イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春のイラン・トピック 〜映画「別離」、ポロック展作品貸出〜

連休ノープラン、、ウロウロヨロヨロしているうちにゴールデンウイークになってしまいました。日がたつスピードが年々早くなり、行動がついていけていません。トルコに行く計画もありましたが、またの機会に落ち着いて行こうと思いました。塞翁が馬。それはそれで良し。一日一日大事にすごしたいなと思います。

e0063212_23341745.jpg
(イラン香炉/12世紀/gorgan/「CERAMIK OF JORJAN 」GLASSWARE AND CERAMICS MUSEUM OF IRANより)

先日観たのは、話題のイラン映画「別離」。第61回ベルリン国際映画祭では最高賞である金熊賞、女優賞、男優賞の2つの銀熊賞の計3部門で受賞。第84回アカデミー賞では外国語映画賞を受賞し、脚本賞にもノミネート!イラン映画がアメリカ文化の象徴的なアカデミーの賞、、いいですね〜!せめて文化では仲良くいきましょう!

映画について書くのは難しい。ストーリーなど、どこまで書いていいか迷います。公開されている範囲を意識しつつ、印象を書いてみたいと思います。

まず、今回のアカデミー賞受賞は非常に納得できました。イラン映画といいうと、キアロスタミやマフマルバフのイメージが強くあります。子どもや素人を起用し、重厚さや透明感を打ち出す独特の手法や展開。そこが魅力。なので、アカデミー賞受賞作品ってどうなの?という思いも正直ありました。

印象は、ローカルでありながらユニバーサル。イランの事情、現実を描き込みながら、どの国にも共通する問いを投げかけています。そこに新しさを感じました。
介護、失業、教育、格差など、どの国、地域でも見られる社会問題。そこに、イランの宗教、女性の問題も絡み、展開はサスペンスのようです。

e0063212_23354626.jpg
(イラン/12世紀の青/gorgan/同)

登場人物はそれぞれに人間味があり強さも温かさもある人たちなのですが、様々な事情から嘘や保身が幾重にも渦巻き、状況は複雑に絡み合って展開。が、ストーリー展開についていけるように脚本はよく練られていると思いました。

わかりにくかったイランの事情は、帰宅後にこれを見て解決! →公式サイトには、映画『別離』を理解するためのワンポイントがあり、よく理解できました。

話の発端である、主人公の父親の介護問題。自宅では無理では?施設は?と思いますが、「イランでは老人介護の施設が非常に少ない。それは、介護は家族の役割であり、施設に入れられた老人は大変不幸であるという社会通念が強いためであるという」との説明がありました。

介護費用やお給料の感覚も、解説で掴むことができました。痴呆症のお父さんがなぜ外に出て行くかも。
解説のトップが「スカーフ」であるのも、納得です。映画、スカーフの印象が強烈です。とくに信心深いラジエー、家事にはキツいですよ、、いろんな考えがあるでしょうが、着用が義務ではなく選択、あるいはTPO次第だったら、と思ってしまいます。

失業や結婚契約、結婚資金など、男性も大変。裁判所での審議や進め方も、もう少しなんとかならないかと気をもみました。

画面に入り込み、ハラハラしたり戸惑ったり、自分ならどうするか考えたり、そして映像からいろんなことを学んだり、、映画らしい映画を観ることができたと思います。


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … *

もうひとつ、イラン関連のトピック。

絵画より工芸好きなので、あまり絵画を見に行かないのですが、ジャクソン・ポロック(アメリカ/アクション・ペインティングの代表的な画家)は見たことがあります。
いま、東京国立近代美術館でジャクソン・ポロック展(〜5月6日)開催中ですが、展示の目玉は、「インディアンレッドの地の壁画」。「ポロックの最高傑作で、約200億円の評価額を得ている絵」。この持ち主が、テヘラン現代美術館。

e0063212_23441355.jpg
(インディアンレッドの地の壁画/1950年/テヘラン現代美術館、Tehran Museum of Contemporary Art)

「76年にイランのパーレビ国王のファラ王妃が購入、テヘラン現代美術館の所蔵に。79年、イラン革命で国王一族は国外に脱出。王妃が収集した絵画類は「米欧の腐敗した文化」として一時期、倉庫にしまわれたままになった。世界の美術界にとっては垂涎の的。もちろん「インディアンレッドの地の壁画」が国外に出るのは初めて」(饗宴外交の舞台裏/西川恵さん より引用)

イラン側は国立近代美術館に借用料無料で貸し出してくれたばかりか、貸出しに際しては一貫して協力的だったとか。

「展覧会に合わせ来日したテヘラン現代美術館のシャルエイ館長は「イランと日本とは長い信頼関係があり、日本には作品保全の高い技術もあるので大事な作品をお貸しした。欧米でも作品保全の保証があれば出品します」と語った。核開発問題での強硬姿勢とは異なり文化交流ではイランは柔軟だ。核開発の原則は譲れないが、それ以外では国際社会と協力するとのシグナルでもあった」(饗宴外交の舞台裏)

e0063212_23565178.jpg
(ラスター彩皿/12世紀後半〜13世紀前半/同)

先日、海外送金の書類を書いていたとき、但し書きに「北朝鮮とイランには送らない」ような一項目があり、チェックを入れましたが、この二つの国が同じ線上ですかね、、??核開発が問題なら、他にも「制裁」の対象となる国はあるのでは?
「別離」の登場人物も靴屋を解雇され、借金に苦しんでいましたが、経済制裁は生活に影響しているのではと思いました。

また、「イランは美術品を外に出した経験がほとんどないため、梱包や通関手続きをする代行業者がおらず手間取りましたが、イラン文化省は予定通り絵の国外搬出にOKを出してくれ、ホッとしました」(饗宴外交の舞台裏)という国立近代美術館担当者のコメントを読んで、この点も、しみじみと安堵しました。

e0063212_074415.jpg
(イランのアーティストはセンスがいいです。絵本「ネシャーニー」(絵:シャラーレ・ホスラヴァニーさん)表紙より部分)

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … *

*「別離」上映時の予告編で、アキ・カウリスマキの新作上映(「ル・アーヴルの靴みがき」/2011)があるのを知りました!^^「街のあかり」以来、5年ぶり。
もちろん、いつもの面々がいました!年を取ったけど、いい感じ。ますます個性に深みが出た感じです。これは観ます!楽しみです。

「心をみがけば、奇跡はおこる」、映画のキャッチフレーズ。そうなのかもしれませんね。精進しなくては、、「イスラムアート紀行」もペースを少しアップしていこうと思っています。

楽しい連休をお過ごしください。

e0063212_0224100.jpg
(GLASSWARE AND CERAMICS MUSEUM OF IRANにて)
by orientlibrary | 2012-04-28 00:32 | 美術/音楽/映画

「ユーラシア横断旅」を旅する日曜日

若者論、というのは、いつの時代にもあるもので、上の世代から否定的な見方をされることが多いものです。

この頃でいうと、草食系、内向き、消費に関心が低い(車にも興味がなくお酒も飲まずファッションもユニクロで満足等々)、外に(海外ばかりか家の外にも)出ない、指示待ち、等身大志向過ぎる、など、素直だけど何を考えているのかわからない、内向きで覇気がないというイメージは確かにあると思います。とくにおとなしい男子への風当たりはなかなかにキツい。

でも、東北にボランティアに通っている若者も多いし、NPO・NGOで地道に活動している若者も多い。語学もできるし、デジタルのスキルも高い。会議やイベントの仕切りも慣れたもの。起業志向だってある。いいなあと思うことが、私は多いです。

e0063212_23111899.jpg
(代々木公園では土日にアースデーもありました)

いちばんいいと思う点は、理屈や大義を言うより、小さなことであっても自分が動いているところ。いつまでたっても変わらない大人の社会に見切りをつけ、自分たちで動いていこうとしているように思えます。年代を超えて、そういう人たちに出会えるということは、幸せなことだと思います。

ちょうど1年前の今日、ポルトガルのロカ岬から自転車をこぎ出した大学生二人、CoCの田澤さんと加藤さん。(以下、サワディーとコウスケと記させていただきます)ユーラシア大陸を自転車で11か月かけて横断し、31カ国、20000キロを旅して、3月無事に日本に帰国。
彼らの旅は、チャリの冒険譚というだけでなく、「子ども1人に1本の糸。旅中に出会った子どもにそれを繋いでもらって1本の長い糸にする」というテーマが。

e0063212_23121872.jpg
(スライドでのイントロ)

「チャリだからできる、1本の長い世界のつながり」。そして、つないでくれた子どもの数は5003人。(結び目をカウントしたというのも根性!)

”「誰かがやる」ではない。「僕らがやる。」”。
一昔前なら、このような言葉には、ちょっと悲壮感があったかもしれません。が、彼らは一貫して、軽やかで自然体。気負いを感じません。

e0063212_23135290.jpg
(20000キロを走り抜いた自転車&サワディー&コウスケ)

そんなCoCのチャリ旅報告会に参加、いろんな面で興味深かったです。会の進行、仕切り。わ〜、今ってこんな感じなんだ。みんなで話すんだなあ。びっくり。皆、「人と話すのが好き」と言う。(そういう人が集まっているのでしょうけれど。二極化しているのかなあ)。

e0063212_23263726.jpg
(旅の途中もマメに写真を撮り文章を書き、メルマガ、facebook、ブログ等から発信。報告会もUstream、twitterなどリアルタイムにいろいろ。時代は変わった、、)

e0063212_23264671.jpg
(会の仕掛けとして、オーディエンスが動く。う〜〜〜、、、若者向けの趣向かも、、)

e0063212_23265671.jpg
(最後に、つないだ糸を披露!!)

先日も、環境をテーマとしたある会に迷い込み、まじめで真摯な人が多いことに、かなりびっくりしたばかりですが、、、 バブル世代やその上の世代は、やはりどうも消費や右肩上がりやイケイケ的なところが染み着いています。「それは時代背景が違うからですよ。人が違うのではありません」。会の主催者の方がおっしゃってました。そうかもしれませんね。

e0063212_23372761.jpg
(中央アジアの砂漠でのエピソードがすごい。が、何度も何度も現地の人の温かさに救われる。一方で硬直的、官僚的なシステムのため大変な思いをする。最後にうるっとくるエピソードもあり、聞かせるなあ)

旅のエピソード、語りもうまい。もっとも関心のあった中央アジアをたくさん語ってくれたのがうれしい。すごい体験いろいろ。ややこしいなあ、中央アジア、、、。たくさんの大変なことがありつつ、カムチック峠をチャリ超えしてフェルガナにたどり着き、NORIKO学級(ウズベキスタンのリシタンにある日本語塾)の子どもたちと濃密な交流をしてくれました。ありがとう!

e0063212_2327928.jpg
(サワディー。音楽専攻)

e0063212_23272087.jpg
(コウスケ。体育専攻)

会の第2弾もあるそうです。
5月13日には、NORIKO学級主催の報告会でも話をしてくれます。*** 13日ご参加の方へ==内容は、シンブルに「トーク&スライド」+「ウズダンス簡単ワークショップ」です。シンブルです。とくに凝った仕掛け?はありませんが、交流をお楽しみください。m(_ _)m ***

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … *

横浜「青の余韻@エスニカ」は、こんな感じですすんでます。

e0063212_23424621.jpg
(じいちゃんたちが、ちょっとテレ気味でお出迎え)

e0063212_2344345.jpg
(外からガラス越しに中を見る。夜景です。幻想的な感じも!?)

e0063212_23443650.jpg
(去年の夏、買ってきた「盃」が好評。元々販売を考えていなかったこともあり、もう残りわずか。青がやはりいいです)

若者たちに刺激を受け、私も自分のテーマをコツコツやります!
まず、イスラム圏の装飾タイル、陶芸、工芸の本を少しずつ訳してみたいと思います。こういうコツコツをやらないとダメですね、きっと。今年は、そういうことをしていこうと思います。(書くことで、自分にプレッシャー!!) うん!
by orientlibrary | 2012-04-22 23:55 | 日々のこと

青の余韻 青い陶器の春の旅、桜のまちへ

桜咲く街へ。トルコ、イラン、ウズベキスタンの青のやきものたちが旅をしてきました。
題して、「青の余韻」。「青の魅惑 イラン・トルコ・ウズベキスタンのやきもの」(INAXライブミュージアム/2011年11月〜2012年3月)展示作品他、ウズベキスタンの工房の作品が集まりました。

「青の余韻@エスニカ」(4月14日〜5月14日、12時から19時、水曜日休/横浜市青葉区桜台25−5 tel:045-983-1132/概要、会場等は←リンク内ご参照ください)。青の陶器たちは、中国家具やアジアの布といっしょに、くつろいだ表情を見せています。


e0063212_20444075.jpg
(トルコ、メフメット・コチェル氏によるブルー&ホワイト3点。流麗細密重厚優美、オスマン朝最盛期を思わせる。タシュチニ絵付け大壺、皿、蓋付扁平壺)


e0063212_20482589.jpg
(トルコ、アディル・ジャン・ギュヴェン氏のクラシックかつ軽快な世界。和とも共通する「間」のある粋な世界)


e0063212_20505089.jpg
(ウズベキスタン、ウスマノフ工房の青の世界。律儀でおおらか。大胆で細密。中央アジアの空の蒼です)


e0063212_2052034.jpg
(ウズベキスタン、アリシェル工房など、ミックスしたコーナー。中国家具の濃い茶色と青が抜群の相性。白い壁面をカジュアルに飾っています)


e0063212_20533220.jpg
(販売可能なものも少々。すべて手描き。あまり数がありません。なくなった場合はごめんなさい。陶器はとにかく運ぶことが大変なのです、、)


e0063212_20551916.jpg
(青、青、青。ガラスの向こうは桜吹雪)


e0063212_205614.jpg
(韓国の木とアディルジャンさんの染付風小皿)


e0063212_20563210.jpg
(鳥かごとアディルジャンさんの小皿)


e0063212_20572267.jpg
(ウスマノフ工房の細密な絵付け皿)


e0063212_20575090.jpg
(タシュチニ大壺。圧倒的な筆運び。石英分の多い白地の光沢が見事)


e0063212_20585049.jpg
(デジタルフォトフレームで青いタイルや景色の画像をスライドショーしています)


展覧会ではなく規模は小さいですし、販売できるものも少ししかありません。
でも、、かなりカッコいいと思います(自画自賛!?)。
デジタルから大工仕事まで何でもこなすエスニカの田原さん、手仕事クイーンTさんのセンスとスキルのおかげです。多謝!!!

すっかり見とれてました。青、好きだなあ、、と見ていました。
人生で二度はできないと思いつつ(そう言いつつ)、また青の世界へ。ご縁のおかげです。「青の余韻」第一報でした。

 orientlibraryの在店日程=たくさんの日数は行けませんが、土日の午後あたりを中心に考えています。(GW中やGW後の土日はまだ未定です)。
by orientlibrary | 2012-04-14 21:11 | 青の道

桜咲く日を、今年も迎えられました

今日はお花見日和。満開の桜、薄桃色の花びらがひらりひらりと舞い落ちるなか、そぞろ歩く人々の表情もおだやかでした。

e0063212_214758100.jpg


e0063212_2243235.jpg


昨年の桜は、見たか見ないか記憶にないほど。(ここで昨年のブログを見直すと、「今年は、桜があまり入ってこなかった。見ているけど見ていない感じ。こういう年もあるでしょう」と書いていました)今年は、いい桜を見ることができて、ありがたいと思います。
写真は、目黒川沿いの桜並木。水と桜の景を見られるので好きです。あまりに賑やかで人出が多いところは苦手です。

e0063212_21482418.jpg


e0063212_21483367.jpg


e0063212_2148437.jpg


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … *

話は変わって、、以前、耳で聞いていて、どうもよく理解できていなかった言葉「ノラボーナ」。サッカー選手?ガム?、、と、話をわかっていませんでした。
昨日、判明!「のらぼう菜」、葉ものの野菜の名前でした。^^ 武蔵五日市の特産で、他では千葉などでしか栽培されていないとか。

e0063212_21525741.jpg


「野良でぼおっとしているから、のらぼう菜」と教えてもらいました。が、いろんな説があるそうです。「昔、飢饉のときなどのために栽培した」そうです。

e0063212_21533566.jpg
(武蔵五日市駅前にて。お話を聞いた生産者の方々)

おひたしにすると、少しだけぬめりがあり、少しだけ苦みがあり、でもクセがなく食べやすい。どこか春を感じる味わいでした。

日本の食事って、器や演出がすごい。こんな国、他にないと思います。(写真はお蕎麦屋さんにて。高級ではない普通のお店でも、季節感やもてなしの心が表現されていて。最高!)

e0063212_21583461.jpg
(そらまめ)
e0063212_21584612.jpg
(新たまねぎのかき揚げ)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … *

桜のピンク一色の今日は、こんなブルー&ホワイトの花も見てみたい。トルコ、イズニックの陶器やタイル(イズニックの博物館にて撮影)。清楚で細密。15世紀、16世紀頃と思われます。中国的なニュアンスを感じます。染付への憧れが強く出ている印象を受けます。

e0063212_22125127.jpg


e0063212_2213584.jpg


e0063212_22131631.jpg


イスラームの陶器のなかでも、トルコ・イズニックは、一時代を築いていますね。3枚目の鳥もイキイキしています。赤が強調されています。青と赤の組み合せの妙、これもトルコ陶器の特徴のようです。

これからも、きれいなものに出会っていけますように。
by orientlibrary | 2012-04-08 22:21 | 日々のこと

陶に布に咲く舞う桜花&青のやきものの春旅

4月になりました。風も強く寒さが残るなか、花見の人出も今週はまだ少なめ。花の美を楽しめるのは、博物館のなかでした。桜、花などのやきもの、刺繍などを。

e0063212_2119285.jpg
(観桜図屏風/住吉具慶/絹本着色/江戸時代、17世紀/京から江戸に移り住んだ具慶は、やまと絵を江戸に広めた。公卿が穏やかな風景の中で観桜する江戸時代のやまと絵の典型といえる/東博にて撮影)


e0063212_21195447.jpg
(色絵桜樹文十角鉢/伊万里/江戸時代、18世紀/伊万里焼では元禄年間より、中国の金襴手に範を求め、金泥を色絵素地に焼き付ける豪華な意匠が流行した。内外に桜と菊が描かれ、染付の藍のほか、花は赤と金で、葉は緑と紫で彩られている。俗に型物と呼ばれる内需向けの金襴手である/東博にて撮影)


e0063212_21212320.jpg
(色絵花筏図皿/鍋島/江戸時代、18世紀/花筏の言葉のままに、水面に桜の花と筏の図を大胆に組み合わせて意匠化し、鍋島ならではの洗練された感覚で、散りゆく桜の風情を表現している/東博にて撮影)


e0063212_21222449.jpg
(色絵桜樹図透鉢/仁阿弥道八/江戸時代、19世紀/鉢の内外に白泥と赤彩で満開の桜樹を表し、巧みに配された透しとで、桜の空間を作り出す。乾山焼に倣った作品の代表作のひとつ/東博にて撮影)


e0063212_21225294.jpg
(打掛/鶸色縮緬地風景模様/江戸時代、18世紀/柔らかな鶸色の縮緬地に波を白く染め上げ、刺繍で色を添えた総模様の打掛。海辺風景模様に関係なく、桜や松といった草花を全体に散らすデザインは武家女性の平常着の様式。魚籠に釣竿、蓑傘をのせた小舟は古典文芸を思わせるが主題は不明である/東博にて撮影)


e0063212_21563048.jpg
(打掛/紅綸子地桜樹雲模様/江戸時代、18世紀/宮中の女性が普段着に着用した上着。華やかな縮緬地に表された模様は、雲間に見える桜の立木模様。絹糸の光沢を生かしたゆったりとした刺繍。立木模様は江戸時代後期、宮中女性向けに様式化されたデザイン/東博にて撮影)


e0063212_21243573.jpg
(苗(ミャオ)族刺繍部分/苗族刺繍博物館所蔵)


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …* … * …

桜色、オレンジ色、赤色、花の意匠はあでやかですね!ここで、当ブログ定番ではありますが、「青」の話題を少々。

「青の魅惑 イラン・トルコ・ウズベキスタンのやきもの」展の撤収も無事終了。展示作品は、それぞれ新たな地へと旅だっていきました。ありがとうございます。
イランのオブジェ(2点)は、福井県内の公共施設に飾られることになりました。良かったです!4月1日、今頃は現地に到着していることでしょう。このちょっと意外な展開については、またご紹介できるかもしれません。

常滑から一路横浜青葉台の「ある場所」に旅したやきものたちも、みんな無事到着。次のステージで、また違った表情を見せてくれそうです。先日、ちょこっとだけ見てみました。
中国家具や西アジアの毛織物、アジアやアフリカのテキスタイルなどのなかで、青の魅惑がどのように見えるか、ミワクといよりワクワクです。
ギャラリーの白の空間、ハレの場で凛とした表情を見せていた青のやきものたち、やはり生活の品々といっしょにあると、何か違いますね。おもしろい。

e0063212_21432264.jpg
(写真は、仮置きしただけのものです。もっともっとカッコ良くなるはず!^^=以下同様/ウズベキスタンの鉢。やはり茶色と合う。鉢の模様は中国風なので、中国家具と違和感なし。でも中国の青ではなく中央アジアの青であるところがポイントですね。何と合わせ、どんな空間になるか(するか)、楽しみ〜☆)

e0063212_2145459.jpg
(仮に掛けてみました。白の壁ですが、カジュアルなので雰囲気が違ってきたトルコの大皿。アフリカのバスケットとも合ってる!)

e0063212_2146454.jpg
(ディスプレイではなく単に置いただけですが、茶と青は合いますね。ウズベキスタンの茶碗と鉢)

e0063212_21473199.jpg
(INAXライブミュージアムで展示できなかった作品。トルコのアディルジャンさんの皿ですが、移送途中でワレました。でもメチャかっこいい銀継ぎをしていただき、別の魅力が。orientlibraryの好きな作品だったので、力入ってます)

3月は慌ただしいうえに体調が今ひとつでした。4月は元気にいきたいです。きれいなものをたくさん見て、がんばろうっと!皆様も、ご自愛くださいね。
by orientlibrary | 2012-04-01 22:02 | 日々のこと