イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ラスター彩、青のタイル、紅茶&前菜

e0063212_1817147.jpg
(ラスター彩陶壁/「オリエント幻想」/七代・加藤幸兵衛 作/イラン大使館ファルドーシホール壁面)

静かな週末です。例年ならば春休み、卒入学・新生活等で街がもっとも賑わい、年によっては桜も見頃となり格好の花見週末でもある頃。今年は桜も待機中という感じです。静かな緊張感。
お店も電車も街も照明を落としていて、省エネを考えると元々このくらいでよかったんだろうなあ、落ち着く感じもあるし、と思いつつ、これまで煌煌としていただけに、まだ気持ちがついていかない部分もあります。でも、これは慣れるでしょう。

新聞やテレビ、ラジオは毎日、被災者の方の声をたくさん掲載、紹介しています。「海を見るのも怖い」「夜の寒さがこたえる」「戦争よりもひどい状態だ」。せめてこの寒さなんとかならないものかと天気予報にがっかりし、原発事故とその後の動きには複雑な思いを抱えています。「先は見えないけどみんなで助け合っていきたい」という声や子どもたちの笑顔に、こちらが励ましてもらっています。大震災については、メディアは現場から等身大の目線でしっかり報道してくれているように感じています。

海外の支援の動きもありがたい。facebookにも支援のコミュニティがたくさん生まれ、立ち上げた皆さんはオークションや募金に不眠不休の様子です。その迅速さに驚くと同時に、チャリティや助け合いの精神が根づいている土壌に、背景にある宗教的な価値観を垣間みます。パキスタンの方々の炊き出しの記事などを「ありがとう」に。(こちらのブログとの重複も)。

種々の事柄が中止、延期となっていることもあり、静かな日々ですが、見たもの、きれいなものなど、少し書いてみたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
e0063212_182182.jpg
(ラスター彩陶壁/七代・加藤幸兵衛/部分)

イラン大使館ホールに飾られたラスター彩、日本の美的感性とシルクロードの趣きが重なり合い、渋い輝きに見入ります。作者の「七代・加藤幸兵衛」さんについて調べてみると、加藤卓男さんを継いだ方なのですね。以下、幸兵衛窯HPより抜粋させて頂きます。

「幸兵衛窯は、1804年、美濃国市之倉郷にて開窯。江戸城本丸、西御丸へ染付食器を納める御用窯だった。五代幸兵衛は、青磁、金襴手、染付、赤絵、天目など中国陶磁をはじめ、乾山、李朝など幅広い技法を駆使した名品の数々を生み出し、幸兵衛窯の礎を築き上げた。六代加藤卓男は、長年の研究の末、ペルシア陶器や正倉院三彩の技法を復元し、ラスター彩、青釉、三彩、ペルシア色絵など伝統と独創の融合した作品を制作した。現当主である七代加藤幸兵衛は、独自の現代的な作風をはじめ、桃山陶やペルシア陶器といった幅広い作風を展開し活躍。近年は、加藤卓男のペルシア陶技を継承した作品を制作」

e0063212_18262824.jpg
(陶板は十字と八角星の組み合わせ。一見してはわからないのですが、イスラム陶器らしさ、ペルシアの空気を醸し出しています。きりりとした陶の線が見事)

e0063212_18293227.jpg
(玉虫色の光沢。宝石のような、いや宝石よりもむしろ奥深い輝きでは、とタイル好きは思ってしまいます)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ボーッとしてテレビを見ていたとき、青いタイルが目に入りました。すぐにテレビ画面をカメラで撮りました。

e0063212_18322913.jpg
(聖カトリーナ修道院礼拝堂内部/シナイ半島)

正教会にこんなにきれいなタイルが、、こちらも不勉強で知りませんでしたが、聖カトリーナ修道院は正教会の世界最古の修道院なんですね。以下、wikipediaより部分的に抜粋しました。

「エジプト、シナイ山の麓にある峡谷の河口、シナイ半島に位置する正教会の修道院の名称。修道院は現在も継続して機能する、正教会の世界最古の修道院である。ユネスコの世界遺産に登録されている。現地はユダヤ教、キリスト教、そしてイスラム教の3大宗教から、神聖視されている。800年ごろ、エジプトはムスリムの国であった。修道院が所有し、ムハンマド本人により署名されたものとされる文書によると、修道院がある種の政治的亡命施設として容認されるようになった後、ムハンマドは敵から身を守るため修道院に身を隠したとされる。こうした理由と修道院領内にファーティマ朝のモスクが立てられた為、修道院は長年に渡る一帯のイスラム教支配下でも生き延びることができたのである。このモスクは正しくメッカの方角を向いていないため、現在では使用されていない」

e0063212_18352854.jpg
(20センチくらいはありそうな方形の絵付けタイル。藍青がきれい。正教会のデザインともよく合っています)

正教会の空間やビジュアルは、惹かれるものがあります。東の気配があるからでしょうか。タイルもよく合っていると思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
e0063212_18415892.jpg
(さぶ先生の急須。注ぎ口が長く持ち手にもなります。イランの紅茶がおいしいです)

タイルのクラスは十字と八角星の成形をして絵柄を考えているところ。時々陶芸も習っていて、先日はインドのブロックプリントのハンコの型押しで「アジア丼」を作りました。

e0063212_18433668.jpg
(イラン紅茶のパッケージ絵柄。青が印象的。鹿とティーポットとリーフを合わせたような感じが。ぼわーっとした背景の輪がイランだなあと思います)

こちら↓は、イエメンに留学予定の(だった、になってしまうのかな)Iさんを送る会にて。トルコ居住経験のあるIさんなので、フレンチのシェフがトルコ料理にチャレンジしてくださったそうです。

e0063212_18462593.jpg
(トルコ料理の前菜とパン)

主菜、デザートまで、とても美味しかったです。イエメンも渡航がきびしい状態になっているようです。今行けなくても、ご縁があればまた行けるよ!いつかアラビア語、教えてね。

落ち着いて、しっかりとしていきたいなと思います。
皆様も、どうぞお大切になさってください。
by orientlibrary | 2011-03-27 18:55 | 日本のタイル、やきもの

とり、くふう、ことば、果樹

e0063212_1254348.jpg
(ウズベキスタン・リシタンの飾り皿/鳥はペルシャ陶器伝統の文様。中から飛び立ちそうに伸びやかで色鮮やかな鳥です)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
静かです。春休みの三連休とはとても思えません。ラジオを聞いています。
節電のなかで、パソコンやネットも自粛しなければいけないのではとも思います。他のことでは節電中!今日は書こうと思います。

こんなとき、自分には「医療看護や電気、建築、運送、教育、栄養等々、人の役に立つ専門能力が何もない」ことについて、いろんなことを考えては落ち込みます。
時間がたてば、自分にもできることが、もしかしてでてくるかもしれませんが、来し方行く末含め、自分まるごと考えさせられる毎日です。

(↓ じつは種々に引用しながら、いろいろなことを書いていました。しかしこのタイミングですので、やはり短くしてアップしようと思いました。→ それでも長くなりました(汗))))

◆ くふう ◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 「節水の工夫 お年寄りの知恵を教えて」(仙台の主婦/ラジオから、3月21日)
・ 水がない。おばあちゃんが昔していたことを思い出しながら生活の工夫をしている。洗剤を使わず新聞紙で皿を拭う。ご飯の後箸を飲み物で洗う。水は捨てずに貯めて貯めて汚れたらトイレの水にする。コンタクトから眼鏡の生活にした。
・お水一滴ももったいないという気持ち。これまで何てたくさんの水を使っていたのかと驚いた。一斗缶に木切れを入れてお釜でご飯炊き。水がないのでペットボトルのお茶で「茶飯」になるんじゃないかと炊いてみた。
・子どもたちも意識が変わった。こんなに気持ちの切り替えが早いものかと思った。自分もしっかりしなきゃ。
・具体的な暮らしの知恵、節約術を教えて欲しい。お年寄りもどうか「若い人が亡くなりどうして自分が生き残ったんだろう」などと言わないで。暮らしの知恵を教えて欲しい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 「避難所 手作り 岩手県山田町70人のチームワーク」
e0063212_12541695.jpg
(朝日新聞3月21日より/記事内容ともに引用)

・ドラム缶がグリルに〜小学校の校庭でドラム缶に薪をくべた「グリル」でサケ(水産加工場の冷凍庫が壊れたため寄付された)を焼く地元の男性たち。「ご飯がおいしい」と子どもたちにも人気
・大工さんが作ったトイレ〜畑を借り、パワーショベルで穴を掘り、その上に木を載せて踏み板にした。小屋はホタテ養殖いかだ用の材木を使って造った。サッシの窓もついており、夜に懐中電灯を持って中に入ると「使用中」だとわかる
・即席洗濯場〜小川からホースを通し、水産加工用の大きなタンクに水をためている。「水は冷たいけど、洗えるだけでもありがたいです」
・脱衣所もある公衆浴場〜大工さんが自宅の庭に2日がかりで造った。小屋の中は脱衣所と浴場に分かれている。隣のドラム缶に薪をくべてお湯を沸かし、バケツで浴槽に流し込む。「子どもたちを何とか風呂に入れてやりたいと思って」
・家族が行方不明の女性は「一人で家にいると悲しくなるけど、避難所にいると”なんでこんなに”と思うくらい笑いがある。思いやりとチームワークで何とかがんばりたいです」

◆ ことば ◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 「つぶやきに耳をすます 大震災1週間 阪神の教訓生きる」(朝日新聞3月21日/松原隆一郎:社会経済学者。阪神大震災で実家が被災し末妹を亡くした)

大災害においては、被災者に同情したくとも心情を推し量れないことが多々ある。「なぜ娘が死んだのに私が生き延びているのか」と自分を責める母親がいる。
筆者の母も震災後にそう言い続け、縊死してしまった。心情を酌み取れず「がんばって、残された孫を育てましょうよ」と励ましたことを、筆者はいまも悔やんでいる。
今回は津波災害が重なっただけに、さらに過酷な心情を抱える被災者が多いと想像している。接することができたなら、「わかったつもりにならない」ことを肝に銘じて、問わず語りに出るつぶやきに、ただ耳を傾けたい

(福島の原発事故で)作業員にかんし被爆線量の上限を従来の計100ミリシーベルトから同250ミリシーベルトに引き上げたという報道が、この上なく重い。
それほどの危機に陥ったと政府が判断したこともさりながら、オール電化生活さえも享受してきた我々の選んだ政府が、自衛官や警察官、消防士ら直接原発に関わったのではない人々に対しても、生命の危険を賭し放水することを命じたのだ。
主権者が現場作業員に生命を賭すことを命じた例は、歴史に満ちている。しかしそれが主権在民の世でも起きることに、そして関係者の酌みとりがたい心情についても、私たちは思いを致す宿命を負ったのである

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 「夜空」(仙台市の小学6年生/朝日3月19日>
・ 避難所になっている小学校でボランティアを始めた。「友だちと話すことで気持ちが和らぐような感じがしました」
・慌ただしいなかでふと夜空を見上げると月と星がいつも以上にくっきりと見えた。停電で街中が真っ暗だったからだ。「月と星がこんなにきれいだとは思わなかった。でも地震によってこんな風景が見られるなんて、皮肉で悲しい」

* 子どもたちや高校生が被災所のボランティアで活躍しています。何かに集中していること、仲間と一緒に活動すること、役にたって喜ばれること、大事なのですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 「温かいもの」(栃木県の運送業男性/ラジオから、3月21日)
・ 緊急車両を運転している男性、現地に行って「戦場のようだった」。「自分なら何をしてもらいたいか考えた。自分ならご飯が食べたい、水を飲みたいと思った」
・友人のラーメン店に話をして一緒に避難所にラーメン500食を届けた。皆さん、「被災から初めて温かいものを食べた」と喜ばれた。「これで1週間生きられる」と言われた

* 被災後10日たってようやく温かいものを食べられたという人も。温かいものは本当にありがたいです。足湯だけでも違うものですよね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いろいろ重いことも書いていましたが、やめます。

上野のパンダはどうしてるかな。
九州新幹線が全線開通したそうです。3月11日に記念イベントを盛大に開催予定でしたが、すべてのイベントを中止したとのことです。本当は大きなニュースでしたね。
東京スカイツリーは634メートルに達したそうです。

慎重に暮らしながら、時を待ちます。ていうか、今できることをしなきゃ!^^

e0063212_14225270.jpg
(ウズベキスタン民家の庭にて。庭にはアンズやリンゴ、ザクロなどいろいろな果樹があり、実は強い陽射しを浴びて美味しいドライフルーツに。栄養豊富、果樹ってエラい!)


* かなり話題になったのでご存知の方も多いと思いますが、「なぜ日本には略奪がないのか」という報道です。(英語のままです。すいません)。コメントも多いです。しかし、先ほどラジオで「モノやガソリンを奪い合う人がでてきた」と、、。我慢強く秩序だった方々を追い込んでしまっている状況が、一刻も早く改善されることを願います。

* 心身がこわばってきたら、「肚腰」の大切さを説く斉藤孝さんの動画でストレッチ!☆「齋藤孝の仕事に立ち向かう身体を作る 全話」(日経BPよりの転載とのことです。身体系の斉藤本は、かなり読んでいるorientlibrary、合理的で納得する。やわらかくしていかないと!)

* trippingtakuさんブログに紹介されていました。「福島原発事故の現状と今後 ~大前研一〜」 「今回の原発事故における原因から始まり現状の問題点、時系列を踏まえた事故対策、福島の今後の復興計画、計画停電に対する提言・・など東京電力及び政府が現段階にて呈示することのできないビジョンを展開している。分かりやすく是非、一見をお勧めする」 (1時間以上ある動画ですが見て良かった。原発、とくにプラントのことは、これまでよりも理解できました。課題と可能性が専門家〜大前さんは原発設計技術者〜の冷静な分析で漠然とした不安は整理できました。後半の提言部分はさておいても、前半だけでも見てみられては?)
by orientlibrary | 2011-03-21 14:29 | 社会/文化/人

きれいなタイルを見たい(tiles and ceramics in blue)

「危機的状況の中の希望」(村上龍/ニューヨーク・タイムズへの寄稿文)。原文「Amid Shortages, a Surplus of Hope」。「だが、全てを失った日本が得たものは、希望だ。大地震と津波は、私たちの仲間と資源を根こそぎ奪っていった。だが、富に心を奪われていた我々のなかに希望の種を植え付けた。だから私は信じていく」

◆「旅空日記」(三井昌志さん)「必ず立ち上がる」。スマトラ島沖大地震が起こってから2ヶ月後、インドネシアのアチェ州で見た笑顔の理由とは。「人間にはどんな境遇にあっても、たくましく生きていく力が備わっている。深い悲しみの中にも、喜びの種を見出すことができる。アチェの人々が僕に教えてくれたのは、そんなシンプルな事実でした」

◆ 泣けてくる写真、フラッグの言葉、、気持ちを表すことって大事なんだなあ。バーミヤンのハザラの皆さん、教えてくれてありがとう!「Sympathy From Bamiyan to the People of Japan」

◆ 「アクション1」(災害情報まとめサイト、寄付・募金サイト、外国語での地震情報サイトなど)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引き続き緊張の日々です。被災者の皆様、救援の方々、寒さの中で本当に大変なことです。せめて早く暖かい気候になりますように。

きれいなものを見たいと思いました。私の好きな青いタイルと陶器です。

e0063212_19532391.jpg
(いちばん好きなタイルです。イラン・タブリースのブルーモスク壁面のモザイク。「親愛」の意味のカリグラフィー。親愛)

e0063212_19545283.jpg
(イラン、星形タイル。藍色と空色の中間のようなブルーに金彩で植物模様。星のかたちが愛らしい。色あいも深みがありやさしい。テヘランのガラス・陶器博物館にて撮影)

e0063212_2092266.jpg
(サマルカンド、シャーヒズインダ墓廟のモザイクタイル。雫形のなかに花模様。ふわりとした曲線と多色の組み合わせがイキイキしています。青もとてもきれいです)

e0063212_200282.jpg
(ウズベキスタン・リシタン陶器工房。ウズの乾いた空気の元に行きたい)

e0063212_20315375.jpg
(リシタン工房の光景。普段使いの器。これで熱いチャイを飲む。タイルのテーブルと。花はいつも見近にある)



by orientlibrary | 2011-03-15 20:14 | タイルのデザインと技法

アクション1(action)

ブログをしばらくお休みする旨お知らせしましたが、友人知人のブログやサイトに安否情報等に関する情報がアップされていますので、転載させて頂きます。

<停電関係>
◎ 停電エリア検索システム 計画停電情報
◎ 効果的な節電と計画停電の対処方法 ご案内
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<安否の確認>
◎ グーグル 人探しサイト
<災害情報まとめサイト>
◎  YAHOO 地震・津波災害に関する情報
◎ SAVE JAPAN
◎  Google CRISIS RESPONSE 
<寄付・募金・支援>
◎ 溜まっているTポイントカードを募金する方法
◎ ヤフーポイントを募金する方法
◎ ジャストギビング
<外国語での地震情報、支援方法情報>
◎ 多言語通訳を使い、海外からの安否確認等を電話通訳でサポート
◎ TIME NEWSFEED SIX WAYS YOU CAN HELP EARTHQUAKE AND TSUNAMI VICTIMS IN JAPAN
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*「写真でイスラーム」(miriyunさん)での日本在住外国人の方に向けたサイトの紹介。「earthquake 在日アラビア人ほか各国語での地震情報」
◎ 日本にいるウズベキスタンの友人たちへ。ウズベキスタン語はこちらを見てください。
ウズベキスタン語 UZBEKISTAN
e0063212_12394386.jpg
(東京モスク)(落ち着いて前を向いていこうね)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
* 現在月曜日夜、寒いです。
結局、一部地域以外は「計画停電」はありませんでした。覚悟していたのだから停電にしてもよかったのでは?振り回されるよりも、いっそ潔かったと思います。電気がないことの辛さを実感するなかで節電の必要も理解できます。「需給からみて必要量はあった」と言われても、今節電しておいて、いざというときに使うとかしてもよかったのでは?
店頭にモノがありません。土曜の時点で携帯ラジオ、懐中電灯は売り切れ。非常食系、マスク、ホカロン、水もなし。月曜=スーパーのパンの棚がカラ、缶詰、飲料、お菓子まで、何もないコーナーもあるなど、品揃えが少ない。ワカメを探している人も目立ちます。とにかく皆さん、大量に買い込んでいます。電池を何百個も買っている人がいて、何だか不安になり必要分はあるのにまた買ってしまいました。これがよくない!
「計画停電」による交通機関の運休などもあり、いろんなことが中止、延期になり、滞りが生じていますが、萎縮せずにいきたいと思います。

* 現在月曜日お昼、午後の停電はどうなるのでしょうか。
元気なorientlibraryが落ち込んで萎縮してはいけませんね。
(リュックを用意し外着で寝ています。テレビは辛くなり、、ラジオを聞いています)
by orientlibrary | 2011-03-14 12:41 | 社会/文化/人

にほん

東北沖大地震、長野・新潟の地震で被災された皆様、ご親族の皆様、言葉もありません。
余震などでこれ以上の被害がないように祈るばかりです。

e0063212_10491433.jpg
(東京国立博物館正面入り口屋根で上野方面を見守る鳳凰)

orientlibraryは出先より徒歩にて無事帰宅、壊れたものもありませんでした。
が、被災地の映像を見ると、言葉がありません。
東北・北関東等にてブログを見て下さっている方がありましたら、心より心よりお見舞い申し上げます。
どうぞ安心な暮らしに早く戻れますように。
ただただ祈念致しております。

*まだ予断を許さない状況でもあり、落ち着くまでブログ更新を控えさせて頂きます。皆様、どうぞお気をつけてお過ごしください。
by orientlibrary | 2011-03-12 11:00 | 社会/文化/人

春の不思議系特集(wonder photos)

イスラム教の巡礼時の旗、というものを見せてもらいました。デニムのような色合いの生地に白地を切り抜くかたちでアラビア文字が表されています。シンプルでキリッとしています。たくさんの人がこの旗の元にメッカに向かったのでしょうね。

e0063212_22341632.jpg


e0063212_22332541.jpg


今回は、ちょっと不思議なニュアンスのモノや写真を集めてみました。

↓ はかなり不思議。ゲルが密集しています。しかも最近のウランバートル近郊というのではなく、1930年代頃の写真と聞きました。

e0063212_22365426.jpg


この3枚は、20代(推定)のSさんのお祖父さんが所蔵されていた写真で、いつ頃何のために誰が撮ったものかわからないそうです。先日の羊毛イベントの際に、「何か手がかりがあれば」とお持ち頂きました。

↓ モンゴル人のダリさんにもお話を聞きました(服装からの類推)が、メモしていなかったため正確に覚えておらず、記載はやめておきます。

e0063212_2238357.jpg


↓ この写真も不思議。右奥の棟はミナレットのように見えなくもないのですが、拡大してみると下部中央に彫られているのは仏像のようでした。中国の町のようです。

e0063212_22415482.jpg


緊張感を感じるモノクロ写真を見た後は、ちょっと息抜き感覚で。この表情、和み系。

e0063212_22464693.jpg
(顔面把手/縄文中期、前3000年〜前2000年/東京国立博物館にて撮影)

e0063212_2248167.jpg
(土偶/縄文後期/前2000年〜1000年/縄文時代における土偶や各種の土製品は、縄文人の精神世界を反映した宗教的遺物として古くから研究がおこなわれてきた。しかし、いまだこれらの明解な用途・性格といったものは解き明かされていない/東京国立博物館にて撮影)

e0063212_22492291.jpg
(子持装飾付脚付壺/古墳時代、6世紀/東京国立博物館にて撮影)

↑ この子持装飾付という容器(?)、トーハクにいくつか展示されていましたが、どれもユニークでした。装飾の方向として面白いなあと思いました。

↓ こちらはアンデス、チャンカイ文化(人型を模した素焼きの土器で有名)。土偶人形にはいろんな思いが込められているのでしょうね。

e0063212_2251314.jpg
(yamamotoコレクション)

↓ エジプトの布です。今のもの。ヒエログリフのアップリケと鳥の大胆な構図が面白いです。

e0063212_22553732.jpg


↓ 日本です。金色のカエルさん、どこにいるのかな、と思ったら、、

e0063212_22573215.jpg
(薩摩焼/沈壽官15代/ひねりもの/TV番組を撮影)

e0063212_22583095.jpg
(古薩摩古池水盤/TV番組を撮影)

繊細な中に洒落た遊び心。「ひねりもの」、凝ってますね。

最後に、あれ??と思ったもの。「えびせんの袋って白黒だっけ?!」と一瞬記憶を辿りましたが、、これは会員制ホールセールクラブのえびせんらしいです。コスト削減、それも良し、ですね。^^

e0063212_2304253.jpg


そんなわけで、春の不思議系特集でした☆
by orientlibrary | 2011-03-04 23:11 | 社会/文化/人