イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

タイルと中央アジア話を中心に、ゲストハウスや民藝なども

中央アジア、タイルを中心に、街歩きトピックをまじえ、ダダダと行きます。

---------------------------------------------

ゲストハウス、バーラウンジのタイル

最初の話題、東京蔵前のゲストハウス「Nui.(ヌイ)」のタイルです。まず、「ゲストハウス」という業態(?)、日本でどのような状況か、動きか、ピンとくる方いらっしゃいますか。ゲストハウスという言葉自体、旅好きの若い層には馴染みのある言葉かもしれませんが、一般的には、「え、シェアハウス?」「あぁ、ユースホステルね!」というような言葉が立ち上がってくるのでは?

私もたまたま見つけたのですが、なんだか今どきのゲストハウス、ものすごくカッコいいことになってるんです。そして値段も手頃。いい立地。カフェ等を併設し、海外からの旅行者だけでなく、日本の若者や近所の方々にも親しまれています。

その先駆け的な存在が、3年前に開業した「東京の古民家ゲストハウス toco.(トコ)」(東京入谷)。築90年の古民家を改装しバックパッカー宿に。宿泊客を含め様々な人が交流出来るリビング&バーラウンジを併設。「宿泊は一泊2600円より。ゲストハウス泊が初めての方や、東京都内から週末の息抜きに来られる方まで、広く多くの方にご利用頂いております」。これは体験しなくては!と連絡した時は満室で泊まれず。まだ訪問もできていないのが残念。

そして同じチームが、蔵前に昨年11月にオープンさせたのがNui。6階建ての倉庫だったビルを大工さん、職人さん、仲間、ボランティアたちが、3ヶ月かけて手作りでリノベーション。隅田川に近く浅草寺も徒歩圏の立地で1泊2700円から。100人も宿泊できる規模でありながら、抜群の稼働率の高さが評判。

e0063212_2223036.jpg
(東京蔵前のゲストハウス「Nui.(ヌイ)。全国から集まったたくさんの人の手で作られた。1階のバーラウンジ、カフェタイムは9時から23時、誰でも利用可)

こちらも宿泊はまだなので感想は言えませんが、1階にあるバーラウンジがいい感じなんですよ。木や鉄や漆喰等の異素材ミックス。その中で、一列の青いタイルがアクセント、アイキャッチになっている。うれしいじゃないですか。

e0063212_2223115.jpg
(モロッコのタイル、土の味わい。キッチンも部分的にタイル貼り)

タイルはキッチンの壁面にも。すべてモロッコのものだそうです。さすが世界有数のタイルの国モロッコ。きちんとした中に味わいもあり、製品としての安心感があります。個人的には、これが日本の若手の手作りタイルだったらなあと想像してしまう。何枚かでもいいけど、ユーズドのジーンズのような手作りの青タイルだったら、空気がまた変わるだろうなあと。

---------------------------------------------

タイル愛好家・山本正之さん〜クリスチャン・ラクロワ&釉薬作り

INAXライブミュージアムのニュースレター、今号の特集は「世界のタイル〜山本コレクションにみるタイルへのまなざし」。

中東や中央アジアなどの旅先で出会ったタイルに魅せられて20年以上。けれども、装飾タイルの情報が少ない日本にあって、世界のタイル博物館や『イスラームのタイル』など、INAXのタイル関連の書籍がなかったら、関心が続いていたかどうかわからない。世界のタイルを蒐集した山本さんのコレクション。その展示と文章があっての私のタイル愛好。あらためて感謝の気持ちがわいてきます。山本正之さんの言葉です。

「多くの国でタイルの破片は、遠い日本から来た私に拾われたがって呼んでくれる。何気なく足元を見ると、不思議なことに、必ずといっていいほど落ちている。嬉しくて嬉しくて、まず掌にのせて重みを感じ、やがてじっと見つめると、その土地の土・砂・水などの環境もわかってくる。タイルがどんなふうに使われるのか、どんな人が施工に携わっているのかも。旅に出ると、いっぱい教えられる」

e0063212_22254564.jpg
(上段:「世界のタイル〜山本コレクションにみるタイルへのまなざし」特集/釉薬実験中、皿の青が理想/下段:インテリアライフスタイル展にて、「クリスチャン ラクロワ メゾン フォー デザイナーズ ギルド」、壁紙新柄は青いタイル模様)

* * * * * *
同じタイルでも、話がガラリと変わります。先日、ビッグサイトで開催された「インテリア・ライフスタイル」展で目についたのは、タイルの壁紙。「クリスチャン ラクロワ メゾン フォー デザイナーズ ギルド」の壁紙の新柄です。「アンダルシア地方からインスパイア」。なるほど。同じ柄のテキスタイルもありカーテンが紹介されていました。青だけでなく、いろんな模様を加えてデザイナーブランドらしい華やかさでした。

---------------------------------------------

ウズベキスタンに3年間住んだ漆作家、中村真さん

漆作品に触れる機会が少ない私。中村真さんの展覧会で拝見した漆の質感と色には、新鮮な驚きがありました。漆黒の夜にほの見える森の土のような黒、生命力を持つ植物のような緑、仏さまの手のような奥行のある質感。葉のかたちと合わせ、深く美しい世界を見せていただきました。

中村さんは、元々漆芸専攻でしたが、中央アジアの民芸に興味を持ち、タシケント暮らし3年。楽器工房で楽器を作ったり修理したりしながら、中央アジアの民族造形をテーマに研究をなさっていたそうです。日本に戻り、漆芸を再開。

e0063212_22263379.jpg
(六本木アクシス内サボア・ヴィーブルにて個展。〜器の原点とも思われる『葉っぱ』がモティーフ。「フォルムを追求できるので乾漆という技法で作っています。物作りの上での原点でもある『自然』を少しでも消化したいと思っています」〜)

「工房から早足15分で帰宅。旧市街の向こうの積乱雲は膨張を続け、空の色は明らかに黄色味を帯びてくる。洗濯物を急いで取り込み、家中の窓を締め切り、施錠の再確認をしてようやくお茶をひとすすりしながら西の窓を見張る。束の間の静けさは新緑のポプラ並木のざわめきで破られる」。タシケント時代の日記、抒情と温かみのある文章、いいですね!

---------------------------------------------

セレクトする眼、工芸喜頓

前々回アップした、突然の「いまどきの民藝」(若い人たちが愛好する「民藝のうつわのある暮らし、空間、食」とでもいうようなテイスト)への熱中。続いております。東京世田谷、世田谷通り沿いにある「工芸喜頓」さん。こちらのセレクトが、またいいんですよね〜!!若過ぎず、若々しく、絶妙。しびれます。

オーナーの石原さん、グレーのTシャツに黒のストール、気負わずにこなれたオシャレ上級。カッコいいです。以前はファッション関係の仕事をする一方、アジアやアフリカの工芸が好きだったそうです。日本の民藝に出会ったのは、当時住んでいたパリで。美術館で日本の民藝を紹介する展覧会があり感銘を受けた。そういう出会いもあるんですね。

オンラインの「日々の暮らし」を見れば、センスの良さが伝わりますよね。ショップはこの春から。天井が高く、スッキリ。一つ一つのうつわが、個性ゆたかに、きれいに見える。引き出しの中にもうつわがびっしり。豊富!価格も押さえてある印象です。

e0063212_2228780.jpg
(この日は小鹿田焼の柳瀬朝夫さんの作品が並んでいた。なんだかアフリカっぽさも感じる。オーナーがアフリカ好きと聞き、一人納得。出西窯、小鹿焼、瀬戸本業窯など、とにかく眼がいいなと感じる。それを表すセンスも)

---------------------------------------------

小伝馬町で、ほのぼの中東気分 「DALIA」&「DARVISH SHOP」

気になっていた「DALIA ダリア食堂」(東京小伝馬町)に。ロフトスペースもあるプチサイズの店内、工夫とセンスで独特の魅力。食事は次回のお楽しみに。クスクス、ハリラ、タジン、美味しそうすぎる!!

e0063212_22291040.jpg
(モロッコなど世界各地の手作り感あふれる雑貨が可愛くディスプレイ。マトリョーシカのウオッカかわいい。モロッコと思われるタイルも)

DARVISH SHOP」は、「DALIA」から歩いて10分もかからないご近所。以前、お店のハサンおじさんのこと、そしてスーフィー音楽で踊る文鳥の初代アンジュジェの旅立ちについて書きました。そのとき、二代めのアンジュジェはもの静かで恥ずかしがり屋さんでしたが、、見違えるように活動的に。飛び歌い踊っていました。良かった。

それもそのはず。立派なマイホームがあり、かわいいパートナーも。お隣は金魚。幸せな文鳥です。

e0063212_22295357.jpg
(小伝馬町では2009年から。イランの食材を中心とした輸入食品を販売。ハサンおじさんとのおしゃべりを楽しみに来店する人多し。私はこちらで、イランのアールグレー紅茶、干し葡萄などドライフルーツ、イラン菓子などを仕入れます。イランの方は缶詰やレトルト食品、香辛料など食品まとめ買い)

---------------------------------------------

今回、『風をたべた日々』(渡邊義孝さん著)とサマルカンドについて書こうと思い、写真も用意していましたが、もうすでに長文。次回に。今回はこれでアップします。写真が少ないので、青のFBから。

e0063212_22302070.jpg
(ブハラのモザイクタイル/青磁透彫唐草文箱、高麗時代、12世紀/ウスマノフ工房の扉)
by orientlibrary | 2013-11-11 22:35 | 日々のこと

<タイル人 ・1> タイルは華。イスタンブルで暮らし描き発信するトルコタイルの魅力

タイルがご縁をつないでくれた鬼頭さんは、トルコのイスタンブル在住のタイル絵付け作家。タイル、なかでもイスラムの装飾タイルへの熱い思いを共有できる貴重で大切なタイル友です。

日本ではタイルが工芸文化の面から語られることが少ないだけでなく、残念なのはイスラムのタイルの存在感があまりにも薄いことです。タイルはヨーロッパで生まれたと書かれたタイル関連サイトを見たときは驚愕しました。日本にもタイルの書籍はあるし、英語に広げればインターネット時代の今では膨大な情報に触れることが可能です。

このブログは2005年9月スタート。中央アジアを主体に、イスラム圏のタイルについて素人の実感で書いてきました。が、あまりに非力。けれども、心強くうれしく頼もしいのは、ネットや生産地で出会ったタイルに関わる人たち、そしてタイルを愛する人たちの存在です。以前とは違う!<タイル人>、始めます。

e0063212_211705.jpg
(「青の魅惑」展@INAXライブミュージアム、2011年11月〜12年3月。鬼頭さんにトルコ作家のコーディネートと情報監修をお願いしました/左:アディル・ジャン・ギュヴェン氏展示と作品/右:メフメット・コチェル氏展示とタイル作品部分=後半に出てくる「サズ様式」)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

<タイル人 ・1> 
「いつまでも色褪せない艶やかさがタイルの魅力」鬼頭立子さん(アトリエ・チニチニ)


e0063212_21271979.jpg
(チニリ・キョシュキュ。トルコ装飾タイル博物館にて)

—— タイルの絵付けをトルコで専門的に学んだ、そのきっかけ、経緯を教えてください。
日本の大学では、アジア・オセアニア文化コースでインド思想哲学を専攻していました。中でもイスラム神秘主義哲学に興味を持つようになりました。そして、文献の挿絵として使われていたテズヒップ(書や写本の彩飾)や細密画に深く魅せられ、細密画を学びたいという気持ちが高まりました。細密画を大学で学べる国としては、トルコ、インド、イランなどがありましたが、自分にとって暮らしやすいところ、という面でトルコを選んだのです。

—— 最初は細密画だったのですか?それがタイルに変わったのは、なぜ?
トルコへ渡り、イスタンブルで細密画を学び始めました。ミマルシナン芸術大学へ入学してからも細密画を続けていましたが、次第に細密画のスケールが自分に合っていないことに気がつきました。細密画は小さすぎる。ものすごく細かい。やってみて初めてわかりました。そして、タイルの迫力とスケール感が自分にぴったりだと気づきました。ルールに基づきながら構図を考えたり、モチーフを描き込んでゆくのが自分に合っていると思ったのです。細密画に比べてタイル画では、モチーフ一つ一つが大きい分、そのモチーフの中に色々模様を盛り込み描くことが可能です。それが楽しくて、魅力です。

e0063212_21285228.jpg
(鬼頭さんとトルコのタイル作家を訪ねる旅、イズニックへ。歴史的建造物と湖のある静かで心地良い街)
e0063212_21304443.jpg
(アディル・ジャンさんのアトリエにて。家族全員がタイル作家。形成、絵付け、焼成をこなす。トルコタイル談義。右下はイズニック湖の夕暮れ)

—— ミマルシナン芸術大学は国立の芸術大学ですね。どのようなことを学ぶのですか?
私が入ったのは、トルコ伝統芸術学科です。装飾タイル、アラビア書道、製本、写本装飾、絨毯織やキリム織などを学びます。1年生はすべての工芸に共通するデザインを学びます。デザインを起こすのです。2年生から専攻を選択します。私はチニ(タイル)を選びました。チニ専攻の同級生は3人でした。

—— チニ専攻では、どのようなことを学ぶのか興味津々です。
テュルク系(トルコ民族)全体の美術史から、トルコ(現在のアナトリア)におけるチニの歴史〜セルジューク朝、ベイリク(君候国)、オスマン帝国〜を学びます。その中で、圧倒的に時間が多いのは、16世紀(オスマン朝古典期)のタイルについてでした。オスマン帝国のシリアやエジプトまで広範囲に渡る技法や色彩の特徴なども丹念に学びました。実技では、主にデザイン画を描きます。土を練ったり、形成したりはせず、デザインのみです。ナッカシュ(デザイナー)としてのデザイン起こしを、しっかりと学ぶのです。

—— 日本だと土から始まるような気がしますが、デザインが主なのですね。
伝統工芸学科のチニ専攻は仰る通り、デザインが主で、材料、土捏ねからの工程は知識として学ぶのみで、実技はセラミック学科で学ばれます。オスマン朝の職種で言い置けば、チニ学科=デザインを描くナッカシュを養成、セラミック学科=土から絵付けまでの実技を学ぶ学科になります。ただ、これはミマルシナン芸術大学だけに当てはまることで、他の大学ではチニ学科でも実技を学んでいるところもあります。

—— 授業はきびしかったですか。
単位を取るために課題は多かったですね。週に数日は徹夜していました。4年で卒業するには、そのくらいしないとダメ。学費が安いこともあり、7〜8年かけて卒業する人が多いのです。トプカプ宮殿やアヤソフィアのタイル、ステンドグラスの修復や天井部の金箔張りもやらせてもらいました。炎天下で大汗かいて、もう修行でしたね。でも楽しい経験でした。昔のタイルは違います。

e0063212_21332639.jpg
(イズニック。タイルと陶のある光景。上段は陶芸の職業訓練を終えた女性たち専門のショッピングセンターにて。多彩な商品作りに感心。「自信」で突き進むパワーを感じました。下段:トルコは食も魅力)

—— トルコの学生気質について印象は。日本人の学生気質と違いや共通点はありますか。
トルコの学生は完璧を求めます。まずは完璧さの印象が強いです。集中力はすばらしい。また自己表現欲求が強い。そのぶん自信も強い。伸びる原動力は自信だと感じました。でも、時間は守らない、ルーズというかいい加減。日本だと、課題は必ず締め切りに間に合うように仕上げますよね。トルコの学生は締め切りを延ばす。でも良いものを作ってくるんです。こちらは締め切りを守っていますから、そんなあ、と思いました。が、期限を守ると小さくまとまるのかも、とも思ったり。日本人学生との共通点はない、ですねえ。

—— 自信と集中力。熱いですね。
自信を持って突き進む。トルコではそれが一番大事と考えられている。表情にも出てくるような気がします。

—— チニを学んで、その後はどのような活動をする人が多いのですか。
就職先として多いのは、講師でしょうか。絨毯のデザインをする人もいるし、グラフィック方面や美術系に行く人もいますね。基本的にお金持ちの人が多いので、ゆとりがある感じ。私は2010年2月に卒業。ミマルシナン芸術大学大学院でトルコタイルを専門に学んだ窪田さんといっしょにイスタンブルの新市街に工房を開き、タイル画を制作しています。絵付け教室もやっていますが、日本人の生徒さんが多く、皆さんとても上手ですよ。

e0063212_21342744.jpg
(トルコのタイル作家を訪ねる旅、キュタヘヤへ。メフメット・コチェルさんのデザイン室と工房にて。宝物のようなデザイン帳を見せて頂き、タイル製造工程を見学)
e0063212_21525892.jpg
(キュタヘヤの博物館にて。タイルと陶器の展示)

—— 個人的な好みでは、どんなタイルがお好きですか。
サズ様式が好きです。サズ様式タイルの傑作と言えばトプカプ宮殿にある5枚のパネル。宮殿の一番奥にある割礼の間前壁にある、麒麟が描かれた4枚のパネルと、花瓶から溢れ出す植物が描かれた1枚。素晴らしいです。

—— トルコのタイル、ここは見たほうがいいという場所を教えてください。
セルジューク朝のタイルはコンヤ。コンヤではすべて見て欲しいですね。ベイリック時代とオスマン朝はブルサ。エディルネは、ムラディエモスクの他、すべておすすめです。イスタンブルは、まずトプカプ宮殿を押さえて、次はリステムパシャでしょうか。

—— トルコの工芸で、おすすめのものは。
細密画、オヤ(刺繍)、絨毯やキリムですね。

e0063212_21354774.jpg
(キュタヘヤにて。青の館と青の陶芸家。下段はハーブティー、キョフテ、お家訪問での手作りお菓子とチャイ)

—— おいしいものがたくさんありそう。
まずエフェスビール!食べ物は絞れませんが、、ビールやラクを飲みながらの、メロンとチーズ、トピック(玉ねぎを炒めたものをゴマ+ひよこ豆のペーストで包んだもの)。マントゥ(ラビオリに似たもの)、クルファスリエ(白インゲン豆の煮込み)といったトルコのお母さんの味がおすすめです。

—— 今後の活動、イメージを教えてください。
しばらく大きなタイルを作っていなかったので、大きなパネルを数枚描きたいです。目標として、イスタンブルで作品展を開きたいと思っています。

—— 鬼頭さんにとってタイルの魅力、存在とは。
着物で言えば振り袖のような美しさ、いつまでも色褪せない艶やかさ。それが好き。華やかさ。花ですね、タイルは、やっぱり。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この夏、多治見旅をご一緒した鬼頭さん。二人で多治見の熱い方々にお会いしてお話を聞き、たくさんの美しいタイルとやきものに出会いました。さらに鬼頭さんには、朝の喫茶店、夜の居酒屋でもノートPCを開いて、お話を聞いてメモ(それがこの「タイル人」)。無粋でゴメンナサイ。

鬼頭さんは、ミマルシナン芸術大学チニ専攻を主席で卒業。2010年には「サークップ・サバンジュ芸術賞」(サバンジュ財団による芸術賞。1994年より毎年ミマルシナン芸術大学の絵画、彫刻、伝統トルコ芸術、3学科の卒業生上位3名に授与)を受賞。タイルの本場で日本女性が、技術と感性を発揮して活躍。なんてうれしいことでしょう。温かく謙虚でちょっとお茶目な人柄も大好きです。どうぞこれからも、タイルの魅力を伝えてくださいね!

<鬼頭さんのブログ> 「—イスタンブル発— トルコタイル通信
e0063212_21375177.jpg

by orientlibrary | 2013-11-05 22:13 | タイル人