イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

タグ:人・暮らし ( 106 ) タグの人気記事

羊食文化圏とタイル装飾の関係 

●エキサイトにて「同時多発ケバブ」発生しました! 「アフガニスタン駐在日記」さん(11月10日付け)の「アフガンのケバブ」から、「回族連邦共和国」さん(11月14日付け)の「カバブベルト地帯」説へ。絨毯会議での羊談義に始まった「羊を巡る冒険」に、ホントに私も羊(狐?)につままれた気分です。めぇめぇ・・・ 緊急NEWS!イランの(巨大)ケバブも見られます。「こぼればなし〜イラン時々別なとこ」さん(11月15日付け)へGO!

e0063212_1562983.jpg


●ケバブの前に、「写真でイスラーム」さんの「羊と山羊はどうやって見分けるの?」という根元的な問題提起にお答えすべく調べてみました。 →<答>:基本的に羊の角は右巻、山羊の角は左巻。羊には“あごひげ”がない(山羊は雄にあごひげがあります)。羊と山羊についてもっとくわしく知りたい場合はこちら。(羊のこと丸ごとわかる感じです。オススメ!)。

e0063212_1575682.jpg

●さて「ケバブ」ですが、発祥の地トルコの言葉で「焼き肉料理」の意味とのこと。これをギリシャ風に言うと「ギュロス」「ジャイロ」「スブラキ」、アラビア風に言うと「シャワルマ」。国や地方で製法、味付け、呼び方が違うようです。串に刺した「シシカバブ」、固まりにして回転させながら焼いたものを削ぎ切りにする「ドネルケバブ」などのバリエーション有り。挽肉をつくね状にして巻いて焼いたものもトルコではケバブだそうです。

●日本では、インド料理の「シークカバブ(シシカバブー)」の方が知名度大でしたが、最近はトルコ料理の店や屋台が増えてきて「シシカバブ」も有名に。で、両者がごちゃごちゃになっているという嘆きの声も(誰が?)。

●・・・っていうかあ(若い子ぶりっこ)、私が最も書きたいことは「羊文化圏」という地域感覚。いわゆるシルクロードから中東、北アフリカのマグレブに広がる「羊を食し、羊の毛で絨毯を織って暮らす、羊を生活基盤とした地域」。

●私はどうして、タイルLOVE!の「土(ツチ)族」の自分が「tribal rug(部族絨毯)」にすうっと魅せられていったのか不思議だったんですよね。(部族絨毯は、よく見かけるペルシャ絨毯などとは違い、各部族ごとの柄や色やテイストが際立つ個性的な手織り絨毯)。答えはシンプルでした。タイル文化圏と部族絨毯文化圏は重なっている。乾燥した気候で遊牧に関わる人の多いエリア。

e0063212_28936.jpg


水と木が少ないことが“土の建築”“タイル装飾”を生みだし、耕作ではなく牧畜・遊牧が暮らしの糧となってきた。食でも脂分の多い羊がごちそう。(だから「ケバブベルト」という考えもすんなり)。宗教ではイスラム教の人が多い地域。タイルについても、イスラムアートという視点だけではなく、このような気候風土の中で培われてきたことを念頭において、スタディしていきたいと思います。そんなわけで、次回ようやくカシュガルのタイルへ(資料少ない・・・)。

*写真は(上)カシュガルのバザール、(中)シリア・ダマスカスの「シャワルマ」店、(下)ウイグルのお宅の中庭
by orientlibrary | 2005-11-15 02:14 | ウイグル/アフガン

土の音 陶の音

「イル・マカーン ダ フェーン?」(アラビア語で「この場所はどこですか?」)。はい、世田谷・用賀駅近くのギャラリーです。 ん?? これは・・・陶器の楽器!? そう、今日は常滑でお会いしたチカコさんとその仲間たちの展示会&ライブに行ってきました〜!
e0063212_12722100.jpg

木琴ならぬ陶琴?を演奏するマーボさん。魅力的な絵付けの磁器が楽器に変身し、やわらかい音を奏でる。ちゃんと音階もある。ちなみに後ろにある人形系のものも、楽器に変身しますよ〜。

e0063212_1122044.jpg

太鼓は陶器に山羊の皮を張ったもの。山羊鼓?これがよく響いて、いい音を出す。みんな手近にある好きな楽器(=陶器)をポコポコ、ジャカジャカ鳴らして、大人から子供までノリノリ!パーカッションは楽器ができなくても参加できるのでうれしい。そして楽しい。テンション上がります。

e0063212_1123759.jpg

音楽と言えば、イスラムタイルのある街、カシュガルでしょう(結び付け方にちょっと無理あり!?)。ウイグルの人たちは歌や踊りが好き。楽器も多彩で形もきれい。工芸品としての魅力も充分。バザールの楽器屋さんの風情もいいな。・・ということで、次回はカシュガルのタイルにいきたいと思います。
by orientlibrary | 2005-11-10 01:41 | 日本のいいもの・光景

粋だな〜! イスラム圏のおじいちゃん

●「イッザイヤック?!」(アラビア語で「調子はどうですか?」)。「はい、日本は少子&高齢化です」。日本人の平均年齢は43歳くらい。中年の国。でも高齢化といっても、元気なシニアが多いですよね。今日は、お仕事でシニアに接している方から「みなさん元気でとても年にはみえない。 85歳までは老人とはいえないと思う」という実感のこもった意見を聞きました。

●イスラム圏の町や村で見かけるお年寄りも風情がある。とくに西域のおじいちゃんはカッコいい! 『サライ』もびっくり、『Leon』もまっさお〜! というわけで、今日は<イスラム圏おじいちゃん特集>。

e0063212_2393178.jpg

●ウイグルのおじいちゃん。カシュガルのエイティガールモスク。数万人もの人たちがクアルバン節の礼拝に集まった。祭りは次第に盛り上がり、楽隊がウイグルの歌を賑やかに奏でる。これに合わせて踊りの輪が生まれる。ウイグルの人は本当に歌ったり踊ったりが好きみたい。明るい。踊るのは男たち。真っ先に踊り始めたこのおじいちゃん。腕を大きく振り、足で力強くリズムを刻む。コートをなびかせてのダイナミックな踊りで並み居る若い男子を圧倒、いちばん目立っていた。


e0063212_231051.jpg




●シリアのおじいちゃん。くわえタバコで「カフィーヤ」(PLOのアラファト議長がしていたようなスカーフ)を販売。迫力ある面構え。カフィーヤの巻き方は人によっていろいろで、個性を表現。このおじいちゃんはラフでワイルドな感じに仕上げている? 


e0063212_2395293.jpg

●ウズベキスタンの古都ブハラのおじいちゃん。チャイハネで悠々とチャイを飲む。帽子と髭がお洒落のポイント。水色の縞の上衣も粋ですね〜!そして後ろの壁。石を組み合わせて模様にしたり、薄茶のレンガの目地にグレーを持ってきてアクセントをつける。ホントにセンスがいい。街のなかにこのような粋なセンスがあふれている。「宮殿とモスク」だけじゃないところが、イスラム圏の美的感性の魅力

●イスラム圏は女性の写真が撮りにくいので、どうしても子供と男性が多くなる。あ、ちょっとは趣味も入ってるかも・・・!
by orientlibrary | 2005-11-01 23:15 | ウイグル/アフガン

ビスケットとイクラ 

新聞を見ていたら「アジアの民族楽器 共演」という見出し。ん?もしかして、、と読んでみたら、やっぱりそうだった。ユーラシアンクラブ・大野遼さんの企画&主催。モンゴルの馬頭琴、ネパールの横笛パンスリ、シベリアンエコー、津軽三味線など10カ国が一堂に集まってのフェスティバルが11日に開催されるという。

ユーラシアンクラブは少数民族との文化的な交流をはかるNPO。新聞的に書くとそうなんだけど、もっと熱く、もっと人との関わりが濃い。私もセミナーや旅行でお世話になった。これまでの旅行、インドやイスラム圏、それぞれに五感に強い印象を受けたし思い出もたくさん。でも、すべての旅行の中でいちばん強烈だったのは、大野さんが企画実施した極東シベリア少数民族の村を訪ねる旅だ。

e0063212_0341475.jpg


ハバロフスクから北へガタガタと車に揺られてたどり着いたアムール川沿いのシカチャリアン村、そこからビギン川を遡ってクラスニヤール村へ。少数民族、ウデゲとナナイの人たちの暮らしに触れた。サバイバルなその旅の模様は、またじっくり書きたい。

*写真はシカチャリアン村のナナイのお宅で。一人暮らしのおばあさんが、紅茶、ビスケット、イクラ、キャンディーなどでもてなしてくださった。ビスケットにイクラが合うことを初めて知った。そして本でしか見たことがなかった「サモワール」、実物を見て感激。キャンディーはそのあと村の雑貨屋で値段を見たら、お聞きしたおばあさんの年金額と比してのあまりの高額さに驚いた。申し訳なく、また有難く、もてなしてくださる気持ちに感謝した。
by orientlibrary | 2005-10-08 00:55 | 東南アジア/極東

イケメン予備軍!

張り切って「世界の美男美女シリーズ」と銘打った私だったが・・・

マイフォトからのイケメン探しに、こんなに苦労するとは思わなかった。 どこにもいなかったということか?!パキスタンとかは「ちょっと濃いジャニーズ系」のるつぼなのだが・・。こうなったら『ヒマラヤ美少年図鑑』のKさんに1枚借りなければならないのか?!

e0063212_01039.jpg


そんなわけで苦闘の結果、この1枚に行き着いた。インド・ヒマーチャルプラディーシュ州にあるシーク教の寺院「アナンダル・サヒブ」で見かけた父と3兄弟、のうち、3兄弟。このお父さんが「インドのベッカム」みたいにカッコよかったのだが、写真で見た場合イケメンと言い切れるか、、、等々、仕事を横に置いて悩んだ私でした。

それにしても、3兄弟、すっごくかわいいでしょ!? 頭のお団子はシーク教徒の印。シークの男性は髪を切らずターバンの中に巻き込んでしまう。だから子供の頃から、お団子状態にしながら髪を伸ばしていく。全体にシーク教徒はかなりイケメン比率が高いと思うが、このキッズたちからもそれは伝わることでしょう。
by orientlibrary | 2005-09-13 00:13 | インド/パキスタン

レギスタン広場の美少女

初秋の週明け、美女の写真とともに、ぐっどもーにん!

e0063212_114388.jpg


ウズベキスタン、サマルカンド。目が眩むようなイスラム建築コンプレックス「レギスタン広場」。ブルーのタイルを背にした女性は、彫りが深くてエキゾチック、でもどこかアジアな顔立ち。民族衣装「アトラス」(絣)がよく似合う。深い瞳にクラッときません?
by orientlibrary | 2005-09-12 01:18 | ウズベキスタンのタイルと陶芸