語訳本。世界で3番めに古いもので、西洋で最初期の活字印刷物にあたる貴重な書だそうです。

----------------------------------------------

中央アジア人、予告編

「中央アジア人」、小さな予告編です。第2回は漆芸作家の中村真さん。ウズベキスタンで中央アジアの民族造形の調査研究をおこない、タシケントの工房で楽器制作と修理を習得した中村さんの報告書と、先日お聞きしたお話をもとに、書いてみたいと思っています。ドゥタール、カシュガルルボップについて、長い時間をかけてその行程を追った制作記録が圧巻。
e0063212_23491631.jpg
(アトリエにはウズ愛あふれる不思議グッズがたくさん。音楽もウズポップ。楽器が美しいです。私の陶芸の先生Kさんの先輩でもある中村さん。3人で語りましたね〜。楽しかったです)

----------------------------------------------

フォークロアの宝庫、トランシルバニアのカロタセグ

「イーラーショシュとカロタセグの伝統刺繍」展。「トランシルヴァニアの片隅にひっそりと、煌びやかな手仕事の文化が花ひらきました。その多彩で豊富な刺繍の世界を、コレクションとともにご紹介します」「カロタセグを代表する刺繍「イーラーショシュ」をはじめとする、農村を土壌に生まれ、育った美しい手仕事の数々。今年発売された二冊の本の出版記念として開催いたします」(手芸研究家・谷崎聖子さん)。
e0063212_2351342.jpg
(展示会場写真がないのが残念〜撮ってもよかったようです。圧倒的な衣装や刺繍、ディスプレーをお伝えできないことは残念ですが、自身は一期一会と思って、本を見ながら想像を広げようと思います。下段中と右がイーラーショシュ)

東欧は行ったことがなく、ほとんどわかりません。でも小説や音楽や衣装など、断片的には見ており、興味は大きいのです。展示は、まさにフォークロアの宝庫を感じさせるもの。とても充実した展示でした。ブログや書籍の写真がまた、ものすごくいい。ステッチや図案も詳細。

主催者である谷崎さんの熱い気持ちが伝わります。熱ですね。調査、蒐集、研究、発表、展示、すべて熱。あふれるようなものがないと、伝わらない。ルーマニアの刺繍は赤が多く、可愛く強い。強烈に重い密度。自然のモチーフが多彩。魅せられた気持ち、わかるなあと思いました。

----------------------------------------------

船でしか行けない秘境の温泉

平家の落人伝説が残る秘境の宿、しかも交通手段は船だけ。それが「大牧温泉」(富山県南砺市)。遊覧船が遡り行く庄川は紅葉の盛りです。前日に降った雪が遠景の山にうっすらと積もり、前景は赤や黄色の紅葉。川面に映る紅葉が絵画のようです。

大牧温泉は、1183年、合戦に敗れた平家の武将が源氏の追撃を逃れ隠れ家を求めてこのあたりをさまよっていたとき、豊富に湧き出る温泉を発見。その湯を口にし湯あみをして創傷の身を治したのが始まりとの由来が。

かつては峡谷の底に村落があり、村人の湯治場でした。1930年、ダムの完成とともに村落は湖底に没し、温泉宿一軒だけがダム湖と切り立つ断崖の間に取り残されてしまいます。

温泉を何とか続けようと、源泉を湖底から採り込み、船を頼りに再興されたのが現在の大牧温泉の基。
e0063212_23522081.jpg
(40分ほどかけて深緑色の川を遡る。関東や関西からのツアー客で満員。紅葉シーズンが観光のピーク?宿の人によると、「冬が一番人気」なのだそうです)

日本の百名湯にも選ばれた湯質、ホカホカあったまります。富山の民芸・工芸を訪ねる小さな旅のひとこま、でした。民芸はまたの機会にご紹介できればと思います。

民芸ついで、と言ってはなんですが、「今どきの民芸」、盛り上がってますね〜。雑誌「nid」でも「民芸はあたらしい」特集。民芸のある暮らし。まだ熱中が続いている私がチェックしているサイトの主催者や時おり出没しているショップのオーナーも。お洒落だな〜。センスがいい。ほんと、いい感じ。
e0063212_23523529.jpg
(民芸と特集する雑誌「nid」。下段中と右は、セレクトの眼が冴える「工芸喜頓」さんにて。いろいろ欲しいよー!久々の物欲上昇)

民藝という視点では、「違う(本当の、本物の民藝ではない)」という意見もあるのかもしれない。でも、やきものや手仕事で心が満たされ、日々が潤うのならば、いいのでは。個人的には、器で美味しさがこんなに違うのかと眼からウロコの日々です。

* * * * * * *

今回もバラバラな話題です。まだまだトピックがあるのですが、なかなか書けません。ひとつのテーマを深めた長編?もトライしたい。元気でやってるんですが、とにかく日の経つのが早いとしか言いようがないのです。せっかく訪ねてくださっているのに、、なるべく間をあけずアップしたい。12月、ブログも走りたいと思ってます。最後にタイル写真をどかん!と。

e0063212_23562968.jpg
(ナディル・ディヴァンベギ・マドラサ(ブハラ)/Nadir Divan-Beghi madrasah, Bukhara, Uzbekistan)
by orientlibrary | 2013-12-07 00:03 | 美術/音楽/映画

タイルと中央アジア話を中心に、ゲストハウスや民藝なども

中央アジア、タイルを中心に、街歩きトピックをまじえ、ダダダと行きます。

---------------------------------------------

ゲストハウス、バーラウンジのタイル

最初の話題、東京蔵前のゲストハウス「Nui.(ヌイ)」のタイルです。まず、「ゲストハウス」という業態(?)、日本でどのような状況か、動きか、ピンとくる方いらっしゃいますか。ゲストハウスという言葉自体、旅好きの若い層には馴染みのある言葉かもしれませんが、一般的には、「え、シェアハウス?」「あぁ、ユースホステルね!」というような言葉が立ち上がってくるのでは?

私もたまたま見つけたのですが、なんだか今どきのゲストハウス、ものすごくカッコいいことになってるんです。そして値段も手頃。いい立地。カフェ等を併設し、海外からの旅行者だけでなく、日本の若者や近所の方々にも親しまれています。

その先駆け的な存在が、3年前に開業した「東京の古民家ゲストハウス toco.(トコ)」(東京入谷)。築90年の古民家を改装しバックパッカー宿に。宿泊客を含め様々な人が交流出来るリビング&バーラウンジを併設。「宿泊は一泊2600円より。ゲストハウス泊が初めての方や、東京都内から週末の息抜きに来られる方まで、広く多くの方にご利用頂いております」。これは体験しなくては!と連絡した時は満室で泊まれず。まだ訪問もできていないのが残念。

そして同じチームが、蔵前に昨年11月にオープンさせたのがNui。6階建ての倉庫だったビルを大工さん、職人さん、仲間、ボランティアたちが、3ヶ月かけて手作りでリノベーション。隅田川に近く浅草寺も徒歩圏の立地で1泊2700円から。100人も宿泊できる規模でありながら、抜群の稼働率の高さが評判。

e0063212_2223036.jpg
(東京蔵前のゲストハウス「Nui.(ヌイ)。全国から集まったたくさんの人の手で作られた。1階のバーラウンジ、カフェタイムは9時から23時、誰でも利用可)

こちらも宿泊はまだなので感想は言えませんが、1階にあるバーラウンジがいい感じなんですよ。木や鉄や漆喰等の異素材ミックス。その中で、一列の青いタイルがアクセント、アイキャッチになっている。うれしいじゃないですか。

e0063212_2223115.jpg
(モロッコのタイル、土の味わい。キッチンも部分的にタイル貼り)

タイルはキッチンの壁面にも。すべてモロッコのものだそうです。さすが世界有数のタイルの国モロッコ。きちんとした中に味わいもあり、製品としての安心感があります。個人的には、これが日本の若手の手作りタイルだったらなあと想像してしまう。何枚かでもいいけど、ユーズドのジーンズのような手作りの青タイルだったら、空気がまた変わるだろうなあと。

---------------------------------------------

タイル愛好家・山本正之さん〜クリスチャン・ラクロワ&釉薬作り

INAXライブミュージアムのニュースレター、今号の特集は「世界のタイル〜山本コレクションにみるタイルへのまなざし」。

中東や中央アジアなどの旅先で出会ったタイルに魅せられて20年以上。けれども、装飾タイルの情報が少ない日本にあって、世界のタイル博物館や『イスラームのタイル』など、INAXのタイル関連の書籍がなかったら、関心が続いていたかどうかわからない。世界のタイルを蒐集した山本さんのコレクション。その展示と文章があっての私のタイル愛好。あらためて感謝の気持ちがわいてきます。山本正之さんの言葉です。

「多くの国でタイルの破片は、遠い日本から来た私に拾われたがって呼んでくれる。何気なく足元を見ると、不思議なことに、必ずといっていいほど落ちている。嬉しくて嬉しくて、まず掌にのせて重みを感じ、やがてじっと見つめると、その土地の土・砂・水などの環境もわかってくる。タイルがどんなふうに使われるのか、どんな人が施工に携わっているのかも。旅に出ると、いっぱい教えられる」

e0063212_22254564.jpg
(上段:「世界のタイル〜山本コレクションにみるタイルへのまなざし」特集/釉薬実験中、皿の青が理想/下段:インテリアライフスタイル展にて、「クリスチャン ラクロワ メゾン フォー デザイナーズ ギルド」、壁紙新柄は青いタイル模様)

* * * * * *
同じタイルでも、話がガラリと変わります。先日、ビッグサイトで開催された「インテリア・ライフスタイル」展で目についたのは、タイルの壁紙。「クリスチャン ラクロワ メゾン フォー デザイナーズ ギルド」の壁紙の新柄です。「アンダルシア地方からインスパイア」。なるほど。同じ柄のテキスタイルもありカーテンが紹介されていました。青だけでなく、いろんな模様を加えてデザイナーブランドらしい華やかさでした。

---------------------------------------------

ウズベキスタンに3年間住んだ漆作家、中村真さん

漆作品に触れる機会が少ない私。中村真さんの展覧会で拝見した漆の質感と色には、新鮮な驚きがありました。漆黒の夜にほの見える森の土のような黒、生命力を持つ植物のような緑、仏さまの手のような奥行のある質感。葉のかたちと合わせ、深く美しい世界を見せていただきました。

中村さんは、元々漆芸専攻でしたが、中央アジアの民芸に興味を持ち、タシケント暮らし3年。楽器工房で楽器を作ったり修理したりしながら、中央アジアの民族造形をテーマに研究をなさっていたそうです。日本に戻り、漆芸を再開。

e0063212_22263379.jpg
(六本木アクシス内サボア・ヴィーブルにて個展。〜器の原点とも思われる『葉っぱ』がモティーフ。「フォルムを追求できるので乾漆という技法で作っています。物作りの上での原点でもある『自然』を少しでも消化したいと思っています」〜)

「工房から早足15分で帰宅。旧市街の向こうの積乱雲は膨張を続け、空の色は明らかに黄色味を帯びてくる。洗濯物を急いで取り込み、家中の窓を締め切り、施錠の再確認をしてようやくお茶をひとすすりしながら西の窓を見張る。束の間の静けさは新緑のポプラ並木のざわめきで破られる」。タシケント時代の日記、抒情と温かみのある文章、いいですね!

---------------------------------------------

セレクトする眼、工芸喜頓

前々回アップした、突然の「いまどきの民藝」(若い人たちが愛好する「民藝のうつわのある暮らし、空間、食」とでもいうようなテイスト)への熱中。続いております。東京世田谷、世田谷通り沿いにある「工芸喜頓」さん。こちらのセレクトが、またいいんですよね〜!!若過ぎず、若々しく、絶妙。しびれます。

オーナーの石原さん、グレーのTシャツに黒のストール、気負わずにこなれたオシャレ上級。カッコいいです。以前はファッション関係の仕事をする一方、アジアやアフリカの工芸が好きだったそうです。日本の民藝に出会ったのは、当時住んでいたパリで。美術館で日本の民藝を紹介する展覧会があり感銘を受けた。そういう出会いもあるんですね。

オンラインの「日々の暮らし」を見れば、センスの良さが伝わりますよね。ショップはこの春から。天井が高く、スッキリ。一つ一つのうつわが、個性ゆたかに、きれいに見える。引き出しの中にもうつわがびっしり。豊富!価格も押さえてある印象です。

e0063212_2228780.jpg
(この日は小鹿田焼の柳瀬朝夫さんの作品が並んでいた。なんだかアフリカっぽさも感じる。オーナーがアフリカ好きと聞き、一人納得。出西窯、小鹿焼、瀬戸本業窯など、とにかく眼がいいなと感じる。それを表すセンスも)

---------------------------------------------

小伝馬町で、ほのぼの中東気分 「DALIA」&「DARVISH SHOP」

気になっていた「DALIA ダリア食堂」(東京小伝馬町)に。ロフトスペースもあるプチサイズの店内、工夫とセンスで独特の魅力。食事は次回のお楽しみに。クスクス、ハリラ、タジン、美味しそうすぎる!!

e0063212_22291040.jpg
(モロッコなど世界各地の手作り感あふれる雑貨が可愛くディスプレイ。マトリョーシカのウオッカかわいい。モロッコと思われるタイルも)

DARVISH SHOP」は、「DALIA」から歩いて10分もかからないご近所。以前、お店のハサンおじさんのこと、そしてスーフィー音楽で踊る文鳥の初代アンジュジェの旅立ちについて書きました。そのとき、二代めのアンジュジェはもの静かで恥ずかしがり屋さんでしたが、、見違えるように活動的に。飛び歌い踊っていました。良かった。

それもそのはず。立派なマイホームがあり、かわいいパートナーも。お隣は金魚。幸せな文鳥です。

e0063212_22295357.jpg
(小伝馬町では2009年から。イランの食材を中心とした輸入食品を販売。ハサンおじさんとのおしゃべりを楽しみに来店する人多し。私はこちらで、イランのアールグレー紅茶、干し葡萄などドライフルーツ、イラン菓子などを仕入れます。イランの方は缶詰やレトルト食品、香辛料など食品まとめ買い)

---------------------------------------------

今回、『風をたべた日々』(渡邊義孝さん著)とサマルカンドについて書こうと思い、写真も用意していましたが、もうすでに長文。次回に。今回はこれでアップします。写真が少ないので、青のFBから。

e0063212_22302070.jpg
(ブハラのモザイクタイル/青磁透彫唐草文箱、高麗時代、12世紀/ウスマノフ工房の扉)
by orientlibrary | 2013-11-11 22:35 | 日々のこと

かたち・きもち、民藝のうつわ、カンタ刺し

瀬戸から戻って1週間。この1週間、たくさんの「民藝のうつわ」に触れました。民藝のうつわ自体は、これまで見ていなかったわけではありません。が、この1週間、若い人たちの「民藝のうつわのある暮らし、空間、食」とでもいうようなテイストに出会いました。出会ったというよりも、興味が高まり、どうなっているのかな、どうしてなのかなと、どんどん出かけて行ったのです。

先週日曜日、瀬戸本業窯、民藝とのつながりの深い窯でギャラリーや資料館を見せていただきました。三彩、黄瀬戸、緑釉など、とても魅力的で使いやすそう。時間がなく、大急ぎで分けてもらった皿、やさしい色合いで軽くてサイズも程よくて使いやすい。手抜き料理も美味しく感じられて、とても満足です。

このようなうつわは、どこで買えるものなのか、ネットを見てみると、カジュアルなテイストの民藝の器や雑貨を販売するサイト、実店舗、けっこうありました。30代くらいの人がやっているみたい。え、そうなんだ、、民藝って今こうなってるんだ、人気の窯元があり、セレクトされ、程よい品揃えと価格で販売されているんだ、、この時点で、かなりの驚きがありました。

 注釈です。「民藝」と「民芸」。その違いはよくわかりません。後述の『日々、うつわ』によると、「柳らが「民藝」の言葉を使い始めた当時は、「藝」には「草木を植えること、修練によって得た技能」という意味があり、「草を刈る。香草の名」を意味する「芸」とはまったく異なるものであった。現在の使い分けとしては、元来の民藝の考えを踏襲するものは「民藝」、郷土色の強いもの、和風のものなどは「民芸」があてはめられることが多いようだ」とありました。わかりやすい説明です。今回の内容は、展覧会名や書籍での使用が「民藝」。個人的には旧漢字はあまり使いません。が、本文でだけ民芸と書くのもごちゃごちゃしてしまうので、民藝で統一しようと思います。今後はまた考えます)

---------------------------------------------

「日々、うつわ展 〜民藝のうつわのある、おいしい日常〜」

たまたま、東京ジャーミー(代々木上原)のすぐ近くの「CASE gallery」で、「日々、うつわ展〜民藝のうつわのある、おいしい日常〜」という展示が開催中であることを知りました。またしても土砂降りの雨でしたが、行ってきました。びっくりでした。

白い壁のシンプルな空間、木の展示台に各地のうつわ、壁にそのうつわに料理を盛った写真パネル。ギャラリーの方(坂元さん)とギャラリーが醸し出す、ナチュラルでデザイン感の高い雰囲気、なんだか「北欧」を感じていましたが、やはりというか、北欧と縁のあるスペースなのだそうです。厚かましくいろいろ聞く私に、坂元さんが親切に、そして端的に答えてくださってありがたかった。いまどきの「民藝のうつわ」、その感触をつかむことができました。

e0063212_23572518.jpg
(沖縄読谷北窯、小鹿田、小石原、石見など全国14の産地のうつわ/各産地のうつわのかたちや色にあった料理の写真と説明/お気に入りの小石原焼・飛び鉋皿を持つ坂元さん)

民藝のうつわが最近とみに好きになったという坂元さん、使いやすくて価格も手頃なのがよい、と。こういうセンスのいい人たちが手仕事のやきものを取り入れるようになる。うれしいですね。

e0063212_23583257.jpg
(やっぱり魅力的、一堂に揃ったうつわたち。北欧と和は重なり合うものがありますね。4枚のなかでひとつ、北欧の器集合写真があります。どれでしょうか?!)

書籍『日々、うつわ〜民藝のうつわのある、おいしい日常〜』(萩原健太郎著/誠文堂新光社)。9月末の発行。著者は1972年生まれ。簡潔な温かい文章で伝えたいことがよくわかります。

「全国の民窯をめぐるうちに、日本にはこれほど多くのうつわがあること、それぞれに地域に根ざした伝統や技術があることを知る。しかし、それらは価格も手頃なのにもかかわらず、日常のなかで見かける機会は多くない。(中略) うつわそのものを紹介するのではなく、うつわは使ってこそ輝きを放つことを証明したかった。料理のチカラを借りて、うつわの素晴らしさを伝えたいと思った」

料理がまた、いい。見かけだけのこじゃれたレシピじゃない、骨太な料理。筑前煮、かぼちゃのスープ、たまごサンド、ハンバーグ、親子どんぶりなど。これがおいしそうだし、器と合ってる。うつわが欲しくなる。これこそ、うつわと料理のしあわせなレシピ。

展覧会はすでに終了していますが、会期中にはトークイベントも。「民藝から北欧のデザインまで」「山陰のうつわ、料理、旅について」「調理から盛りつけまでの実演」も。「いま」を感じます。

このようなうつわを扱っている店がありますよ。え、それはどちらですか!?ということで、CASE galleryで教えてもらった「SML」(エスエムエル、ショップ、恵比寿)と「SMg」(エスエムジー、展示主体、目黒)に向かいます。

---------------------------------------------

「最高に美しいうつわ tableware as life」

目黒川沿いの道から少し入ったところにあるSMg。「因州 中井窯の仕事」展を開催中でした。黒いジャケットの眼鏡男子がじっくりセレクト中で、6点ほどまとめ買い。

因州中井窯は、緑、黒、白の染め分けが特徴。前述の『日々、うつわ』によると、「柳親子に愛された山陰を代表するモダン民藝」。和の力強さと感性が伝わります。インパクトがありますね。

e0063212_005464.jpg
(SMg。「因州 中井窯の仕事」展。スッキリした店内、ユーズドの木の什器が陶器の味わいを引き立てています)

こちらでSML監修の書籍、『最高に美しいうつわ』(エクスナレッジ/2013年4月発行)を購入。安西水丸氏の推選の言葉=「うつわ、陶芸家、店、すべてがセンス良くまとまったこんな本ができたことがうれしい」。同感。作家、うつわを扱う店舗やカフェのオーナーなど、様々な角度から、うつわ、思い、伝統を受け継いできた土地、風土、人々を見つめます。「今」が伝わる。写真がとてもいい。深い魅力を引き出しています。

徒歩でSMLへ。恵比寿らしいかわいいお店ですが、小鹿田焼、砥部焼など、上の2冊の本に登場する民藝のうつわたちが並んでいます。値段も数千円台が多い。民藝の店というと、敷居が高く独特の雰囲気、知識がないと恥ずかしいというイメージもありましたが、今の民藝のお店は気さくでカジュアル。暮らしのなかで使って欲しいという思いが伝わります。

e0063212_011486.jpg
(SML。手作り風の店内。人気は「やちむん」や「スリップウエア」。スリップウエアはファンが増えていてイベントなどもあるそうです)

SML、SMg、ともにこの数年内のオープン。話を聞いたスタッフの方々も、出会ったのはこの数年内とのお話。書籍も今年2冊。それ以前には、『Discover Japan TRAVEL 民藝のうつわをめぐる旅』(2010年)、『民藝の教科書1 うつわ』(2012年)も。今回は、「行ってきました!」だけで、とてもまとめられません。いつかまた書きたいと思います。

e0063212_012715.jpg
(左2点:瀬戸本業窯にて。上はクバの草ビロードと黄瀬戸の経年変化/右3点:本文でご紹介した書籍2冊。料理が美味しそう。写真もいい)

---------------------------------------------

カンタ、ラリーキルト

うつわから刺繍に話題は飛びます。民藝のうつわで感じた、伝統、継承、時代性、実用など。どの手工芸でも同じ課題や取組みや試みがあるように思います。

ブログでも何度かご紹介している刺繍家の望月真理さんの展覧会。真理さんは、インド東部のウエストベンガル地方などで盛んなカンタ(古い布のサリーをはぎあわせ刺し子を施し丈夫で美しい布に仕上げる)を現地で知り、調査と研究を続けています。「この文化の途絶えるのを惜しみ、シルクロードの終点である日本で受け継いでいきたいと願っております」。

e0063212_0405338.jpg
(ベンガルのカンタ)

真理さんは、カンタを日本人の眼と手と心で刺します。細密な手仕事、遊び心が魅力。ベンガルの大胆で明るい構図や色使いから学び、真理さんのカンタを、87歳の今も、日々、時間を惜しんで作り続けています。

e0063212_0412917.jpg
(真理さんのカンタ)
e0063212_918366.jpg
(真理さんのカンタ)

そのカンタ、この数年、「ラリーキルト」として、とりわけクオリティの高い手仕事のストールなどが紹介され、人気となっています。先日、横浜「エスニカ」の「染まるインディア」という展示とイベントで、コカリさんの展示を拝見。いつもながらセンスいい。

e0063212_035465.jpg
(ラリーキルトのストール。インドの手仕事はすごい)

e0063212_042159.jpg
(展示とイベント「染まるインディア」@エスニカ。陽射しが差し込む居心地良い展示空間)

ラリーキルト、初めて見たときから、どんどん洗練度が高まっている気がします。カンタ、ラリーキルト、時代や人々の思いのなかで、どのように変わらない芯の部分と変化する姿を見せてくれるでしょうか。

---------------------------------------------

最後に、今日、たまたま発見!北欧の雑貨のオンラインショップ(北欧、暮らしの道具店)で、九谷の器の販売を開始と。「石川県の九谷焼の器の販売を
開始しました。当店でご紹介させていただく、
初めての和食器となります。『北欧の器』と『日本の器』。このふたつが絶妙にマッチしてくれることは、
これまでの特集やスタイリング写真などで、
何度となくご提案させていただきました。様々なものを組み合わせ編集する
楽しさをご提案できたらという想いで、
初めて和食器を仲間入りさせることにしました」だそうです。

北欧と和は重なり合うものが多い。まだまだいろんな動きがありそうです。

相変わらず長文ブログです。今の「民藝のうつわ」に興味を持って1週間、まとまりませんが、その時しか書けないものがあると思い、書いてみました。ふぅ〜〜(汗)
by orientlibrary | 2013-10-30 00:17 | 日本のタイル、やきもの

秋の瀬戸で本業タイルと出会う

瀬戸への小さな旅。
日本のやきもの産地を少しずつでも見て歩きたい。そして最近見始めた日本のタイル。瀬戸本業タイルは、やはりもう少し知りたい。「河井寛次郎の陶芸」展(瀬戸市美術館)も開催中。行ける時にはどんどん行こう!土砂降りに見舞われましたが、土味はたっぷり。今回は写真中心に、ざくっとご紹介。だんだん調べていきたいと思います。

雨自体は、けっして嫌いじゃありません。雨の日に本を読むのが好き。小雨なら散歩も好き。雨上がりの植物や景色も瑞々しくて好き。でも朝から丸一日土砂降りの散策、スニーカーはずぶ濡れ、地図はヨレヨレで見えなくなるし、寒い。

e0063212_0464792.jpg

ぼやきたくもなるけれど、やきものは雨の中で、ますますツヤツヤときれいなんですよね。いいなあ。見とれます。「窯垣の小径」はやきもの散歩道。塀や壁に埋め込まれた古い窯道具などが様々な模様を描きます。使い込まれたものは美しい。味わいがある。四季それぞれいいと思いますが、落葉の秋は色が合います。常滑の土管を積んだ散策路もいいし、土と土のものは相性がいい。茶系、緑系は落ち着きます。

e0063212_047082.jpg

窯垣の小径の道沿いにある「窯垣の小径ギャラリー」。雨の中、行く場所もなく途方にくれていたら、ギャラリーの方が小走りで来て早めに館を開けてくださいました。助かった〜。ギャラリーは、江戸時代の旧窯元のお屋敷を利用。地元作家の作品を展示販売しています。スタッフの皆さん(出展作家さん)が親切で、ほっこり和みます。

ギャラリーから少し歩いたところにあるのが「窯垣の小径資料館」。「建物はもと「本業焼」の窯元であった寺田邸を、そのままいかす形で改修したもの」だそうです。こちらに本業タイルが20点ほど展示されていました。資料館パンフレットより、「本業タイル」についての説明を引用させて頂きます。

——— 明治時代の日本における洋風建築の流行と共に「敷瓦」を前身とする「本業タイル」がさかんに使われるようになりました。これは「転写」技術の向上により、同一図柄で量産されたわが国の近代タイルの第1号ともいうべきものでした。本業タイルは、本業(陶器)の伝統的な調合による土を使い、土の表面の粗さを覆うために磁器の土を使って表面が化粧してあり、銅板転写による図柄の美しさとも相まって陶器でありながらあたかも磁器のように繊細で硬質感と近代感を兼ね備えたものとなっています。 ———

e0063212_048667.jpg
(写真は青のものばかりですが、茶系緑系もあります。本物をこんなにたくさん見るのは初めて。左右対象、幾何学と植物文様を合わせたもの等、このデザインの出自がピンと来ませんでしたが、ヴィクトリアンタイルの影響だと気づきました。けれども日本らしさが滲み出したようなものもあり、その混合が興味深いです)

資料館では、本業タイルが貼られた浴室及び便所も当時のままの姿で紹介。一枚で見るタイルとはまた違った印象です。当時はとてもモダンな空間だったのでしょうね。

時間は前後しますが、「瀬戸蔵ミュージアム」の展示タイルはこちら。

e0063212_049060.jpg
(瀬戸蔵ミュージアム。タイル生産の道具展示。代表的なデザインのパネル等)

名鉄尾張瀬戸駅から数分の複合施設「瀬戸蔵」(店舗、飲食、ホール等)、その2階と3階が瀬戸蔵ミュージアムです。吹抜けになっていて広い。陶房の再現ややきものの歴史等、日本のやきものビギナーの私にはとても有益で楽しいミュージアム。熱中しました。

e0063212_0492512.jpg
(瀬戸蔵ミュージアム。モロ(陶房)の再現。すごい!)

モロ(陶房)の再現がすごい。地元の人には見慣れた光景かもしれないけれど、小物など細部まで凝った展示は感動ものでした。かつ、陶器生産の行程や設備、道具を知ることができる。やはり、実物があるとわかりやすいです。一つのモーターを動力にして、ロクロなどいくつもの機械が動く。モーターという言葉の当時の輝きに思いを馳せました。

生活道具展示室では生産工程が具体的に見えてきて、とても勉強になりました。ビデオも全部見ました。3階の「瀬戸3万年の歴史」もわかりやすい。時系列、品目別に実物をひたすら見せる。アートな展示方法もあるでしょうけれど、ここではこのやり方がわかりやすいのでは。私は好みでした。

製品を出荷〜輸出する光景の再現も興味深かった。陶器の梱包ではエピソードもある私、箱詰めの輸出用陶器に見入りました。もっと詰め物はするだろうけど、基本、こんな感じだったの!?割れないのかな。紙と藁みたいなものでも、とにかくやきものが動かなければいい。ウズベキスタンのウスマノフ工房のパーフェクトパッキングを思い出す。工夫と技。最近は大量のエアパッキンに頼り過ぎなのかもしれない。

e0063212_050494.jpg
(瀬戸蔵ミュージアム。製品を出荷、輸出する光景の再現。右下2点は1970年代の輸出用との記載。「Occupied Japan」(連合国軍占領下の日本、1947-52年の5年間に日本で生産し輸出したもの)と図柄が同じなことに驚いた。でもどこかおとなしい。いつか両者の比較写真をアップしたいと思います)

さて、また土砂降りの窯垣の小径に戻ります。迷いながらも、ようやく登り窯に辿り着きました。が、土砂降りの中を歩いていたのは私だけではありませんでした。写真愛好家と思われる団体ご一行が、雨具の中にカメラを入れながら熱心に撮影旅。登り窯も、妙に満員な感じになってしまいました。寒さもあって、もう帰ろうかな、、と弱気になったところに、なぜかカフェらしきものを発見。登り窯の上部の横にカフェ?その名も「窯横カフェ」。入ってみます。

広過ぎず狭過ぎず、白い壁に木の床。ジャズっぽい音。雑誌やグリーン。若いお二人がオーナーのご様子。とにかくまずコーヒーを頂きます。やがて石油ストーブも登場し、体も暖まってきました。お店の方と少しおしゃべり。絵を描いている方々、瀬戸に移住し、セルフビルドでカフェ作り。今年2月のオープンだとか。感じいいカフェです。器もいいな。目の前には薪ストーブも。気になるのはその下に敷かれたタイルなんですよね。

e0063212_051942.jpg

相当好きなタイル。青の色味がいいな。ラスティックな質感も。このタイル、どうしたんですか?すると、登り窯の窯(瀬戸本業窯)の八代目に作ってもらった、と。注文で作ってもらえるんですか?さあ、どうかなあ。もうすぐ八代目が用事で来るので話してみたら、ということでiPadしながら八代目を待ちます。

やってきた八代目、カジュアルなファッションが似合ってます。資料館やギャラリーを見せて頂けることになり、ラッキー!資料館には、本業タイルが。「うちで作ってきたものです」。え〜、そうなの!?こちらだったんですか!

e0063212_0512822.jpg
(ペルシアにも輸出していたというタイル/六代目水野半次郎氏と民藝運動の方々/八代目/陶器の染付魚藻文。陶器の染付は珍しい。でもウズベキスタンやイラン、トルコは基本的に磁器ではないブルー&ホワイトなので私にとっては親しみある質感と化粧土の白/ギャラリーも見応えあり。こういうのが見たかった)

聞けば、民藝との関わりのある窯元。六代目が柳宗悦さん等と交流があり、昭和30〜40年代の大量生産の時代も手仕事を大事にしてきたのだそうです。黄瀬戸(これがまた、最近大好きなんですよ)と緑釉が特徴。いい色です。

瀬戸に行くからには本業タイルに触れたいと思っていた。でも、どうやってそこに辿り着けるのかわからなかった、というか、詳細を調べなかった。最初はあまり調べ込まずに先入観を持たずに行き、とにかく歩いて手がかりを探す。いつもそんなふうにしています。今回は土砂降りのおかげでカフェに入り、いつもなら短時間で出て歩き回るのに雨と寒さで出られず、そのおかげでタイルを見つけ、たまたまタイルを作った八代目が用事でカフェに。日本のタイルの現場と会えました。感謝。

河井寛次郎の陶芸−科学者の眼と詩人の心−」展も良かった。鍛錬の賜物である圧倒的な技術が支える自由な個性の表現が、やわらかいあたたかい造形と色に結晶している。やきものは人柄なのかと感じました。釉薬の研究で定評があった寛次郎さんが最後に作り出した「碧釉」。深くどこまでも引き込まれる、かつ屹立するような、魅惑の青。最高でした。

最後に瀬戸で出会った青。

e0063212_052342.jpg
(窯垣の小径ギャラリーの庭2点/染付壷。瀬戸染付の特徴は没骨(もっこつ)技法。主に付立筆を用いて一気に描く/本業タイル)

今回はひとまず、ここまでに。今後も、産地シリーズ、「タイル人」も書いていきたいと思います。

* 「窯横カフェ」のfacebook、発見しました。ごはんやお菓子がおいしそうです!
* たくさんの「FBいいね!」ありがとうございました☆
by orientlibrary | 2013-10-22 01:04 | 日本のタイル、やきもの

中央アジア人・アトラスと駆けるウズベキスタン

秋は展覧会、展示会、イベントが、いつもにも増して多い時期。個人的には、土寄りの時間が多いのですが、写真がないこともあり、今回もアトランダムな内容。後半は、「中央アジア人・1 〜アトラスと駆けるウズベキスタン 川端良子さん(東京農工大学)」です!

---------------------------------------------

まず、青のFBよりサマリー少々。
e0063212_0105859.jpg
(ティラカリ・マドラサ(サマルカンド)〜宇宙のようなカリグラフィーと幾何学模様/ホジェ・アハマド・ヤサヴィー廟(トルケスタン)〜彩釉レンガとタイルを駆使した壮麗な装飾/シャーヒ・ズィンダ(サマルカンド)〜幾何学模様を立体化)

釉薬クラス。知らなくてはと義務感のような気持ちで始めたのですが、意外なことに釉の調合にハマってます。無謀なチャレンジをサポートしてくれる白金陶芸教室さんに感謝しつつ、今回もオリジナル青に向けて走ってます♪
e0063212_0125519.jpg
(青系調合テストピース/基礎釉作り/トルコ青釉調合/この青が憧れ)

インドの布を紹介しているkocariさん。明るい色使い、斬新な色の組合せ、美しい手仕事のカンタや刺繍が女性に人気。
e0063212_0155236.jpg
(西早稲田の民家ギャラリー。きれいな手仕事とチャイでなごませていただきました)

中央アジアのテキスタイルや工芸を紹介するカンノ・テキスタイル。滝野川の展示。スザニやキリムバッグも。
e0063212_016796.jpg
(左段3点=カンノ・テキスタイル/中〜右の4点。ウズベキスタンの絣布アトラス、アドラスで作られた小物類=テディベア、捻り香合、ネクタイアなど、2012年のハンディクラフトコンテスト入賞作品、現地での製品化第1弾。ウズベキスタンでの販売がスタート! 〜写真はコカリさん、カンノ氏空間にて〜)

---------------------------------------------

<中央アジア人・1 >
「アトラスと駆けるウズベキスタン」川端良子さん(東京農工大学)


ウズベキスタン、キルギス、カザフスタンなど、中央アジアを駆け巡るひと。数十キロの荷物、スーツケース2個持ちでもニコニコ。中央アジアメニューなど、おいしい料理を手早く作る料理上手でもあります。ウズベキスタンでのアトラスプロジェクトも興味深いステージに。聞いてみたいこと、たくさん。

(* 夏のインタビューからタイムラグがあるため、少々補足している点があります。また録音はしていますが、このまとめは取材時の入力を基にしています。細部のニュアンスが多少違う点があるかもしれません。この点、ご了解ください。)

まず、東京農工大のウズベキスタンプロジェクト。趣旨、経緯、現状など、詳細はこちらに。

<参考:フェルガナプロジェクト>=JICA の草の根支援プロジェクト。ウズベキスタン共和国の国立養蚕研究所、ビジネスウーマン協会と協力し、フェルガナ地域農民を対象に、養蚕を主体とした農家副業技術の改良・向上に向けた普及活動をおこなう。生産物の販売モデルを確立し、ウズベキスタン国内の養蚕地域において活動発展と高品質蚕糸の安定生産につなげることを目指す。

<参考:ウルゲンチプロジェクト>=2013年3月より新プロジェクト。「ウズベキスタン共和国シルクロード蚕業復興計画−辺境農村における副業収入向上のための技術移転モデルの確立−」を開始。

e0063212_0213596.jpg

—— アトラスプロジェクト、いまの様子を教えてください。
この秋、ヒバ市イチャンカラ市場に外国人向けの販売拠点を作る予定です。目的はお土産物としてアトラス商品を定着させること。サマルカンドやタシケントには、いろんな店ができていて、品質も向上しています。ヒバはまだ入る余地があります。世界遺産なので外人観光客も来ます。女性の自立化とアトラスの普及をめざしています。

—— 今後、ハンディクラフトコンテストの優秀作品が販売されるのですか。
地元の人を雇用し、日本の皆さんのアイデアであるコンテストの優秀作品などを販売します。プロジェクト開始以降、ウズベキスタン側のアイデアで作られたアトラスのシュシュやポーチは、日本国内でも販売しており好評です。メインの市場はあくまでウズベキスタンだと考えていますが、日本でも売れる商品だということは自信になります。農村の女性は日本や日本人を知っていて、いまだに「おしん」と言われるんですよ。日本に悪い印象はないですね。

—— 風土や慣習も違いますし、いろいろと大変なこともありそうです。
ビジョンは長期です。このプロジェクトで終わるつもりはない。成果を出したい。私の専門は環境問題ですが、その分野のプロジェクトは現実的になかなか難しい。農工大は養蚕研究の長い歴史があり、養蚕復興はウズベキスタン政府の意向とも重なりました。双方に良かったと思います。

—— やりがいがありますね!
目に見えて成果が出ていることは喜びです。農家の人が喜んでいること、同じ労力でも日本の繭を買うと収量が増し、収入も増える。基本はカイコの品種です。ウズベキスタンは旧ソ連だったので日本品種が行っていなかった。品質を良くして、製糸会社に働きかけています。そしてプロジェクト拠点は、フェルガナからウルゲンチに移動しました。フェルガナでの成功を点から面にしていかなくてはなりません。フェルガナには養蚕の伝統がありましたが、養蚕が気候条件的に困難と言われているウルゲンチで成功したいのです。ウズベキスタンの西と東の端で成功することは、全土での展開に重要だと考えます。ウズベキスタンでは、ロシアなどに出稼ぎに行く男性が少なくありません。シルクの製品化と販売を通して、副業による収入向上につなげたい。

e0063212_0215079.jpg

—— 中央アジアとの縁、どのようなきっかけだったのですか。
専門は、中央アジアの環境問題、水質と土、養蚕です。京大大学院時代はアラル海の水質をやっていました。中央アジアの環境問題で、理系の博士号は初めて。足抜けはできません。元々、NHKのシルクロード番組が好きでした。民族学者である片倉もとこさんの『アラビアノート』などの著書や辺境をフィールドワークする生き方にも影響を受けました。青池保子さんのロシアを題材とする漫画にも魅せられていました。いろいろなことが重なっていますね。

—— 中央アジア、ウズベキスタンと日本、ここがいちばん違うという点は。
計画的に動く日本人と、前もって準備しない傾向のあるウズベキスタン。でも、ギリギリに帳尻を合わせるのがすごいです。

—— 中央アジア、ウズベキスタンの、ここが好きと思うことは。
人情味がある。ウズベキスタンの人は親切。日本人が失いつつあるものがあると思う。お役所仕事は腹が立つけど地方は親切。最初にカザフに行ったとき、田舎に行くとものがないので、カップ麺とか食べていました。そんなとき、村長が羊をふるまってくれました。ゴミ箱に落ちていた箱、そこに日本語が書いてあったのですが、それを拾って飾り棚に飾ってくれたこともありました。

—— 中央アジアでの最高の時間は。
真っ平な地平線に沈む太陽。自然の大きさを肌で感じます。中央アジアの自然は本当に魅力があります。

—— 中央アジア、ウズベキスタンでおすすめの食べ物は。
ナンが一番好きですね。窯で焼くナン、焼きたてのナンほどおいしいものはない。とくにタシケントの安いナン、卵が入っていない薄いナンがいい。フェルガナのナン、ピザパイ、ラグマン、カザフのロシアパンもおいしい。メロン、ドライフルーツなど、果物ははずせません。タシケントには各国の料理店がいろいろあります。現地のチェコビールはおいしいですよ。グルジア料理も安くておいしいです。

—— お気に入りの場所は。
ヒバは好き。いまは都会になっていますが、こじんまりとして観光しやすい。時期は5月か9月ですね。

<追記> 2013年10月よりヒバのイチャンカラにてテスト販売開始。タシケントのいくつかのショップでもコンテスト作品第1弾商品の取り扱いが始まっています。ウズに行かれた折には、お土産にどうぞ!

e0063212_022428.jpg

川端さん、どうもありがとうございました!これからも中央アジアパワー、分けてくださいね〜!

アトラス製品、日本での展開も楽しみです。いつもウズベキスタンでお土産選びに苦労しているので、興味津々。川端さんおすすめのヒバ、私もホレズムのタイルとやきものを巡る旅をしたいのに、好適な9月も10月も行けずじまい。冬は極寒、夏は極暑。いつ行けるだろう。ご縁を待ちます。
by orientlibrary | 2013-10-15 00:26 | 中央アジア人

トゥバのホーメイ、遊牧民の染織、ラスター彩故郷に還る

トゥバ共和国のホーメイ

「アルタイ共和国のカイ、トゥバ共和国のホーメイという、シベリアの喉歌における二大潮流が一堂に会するコンサートが、今年9月に東京と大阪で開催される。両共和国の歌手が同じステージに立つのは本邦初のこと。あわせて、その前後にもアルタイ、トゥバの歌手によるツアーがそれぞれ実施される」(Realtokyoより)

各地で連日盛況かつ感動のコンサート、そのなかの一夜、横浜で開催された「ホーメイの夕べ〜トゥバ共和国の超人的な倍音喉歌」(出演:モングンオール・オンダール、アヤス・クーラル
、ドスタイ・オトクン
、アンザット・クーラル
/横浜みなとみらいホール小ホール)へ。喉歌ワークショップとバックステージツアー付きという貴重な機会でした。

e0063212_1231322.jpg
(上段:ホーメイの夕べ。コンサート写真がないので、バックステージツアーの様子を少々/下段:東京駒場の日本民芸館、「特別展 柳宗理の見てきたもの」11月21日まで)

ロックやスーフィー音楽、そのフュージョンが今も好きだけれど、一方で喉歌や口琴系、パーカッション系に惹かれてきています。じつは、自分がこちら系に来るとは思っていませんでした。年齢とかいろんなことがあるのかな。ギリギリまでそぎ落とした音世界ならではの豊穣、電子音楽と紙一重のトランス感に巻込まれている感じです。

<ホーメイとは>
「
ロシア連邦トゥバ共和国に伝わる喉歌(のどうた)。声に含まれている倍音を、声帯の力で強調させ

て口笛に似た音を出す。非常に低い倍音を出したり、音を細かく震わしたりと、発声法が7種類以上

(28種類という説も)ある。また、この他にもアルタイ山脈周辺地域には類似した「喉歌」が伝えられ、

モンゴル国ではホーミー、アルタイ共和国ではカイ、ハカス共和国ではハイと呼ばれている」



(「ホーメイの夕べ」のワークショップ「ホーメイの魅力 トゥバ共和国発祥の奇跡の歌声」資料〜講師:巻上公一さん〜より)

音の響きの良いホールで、4名それぞれの個性あふれる生歌を堪能。低音の喉歌カルグラー、高い音の出る喉歌スグットなど圧巻。南シベリアの草原、自然の中にいるよう。全体を通して「風」を感じます。それが根源的な気持ち良さにつながっているのかもしれません。

モングンオール・オンダール(スグット)



---------------------------------------------

柳宗理の見てきたもの

特別展 柳宗理の見てきたもの」=「2011年のクリスマスの日に他界した柳宗理(1915~2011)。世界的な工業デザイナーとして活躍する一方、約30年間にわたり日本民藝館の三代目館長として活動しました。本展では、宗理が蒐集した当館コレクションの逸品をはじめ、柳家から遺贈された陶磁器や染織品、仮面などを展示。また、父宗悦から受け継いだ食器類も併せて展観し、柳宗理がどのようなものを見つめながら生活し、デザイン活動の糧としてきたのかを紹介」する展示。日本民芸館にて11月21日まで。

e0063212_1391618.jpg


ひとりの人が好きで集めたもの、いろんな地域、いろんな領域、でも一貫した「好き」が見えてくるようで興味深い。柳宗理さん、生命力がありながらどこか端正な感じ。繰り返す模様が織りなす妙味、色や色合わせの一歩引いたようなシックさ、などを私は感じました。


---------------------------------------------

西アジア遊牧民の染織

「アジアの染織 西アジア遊牧民の染織」(東京国立博物館・東洋館/~ 2013年12月1日)

「遊牧民研究家、松島清江氏が1960年代から1980年代にかけて現地で収集したコレクションを展示します。インド西北部からパキスタン、アフガニスタン、イランからトルコにかけて遊牧を営んだ部族が染め、織り、制作したハンドメイドの衣類や袋物、テント用敷物。家畜の毛をつむいで織り、あるいはフェルトにして作られた、各部族の特色ある色と文様の世界を紹介します」

松島きよえさんについては、トライバルラグディーラーのTRIBEさんが、これまで熱心に紹介しています。「トルコ~イラク~イラン~アフガニスタン~パキスタン~インドと西アジア~西南アジアを駆け巡り、
遊牧民と行動を共にしながら彼らの生活に溶け込み、同時に毛織物を収集された貴重な日本人である。
今生きていらっしゃればどれだけ話が弾んだであろうと思う。
特に野蛮(遊牧民らしい魅力溢れる)な部族に惹かれ、昔ながらの部族らしさを残した人々に
魅せられていたようである」(TRIBEさんHP)

* 遊牧民に魅せられて。松島きよえさんの物語
* 遊牧民に魅せられた人 松島きよえさん
* ブーラーフィー族 『Josephine Powell&松島きよえ』2

おかげでコレクションの実物も何度か拝見していました。東博のガラスケースの中、さすがに大作、状態の良い絨緞や塩袋が揃っていました。

e0063212_1254960.jpg
(アジアの染織 西アジア遊牧民の染織/東京国立博物館・東洋館)

e0063212_126167.jpg
(左:アフガニスタンとのこと。トライブ名不明/右:イランのバフティアリ族)

「ブロイ族」とあったので、初めて見る名前だと思いましたが、どうやらブラーフィー族のようです。アルファベット記載は「BRAHUI」。「バルチ族」「バクテアリ族」なども、ちょっと違和感。カタカナでの記載は難しいですね。東博さんはアカデミックな影響力があるところ。少しリサーチしてみてもよかったのでは?

東博ついでに。東博は、じつはモザイクタイルがけっこう使われているんです。有名なのは本館1階の壁面モザイク。外からの光の具合で色や光沢が変化して、とてもきれいです。表慶館の床はビザンチンっぽいモザイクが一面に施されています。表慶館はなぜか現在レストスペースのみ。もったいない!展示したい人が山のようにいると思う。貸出しも一法では?

e0063212_1254993.jpg
(東博のモザイクタイル。左:表慶館、右:本館1階)


----------------------------------------------

ラスター彩、故郷に還る

京王百貨店の「七代 加藤幸兵衛茶陶展<併催>ラスター彩イラン里帰り展」、もう一度じっくり見たかったな〜、、どこか心残りだったところに、21日放映のテレビ番組「ラスター彩、故郷に還る」。1年間の密着取材での製作光景、展覧会までの道のり、イランでの展覧会の様子など、75分しっかりとラスター彩に浸れて、これで満足しました。いい番組でした。

製作の日々には、圧倒されました。とくに焼成。本当に発色が難しいのですね。いくつもの失敗作もあっての、あの美しさ。感動です。また絵付け前の段階、八角星と十字からご本人が作っていらっしゃるとは、、分業なのかと思っていました。

好きだったシーンは、幸兵衛氏がイランの村で、「土はいいなあ」と土壁にヒタとくっついているところ、そして青い壷を抱えるようにして道ばたに座っているところ。イランの人たちも土への思いは共通するものがあるはず。気持ちは通じますね。

そんなわけで、まだラスター彩気分が続いています。写真もラスターで!すべて「幸兵衛窯」にて。

e0063212_1264887.jpg
(靴、そして描かれた人の絵がかわいい。金や銀と青、これがまた合うのですよね。右は正統派)

e0063212_127140.jpg
(左:ラスター彩駱駝人物文大皿/右:ラスター彩楽人文茶わん、いずれも加藤卓男氏)

e0063212_1271176.jpg
(左:この青が好きです/右:ラスター彩神鹿文茶わん、いずれも加藤卓男氏)

e0063212_1275975.jpg
(右がテレビで追っていた「生命の樹」ですね。ペルシアのモチーフと日本の感性)

e0063212_1281363.jpg
(加藤幸兵衛氏作品のディテール。遠目にはとても繊細だけど、アップで見ると麒麟や龍が力強い。生きているよう。八角星と十字もきっちり整って緻密で丁寧。素晴らしい)

虹色の陶の光こそ
匠らの 生き死にの果てに
輝けり けふも           天山草


季節は、黄金色の実りの秋に。
by orientlibrary | 2013-09-24 01:41 | 中央ユーラシア暮らしと工芸

ラスター彩、やきもの嫡伝、旅するポット、アジア染織、日本タイル

ラスター彩イラン里帰り展

大型台風ということで、外出を控えた方がいいのか、出ても大丈夫なのか、迷いますね。敬老の日前後は台風の確率が高い気がします。雨上がりを見計らい、やはり見たい!と出かけてきました。

まず、「七代 加藤幸兵衛茶陶展 <併催> ラスター彩イラン里帰り展」(新宿京王百貨店・京王ギャラリー/9月18日まで。最終日16時閉場)。(ラスター彩について、さらに加藤幸兵衛さんのラスター彩製作については、「ラスター彩と日本人-現代によみがえる虹色の輝き-1」「同-2」(iran Japanese Radio)に、わかりやすくまとめられています。イランでの展覧会の様子も垣間みられます。関心のある方は参照されることをおすすめします)

京王ギャラリー、ラスター彩も茶陶展も、存分に好きな陶器に浸れて幸せな時間でした。もちろん、例えば古民家や博物館の凝った展示で見られたらすごいと思います。でも都心で交通至便の百貨店が、これだけ充実の展示を企画して、誰にでも見られるようにしてくださったこと(無料)、その姿勢がうれしいです。

ペルシア陶器だけでなく、イスラームの文化や芸術は、一部博物館で触れることができますが、より多くの人の目に触れる機会は多くないように思います。また、百貨店ではどうしても「シルクロード」の冠がつきがちです。今回は、「イラン」がタイトルに入っており、イラン国立博物館出品作品40点が見られるのです。イスラーム陶器に親しみを感じている私には、そのこと自体が喜びでした。

e0063212_1630999.jpg
(上段左:左=展覧会図録、右=イランでの展覧会カタログ〔*次からの写真5点はこちらから引用〕/上段中と右:イラン人出展作家作品/下段左:ラスター彩壷、イラン・グルガン、9〜10世紀/下段中:ラスター彩十字タイル、タフテソレイマーン、13世紀/下段右:ラスター彩星形タイル、イラン・グルガン、14世紀/金色、玉虫色のなかの青が熱狂的に好きです)

ラスター彩展示の核は、加藤卓男氏と七代幸兵衛氏の作品展示。緻密、繊細、美しい光り、ペルシアのモチーフと和の感性の融合。あらためて圧巻と感じました。ペルシアの古陶も少しですがありました。鮮やかなコバルト青と羊の図柄の壷など、本当にできるものなら手に入れたい、、美しいものを手に入れるために権力を行使した王様の気持ちが理解できました。。

イランの現代作家によるラスター彩は、イラン陶芸家のfacebookページに今年春頃から随時アップされていたので、見ていました。オブジェが多く、幽玄な美意識は伝わりますが、細密さは追求されていない印象。ラスター彩ならではの発色を含め、イランでの今後の展開にも興味があります。

---------------------------------------------

美山三代展 “嫡伝展”

瀬戸・美山陶房、寺田美山氏、寺田康雄氏、寺田鉄平氏、三代の陶芸家による「美山三代展 “嫡伝展”」(アートスペース煌翔〜東京・阿佐ヶ谷〜にて9月21日まで。休み9月17日)。

「瀬戸の窯元では代々嫡子に築窯技法、釉薬調合等、製陶技術を秘伝として伝えてきました(嫡伝)」。そして「代々伝えられる技法だけでなかう個の制作意欲」も併せて見て欲しいとの趣旨の展覧会。現代はもちろん職業選択は自由。そうしたなかでも代々続くこと、その強さ、確かさ、律動を感じました。

e0063212_16311925.jpg
(三代それぞれの個性と多彩な作風/下段:織部三代三様。左:美山氏、中:康雄氏、右:鉄平氏)

---------------------------------------------

Asian textiles

Asian textiles <アジアの染織>」(ギャラリー囲織庵/世田谷区久我山/~17日まで。最終日17時まで)。トライバルラグを扱うTRIBEさんの展示会。ラグも質量ともにすごいですが、いつもいい布、持ってますね〜。グジャラートの「パトラ」、クメールの「ピダン」、ベンガルの「カンタ」やジャワ島の「カイン=更紗」、スマトラの霊船布「タンパン」、バリ島の儀礼布「ブバリ」など、アジア各地の染織品が見られます(&購入できます)。

e0063212_16321156.jpg
(濃い展示。逸品が目の前に。下段のお菓子はお客さんの差入れ。ココナッツパウダーを練乳で練り上げプルーンに挟んだスイーツ。やさしい甘さでした)

ギャラリー囲織庵、住宅地の中、竹や様々な緑に囲まれた趣きある民家ギャラリー。台風のニュースの中、うかがった側にはラッキーな静けさで、すっかり長居しておしゃべりを楽しませていただきました。素敵なオーナーとトライブさんに感謝。

---------------------------------------------

Occupied Japan

こちらは雨の連休ではなく、ちょっと前なのですが、「Occupied Japan」(連合国軍占領下の日本、1947-52年の5年間に日本から輸出したもの)の陶磁器と思われるものを、偶然拝見できました。以前「日本ーアフガニスタンークエッタ、旅した陶器たち」でご紹介したものと同じタイプのティーポットのようです。

e0063212_16331830.jpg
(上段左:品の良い絵付け。趣きあるポットで惹かれました/葡萄モチーフは輸出先の名産を意識したものでしょうか)

全体にザクッとしてかわいらしく、欲しかったけど、、値段が自分にはやや高かった(涙)。でもパキスタンから持ってくる手間や現地価格から考えると、妥当な価格でしょう。陶器を運ぶって、本当に大変ですから(しみじみ)。でも、じつは、、青地に花模様のティーポット、大事に飾っているものがあります。アフガニスタンを愛するcharsuqさんからいただいたもの。旅で運んだ大事な陶器、charsuqさん、本当にありがとうございます!!

---------------------------------------------

日本のタイル

8月の多治見・笠原旅で、その魅力に触れた「日本のタイル」、まだ資料などを読めていません。多治見旅では、タイル熱中人との出会いはもちろん、岐阜県現代陶芸美術館で「日根野作三と薫陶をうけた7人」を見て、日根野作三さんのことをもっと知りたくなって少し調べ始めたり、伊藤慶二さんも素晴らしく、、ますます興味やテーマの拡散傾向が強まっているのに、動きが遅くて、はかどりません。少しずつ進みます、、、

そう、日本のタイル。まず少しでも画像アップします。好きなタイルから!!青系ばかりなのは青好きゆえ、ご容赦を。とくに矢印模様のタイル、欲しかったですね〜、、、「手描150角 昭和45年頃製作 有限会社桝文製陶所」。ほんとステキです。フレームに入れて飾りたいです。

e0063212_16343219.jpg
(多治見市笠原の「モザイク浪漫館」所蔵品)

日本のタイル、外壁内壁に使われているものが多いですね。

e0063212_1635474.jpg
(多治見市、タイルの景/上段左と中:銀行の壁面で発見!色や形状が多彩。日本の四季を表すパターンが好まれるのでしょうか/上段右と下段中と右:多治見市の長江陶業にて。いまの建物や暮らしの中でのタイルの魅力を追求し提案。青好きゆえに青や白ばかり撮っていますが、もちろん色は多彩/下段左:このタイルに6月の「インテリアライフスタイル」(ビッグサイト)で出会い、日本のタイルに興味が高まったのでした。日本にも味わいある青いタイルがあるんだ、と)

マリンタイル」、多治見の長江陶業さんでも話題にのぼっていました。そのときは「え、そんなのあるんですか」と、相当ボケていた私。私の好きなR不動産の「tool box」、タイルのコーナーでも紹介されていたのに(見ていたのに)、、、これまで日本のタイルをいかにちゃんと、真剣に見ていなかったかということですね。深みのある青、海のようです。多治見には、モザイクタイルの流し台を作っている工房も。お話聞きたい工房が増えてます!!遠くないうちにうかがえれば、、。皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

* * * * *
ブログ更新が遅れがちです。自分のスピードが落ちているのでしょう。いかんいかんと思っているのですが、こんなペースになってしまいます。ゆっくりすぎるブログですが、どうぞまたお立ち寄りください。

今回もコラージュ写真とトピック、いろいろ用意しました(まず写真の準備から入るので)。が、話の流れがますますバラバラになってしまうので、風景の一枚を今回のラストにします。信州駒ヶ根、初秋の空気と光り苔です。

e0063212_16361489.jpg
(ヒカリゴケは光前寺(長野県駒ヶ根市)にて。ヒカリゴケ(wikipediaより)=ヒカリゴケは自力で発光しているのではなく、原糸体にレンズ状細胞が暗所に入ってくる僅かな光を反射することによる。またレンズ状細胞には葉緑体が多量にあるため反射光は金緑色(エメラルド色)になる)/日本の緑の幸。心洗われる)
by orientlibrary | 2013-09-16 16:38 | 日本のタイル、やきもの