イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふわっと花を見ている(vegetation therapy)

またまた時間があっという間にすぎてしまいました。気がついたら、4月も最終週なのですね。連休はナイスなところに旅行の友人も多いのですが、私は旅行のテンションにならないままで、、普通に時間がすぎていきそうです。

後半に、短期間ですが東北に行く予定です。工芸と産品を見たいと思っています。いつか何かお知らせすることがあるかもしれませんが、もっと東北の風土と文化を知りたいという気持ちが高まり、ささやかなことを始めてみようかと思っています。

ブログもなかなか書けないままですが、今回はiphotoを見ながら、植物の写真を選んでいました。脈絡なくピンときたものを選んだ、そのままですが、花シリーズにしたいと思います。

e0063212_224287.jpg
(カザフスタンにて。一面の芥子の花。単体だと愛らしいけれど、群生していると独特の空気感があると思います。赤が強いですね)

e0063212_22433313.jpg
(ブハラ。ウズベキスタンの5月は薔薇が盛り。子どもたちがさりげなくプレゼントしてくれる一輪の薔薇にクラクラです)

e0063212_2245080.jpg
(いろんな植物の写真があったのに、こういうものを選ぶんだなあ。カラカルパクの砂漠の夕暮れ。砂漠の植物です。砂漠の夕暮れは一面の金色で、夢か現実かわからないような、映像の中に入ったような、不思議な感覚になります。清浄を感じます)

e0063212_22481920.jpg
(インドのヨガの聖地、リシケシはヒマラヤの山深い地ですが、ブーゲンビリアが咲き乱れていました。意外と寒さにも強いんですね。リシケシの朝日、ガンジス源流の朝日の景は忘れられません)

e0063212_22502367.jpg
(中央アジアの芥子。中央アジアを出自とするムガル、更紗のモチーフには真っ赤な芥子がよく使われます/敷物 花卉模様/インド更紗、手描き/インド北部/ムガル17世紀/3mを超える大型の敷物。大輪を咲かせた芥子のような花を整然と配した清楚な模様。花は中央が正面向き、左右が側面から見た姿であらわされており、同様な花のはムガル王朝の立木手と呼ばれる花模様に類しており、同じ製作地を示唆するものであろう/東京国立博物館にて)

e0063212_22522372.jpg
(同じ更紗でもインドネシアは独特の濃厚さがありますね。たおやかそうでいて、ピンクと赤のインパクトがすごいと思います/腰布サロン白地花鳥獣模様更紗 ジャワ島20C/東京国立博物館にて)

e0063212_22542674.jpg
(オスマン朝トルコのテキスタイル。豪奢)

e0063212_22544934.jpg
(同じくオスマン朝トルコの刺繍。可憐です。花瓶に入った花模様はムガルやペルシアでも定番ですね)

e0063212_22553876.jpg
(ウズベキスタンのスザニ刺繍。花びらの色を変え、遠目にも動きがあり可愛らしいです。くるんくるんした茎や蔦が中央アジアテイストを感じさせます。話は変わりますが、このところ日本のファッションでウズ柄が流行していますね。にじんだ絣風、大柄な花模様がウズ風。やっと来たね、と思いますが、柄が中途半端な感じもして、意外にうれしさを感じません。ディープさがないよね〜。違うんだよなあ〜、、、)

e0063212_2312353.jpg
(ウズの青のお皿を見ると落ち着きます。この花の描き方が面白い。描き込むデザインが多い中、白の余白が多いのも、ちょっとアートな感じ。工房の樹々の緑が揺れ、爽やかです)

連休に入ると少し落ち着きそうです。ブログも更新していきたいです。

地震後、心の余裕がなく、なんとなくコメントのお返事を書けずにいました。これももう落ち着いてきたように思います。皆様のコメントに励まされてきたのに、しばらくコメント欄を閉じていて失礼しました。m(_ _)m
by orientlibrary | 2011-04-25 23:17 | 美術/音楽/映画

青に魅せられた人たち(picturesque blue)

この間、慌ただしくて、あっという間に時間が経ってしまいました。(楽しみにしていたギャラリー等にもおうかがいできず残念です。行けなくて、ごめんなさい)。
今年は、桜があまり入ってこなかった(見ているけど見ていない感じ)。こういう年もあるでしょう。

今回はタイルと青について少々。装飾タイル、とくにイスラムのタイルは青の比率が高く、紺碧の乾いた空にタイルの青が映えるところが大きな魅力になっています。
なぜ青なのか。日本の研究者の中でも、私が尊敬しているお二人の見解を交えつつ、陶器を含めた写真をアップしてみたいと思います。

e0063212_2141572.jpg
(ウズベキスタン、コーカンド)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<イスラムの青のタイル 背景と意味> =深見奈緒子さん見解=

1. タイルに求められたものは=時代を超えて青の彩色を好んだ
2. 無論、比較的低温で青が発色するという製作上の理由もある
3. 青色にはおそらく空の色の魅力、ひいては天国への憧憬が潜んでいたと考えたい。多くの宗教建築においてムハンマドの色とされる緑よりはるかに青が多いのはこのためではないか
4. さらに、タイルの釉薬が輝く様も、他の建築では得難い質感である。光は唯一神アッラーの姿の一つとも形容される存在で、ここにも宗教への傾倒が現されていると解釈することもできよう
5. 耐久性や施工性はもちろんのことながら、これらの美的感覚がイスラームという宗教に根ざしていたと考えたい

e0063212_2138255.jpg
(染付八宝文大皿/中国 景徳鎮窯/明 17世紀/東京国立博物館にて撮影)

e0063212_214549100.jpg
(白釉色絵草花文皿/トルコ イズニク窯/17世紀/東京国立博物館にて撮影)

e0063212_21392125.jpg
(染付け花鳥文瓢形瓶/オランダ デルフト窯/17世紀/東京国立博物館にて撮影)

< ティムール朝時代の色と文様 青> =杉村棟さん見解=
1: ティムール朝の美意識。コバルトとターコイズの2種の組み合わせが絶妙に調和のとれたもの
2: 青が頻繁に用いられた理由のひとつは、濃い青色の場合、釉薬の原料がコバルト酸化物とフリットを混合したもので、それが豊富に入手できたことがある
(* フリットとは陶器瓦や陶磁器に代表される焼き物の釉薬に使われるガラス素材のこと。原料は珪素を主とする天然資源であり、ナトリウムやカリウム、カルシウム、シリカなど数十種の成分を含む釉薬の溶ける温度をコントロールしたり表面の光沢や耐久性を増すために使われる)
3:  淡青色には銅系の釉薬、これに鉄分が加わると呈色は青緑色になる。これも原料が豊富にあった
4:  セルジューク朝時代以来、アナトリアやイラン高原で好まれた古来の伝統、イスラーム的世界観、そして色彩感に乏しい乾燥地帯の自然環境や景観が強かな感性を育み、それが独特の美意識を形成した
5:  青は邪視など悪霊を排除する力を持っていると民間で考えられていた
6: 青釉とともに用いられるのは白、黒で、緑と黄色が補色として使用された
7:  暗紫色と褐色もバランスよく使われているが、赤色の使用は19世紀〜20世紀まで一般には避けられたようだ

e0063212_21352945.jpg
(ウズベキスタン・リシタンの現在の青。サマルカンドブルーを再現しつつ、爽やかで藍青から水色までバリエーション有り。布はインド)

e0063212_21431916.jpg
(ウズベキスタン、モスクの装飾絵画、藍青)

e0063212_21402279.jpg
(九谷焼技術記録/初代徳田八十吉作/1953年頃/tecnical record kutani ceramic ware process samples/初代徳田八十吉は石川県生まれの陶芸家。顔料と釉薬の改良に努め、九谷焼色絵の研究に心血を注いだ。1953年に「上絵付け(九谷)」で無形文化財に選定された。この「九谷技術記録」は、上絵具の厚塗りに特色がある/東京国立博物館にて撮影)

e0063212_213655100.jpg
(現在のイタリアンモザイク、煌めく青)

e0063212_21575266.jpg
(さぶ先生オリジナル釉薬)

釉薬についても、もっと知りたいです。インド版木を使った皿も作りたい。
元気出していきましょう!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あと数日で「ユーラシア大陸自転車横断」に旅立つConnection of the Childrenの田澤君、加藤君が、石巻に行ってきたそうです。
* 「ユーラシア大陸自転車横断プロジェクトチーム「Connection of the Children(CoC:ココ)」

バブル後に生まれ育った世代。実直で人とのつながりを大事にする、、こういう若者たちが、今の日本に少なからずいることが、何とも心強いです。
下記、メールより一部を勝手に引用させてもらう形になりますが(ごめんなさい!!)、こういうさりげないことができるって、本当に学ばされる。私も背筋を伸ばしていかなくては。

「被災地は震災から一ヶ月が経過しましたが、いまだ爪痕は深く、復興には気の遠くなるような年月がかかる事を痛感しました。今回は、避難所でもある渡波小学校へボランティアへ行きました。

2日間、学校の窓を拭いたり、花壇に花を植えたりしてきました。そして、最後に廊下の片隅に桜を生けてきました。21日が始業式のようですので、その頃に満開になることを祈って。

被災地の人々は本当に強くて、毎日全力で生きています。廊下や教室は全国からの物資で溢れ、日本全体でこの震災を乗り越えるんだ!という意思を感じました。

今後は、直接的には生死に関係がないもの、しかしなくてはならないもの、つまり、心のケアができるものが必要ではないかとおもいます。僕たちが植えたお花をみて、涙をながすおばあちゃんがいました。

本企画実施まで、後わずか。この経験を胸に、ラストスパート、頑張ります」

心意気を、ありがとう!
by orientlibrary | 2011-04-17 21:55 | 青の道

常滑、武蔵野、春の景(spring bloomer,Tokoname,Musashino)

1か月たちました。照明の暗さにも慣れてきました。個人的にはハードな節電で通常より35%程度電気使用減。でもホカロンを毎日使用。これってエネルギー的にはどうなんでしょう。ホカロンの製造と流通に必要なエネルギーと電気使用によるエネルギーって??池上彰さんに教えて欲しい。
原発事故も、毎日いろんな情報を見ていても、とても理解できない。ただ、コントロールが難しい状況に陥ったときの凶暴とも言える危険さを、日々、そして日ごとに感じざるを得ません。福島の皆様のご心労、その理不尽さ、本当に申し訳なく、一刻も早く安全にと願うばかりです。

e0063212_20445698.jpg
(10日、桜は満開、月はきれいな三日月でした)

都知事選も、見たくない結果となりそうで、まったく意味がわからない。
百年に一度の金融危機(08年)、千年に一度の天災、自分の人生で経験するとは夢にも思わなかった原発事故とその影響。これまでなら、めげていた、落ち込んで投げ出していたと思う。
でも今は、負けない、という気持ちになっている。報道で知る被災地の人たち、過酷な状況にありながら他を気遣い、助け合って暮らしを取り戻す道を歩こうとしている、その姿に、姿勢を立て直す力を頂きました。励まされた。しっかりやっていこうと思いました。

イスラムアート紀行はもちろん続けていくし、青のタイル、中央アジア、イスラム建築、インドの布、南アジア音楽への偏愛は変わらない。そして、これらにプラスする形で、日本が自分のテーマになってくると思う。原日本ともいえる東北を、もっと知りたいという気持ちが高まっています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
久々に、愛知県・常滑に行ってきました。3月中旬に行く予定でしたが、3週間延期。
4月の常滑の、圧倒的なのどかさに、やわらかい陽光に、人々の和やかさに、異次元の世界に迷い込んだような不思議な感覚をおぼえました。

それだけ心身が緊張していたということか、と気づきました。所用があり、タイル教室の「さぶ先生」と一緒の常滑行きだったのですが、サブさんも同じ感想でした。
地震後に多くの外国人の方が帰国、その後も続々と帰国。サブさんは静かながら、肚がピシッと座っています。

e0063212_21458.jpg
(常滑焼き物散歩道近くにある「招き猫」ロード。作家が思い思いのネコを表現)

打ち合わせまでに少し時間があったので、焼き物散歩道を少々散策。たまたま見つけた古い民家風のお店で、昼ご飯をすませることにしました。店には大きな木のテーブルが。いい感じです。

e0063212_21404363.jpg
(店の名物メニュー、穴子干物の茶漬け。!?と思いましたが、穴子干物が上品な味わいで美味でした)

そして、奥にいたにこやかな年配の男性が、「私は毎日ここに来て、煎茶を差し上げているんです」と、なんと煎茶と干菓子でもてなしてくださいました。

e0063212_215512.jpg
(煎茶を頂きました)

今やすべてを忘れ去りましたが、私もお煎茶を4年くらい習ったことがあり、今でも煎茶というものが好きです。
煎れてくださった煎茶はまさに甘露。二煎めも甘みがあります。お茶碗やお道具も本物の骨董。素晴らしいものです。「毎日鉄瓶でお湯を沸かしてポットに入れて持ってくるんです」。テーブルの一角に道具を並べたご自分のコーナーがあるくらいですが、お店の人ではなくご近所にお住まいなのだそうです。

e0063212_21215384.jpg
(急須は東京空襲で箱の中で酸化したとのこと。銅のような色。左の抹茶系のものはランチのデザート)

しかも、食後を見計らって、別の茶葉(さっぱりしたもの)でまた二煎とお菓子。もちろん、店内のお客さんすべてにおもてなし。
茶葉やお菓子など、必要な費用はけっして少なくないはずです。どうして?とも思いますが、一方でわかる気もしました。

時間的経済的に余裕があったら、人はどのようなことにそれを使うでしょうか。
この男性は、ご自分が愛してやまない煎茶で、人を喜ばせることを選ばれたのだなと思いました。
いろんな遊び方、趣味、人それぞれです。でも、この男性のスタイルには、とても触発されるものがありました。良き出会いを頂きました。
短い時間しかいられませんでしたが、常滑の素敵な思い出になりました。

e0063212_21432799.jpg
(INAXライブミュージアムでは、またまたディープな展示が。「やきものを積んだ街かど〜再利用のデザイン」展)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4月の武蔵野。美しい花のお寺に行きました。涙雨のような小雨が上がったところで、しっとりした水気を含んだ空気に、木々や花々が生命を輝かせていました。

e0063212_21453269.jpg
(武蔵五日市にて)

e0063212_2146528.jpg
(木瓜)
e0063212_21485030.jpg
(ミツマタ)
e0063212_21503296.jpg
(水仙)

↓ こちらは武蔵五日市の蕎麦屋にて。心も満たされる味と空間です。

e0063212_21514575.jpg
(独活)
e0063212_215205.jpg
(山菜、茸、野菜の天婦羅)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
のどかな常滑、いつもと変わらぬ常滑に、安心感を覚えました。
被災地を思い、種々自粛の気持ちも大切ですが、通常の暮らしをしていくこと、買物をしたり人と会ったり楽しいことをしたり、元気に暮らしていくことも、同じくらい大切かもしれないと思い始めました。
皆様もどうぞお元気で!!
by orientlibrary | 2011-04-10 22:14 | 日本のいいもの・光景

さくら、さかな、ささやかな、、 (Let Us Cling Together)

震災後3週間、この1週間も静かでした。人出は少なく、照明は暗め、電車は急行少なく、エスカレーターが動いていないところが多い。
みんないろんな思いはあるかもしれないけど、デマメールとか過激な東電バッシングとかは、便乗鬱憤ばらしに思える。その心持ちが貧しく感じて、よけいに寒くなる。
食べ物飲み物の安全性に過敏な反応をしている人も少なくない。どうもシニア層の方が多いような気がするけれど、ふだんから健康志向だからかもしれない。
いずれにしても、こういうときって、その人が出るな、と思う。器の大きさ、肚の据わり方、人情、いろいろ。
今回も、この間、見たこと聞いたことなどを、少し書いてみたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
例年より遅めですが、桜も咲き始めました。昨夜、帰り道、何か明るくて見上げたら桜でした。「天罰都知事」が「花見自粛」と言っているようですが、自分なりに見るのでほっといて。

e0063212_23104053.jpg
(4月1日、遊歩道の夜桜)

e0063212_23205817.jpg
(色絵桜樹図透鉢/仁阿弥道八作/19世紀 江戸時代/東京国立博物館にて)

e0063212_2325535.jpg
(色絵桜樹図皿/鍋島/18世紀 江戸時代/春爛漫と咲き誇る桜の富貴な気分を、鍋島焼が発案した見込中央白抜きのアイデアによって図案化した作品/東京国立博物館にて)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アフガン音楽(ルバーブ、歌唱、トンバク)とインドの笛バンスリのライブ。あったかい雰囲気のなか、たっぷりとアフガン音楽を聴けて、いいライブでした。

e0063212_0111982.jpg
(奏者:ちゃるぱーささん&寺原太郎さん/「投げ銭」は被災地へ。奏者の方々の声高ではないチャリティライブ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
若者が海外に出ないと言われて久しいですが、4月20日に約1年間の予定でユーラシア大陸自転車横断に旅立つ「CoC」の田澤君、加藤君の壮行会をTさんが企画。

e0063212_23454485.jpg
(見えにくいですが、皿類はリシタン)

しばらくは日本食、とくに生魚が食べられないだろうということで、Tさんによる魚づくしのテーブル。見事に小気味よい食べっぷり、大人はそれをサカナに酒を吞む構図。若いって素晴らしい。

ウズベキスタンのリシタンにある日本語塾でも1週間、子どもたちと交流予定。教育専攻の大学院生である二人、音楽と体育という専門性を生かして、どんな授業や遊びをしてくれるのかなあ。こちらにいても楽しみになってきます。

e0063212_02477.jpg
(フェルガナのハーブ園。乾いた爽やかな空気がなつかしい)

さらに大きくなって帰ってくるだろう二人を見るのも楽しみ。その頃までに日本も、いろんな意味で立ち直ってるといいな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海外のミュージシャンたちが日本にメッセージ。日本びいきだったクイーンのブライアン・メイのメッセージはこちら=Brian May/JAPAN CRUELLY HIT

e0063212_2350824.jpg
(こちらはロジャー・テイラーのメッセージと「手を取り合って」)

YouTubeの「手を取り合って」=

* アップロードした方のコメント:「私はアップロード者です。宮城県牡鹿郡女川町在住です。家財一切 なくなって車で生活しております。復興作業に従事中です。家族は 全員無事でした。皆様の温かい励まし有難う御座います。涙が出て来ます。本当にありがとう御座います」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ほのぼの系?秘蔵写真大公開!? 「tribal kitty シリーズ/春の花と民族帽子のキティちゃん」

e0063212_23561425.jpg


e0063212_23562895.jpg


e0063212_23554984.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
のびのびした気持ちに!キルギスです。

e0063212_033415.jpg
(天山山脈、青い空、白い雲、緑の大地、清々しい空気)

何もできないことに落ち込んでいたorientlibrary、「東北の手仕事」、ささやかにスタートしようと思います。別ブログ主体になりますが、こちらでも折々にご案内していきます。Tさん、方向性をありがとう。「できないことを考えるのではなく、できることを考える」、Yさん、気づかせてくれてありがとう。
by orientlibrary | 2011-04-03 00:19 | 社会/文化/人