イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

想いと技が凝縮した濃厚な美、民族の手仕事

久々活力。ペーパードライバーの路上講習が、そんなにこたえていたのかな?理由がわかりませんが、このところ集中力と気力が失せていました。あぶない、あぶない。

今回は、布系の話題です。

e0063212_22462386.jpg
(先日開催の「手仕事フェスタ5」にて(以下写真3点同様)/民族衣装特集。これはアフガン?パキスタン?いずれにしても、装飾の過剰さ、凝縮度がすごい。ジャラジャラ、キラキラ、重厚華美の迫力。いろんな意味合いがあるのでしょうけれど、きびしい気候風土に対峙するような強さも感じます)


e0063212_22531969.jpg
(木版のアジュラク(右側)、青と赤のバランスの良い両面染めのなかで「indomoyo」さんのおすすめのもの、到着を楽しみに待っています。木綿は夏に気持ち良さそう)


e0063212_22552876.jpg
(ウズベキスタンの絣布アトラス(絹)やアドラス(絹と木綿)が「ファッション」になっていてうれしい。日本人男性「KANNO」さんのデザインと製作。二度洗いしたという布はやわらかく肌触り、質感がいい。一見派手な印象ですが、意外と性別年齢を問わないかも。お洒落。素敵です)


e0063212_2343761.jpg
(苗(ミャオ)族の刺繍。細かい金属片を綴じ付けているようですが、とにかく稠密!ミャオ族の手仕事、本当に溜息のみ)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

ミャオ族の刺繍については、以前の記事で、常滑の「苗族刺繍博物館」訪問時の驚きと感動を少しご紹介していました。

e0063212_2320488.jpg
(「苗族刺繍博物館」(以下写真8点同様)/メジャーの数値が信じられないような細かさ。正確にくるんくるんしています)


e0063212_2322547.jpg
(こちらもメジャーがかすんで見えてます。立体的で重厚感のある技法。色のコントラストが強烈)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「苗族刺繍博物館」、禾苗(フゥミャオ)NET、雅+瑞さんのサイトmiao-japan.comより

ミャオの女性は子供の頃から刺繍や織物に慣れ親しみます。
自ら布を織って服を作る。

刺繍糸は絹。刺繍の図柄は蝶、鳥、虫、龍、虎、かえで…、身の回りの自然を抽象化したもの。

一針一針刺された刺繍は気が遠くなるほどに細かい。何年も何年も掛けて作られたものもある。
女性の愛情が造りだした芸術品。

若い女性が身に纏うのは色鮮やかな刺繍を施した服。
年配になると渋い緑や紺の刺繍がほどこされた服。 若い時の鮮やかな刺繍を藍で染め直して着たりもする。

苗族の刺繍、織物、藍染には、彼らの文化と歴史そして何より深く温かい心、優しい気持ちが凝縮されているのです。

技術、色彩、図案、全てが一つになって、見事な芸術性を持ちながらも、なんとも温かい感じがする。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

e0063212_23315299.jpg
(鳥の図柄。「苗族の刺繍法は実に多種多様。ひとくちに苗の刺繍といっても、彼らの暮らしの場・地域によって、図案・技法・色づかい等、それぞれ異なった特徴をもちます。そのひとつひとつは実に見事!山に暮らすもの達は鳥や虎、虫などを図案に取り入れます」miao-japan.com)


e0063212_23352331.jpg
(紫も美しいですね。神々しささえ感じます)

e0063212_23364629.jpg
(プリーツのスカートを埋め尽くす刺繍。たっぷりしたスカートは広げると巨大な布に。クラクラするほどの時間がかかりそう。でも、愛情こめて、腕によりをかけて刺す作業は、苦痛などではなく楽しみなのでしょうね。そんな勢いが伝わってくるようです)


e0063212_23483689.jpg
(プリーツ。ブルー&ホワイトがカッコいい)


e0063212_23464387.jpg
(人がいる!印象的な図柄。技法は、玉止めを作り縫い付けるもの、編み紐ををヒダヒダに縫い付けてゆくもの、裏側から刺していくものなど、10種以上あるそうです)

e0063212_23475840.jpg
(貝も使用。模様や素材、染、織、どれをとっても興味深い)


コレクター佐藤ご夫妻の情熱とお人柄の結晶であるコレクション。クオリティの高さ、素晴らしさ、多彩さ、量は圧倒的だと感じました。そのコレクションの一部(100点ほど)、この週末から横浜で見ることができます。

『Stitches & Stories 苗族刺繍の世界展』
*2012年6月2日(金)~10日(日)期間中は無休 12時~19時
*会場は「エスニカ」(上のリンクからごらんください)
*【特別講演】 6月3日(日)午後2時~4時/禾苗(フゥミャオ)NET代表・佐藤瑞代さんによるお話。苗族刺繍の技法やモチーフの解説の他、現地で行われている支援活動の紹介を映像や展示物とともに解説。

会の模様は、またご紹介したいと思います。

いきなりの雷雨など、どうなってるのかな〜と思う気候ですが、元気にいきたいですね!更新頻度アップ、めざしたい、、


e0063212_23502972.jpg
(博物館にあった瓦。中国?おおらかな土もので一息^^)
by orientlibrary | 2012-05-30 23:59 | 絨緞/天幕/布/衣装

新緑ウオーク、「大島紬」と「アトラス」の美に触れる

「ペーパードライバー講習」受講中です。想像以上の疲れ。あまりのブランクに、緊張度が最高レベル。ヒト、チャリ、バイク、対向車、ぜんぶコワイ。。暴走族とも言われた!?無茶かつ傍若無人な態度は影も形もありません。とにかく慣れ、場数。進むしかないです。

教習所の待ち時間、自動二輪の教習を見つつ、風を切って走るのっていいな、とも。でも、もうこれも、めちゃコワイ。中型二輪(オフロード)で、細い林道、崖みたいな道、くねくねカーブを喜んで走っていたのは遠い昔。倒れたら骨折、そして、、と、いろいろ現実の像を描いてショボンの今。仕方ない。慎重になったということで、これで良しとします。。

e0063212_13522841.jpg
(こんな車(付きゲル)で大草原を走るのならストレスなし?? でも戦闘など別の大きなストレスあり!?)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

さて、、以前より興味津々だったフォトコラージュ、ようやく導入。なんでもコラージュしちゃってます。^^

e0063212_14135833.jpg


上は、先日、渋谷で遭遇した「おはら祭り」の様子。2000人もの踊り手さんが参加したようです。ビル街ではありますが、南の明るさと活気があり、いい感じでした。

e0063212_1551360.jpg


コンテスト形式だったらしく、入賞したグループを発表していましたが、もっとも目を引いた「東京奄美会」さん、やはり入賞。踊りが違う。手の動き、腰の入り方、足の曲げ方や角度、笑顔、全体の雰囲気。本場で育った人たちならではの空気がありました。

e0063212_1591438.jpg


そして、すっかり見入ってしまったのは、それぞれの方が着こなす「大島紬」の多彩さです。一人一人、皆さん違うんですよ!お気に入りを着ての参加なのでしょうね!

e0063212_158991.jpg


黒ベースなんだけど、華があります。模様のデザインもステキ。何よりも、手仕事の力でしょうか、奥行というか、深みというか、世界があるというか、見ていて飽きない。もっと見たいと思わせます。

大島紬、先染め手織りの手仕事のものは、数々の工程を経て完成までに半年から1年以上もかかるそうです。

そして特徴は、なんといっても「泥染め」ですよね。
「泥染め=テーチ木(和名:車輪梅)の樹皮の煮出し汁で染めた絹糸を、泥田で染める作業。泥に含まれる鉄分とテーチ木のタンニンが反応し、絹糸が赤茶色からだんだん黒く変化。テーチ木染めと泥染めを交互に何度も繰り返し、決して化学染料では合成しえない、独特な深みのある黒褐色に染め上げます」(本場奄美大島紬協同組合HP)

南の島独特の織物、本物は軽くてしなやかで「上質な普段着」なのだそうです。いいですね〜!!


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

こちらのコラージュは、先日ウズベキスタン大使館にて開催された「アトラス ハンディクラフトコンテスト」入賞者お祝いのパーティの模様。(*アトラスはウズベキスタンの絹の経絣。鮮やかな色と大胆な模様が特徴です)

e0063212_15241915.jpg


さすが、手作り人たちの集まり、優勝された方は今回もアトラスの帯で!(表彰式の時のシックな黒の帯とはまた違う華やかなものでした)。カラフルなアトラスはパーティのコサージュにもぴったり!

e0063212_15325993.jpg


ウズベキスタンの名物料理(チュチュワラやサモサなど)、ドライフルーツ、ワインなどもふるまわれました。

e0063212_15333627.jpg
(ウズベキスタン大使館の壁に飾られていました。リシタンの皿のようです)

アトラスは先染め平織りの絹布で、大島紬と共通。
新緑の季節、思いがけず、世界のいい手仕事と、愛情こめた着こなしをたっぷり見せていただきました。感謝です。

e0063212_15414092.jpg
(新緑と赤の対比が印象的。国立新美術館「大エルミタージュ美術館展」)
by orientlibrary | 2012-05-22 15:55 | 絨緞/天幕/布/衣装

青のフォトコン/スーフィー音楽&人形/ユーラシアチャリ旅会

先月来、ブログ頻度上げよう〜!と意気込んでいましたが、結局なんだかんだと間があいてしまいます。

以前より憧れの左官屋さん、そして左官仕事ファンの方々のWEB「左官的塾〜塗り壁の文化を伝える」にて、当ブログをご紹介いただきました。ありがとうございます。温かい紹介のお言葉もいただき気が引き締まる、と思っているのに、時間の方が気持ちよりも早く駈けていきます。残念。でも、一歩ずつ行きますので、これからもよろしくお願いいたします。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

横浜での「青の余韻」展示、14日に無事終了しました。11月3日のINAXライブミュージアム「青の魅惑」展開始から横浜の1か月を合わせ約半年。トラブルもなくすべてが終了し、ホッとしています。

自由に見ていただける良さを生かしての「青の余韻フォトコンテスト」も楽しかった。ネットでの投票に主催者票を加えて賞も設定。見る人によって視点が異なり、それを美しく表現していただいて、青の陶器好き冥利でした。
入賞作品を中心にご紹介します。青の陶器の世界に旅してみてください。^^

e0063212_2220954.jpg
(エスニカ賞/Mさん/ウズベキスタン絵付け皿/「迷いのない伸びやかな円弧、清涼感のあるブルーとグリーンの調和を接写で切り取った構図は、とても印象的で、そのまま絵葉書にしたいと思わせる作品でした〜by エスニカ」)


e0063212_22213361.jpg
(オリエント賞+人気投票賞/T・Jさん/トルコ絵付け大皿/「昨年からの「青の魅惑」「青の余韻」展示の主眼であった、ユーラシアの青を巡る歴史、各地の青の共通項、違い。それを象徴的に物語るものとして、オスマン朝時代の中国染付への憧れを再現したメフメット・コチェル氏の作品がありました。乳白色の地に、伝統的な装飾模様をコバルト青で絵付け。植物や動物が、まるで生きているように描かれています。優美で細密な陶の質感の感受と表現に感謝致します〜by orient)」)


e0063212_22233492.jpg
(じつはこちらが当初のオリエント賞/T・Jさん/タシュチニ大壺/オスマン朝の染付への憧れを再現した「タシュチニ」は、磁器のような真白な地に伝統的な装飾模様がコバルト青で潤むように描かれます。大壺はオスマン朝芸術を再現したような肌を見せ、作家の強い思いから筆は生きているように走っています。その質感を感受して頂き、表して頂いたことを感謝致します〜by orient)」)


e0063212_22265020.jpg
(コバルトブルー賞/Nさん/ウズ盃+ウズ人形/「じいちゃん人形が、本当に「一杯飲もう」と言っているように見えてくるのが楽しいです。盃の青は、中央アジアの空のような爽快で明るいリシタンの青。コバルト青とターコイズブルーの対比もイキイキしていて、画面から飛び出してきそうです)


e0063212_2228146.jpg
(ターコイズブルー賞/Aさん/新緑の季節の穏やかな日差しのもと、トルコのユニークな図柄の皿、向こうに見える小皿に中国の格子といった構図も絵になります〜by e)


e0063212_22285069.jpg
(青のハーモニー賞/T・Tさん/「青の余韻」展示は、中国家具やアジアの布と、西アジア、中央アジアの青の陶器との組合せが一つのトライアルでした。そしてそれは、驚くほどに新鮮な魅力になっていたと思います。家具の茶色とユーズドの質感、布の風合い、中国の不思議な形の水差しと、ウズベキスタンのおちょこと青のタイル。5月の光の中で、ゆったりと調和し、幸せな空気が漂います)


e0063212_22304363.jpg
(青の空間賞/Oさん/ブルーのフィルタリングで、まるで深海に沈んだ宝物満載の帆船を見つけたダイバーにでもなったかのような作品。青の余韻展にぴったりなブルーに染まった一枚でした〜by e)


e0063212_22324765.jpg
(orientlibraryの写真/イランの伝統的青色の装飾タイル)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

トライバルラグと布の「tribe」さんの展示会にて。今回は、動物モチーフの毛織物が特徴でした。絨毯は赤だなあと、なんだか新鮮です。

e0063212_22363540.jpg
(表情がおもしろい。構図も不思議)

e0063212_22372427.jpg
(他にもたくさんの興味深いラグや布があったのですが、なんか可愛くて目を引きました。ウールの盛り上がり方が何ともいえない)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

サブ先生の教室の作品展がありました。↓はサブーリさんの作品。

e0063212_22391864.jpg
(「色じゃない」と私が言って物議をかもした!?青色。独特のサブ青です)

↓タイル絵付けを習っているOさんの作品。

e0063212_2241595.jpg
(素焼きの地で日本のタイルの温かみ。絵付けが上手です!)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

iPod導入以来、若い頃の音楽好きが再来したようなハマり方。聴くのは、パキスタンや北インドのスーフィー音楽、フォーク、宗教音楽がほとんど。

e0063212_22424159.jpg
(Mさんより借りた音源。ありがたや〜^^)

Abida Parveen、ハマってます。

<Nigah-e-Darwaishaan, Abida Parveen, Coke Studio, Season 3>






e0063212_2250030.jpg
(Abidaの「Ishq」、解説冊子も素晴しいですね〜。ラホールあたりかなあ、、細密画がいろいろあってステキなんですよ)

音楽の流れで、こちらも!!え〜〜〜、、これって何!?

e0063212_22504623.jpg
(作者は、もちろん、、手仕事クイーンTM。今回は動くんです、、)

わかったかたは素晴しい、というか、かなりキテますね。^^

e0063212_22535741.jpg
Pakistani Sufi singer Sain Zahoor


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

「ユーラシア横断自転車旅 帰国報告会〜31カ国、走って、話して、つないだユーラシア& NORIKO学級実感レポ〜CoC(トーク&スライド)&Anya(ウズベキスタンダンス)」も無事終了。こちらもホッとしています。

e0063212_22554042.jpg
(CoCの道筋マップ。中央アジア中心のトーク。「砂漠の玉葱」「午前中100キロの神風」「ウズベキスタンの走れメロス」など、笑いあり、涙あり)

「トーク感動した!「人の営み自体が奇跡だと思う」、と言ってたのが印象的。日本ではモノに溢れて気づきにくいだけで、奇跡は自分がアンテナを広げればいつもそこらじゅうにあるもので、見つけられるかどうかは自分次第。胸が熱くなりました」(参加者コメント)

e0063212_1115558.jpg
(5月25日には、早くもが発売に)

Anyaさんのウズベクダンスワークショップ、みんなで振付け練習して、とっても楽しかったです。各地のダンスの違いもおしえてもらって、印象が変わりました。アトラスの衣装もきれいでした!

多数のご参加をいただき、スペースがちょっと窮屈だったかと思いますが、20代から80代まで、世代を超えた交流ができて、よかったです。
CoC&Anya、参加者の皆様、どうもありがとうございました。

e0063212_233255.jpg
(差し入れでいただいたかりんとう。ウズの器に入れ、青の会場でいただきました。甘さよりも胡麻の風味がきいていて、ハマりました)


またしても、まとまりがなく、カテゴリーやタグに困ります。。こんなブログですが、またぶらりとお立ち寄りくださいませ。
by orientlibrary | 2012-05-16 23:16 | 日々のこと

青の陶器、布、絨毯/タジクスタイル/スーフィー文鳥アンジュジェ

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

横浜での「青の余韻@エスニカ」。フォトコンテストなどもおこない、ほのぼの楽しくやっています。味わいのあるアジアン家具と青の陶器が本当によく合っています。

e0063212_14195874.jpg
(フォトコンテストの模様)

e0063212_032531.jpg
(青のエントランス。右端のタイル、存在感抜群。どうしてここに?、、ご縁でしょう!)

e0063212_23145772.jpg
(トルコ、メフメット・コチェル氏作品、ブルー&ホワイト。大壺が主役になりがちなのですが、手前の有蓋壺は本当に美しいですよ。形も絵付けも完璧。繊細優美)

e0063212_23173218.jpg
(ウズベキスタンの青の魅力、再確認。自分の好きな鉢物がけっこう人気があり喜んでいます^^)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

不器用な自分、残念。手仕事ができたら人生が違うだろうなあと思う。
手織りの絨毯。日本でこんなきれいな絨毯を織っている人がいるんですよ。手仕事クイーンTさん。今回使用したトルコの毛糸がとっても良かったそうです。毛糸で全然違うとのこと。

e0063212_232432.jpg
(今回はギャベ風のザクッとした感じ。これまでの精緻な作風と違うのでビックリしたけど、これまた素敵。個人的な好みでは、こちらが好き!野に遊ぶような花々が自由でかわいい。深い青のグラデーションがなんとも言えません〜)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

代々木の東京ジャーミー、この日は爽やかでした。青葉が風に揺れています。

e0063212_23385938.jpg


青葉っていうけど、緑色。イランやトルコでも、緑色はときに青にも含まれるみたいです。

e0063212_23394895.jpg
(モスクランプも緑色の光。トルコの花模様の青いタイルを照らします)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

外苑前にあるアンティークの「FUCHISO」さんへ。インディゴの青を見に。ヤオ族とミャオ族のインディゴのパッチワーク。店主・小松さんの眼にとまった青の手仕事。

e0063212_2348599.jpg
(ミャオ族のパッチワーク。嫁入りの支度の寝具とのこと。家族のために精魂こめて作る手仕事がミャオ族の魅力ですね!)

写真はありませんが、清時代の陶枕の青、少し緑がかった窯変が良かったです。

お隣のワタリウム地下のカフェで、gleamさんの家具が展示されているとのことで拝見。

e0063212_23554543.jpg
(スパイスの効いたチャイがおいしかった。チープな感じの皿がおしゃれ)

カフェでピンク色のシャツを着こなしている女性、はつらつと話をされているなあと思っていたら、草間弥生さんでした。カッコ良し。


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

フィリピンの少数民族はじめ、多彩な民族衣装をお持ちのWさん宅へ。以前も見せてもらったタジクの民族衣装の研究書をもう一度拝見。ソ連時代、共和国を構成する民族ということで、こういう研究はがんばっていたみたいですね。

e0063212_012918.jpg
(こういうの見ると、衣装というものの凄みを感じます)

とにかく、イラストがカッコいい!!&特徴をきちんと描くので、写真よりもむしろわかりやすい気がします。

e0063212_023636.jpg
(ヘッドスカーフの巻き方も。多彩なんですよね。お洒落です)

e0063212_033774.jpg
(メンズのディテール。靴ですが、登山靴のような機能?)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

小伝馬町のダルビッシュショップへ。ハサンおじさんは、最近、大リーグのダルビッシュ有選手との関連で新聞で紹介されたようです。

e0063212_0125640.jpg
(子どもがハサンおじさんの似顔絵を描いてました。似てる!)

でも、同じ名前でも、意味が違うみたいです。ダルビッシュ有さんの場合は、ファミリーネーム。ハサンおじさんの場合は、「スーフィー」の意味。神との合一を目指し、様々な修行に励む人々。その人たちのことを「ダルヴィッシュ」とも呼びますが、ハサンさんはこちら。楽しくおしゃべりしてくれますが、ふっと語ってくれる「心のこと」、なんだか沁みるのです。

そんな平和でおだやかなダルビッシュショップに事件が起きていました!
ドアを開けても、文鳥のアンジュジェがダッシュで飛んでこないなと思っていましたが、、 なんと、いなくなっていました。。2週間前に、開いていたドアから外に出てしまったのです。ハサンおじさんの悲しみは深かった。心に穴があいたようだったと。お客さんたちも泣いたそうです。

e0063212_0171893.jpg
(初代アンジュジェとハサンおじさん/昨年夏、撮影)

アンジュジェは、スーフィー音楽で踊り、歌う文鳥でした。手の傷をさんざんつつかれたけど、イキイキした魅力的な文鳥でした。初代アンジュジェは、日本初のスーフィー文鳥です!!
きっと旅に出たんです。スーフィーだもん。遍歴に出たんですよ。だから帰ってきます。そう思います。
ハサンおじさんも、そう思っているそうです。

e0063212_0222928.jpg
(二代目アンジュジェとハサンおじさん)

内気な二代目ですが、次に行ったときには、きっと踊ったり歌ったりしていると思います。愛があるからね。アンジュジェのこれからを見に、またイラン食材を仕入れに行きたいと思います。
by orientlibrary | 2012-05-05 00:36 | 日々のこと