イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

絵付け初体験、熱中篇

タイル絵付け(イランのハフトランギ)教室は3回目となりました。何しろすべてが初めての体験。ドキドキ&楽しく進んでいます。(1回目=オリエンテーション=イスラムデザインの特徴、タイルの種類、釉薬基本など/宿題=デザイン/2回目=先生による修正、素焼き後のタイルへのトレース)

いよいよ絵付けです。色を決めます。シャーヒズインダタイルに合わせ、地色をコバルト青に。茎などをターコイズ青に。花びらとして黄瀬戸、白、茶色などを選びました。

e0063212_21333024.jpg
(色を選び筆を用意。筆なんて何十年ぶりかも?!)

最初に、マンガンで模様の縁取りを。筆にたっぷりと液をしみ込ませ、やや太めの線で輪郭を取りました。

e0063212_21335479.jpg
(黒い液体がマンガン。濃いめに塗り終わったところ。釉薬同士混ざらないよう「壁」となります)

次に輪郭の中を色で描きわけていきます。こちらもポッタリというくらい液を含み、厚めに塗っていきます。薄いと想定した色が出ないとのことで、たっぷりを心がけました。

e0063212_21341475.jpg
(輪郭の中にポタポタと色を入れていきます。焼成は8月中旬。どんな感じになるかなあ、、)

意外とスムーズにできましたが、地色を塗るときに時間的にちょっと焦ってしまい、これがどうでるかちょっと心配。というより、何しろ初めてのことなので、いったいどんな色になるのか、どういう仕上がりになるのか、さっぱり見当がつきません。

さらに、暑い夏を記念して「絵付け熱中篇」ということで、もうひとつにチャレ〜ンジ!!

e0063212_21352391.jpg
(ボーダーの模様がむつかしかった〜)

イスリミ(デザイン化〜抽象化された植物模様)とペルシャ書道を組み合わせたデザイン。先生に書いてもらったものをトレースしただけ。シンプルと思い、甘くみていましたが、これがむつかしかった〜!!

イスリミって、むつかしい。線をなぞって描くだけで、ぐったり。花模様のハタイのほうが何倍もラクでした。先生は、「慣れてきたら簡単になりますよ」と涼やかな笑み。修行です★

e0063212_21353314.jpg
(削ることにより修正可能で大助かり。ふ〜、、、。この道具、買おうっと!)

自分で少しでもやってみると、タイルや陶器を見る目が違ってきます。

e0063212_21355393.jpg
(ウズベキスタン・リシタンの絵付けタイル。コバルトの青い線が力強くて伸びやか。背景の薄い青の線が軽やか。青の表情の違い、いいですね)

構図や模様になるほどと思い、こんなに時間をかけて描いてくれていたんだなあと、ありがたく思い、職人さん一人一人の顔や、これまで見てきた仕事の様子が思い出されました。
これからは、もう一歩リアルな話ができるのではないか、ぜひそうしたいと思うこの頃です。

e0063212_21363116.jpg
(ウズベキスタン・リシタンの絵付け魚皿。A工房のものは、ひとつとして同じ模様がありません。どんなに小さな茶碗や人形であっても、細部に必ず違いがあります。これらは、全身全霊を込める「作品」ではなく、日々の糧を得るための「商品」です。でも、大量生産の品とは異なり、職人さんの矜持や遊び心があると思う。だからウズベキスタンの手仕事が好き。ちなみに敷いている布は、インド・ラジャスターンのブロックプリント。こちらは版木を作り捺染したものです。こういう線も以前より見ちゃいます。クッキリしてますね〜。)

そんなわけですっかり調子に乗ってしまい、練りや成形、ろくろも最初の一歩から少しやってみるつもり。「土族」になってきました。
by orientlibrary | 2010-07-25 21:53 | タイルのデザインと技法

タイル作り。シャーヒズインダの花模様をお手本に

<タイル絵付け>を習い始めたこと、以前ちょこっと書きました。最初の日から、「とにかく、まず一度作ってみたい。それから本格的に始めたい」とワガママをいう私。S先生は寛容な方なので、おっとりと「いいですよ」と言ってくださいました。
ですので、この進み方はイレギュラーなのですが、2回目にして素焼きのタイルへのトレースまで進みました。次回はいよいよ絵付けです。

作っているのは、「ハフトランギ」(虹色タイル=多色施釉タイル)。出来上がり15㎝×15㎝。絵は「ハタイ」と呼ばれる植物模様です。

e0063212_23261883.jpg
(右に見える青い写真がシャーヒズインダの花模様。右上が私のスケッチ。先生が赤で修正中。手前は習っていることのメモ)

宿題でデザインを考えてくるようにとのことで、参考にするためにタイルの写真集を見ていたのですが、どうも適した構図がなく、結局は自分が撮った写真から選びました。
大好きなシャーヒズインダのモザイクタイルです。イキイキとした花模様が大好きなタイルです。
まずは自分で描いてみました。四分割を繰り返してラインを取ると描きやすいことがわかりました。方眼紙を使えばもっとラクだったと、後で気がつきました。

e0063212_23264469.jpg
(ウズベキスタンのモザイクタイル。センター部分が「イスリミ」(抽象化された植物模様)、周辺が「ハタイ」(自然な植物模様)。ハタイから習い始めています)

タイルが大好きで、長い間イスラムのデザインを親しみを持って見てきましたが、自分で描いてみて、「イスラムデザインって、なんて優れたものなんだろう」と感慨新たです。
たぶん、これからますますこの思いは高まっていくと思います。このあたり、またブログでご紹介できればと思います。

e0063212_23265665.jpg
(リシタンの陶芸家A氏による聖者廟の装飾タイル。センターのイスリミがおおらかで好きです。ハタイも勢いがあって広がりと凝縮力を感じます)

持参したスケッチ、教室で先生が修正してくださいます。これがやはりとっても大きいです。全体の配置、ちょっとした線のズレ、花びらの大きさや方向など、なるほど!ドキドキしながら見ていました。
トレースを繰り返しながら微調整を重ね、最終バージョンをタイルにトレースして、下描きは完成。
先生、どうもありがとうございました。次回の絵付けが、とっても楽しみです!

e0063212_23263070.jpg
(トレース終了。次回は絵付け)

「白金陶芸教室」にて。

**********
話は変わって。

「ザ・コーブ」という映画を見ました。和歌山県大地町のイルカ漁を描いた映画で2009年公開。2010年アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞をはじめ多くの賞を受賞しましたが、その製作手法などをめぐって物議をかもしています。
今年4月頃から、「反日」「情報によるテロリズム」などとして、上映中止を求める抗議行動もあり、一時は上映中止の映画館が相次ぎました。

新聞などで読んだ範囲では、隠し撮りなどの手法や一方的なイルカ漁への非難に製作者の傲慢さを感じ、上映中止もやむを得ないのかも、、と思っていました。
でも、一度見てみようか、何が問題かまずは見てみようか、と思いました。
映画の内容や製作経緯、製作者、動向、評価など、とても書ききれません。もしもご興味があれば下記をご参照ください。

wikipedia。概要、製作手法、評価、公開をめぐる動きなど
映画「ザ・コーブ」オフィシャルサイト(イントロダクション)
映画「ザ・コーブ」オフィシャルサイト(トップページから賛否両論コメントへ)
ダイビング関係サイトでの議論(RSS)

◆ wikipediaより一部引用してみます。(ただし真実、正確な事実関係は私には判断しかねます)

「撮影は「捕鯨発祥の地」とされ毎年9月にイルカ漁が開始される和歌山県太地町の漁港を中心として殆どが無許可で行われた。映画は一貫した恣意的な編集により太地町のイルカ漁と日本の水産庁や警察を徹底的に悪魔化して描いているため、太地町は世界中のイルカ好きから「アウシュビッツ」と認識されるようになった。しかし、日本では年間20,000頭のイルカが捕獲されており、太地町のある和歌山県では1,623頭(2007年)であり、太地町だけで行われているわけではない」

「太地町漁協の幹部は「イルカ漁への誤解が広がるのは心配だが、上映される以上は正確な理解を求めていきたい」と複雑な心情。ただ、一部団体による映画館への抗議については「主張が違う。(同じように上映中止を求めてはいても)全く別の立場だ」と述べている。また、別の組合員は「漁協は金もなく人もいないから、映画に反論する手段がない。普段通りに生活しているだけなのに…。太地町は力のある映画や団体に揺さぶられている」とのべた」(出所:産経ニュース)

長くなるので簡潔に書きます。映画に対する私の印象は下記です。
* ドキュメンタリー風に仕上げた商業映画(エンタテイメント)。 構成、映像、表現が巧みで、見る者を飽きさせず強く引きつける(ドキュメントと銘打つのが問題では?)
* 情報過激派。自分の主張のみを正義とする非寛容、幼稚さ。そのためには手段を選ばない傲慢さ
*なぜイルカ漁に反対しているか、の論拠は力が抜ける(いろいろ言っているが、要はイルカが可愛いから、好きだから。水銀問題も無理やりな印象)

見る側に相当のリテラシー(理解能力)が求められると思います。今や、映画を見るのも大変です。
この映画だけでなく、「ドキュメンタリー」とされるものの中に、エンタテイメントとの境界があいまいなものがあるように感じます。
見る側、読む側の嗜好や要求(情報に強い刺激とわかりやすさを同時に求める)ゆえなのでしょうか。

一方で、「上映中止運動」も、過激な思想、行動といえるかもしれません。
むしろ、進化し続ける今どきの情報に心身や頭を慣らし、鍛えていく必要があるように思いました。

「ザ・コーブ」、編集の巧みさ、臨場感、スピード感、、まさにある種「アカデミー賞」なのかも。(ドキュメンタリー部門なのが問題。糾弾される対象は被害者です)。単純好みのアメリカの賞ですね。

そういう意味で、エンディングの曲、気になりました。音楽が好きなので、自分だったら選曲に意図を込めるなあと思うし、五感って大事です。映像を見た最後の音楽って、サブリミナル的にも大きいと思うんです。

エンディングの曲は、デビッド・ボウイの「Heroes 」。
「イルカのように泳げたら」という歌詞はあるけど、こじつけっぽい。製作者が「自分たちはヒーローだ」って言いたいのでは?!本音では?(念のため、デビッド・ボウイの歌詞はもっと深いと思います。)

口直しに ☆ 「Heroes (QUEEN with David bowie)」 ☆ (出だしの音量が大きめなのでご注意を。フレディ・マーキュリー追悼コンサートでクイーンと共演。最初のフレーズで「I wish I could swim. Like the dolphins. Like dolphins can swim」と歌っていますけどね、、)


暑い日々ですが、皆さんお元気で!

e0063212_23384352.jpg
(リシタン茶碗。いつか絵付けの茶碗も作りたいな!)
by orientlibrary | 2010-07-19 23:57 | タイルのデザインと技法

天幕とジオラマ

写真をチェックしていたら、これを発見。

e0063212_23563017.jpg


「美しい世界の手仕事プロジェクト2010<シルクロード篇>レクチャー”トライバル衣装はこう纏う〜実技編・バローチ族を中心に”」のときに紹介していただいた画像をカメラで撮ったものでした。
これ、クエッタのチキン・サッジーでは?!たしかに遠火の炙りですね。

さてサッジー試食会のあと、私、先週末はサウジアラビアに行ってました。メディナのモスク、良かったですよ。

e0063212_23585269.jpg


、、って、もうバレバレですね。今年の「国際ブックフェア」、サウジアラビアのブースが規模も大きく内容も充実。書籍紹介というより、文化全般の紹介という趣き。なかでもこのジオラマが目を引きました。

e0063212_011050.jpg


カーバ神殿とモスクも。大きさや周囲の関係が少しつかめました。

e0063212_0124415.jpg


しかも精巧緻密で、メディナのモスクは床のタイルまで描き込まれています。こういう模様とバランスなんですね。あやふやなところのない厳格なデザインというか、キリッとした印象です。

国際ブックフェアは一般の人も多数来場する集客力のあるイベント。かつ全体の内容も知的。ここで文化紹介をするというのは、いいアイデア!
アラビア語のカリグラフィーで自分の名前を書いてもらえるプログラムは去年もありましたが、今年はさらに長い行列でした。人気ありますね〜。
そして今回、感心したのは(ちょっとびっくりしたのは)、スタッフの方がとても感じ良かったこと。大使館の方々なのかボランティアの方々なのかわかりませんが、やさしくいろいろ教えてくださり、説明も熱が入っていました。写真もOKとのことでラッキーでした。(会場自体は撮影不可のマークが)

サウジアラビアだけでなく中東の国々全体に、まだまだ遠い国、わからない国、という印象があると思います。しかも報道などのイメージから、ちょっと怖いイメージもあるかもしれません。
今回のようなオープンな展示やプログラムは、良い試みだと思いました。

そして、こんなのもあったんですよ。

e0063212_027482.jpg


テント。かなり大きいです。たくさんの人が靴を脱いで中に入り、くつろいでいました。ナツメヤシもサービスされていました。好印象。
天幕は、日本では「住居」としては馴染みがないですが、靴を脱ぐ暮らしの日本人には親しみやすいスタイルだと思います。広間、大座敷といった感じで、ゆるゆると和みます。いいですね〜。

が、私、大胆不敵なことを考えてました。「勝ったかも」^^。。

e0063212_033699.jpg


これは、「美しい世界の手仕事プロジェクト2008 テーマ4:シルクロード」のときのもの。手仕事クイーンTさんと部族説法師Sさん作の無国籍天幕です。(プロジェクト恒例の手作り&費用かけずの激低予算)

もちろん勝ち負けじゃございません。でもね、、

e0063212_0323412.jpg


インテリアの凝り方、ナイスと思いません!?(別名「自画自賛プロジェクト」)
奥にはマーシュアラブの刺繍布。トルクメンのテントベルトやウズベキスタンのスザニが飾られ、貴重なトライバルラグやクッションが惜しげもなく敷かれているんですよ。

e0063212_041352.jpg


角度によっては、「ここはどこ?」って感じです。記念写真撮る方、多かったです。
ウイグルの演奏家のかたは、「ウイグルよりもウイグルっぽい!」と喜んでくださいました。モンゴルの人、ウズベクの人も、ゆっくりとなごんでいってくれました。

テントの横には動物(馬〜ラクダ)も。(遊牧民の移動を再現。サドルバッグに荷物をつめて)

e0063212_15365329.jpg


しかも!その後、こんなジオラマまでできちゃったんですから。

e0063212_0403199.jpg


ジオラマからもう一枚。動物(馬〜ラクダ)の荷物の再現。

e0063212_15413992.jpg


クイーンT作ジオラマ全体などは、こちら「美しい世界の手仕事プロジェクト ジオラマ完成」から。

サウジのジオラマから、巡り巡ってまたジオラマへ。
「巡る」イスラムアート紀行でした☆
by orientlibrary | 2010-07-14 00:55 | 社会/文化/人

日本初の「サッジー」試食会、炎の大成功!☆

熱をもって暑さを制す、的な、なんとも野蛮な会がおこなわれました。
主催者Mさん(バローチをこよなく愛するパキスタン文化研究者)銘=「サッジー」実験試食会。サッジーとは、ざっくり言って「焼肉」みたいなもののようです。

これまで数回、バローチスタンの景色や人々、河原での食事の様子などを映像で見せてもらったことがありますが、今回のサッジー現場も期待を上回る野蛮さで、蚊や虫たちもゾロゾロと寄って来放題。

調理に関しては、「日本初の試み」ということで、企画&主催のMさんもワクワクドキドキでしたが、火の加減から各メニューの味付けまで、参加者絶賛の大成功。「次回は実験ではなく本格的に開催」とのことです。
以前より「遊牧民祭」をやりたいという声があがっていましたが(一部より)、サッジーを主役にした遊牧民祭、そのうちにどこかであるかもしれませんよ☆


<サッジー会 お品書き>
骨付きマトン・サッジ一
チキン・サッジー
チキン・スープ
チキン・カラーヒー
全粒粉のシンデレラ・ナン(灰被り焼き)
炭火焼き(鰯・鰹・南瓜・トウモロコシ・ポテト・トマト・パプリカ・ナツメヤシ等)
ハーブ(ミント・ローズマリー・ドクダミ等)
デザート(サクランボ・落ちていたアンズ)
その他(岩塩・レモン・イランのゆかりのような調味料〜名前忘れた・マサラ・乾燥レモン等・アルコール各種)


e0063212_21233187.jpg
(都内某所。Mさん渾身の火起こしが奏功し赤々とした炎。イチジクの枝にダイナミックに刺さっているのはマトン。埼玉県のハラルショップより買い出しの品)

e0063212_2121837.jpg
(奥の木には鶏が出番待ち。ピクニック気分のキリム。手前には鉈)

e0063212_2128591.jpg
(ナン制作班。手前には持ち寄ったハーブや野草。なかでも最強だったのは「カンボジアのドクダミ」。口の中、ピリピリ痺れたし、、)

e0063212_21314364.jpg
(豪華カツオタタキの炙り、野菜各種。イワシは串刺しを目指すも、串がなかなか土に刺さらず挫折し網焼きに)

e0063212_21302266.jpg
(野菜もワイルドを目指し桜の枝に刺してみました。奥にあるのはナツメヤシ。焼くと激甘になることが判明)

e0063212_2133252.jpg
(数時間という時間をかけ焼き上がったサッジー。レアなのでもう少し網で火を通す)

e0063212_21342129.jpg
(Mさん銘による「シンデレラナン」。オシャレな名前、そのココロは「灰被り」だから。灰の中にナンを投げ入れて焼いたもの。しっかし、これがウマイんです。灰って偉大!)

e0063212_21403846.jpg
(右奥がチキンスープ。これが絶品。レモンやミントで味は七変化〜☆ 右手前はトマトとチキンのカラーヒー。油度高し。ナンにつけて食べると最高のようです。ベジな私は生トマトとナンというヤワな組み合わせで)

e0063212_2142013.jpg
(山形の佐藤錦はゆうパック遅れ騒動勃発の前日着でセーフ。落ちていたという杏は、なんとも品のよい甘さで美味でした)

そんなわけで、ナイスな夏の休日でした。


*** タイル絵付け ***

予告編です。
ついに、ついに、夢がかないました。
タイルの絵付け、習い始めました。しかも先生は、イスラムデザインの専門家であり陶芸家でもあるという、最高の師。

e0063212_220120.jpg


5月からスタート予定が、ようやく7月より始めることができました。さっそく実践編。自分でデザインし絵付けし焼きます。
すでに魅了されています。こういうことがしたかったんだよね、私!!また随時ご報告したいと思います。

習える場所は、こちら「白金陶芸教室」
講師のお二人は、温かく穏やかなお人柄。和みの時空間です。
by orientlibrary | 2010-07-06 22:10 | インド/パキスタン

ウズ、暮らしの光景

しばらく更新できなかった当ブログ、ようやく復帰体制に。
気候もムシムシして、なかなかいい感じになってきました。
but、今回も写真のピックアップ止まりで、、せっかくお立ち寄りくださっているのに、すいませんm(_ _)m。
ウズベキスタンの光景アトランダムです。
(次回からは何とかしたいと思ってます!☆)


e0063212_23584254.jpg
(涼しげな青のタイルをどうぞ。サマルカンドのシャーヒズインダ墓廟群)


e0063212_2359432.jpg
(私がウズ好きなのは、職人気質が今なお生きていると思うから。道具も、とてもいい形をしている。でも急激な社会の変化の中で、これからどう変わっていくんだろう。いいモノも需要がないと成立しない。手仕事のモノを巡る状況はどうなっていくのかな)


e0063212_035067.jpg
(キルギスの状勢も気になります。ウズは水が少ないので、そのあたり含めて気になります。どうして急に「民族紛争」が勃発したんだろう。暑さの中で避難民の人たちも大変だと思います。上の写真の「水」ですが、たしかタシケントで撮った写真だと思いますが、これって何?右についている鍵は何のため?)


e0063212_07369.jpg
(タシケントにて。これ、肉屋さんのショーケースじゃないんです。レストランなんですよね。肉の国。情けないことに肉類が苦手な私。よく「どうしてるの?」と聞かれるんですが、ナンと果物があれば大丈夫。それに家庭料理は野菜も多いし。でも外食はかなりツライものがあります。ここまで肉を食べなくても、、でも気候風土ですね。必要なんですね)


e0063212_02112.jpg
(ウズのごちそう、プロフ。羊肉入り炊き込みご飯。普通相当に油っぽいけど、サマルカンドのこのプロフは今まで食べた中で一番さっぱりしていて美味しくいただけました。品のいい味。唐辛子とうずら卵がかわいい☆)


e0063212_0101797.jpg
(家庭料理は野菜が多くて助かります。しかも野菜がものすごく美味しい!!野菜の味がきちんとします。うれしいです。あっさり塩味で)


e0063212_0111971.jpg
(家庭料理その2。お父さんが調理&焼き担当の「シャシリク」。ウズといえばこのシャシリク。なんたって炭火でじっくり愛情こめて、ですからねえ。贅沢な料理だと思います)


e0063212_0131094.jpg
(家庭といえば、部屋。と強引に話をつなげていますが、、こちらはウズの家庭のダイニング&リビングルーム。明るくて清潔なお部屋でくつろぎます。床に座るところが和むんだな。靴も脱ぎます。お布団で寝ます。食事は違うけど、暮らしぶりは近いです)


暑さが少しおさまった頃に行きたいなと思うこの頃です。
サッカーも見なければ。(ちなみにアルゼンチンが好みです。サッカー、全然知らないけど。なんかカッコいいじゃないですか!?)
by orientlibrary | 2010-07-02 00:28 | ウズベキスタンのタイルと陶芸