イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

熱くてオシャレ!パキスタンの音楽シーン Nar Bait、Sachal Studio、Sanam Marvi

久々に音楽の話題です。
先日開催された「聖者の宮廷音脈考-パキスタン・インドを流れるスーフィー民衆文化の通底音とは?」より、教えて頂いたこと、感じたことなどを。

e0063212_1435453.jpg
(左上:1970年代のバローチスタンのフォーク音楽カセットテープ。楽士の固めな表情に見入ってしまう/右上:バローチスタン地図。パキスタン南西部とイラン南東部にまたがる/左下:「Coke Studio」でのAkhtar Chanal Zahri。パキスタンの放送でバローチの歌が堂々と歌い上げられた/右下:バローチの絨毯はシックな色合いとセンスの良い模様の多彩さで人気。Sさん所有の流水模様(でしたっけ?)絨毯。「美しい世界の手仕事プロジェクト2008vol4シルクロード」より)

まず、村山和之さんより「ナル・スル(NarSur)とアフタル・チャナール(Akhtar Chanal)」について。(以下、聞き書きのメモなので間違いがあったらすいません。サラーム海上さんのレクチャー、飯田一夫さん内容についても同様です)

*ナル・スル(NarSur)
・バローチスタンの中の「ブラーフィ(Brahui)族」(ブラーフィー語〜ドラヴィダ語系〜を話す人たち)の芸能
・音楽の専門職ではない人たちによる音楽
・東部山岳バローチー語で歌われる
・一般の人たちには聴き取れない。ラジオでナルスルの中に暗号を組み込んで機密情報として発信されたこともあったくらいだ
・1970年頃まではほとんどがラブソングで闘いの歌はなかった

*アフタル・チャナール(Akhtar Chanal Zahri)と「Coke Studio」での「Nar Bait」〜フュージョンである理由
・愛国詩を併置した〜民族自治を求める70年代以降の政治社会状況が背景にある
・1969年に書かれた詩「ZABA BALOCHISTAN NANA」をナルスルの形にした
・パキスタンの人気音楽番組「Coke Studio」出演は全パキスタンに言葉を聴かせるよい機会

その「Coke Studio」での「Nar Bait」がこちら↓

"Nar Bait HD, Akhtar Chanal Zahri, Coke Studio, Season 4"






「生きよ永遠に!/先駆け自慢の我が友、山の猛き息子よ/狂い酔うさま愛ゆえに、熱く誰にも止められぬ/生きるも死ぬも構いなし、この世に恐るものはなし/一人ゆく鷹、ハヤブサか、高き山の尊き人よ/丘の裂け目のその狭間、ひとり天幕打ち張り/友へ眼差しチラと向け、高く顔あげ尋ねた/誰がうたえる古き詩を、誰かスィローンズ弾きも呼べ/歌を聞かせよ、いにしえの/今日も一日終わった、明日は明日の風が吹く/永遠あれ、バローチ族長よ、とこしえに/強き勇者が若者なり、益荒男の血筋なり/敵に一人でうちかかり、山は染まった血の色に/山の上に何を見たのか、イカヅチ雲をつき抜け/詩人の歌がよみがえる/今日も一日終わった、明日は明日の風が吹く」(村山和之さん和訳)

ラップのような早口で歌っているのは、このような勇敢かつ詩的な歌詞だったのでした。日本語訳に感謝です。


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * … *

サラーム海上さんは、「パキスタンの音楽現場所見」。モロッコ、トルコ、インドなど中東音楽シーンの取材と発信、DJから料理まで多彩な活動で人気のあるサラームさん、パキスタンは今回が初。初パキはいろんな発見があったようですよ!

e0063212_16464341.jpg
(Sachal Studios' Take Fiveなどより。タブラ、シタール奏者のグルーブ感!白の衣装のミドルエイジなバイオリン奏者!左下はスタジオの創立者!セレブ、、、パキスタンのお金持ち世界ってケタが違いそう)

パキスタンへの旅のきっかけとなったのは、「Sachal Studios Orchestra」の「Take Five」だったそうです。↓パキスタンのジャズ、ある種、衝撃です。

Sachal Studios' Take Five Official Video






ラホールにあるスタジオSachal Studioは、英国で財を成した設立者らが理想の音楽を求めて作ったものだとか。60年代、70年代のラホールで盛んだった映画制作、その映画音楽で活躍したミュージシャンたちが、時を経てこのスタジオで現役復帰!いい味出してますね〜!!最高!

サラームさんはこのスタジオを訪問、インタビューの他、レコーディングやリハーサルにも立ち会うことができたそうです。そのリハーサルの光景が、本当に良かった、、、良かったです。音楽に向き合える、取組めること、その喜びに満ちていました。好きなことに集中している人の表情って、どの分野であれ、じわりじわり感動します。

Sachal Studioのジャズはワールドワイドで評判になり、好調のようです。
パキスタンの音楽シーンを元気にしようという設立者の想い。スタジオだけでも数億円?という感じなのだとか。
海賊版が安価で出回っている状況についても、「OKだ。この国はお金のない人が多いから。どんどん聴いてくれた方がいい」と太っ腹なのだそうです!
お金はこういうふうに使いたいですね!! (あれば、、(^_^;))

これからも何かやってくれそうなsachal-music、シーズン5が始まった「Coke Studio」、、パキスタンの音楽シーン、ますますカッコいいです。☆☆☆☆☆


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * … *

「インドの聖者とその祭礼」では、デリーにあるニザムッディン廟という聖者廟でのウルス(命日祭)と、そこで演じられたカウワーリの紹介(村山さん)。

e0063212_1792753.jpg
(左上:聖者の墓に捧げる布/他3枚:ウルスの様子。熱狂的なパキスタンとは異なり感情を曝け出さずに聴くのがデリーのカウワーリのスタンダードなスタイルだそうです)

聖者廟でのカウワーリを見るのが長年の憧れですが、まだ実現せず。写真と映像で空気に浸りました。感謝です。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … *

最後に、「東京無形文化祭」について、飯田一夫さん。とくに「サナム・マールヴィー スーフィーソングを歌う」の出演者紹介+エピソード披露も。

Manzil-e-Sufi, Sanam Marvi, Coke Studio Pakistan, Season 3





(サナム・マールヴィー。パキスタン若手女性歌手のトップに立つ古典及び民謡歌手。1986年、パキスタン・スィンド州ハイデラバード生まれ。父は有名な遊行のスーフィー民謡歌手ファキール・グラーム・ラスールである。サナムは幼少の頃から古典音楽の基礎を学び、父の歌に聴衆が熱狂した民衆スーフィズムの拠点、イスラーム聖者廟(ダルガー)を父と共に巡礼して育った〜「東京無形文化祭」WEBより)

歌姫サナム・マールヴィー、この声!アルゴーザー(二本組のたて笛)のアクバル・ハミースー・ハーン、ドーリ(太鼓打ち(Dholi))のファイブ・スター・ミュージカル・グループも同じステージに!すごいことになりそう。(いい席ゲット〜^^楽しみです♥)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * … *

ふろく?!

e0063212_17294691.jpg
(左上:この時期恒例の山形のさくらんぼ。リシタンのサラダボウルに入れました/左下:宮廷考後、中東系の差入れ多し。前日のウズ会でいただいたウズ菓子も仲間入り/右:ふふふ!頂いたネックレス。ヘンプに包まれた青い石がなんともいえず素敵!その上の茶色い陶はリシタンで以前作ってもらった箸置き。ここで生きました!ATさん、素敵な作品どうもありがとうございました!!感謝です〜☆^^)

パキスタンの話が多かったので、、最後にパキのタイルを!

e0063212_17335216.jpg
(ラホール、ムルタン、ウッチュのタイル。この青がまた独特。追いかけたい〜)

〜〜 ご清聴ありがとうございました。ではまた次回!(*^_^*) 〜〜
by orientlibrary | 2012-06-24 17:41 | 美術/音楽/映画

日本の大工道具職人〜中央アジアと日本の土の景

当「イスラムアート紀行」についてもご紹介いただいたWEB「左官的塾」、編集委員の皆様や有志の方々のお力により、日本における「塗り壁の文化を伝える」取組みや動きについて知ることができます。ありがとうございます。
そのなかの「左官的塾の本棚」、今回は『日本の大工道具職人』でした。

「著者は50年余りの道具と資史料収集、伝聞、そして尊父の時代から関わりを持った鍛冶職人との深い交流により、長年の調査・研究を整理分類し考察の成果をこの本にまとめられた」「製作した鍛冶職人の系譜をはじめ、鍛冶職人の歴史を後世に残すと云う著者の純粋な意図は、著者の豊富な知識と鍛冶職人へのやさしい感情により、その貴重さを伝える格好の本と評したい」(蟻谷佐平氏)

さらに「補論の左官3編は左官的塾読者にとってより身近なテーマになる。著者の道案内(考察)に思わぬ新発見および新史実に出合えると思うので楽しみに読んでもらいたい」となれば、早く読んでみたいと気がはやります。
書店販売はなし、でも、と住所を見ると、、なんとよく通る場所。交差点にある老舗金物屋さん。そのご主人が著者だったのです。さっそくチャリでGO☆

e0063212_13594940.jpg
(左上:三宿交差点のスズキ金物店にて。著者鈴木俊昭さん/鏝の品揃え&愛情が伝わる陳列や飾り付け/右下:『日本の大工道具職人』&先月、西岡常一さんのドキュメンタリー映画「鬼に訊け」を見たので何か書こうと思っていました。槍鉋、忘れられません。『木に学べ』を再読するつもりです)

入ってみると、左官鏝(こて)が壁面を埋め尽くします。鏝ってこんなに種類があるんだ!大工道具や内装用品も豊富です。
「鏝の品揃えは東京一だと思いますよ」と温かい話し方のナイスミドルが。店主の鈴木俊昭さんです。さっそく来店の経緯をお話し、本を購入させていただきました。
大工道具や道具を作る職人という観点での調査や研究が少なかったことから、自分で研究を始めたそうです。8年がかりという力作。

第1章 江戸・東京の大工道具職人/第2章 会津の大工道具職人/第3章 越後・新潟の大工道具職人/第4章 播州三木の大工道具職人、と、まさに「道具と道具を作る職人」についての詳細な記述が、端的で読みやすい文章で書かれています。

補論として「1、「左官」呼称の変遷について/2、左官鏝の歴史について/3、左官鏝の柄について」と、左官についても興味深い内容がぎっしり。
ちなみに、「左官」という職名が文字で出現したのは慶長10年(1609年)の宇都宮大明神御建立勘定目録。それまで壁塗職の主流だった「壁塗」ではなく「左官」に統一されるのは、寛永19年(1642年)京都御所の壁工事からだそうです。

「「左官」の語源については、諸説あって明確な定説はありません」が、「本来、「右」にも「左」にも共に助けるという意味があり、「右」は上から助け、「左」は横から助けるという違いがあります。その意味から近世において壁塗職が大工に次ぐ地位を獲得して「右官」でなく「左官」と呼称したことはまさに適切であったと思います」と鈴木さんはまとめています。

現在、続編の最終編集段階とか。「続編はもっとすごい内容ですよ」と鈴木さん。今年秋に出る予定とのことで、またお店にうかがって入手したいと思います。お話できて楽しかったです。ありがとうございました。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

久々の土の話題です。各地の土の景を振り返ってみたくなりました。今回も、写真はコラージュでまとめました。

e0063212_14341217.jpg
(上2枚:甲斐大策さんのカレンダーよりアフガニスタン/左上:木の家、絨毯や刺繍/右上:土壁に漆喰?/左下:ウズベキスタン、木のモスク。天井はペインティングで埋め尽くされている。ウズベキスタンはペインティングも素晴しい/右下:ウズベキスタンの民家。土壁に漆喰、白が涼しげ。扉は木、木彫り装飾を施す)


e0063212_15172255.jpg
(中央アジアの素材/左上:キルギス。ユルタ組立中。木の構造体にフェルトなどを巻き付ける/右上:カザフスタン。焼成レンガ、木、藁など/左下:キルギス。白い壁、水色の窓枠や扉、緑の屋根が北方っぽい。キルギスの自然は美しく中央アジアのなかではおだやかな印象/右下:カザフ。日干レンガ、焼成レンガ、土壁)


e0063212_15203152.jpg
(中央アジア、土の景//左上:ウズベキスタン、かまど/右上:ウズベキスタン、庭にある焼却炉/左下:ウイグル、葡萄干し小屋、風味抜群の干し葡萄ができそう〜TV番組より/右下:ウズベキスタン、民家の庭で日干しレンガ作り。強い日差し、小雨)


e0063212_15224821.jpg
(ウズベキスタン西部、カラカルパクスタン共和国の土の景。キジルクム砂漠に残る古代ホレズム王国の都城跡。紀元前からの土の佇まい。遺跡には青い空と花々がよく似合う)


e0063212_15254874.jpg
(トルクメニスタン、世紀の発見と注目されているマルグーシュ遺跡=最古の文明の発祥の地の一つといわれる。トルクメニスタンには、中央アジア最大の遺跡メルブ、パルティア時代の隊商都市として栄えたニサ遺跡も。土、土、土!行けども行けども土!〜首都アシュハバードの謎の白大理石の街以外は、、/窯址、灰釉?/赤土の瓶がゴロゴロとそこら中に、、陶片欲しい/建造物の壁、スサ?/砂漠の土いろトカゲ)

e0063212_15281646.jpg
(与論島の土や素材。ヨロン島は奄美群島のひとつで、鹿児島県最南端の島。与論特有の茅葺き屋根、沖縄文化の影響を受けており琉球風の赤瓦屋根の民家も。珊瑚など素材総動員。台風の揺れを吸収する木の柱も)


e0063212_15311230.jpg
(日本の土の景。左上:いわき市にて。土壁にバングラデシュの刺繍布カンタ/右上:常滑市INAXライブミュージアム内「土・どろんこ館」、判築の壁〜土壁や建築の基礎部分を堅固に構築するために古代から用いられてきた工法/左下:奈良にて。土壁/右下:常滑のギャラリー。土壁に常滑の急須)

やはり、日本の土の景色は落ち着きますね。そして、そこには必ず、日本の左官と陶芸家の技術があり、魂がある。日本の左官も、左官道具も、やきものも世界一!
そう、世界一のものが見近にあるんです。壁や床、世界一の左官仕事、やきもの、もっとじっくり、かつ楽しんで見ていきたいですね。
これからも、土、タイル、壁、レンガ、瓦、やきもの、見ていきたいと思います。
by orientlibrary | 2012-06-16 15:39 | タイルのデザインと技法

水の景で涼やかな日本の青。くっきりした空のような中央アジアの青

『Stitches & Stories 苗族刺繍の世界展』でのトーク、手仕事好きのたくさんの方々が、瑞さんと思いを共有されているように感じました。

e0063212_21215999.jpg


「禾苗刺繍学校」支援者の方たちも多かったようです。北海道から横浜まで駆けつけた方も。
刺繍学校については、「2001年 貴州省台江に開校した刺繍学校。そこに集う生徒達の成長と学校の歩みを綴って」からも知ることができます。

e0063212_21352356.jpg
miao-japan.comより)

コツコツと、そしてニコニコと、自分たちの歩む道を進んでいらっしゃる「雅+瑞」さん。率直で温かいお人柄、ファンが多いこと、本当にうなづけます。


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * … * … * …*

梅雨も近づき、紫陽花の似合う季節となりました。青から紫の色合いが好きな私、散歩がうれしい季節です。

先日、東博にて。涼しげな小袖が目を引きました。「プルシャンブルー」の水が流れています。視覚を通して涼を感じられます。蒸し暑い日本の風土から生まれた美的感性でしょうか。

e0063212_21465793.jpg
(小袖/萌黄縮緬地松牡丹紅葉流水孔雀模様/江戸時代、19世紀/幕末にヨーロッパから輸入されて流行したプルシャンブルーが鮮やかな振袖。松葉や紅葉を細かくあらわした風景模様は、江戸時代後期に様式化された武家女性の小袖のデザインである。腰から下の模様は、百合の王・牡丹と百鳥の王・孔雀の組み合せとなっている/東博にて撮影) 
 プルシャンブルー=紫色を帯びた暗い青色。紺青と呼ばれる青色顔料の発見地ドイツの旧名プロシアに由来してプルシアンブルーと呼ばれるのが一般的/「wikipedia」 

納戸色の粋な色合いの小袖も。場面も橋をポイントに水のある光景を描いており涼やかです。

e0063212_21545117.jpg
(小袖/納戸色縮緬地宇治橋風景模様/江戸時代、19世紀/納戸色の縮緬の水辺の風景模様を白く上げ、紅・萌黄・鶸色の絹糸や金糸で彩りを添えた武家女性の小袖。張り出しのある宇治橋を前景に、平等院や宇治上神社を遠景に描く。名所模様要は江戸時代後期に町方に好まれたが、歌枕を題材とする点が武家らしい/東博にて撮影) 
 納戸色=つよい緑みの青。一般に、藍染の鈍い青の伝統色のこと。江戸時代、奢侈禁止令により染色の色が制限されたなかで茶色系統、鼠色系統、納戸色を含む紺色系統は許されたとされるほど人気があった。色名の由来は「納戸の暗がりの色」「城の納戸に掛けた垂れ幕の色」など諸説 

やきものを見るのも楽しみです。常設でも入れ替えがあるので、新しいものを見つけては喜んでいます。今回は青磁の特集もありました。

e0063212_226912.jpg
(青磁下蕪瓶/中国/南宋時代、13世紀/伝世の青磁花入の最高の優品として名高い。灰白地の素地に明るい粉青色の青磁釉が厚くかかり、玉のような美しい肌あいをみせている。丸く張りのある胴から長く頸がのびた器形は、茶人によって下蕪とよばれ、落ち着きとともに堂々たる風格をそなえている/東博にて撮影) 

じつは私、なぜか昔から青磁には惹かれないのでした。どうしてなんでしょう。緑系はそれはそれで好きだし、白磁にはぐーっと寄って行くのですが。青磁は、どこか冷たさを感じるのかな。好みとしかいいようがありませんね。

こちらは伊万里の染付。白地が多くザクッとした模様。どこか自由でちょっとワイルドで、いい感じ。

e0063212_2241454.jpg
(染付鳥牡丹唐草文輪花鉢/伊万里/江戸時代、17世紀/江戸時代初期に九州肥前有田において磁器の生産が始まって間もない時期の製品を初期伊万里という。口部の大きさに比して高台が小ぶりであるのは、初期伊万里の鉢の大きな特色である。青みを帯びた透明釉が厚くかかり、一面の貫入が生じている/東博にて撮影)

*******

また青の話題になっているのですが、、ここまできたら、リシタン(ウズベキスタン)の青、いきたいと思います。コラージュにしてみました☆

e0063212_22185298.jpg


このおおらかさ、クリアで明快な青、でもそれだけではない青の多彩な色合い、繊細で温かい感性も好きですね〜。

e0063212_22205869.jpg


いろんな青の表情があります。伝統の青、自分の青を出すために、職人さんは精魂を傾けます。青を生かす絵付けも伸びやかで、図柄も多彩。細かい手仕事に集中している職人さんを見ていると、こちらも集中します。あっという間に数時間たっています。

中世からの伝統を誇るリシタン陶器、ソ連時代は集団での制作の時代でしたが、伝統は秘かに受け継がれてきたといいます。

e0063212_22251410.jpg
(ソ連時代に作られたパンフレットより。表紙にもなっている皿。この青。スカッとして深い。ゾクゾクします)

ソ連邦からの独立後は、いち早く復興への道を歩み、伝統の技法を継承する偉大なマイスターたちが次代の若手を牽引したと聞きます。

2000年代頃には、素晴しい青の作品が生まれています。↓もっとも好きな世界です。なんて青、、言葉なし、、

e0063212_22312583.jpg
(『CERAMICS OF RISHTAN』 LJALJA KUZNETSOVAより)

*******

ブログ、週1回もようやく、という情けない有り様なのですが、(書くことで自分にプレッシャーをかけるべく、、)青の装飾タイルの萌芽、セルジューク朝を少し勉強したいと思っています。
このような青を追いかけて行こうと、、↓

e0063212_22381731.jpg
(初期のタイル/1213年/Aksehirのグランドモスク、ミヒラーブ/『TILES /TRESURES OF ANATOLIAN SOIL/ TILES OF THE SELJUK AND BEYLIK PERIODS』、Fuchan Arik olus Arik)

『TILES /TRESURES OF ANATOLIAN SOIL/ TILES OF THE SELJUK AND BEYLIK PERIODS』を読んでいきたいと思います。意気込み!YHEA!♪♪♪
by orientlibrary | 2012-06-06 22:51 | 青の道