イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

自然とともにあるやさしい秋模様、にほんのやきもの

—————————————————————————————————————————————
ガザ停戦が現地時間21日午後9時、成立しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(以下、「アル・ジスル パレスチナ最新情報」より一部引用)
とりあえずガザ攻撃は停止されました。しかし、170万人を閉じ込める「天井なき牢獄」ガザ地区の状況は変わりません。今後、合意に基づき、封鎖解除、自由通行の協議が始まりますが楽観はできません。そもそも、1967年6月以来の西岸・ガザ地区の占領が続く限り、パレスチナ人の完全な自決権が認められない限り、そして、1947ー48-49年の「ナクバ」の被害者が無視される限り、平和はなく、パレスチナ人の苦しみは続きます。パレスチナ人の苦しみが続く限り、イスラエル人の平穏な生活もありません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(以下、朝日新聞11月23日朝刊「中東和平見直しの時」より抜粋、一部要旨)
イスラム組織ハマスがイスラエル領内に放ったロケット弾1発の値段は約600ドル。それを砲撃するイスラエルのミサイル防衛システムのミサイル1発は約4万ドルだったという。(中略)射程を延ばしたガザからのロケット弾が今回、エルサレムやテルアビブの都市部を初めて脅かした。貧者のロケットが示す教訓は、軍事力で「占領」という不正義を継続することは軍事的にも経済的にも難しいという現実である。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中東状勢も変化するなか、かの地の人々が尊厳のある人生、安心できる暮らしを取り戻せますように、願うばかりです。
—————————————————————————————————————————————

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

久々の土もの、秋模様とともに。
(以下、すべて東京国立博物館所蔵品を撮影したものです。解説も同所より)

e0063212_2385321.jpg
(上段:「色絵紅葉賀図茶碗」/仁清/江戸時代、17世紀/胴を卵形に取り、口縁を外に開く珍しい形の茶碗。絵付は源氏物語の紅葉賀の巻を主役の光源氏を描かない、いわゆる留守模様要で暗示的に描き出す|下段:「色絵藤袴図皿」/鍋島/江戸時代、18世紀/円形の画面に破綻なく収められた藤袴の図は、完璧な技巧で仕上げられており、色鍋島ならではの洗練が見て取れる)

仁清、優美さ流麗さに惹かれます。丸みのある薄手の器形に唐風というかエキゾチックな模様、水色と青も新鮮。
鍋島、端正な美しさの中から滲み出るエッジ感がたまらない。かちっとしてみせて洒脱で、語弊があるかもしれませんが品のいいドラッグのような気がします。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

e0063212_2318396.jpg
(4点とも、「色絵柴垣図大皿」/鍋島/江戸時代、17世紀/やや青みをおびた白磁肌に、染付と赤・緑・黄の上絵付で柴垣を描く。精選された材料と熟練した技術によるわが国色絵磁器中最も成功な鍋島焼の代表作である)

鍋島。紅葉した葉が波のようで柴垣も華やぐ。余白の白の奥行感。抑制の効いた青の物語感。裏もきっちり仕事されていて、品良くモダンで収まりがいいのに、グルーヴしている。どんな職人さんが描いたのかなあ。。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

e0063212_23243087.jpg
(上段:「色絵七宝文盃洗」/永楽和全作/この作品は器面に布をあてがい、絵付けを施す独特の技法が用いられている| 下段左:色絵菊花文茶碗/京焼/江戸時代、17世紀|下段右:「色絵月に蟷螂文茶碗」/永楽保全作)

京焼の永楽保全、和全(保全の長男、御室窯を築窯)。布を使っての技法、にじみがおもしろい味わい。
日本の秋。自然とともに生きる、自然そのものを愛でる感性。江戸時代は今よりももっと自然がゆたかで見近だっただろうな。繊細でイキイキとした筆づかいがいいな。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

e0063212_23233347.jpg
(上段左:「染付粟に鶉図皿」/伊万里/江戸時代、19世紀|上段右:「青磁染付鶴亀図大皿」/伊万里/江戸時代、19世紀/青磁釉と染付を塗り分け、とらわれない自由な発想で鶴と亀を描き民衆の器にふさわしい活気溢れた作となった|下段左:「染付鶴繋文大皿」/伊万里/江戸時代、19世紀|下段右:「染付松に鷲図輪花大皿」/伊万里/江戸時代、19世紀)

染付&鳥モチーフ。染付の青が黒みがかって静かで知的な印象。どの皿も、本当に構図が見事じゃないですか!?日本のデザイン力、すごい。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

e0063212_23422644.jpg
(左:「銹絵芦文向付」/唐津/江戸時代、17世紀/のびやかな筆づかいで芦の図が描かれている。気負いのない簡略な絵付けでありながら、風になびく芦の表情がよくとらえられている。枇杷色を帯びた柔らかみのある釉膚ともよく調和しており、風韻に富む絵唐津に魅力がよくあらわれている|中:「鼠志野秋草図額皿」/美濃/安土桃山〜江戸時代、16〜17世紀/酸化鉄に泥漿を流し、文様を掻き落とした後に長石釉をかけると鼠地に白い文様が浮かび上がる。鼠地の中の秋草を白く浮かび上がらせた秀作|右:「朝鮮唐津徳利」/唐津/江戸時代、17世紀/唐津焼のうち、鉄呈色の黒釉と藁灰の白濁釉を掛け合わせた釉調に特色がある一群を俗に朝鮮唐津という。鉄分の多い素地が用いられ、板起し・粘土紐巻き上げの叩き成形により薄く成形されている)

このあたり何度見ても好き。西アジア、中央アジアの青のやきものオタクで、鍋島感涙。かつ、黄瀬戸、唐津、猿投あたりにクラッときます。脈絡ない、、でもそうなんだから仕方ないです。
一本の芦が世界を作る。枇杷色の肌がやさしい。
秋草をおだやかに、白で。なんて繊細。
朝鮮唐津の徳利、実際に使われていたんでしょうね。とくとくとお酒も含んで味わいが深まっているようです。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

e0063212_23571620.jpg
(上段左:「紅葉に菊流水図」/尾形乾山筆/紙本着色/江戸時代、18世紀|上段右:「小袖/紅縮緬地幕紅葉模様」/江戸時代、19世紀/模様を友禅染によって小袖全体にあらわした。幔幕を張った間から紅葉が色づく風景模様は、「源氏物語」の「紅葉賀」の巻をモチーフにしたものであろう|下段左:「流水四季草花図屏風」/酒井抱一筆/紙本金地着色/江戸時代、19世紀/抱一は江戸淋派と呼ばれる新様式を確立。風流で典雅な花鳥画を得意としている|下段右:「振袖/白絖地楓竹矢来文字模様」/江戸時代、18世紀/「源氏物語」の若紫の巻がモチーフ。紅葉の模様は光源氏が紫の上を自邸に迎えた季節を意味するのであろう。江戸時代のファッション雑誌、小袖模様要雛形の一つ「当流模様 雛形松の月」に掲載される図様を元に制作したと考えられる)

こちらは絵画と着物。秋の図柄。
菊、紅葉、そして流水(写真が切れちゃってますが紺色の部分が流水。コラージュを使うとトリミングされてしまいます)。日本らしいモチーフ。尾形乾山、酒井抱一。水のゆたかな日本、四季それぞれに美しい。
着物はいずれも「源氏物語」から。模様を見ればより大きな場面や物語がわかる。着物の中に雅な世界が凝縮されている。それにしても源氏物語、すごい影響力。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

四季それぞれの自然を愛で、巧みに、またときには巧まず、それを多彩な工芸に写し表し愉しむ。日本のきれいなものに出会える幸せ。うれしく、ありがたいです。


冬には汗をかくくらいモコモコと着ていないと不安でしたが、寒さ恐怖があるから寒いんだ、とこの年になってようやく気づき、、薄着にしてから風邪もひかず、不思議なことに寒がらず、実際寒くなくなりました。本来の体温調節力を自ら狂わせていたようです。思い込みってコワイ。そんなわけで、冬も安定して元気にやってます☆ やきものは、ほっこりします♪

今回もご訪問、ありがとうございました^^
by orientlibrary | 2012-11-24 00:28 | 日本のいいもの・光景

バー「部族地帯」

横浜若葉町、見学しました。「無謀な」チャレンジャーたちが町を活気づけています。いろいろ考えたりヒントを得たり、いい経験でした。
「シネマ・ジャック&ベティ」は、小さくとも珠玉の作品を揃え、舞台挨拶の機会を多く設けて、映画とお客が近い名画座を目指しています。「アートラボ・オーバ」は、不思議感覚あふれるアートやコミュニケーションの拠点。「nitehi works」、昭和な元金融機関のビルをリノベーション。広々とした個性的空間。アート展示やイベント会場に、カフェも。

e0063212_23492297.jpg
(上段:「nitehi works」。天井が高いとイメージ広がりますね。中2階もいい感じでした。錆ついた巨大扇風機は動きます/中段、下段:「cafe&bar 部族地帯」。水タバコあり。美味チャイ。バリ島のアラックはボトルの花模様がいい感じでまったりいい味わい。試作中のトルコピザ味見隊、やさしく品の良い味わい。粉もの上手!チンギスハーンのボトルは細工がきれい。カウンターにアジア系酒瓶が並びます)

横浜ついでに、、 こんな名前を聞いたら行くしかないでしょ!というバーのチェックに。横浜駅から徒歩10分ほどの場所に9月オープンした「cafe&bar 部族地帯」。ぶぞくちたい、って。。。

偵察心全開でドアを開けましたが、意外にもシンプル&ナチュラルな内装。あれれ。一枚板のカウンターにたくさんのお酒、バーの王道。でも水タバコ、マテ茶の道具があったりして、エスニックな気配がじりじりと忍び寄る。
まずチャイを。スパイシーで濃くて、うん、ナイス。お酒もよく見ると、トルコの蒸留酒ラキ、ガイアナ共和国のラム、ジャスミン米で作ったというタイの焼酎、バリ島のアラック、モンゴルのウオッカ・チンギスハーンなど、魅力どころが集結。
メニューを見ると、、アフガン、来た〜〜! アフガンナーン、カライ、カバーブ、ピラフ「カーブーリー・パラオ」。トルコのピザ「ピデ」も。

期待通りの部族地帯でした。マスターはアフガニスタンをフィールドにしたフリーランス・ジャーナリスト、研究者。料理上手!
客を選んでしまうようなリスキーな店名ですが、「店名に関しては、決して大国に屈せず、「国家」が基準単位となった世界で、なにものにも組しない部族民の独立精神にならう、との我ながらかなり楽観的というか好意的な解釈によっている」(ブログより)とのこと。スピリット、ですね。

「私の取材フィールドであるアフガニスタンでは2014年に基本的には全ての外国軍が撤退予定。そして同じ年にこれまで「ターリバーン後」の国家を担ってきたカルザイ大統領も退任する。その前後にはまた取材に行こうと思っている。ともあれ、アフガニスタンとは一生関わっていくつもりだ。立場はどうあれ...。」(ブログより)

次はしっかり食べ飲みに、おじゃましたいと思います。

 2013年10月、閉店されたようです。また違う場所で再開される旨、その際には情報を何かで見つけてうかがいたいと思います。料理の腕も酒選びのセンスやカクテル等も、とてもいいのですから!広くなくてもいい、カウンターだけでもいい、マスターと話がしたい、気軽に一杯飲みたい、旅好きの人や部族の話がしたい、という人は少なくないと思うのです。中央線や小田急沿線の空気と合うようなイメージを持っています(勝手ですいません!)。

皆様も良き秋の日々をお過ごし下さいね!風邪にはご注意を。
by orientlibrary | 2012-11-17 00:50 | 中央ユーラシア暮らしと工芸

中央アジアの工芸・芸能、そろそろくるかな!?

ブログ更新できず、時間がたってしまいました。映画、展覧会、本、布など、書きたいこともあるんですが、、このところ、歯治療(根っこのあたりが細菌感染)と軽い風邪で、ずっと微熱状態。冷えピタが乾いてしまう。歯のズキズキ感が時々やってくるけど、治療中なのでこれ以上どうしようもないし鎮痛剤で効くものでもなさそうので、時の経過を待つという残念な状態。
テンション上げようと(というか、ある種、妙に上がっている)いろいろやってみてましたが、集中作業がしにくい。ほんと根性ない、、情けない、、、 でも、元気にしてます(変かもしれないけど、基本は元気)。。

今回は写真のみのアップで、、しかも、これまでにご紹介したものもあるんですが、ご紹介したいアングルがたくさんあったので、この機会にアップです!  イタタタ、、、(>_<。。。)))))))

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … *

e0063212_17491332.jpg
(Kannotextilevol.2 展示より/上左:ウズテキスタイルの魅力が伝わるポーチ類。真ん中は手織りベルベット/上中:シャツやワンピース、すべてハンドメイド/上右:ベカサムというストライプが特徴の布のワンピース/下左:ラカイの刺繍を使ったブーツ/下中:ラッキーなゲリラライブ!/イギルというトゥバの楽器、哀愁ある風のような音でした。多謝!)

以前ご紹介した「Kannotextile」さん、10月初め頃に一か月のウズベクの工芸と布調査旅を終えて無事帰国と思ったら、即仕事に突入。入手した布で短期集中、ステキな服たちを作りあげ月末には展示会。この疾走感と密度、すごいな。
そして服、とっても良かった!仕立てがていねいでベーシックなかたちなので、大胆な柄が生きる。こんなに洗練されたアトラスやアドラスやベカサム、、とてもうれしかった。感慨です。

ウズや中央アジアの染織は、やはり魅力あります。私もスタディして、またご紹介できればと思います。

写真下の2枚は、ギャラリーでの「ゲリラライブ」。トゥバ音楽演奏家寺田亮平さんが、たまたまコンサート帰りに楽器を持ってギャラリーに遊びに。流れでライブに!衣装まで纏って頂き、ふだんなかなか聴けないトゥバの音楽を対面で聴かせてもらって、本当にラッキー!うれしかった。素晴らしい喉歌もたっぷり聴かせてもらいました。寺田さん、どうもありがとうございました!

そんな寺田さん渾身の企画、「中央アジアの音楽 テュルク・ミュージック・イン・トーキョー」が、2013年1月27日(日)開催。こちらでも、また随時ご案内します!

最近は、ウズベキスタンダンスも人気だし(一部?)、kannoファッションもカッコいいし、音楽も多彩だし、なんてったって染織や陶芸、木工、金属加工等、工芸の奥行がすごいし、「中央アジア」、そろそろくるかな!?!?^^

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … *

e0063212_1818246.jpg

8月のウズ行きで、ウズ(〜中央アジア)染織の中心地マルギランへ。海外のバイヤーさんも訪れる有名な工房へ。さすが、質が高い。全然違う。発色がパキッとしている。模様、デザインが鮮烈。色合わせのセンス。そして手触りが違う。なめらかで持って気持ちいい。ちょっとハマりそう、、

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … *

「フラグメントからアンティーク絨毯まで。「コレクター」という人生の愉しみ方」と重複する写真もありあますが、衝撃まだ冷めず、再度ディテールのご紹介。自分の好みなんですが、ほんとにこういうフラグメントやクタクタになったものが好きです。。

e0063212_18241850.jpg
(トルクメン、テッケ族、女性衣装「chyrpy」)


e0063212_1825155.jpg
(Central Asian Silk Velvet Ikat )


<突然ですが、展覧会情報> 
世界各地のさまざまな織りや染めの技法を紹介する展覧会、「織りの服、染めの服」が文化学園服飾博物館で開催中(12月22日まで)。ホームページの記述や写真では、なかなか展示内容が伝わらないのが残念。織の構造見本が多数あり、とても勉強になりました。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … *

e0063212_18364569.jpg

布ものが続いているので、土ものを少々。タシケントにあるティムール博物館の内部空間と展示されている陶器の一部です。陶芸好きにはうれしい博物館。ゆったりしていて、じっくり好きなだけ見られます。

<突然ですが、土つながりで、、>
facebookのシェアから知った「久住章のトイレット」(シェフと庭師Mの庭造り日記)、左官の神様と言われる久住章さんとの仕事現場で感じたこと、メイキングストーリー。みずみずしい感性で、久住さんからたくさんのことを感じ、学んだ若い庭師さん。久住さんの言葉にしびれる。庭師さんの文章も素直で、とってもいい。良かったです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(以下、一部引用)
ある時、「今後の左官に必要なものはなんやとおもう?いや、建築業全体にいえることでもあるな。」と久住さんが私に質問してきました。工事現場で交わされるにはあまりに高尚な質問で、もちろん、建築関係の仕事をしている私としては即答したいところですが、その答えなど用意しているわけがありません。

「今の左官屋に足りないことは、幸せ感や。技術的なことやないねん、実は。要するに壁を塗ることで、人を幸せにしようと思う気持ちやねん。本気で幸せにする気がないと、決して壁で人を幸せにすることはできへんねん。今は日本中しょうもない建物ばっかりやろ。でもこれは、能力のない建築家がいかに多いか、ということやねん。能力がない建築家は完成度をあげるために緊張感を上げるようなデザインをするんやけど、でも、それは、結局お施主さんへのごまかしなんや。そんなもんすぐ飽きてしまうし、もちろん、リラックスなんてできるわけないやろ。本気でお施主さんを幸せにしようなんてちっとも考えてない。これからの建築業はいかに人を幸せにするかやで。その点、ケーキ(施主がパティシエ)はすごい幸せにする力があるよな。我々もこれが必要やねん。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

職人さんって、ほんとにいいな。

それに引き換え、ダメダメな私(泣)。まとまりなく、失礼しました。とにかく一度アップしようということで書いてみました。また次回!お元気で☆

(わ、、まとまらない文章なのに、、いいね、をたくさんありがとうございます。m(_ _)m)
by orientlibrary | 2012-11-09 19:09 | 日々のこと