イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イスラムの美・幾何学模様。タイルのティムール朝、石のムガル朝

ムガル建築、装飾、とくに初期は、ティムール朝中央アジアのタイル装飾や建築様式の影響を感じます。インドと中央アジアの模様について、自分なりにスタディできればと思います。今回は第1回として、幾何学模様、八角星のあたりの写真を探して比較してみました。


◆ ムガル朝、石の幾何学模様 ◆
インド・ムガル朝・・・出自としての中央アジア(〜モンゴル)、舞台としてのインド、文化的な憧れであったペルシア。私の好きな世界が3つも重なった王朝。その植物愛好趣味、建築への傾倒、優美で多彩な染織、庭園、細密画など、惹かれるものがたくさんあります。

でも建造物となると、微妙です。建造物の主要な素材である赤砂岩を重暑く感じてしまうのです。(白い宝石箱のようなタージ・マハルは素晴らしいですし、石造建築の力強さには感嘆しますが、、)。石がメインですから、私の大好きなタイル装飾も一部をのぞきほとんど見られません。

なのに、何かアピールしてくるものがあります。模様です。建築物は、イスラムの美を体現する幾何学模様、そしていかにもインドらしい生命力あふれる植物文様に覆い尽くされています。石の重さや赤色の暑苦しさを緩和するような端正な模様、まさに「インド・イスラム」。独特です。

インド全土の建築を、豊富な写真とともに丹念に紹介した名著『インド建築案内』(神谷武夫さん/TOTO出版)。どうやってこんな詳細に、と圧倒されます。同書より、中央アジアからの影響、イスラムとヒンドウーの融合などについて、部分的に引用させていただきたいと思います。


e0063212_0224563.jpg
(シカンドラ/アクバル廟/1613年/以下3点も同じくシカンドラ)


e0063212_0225676.jpg



・・・  「インド亜大陸のほとんどを制したムガル帝国は、その首都をアーグラとデリーに置いた。(諸宗教の融和を図った第3代のアクバル帝は)、建築においても、イスラムとヒンドゥの美学の総合を意図し、ヒンドゥ的な柱・梁構造に基づいた独特のイスラム建築を造り上げた」 (『インド建築案内』・ウッタル・プラディーシュ州の項)

・・・  「ムガル朝で最も発達した造営物は、広大な四分庭園(チャハル・バーグ)の中央に墓廟の建つ庭園である。それはしばしば王の存命中に造営が始められ、完成すると一般に公開されて公園となるのだった。(フマユーン廟は)高さ38mのドーム屋根を戴き、赤砂岩と白大理石の組み合わせで仕上げられた。これが以後のムガル朝の廟建築のプロトタイプとなる」

・・・  「ムガル朝はモンゴル出身であるから(中央の広間に模棺が置かれ、本当の棺は地下にある)墓形式も中央アジアから伝えられたのである。屋根と天井を別にする二重ドームもまた、サマルカンドやブハラなどの中央アジア起源であるが、こうすることによって外観がより立体的、彫刻的となる。これは絵画よりも彫刻を好み、建築も彫刻のように造りたがるインド人の民族性にマッチした」 (『インド建築案内』・フマユーン廟の項)


e0063212_02385.jpg



e0063212_0232792.jpg



・・・  「シカンドラ/アクバル廟/1613年=石を木のように用いる石造建築こそが、ヒンドゥ寺院をはじめとするインドの伝統的な石造建築の技法であった。アクバルはこれを積極的に採り入れて、インド以外のイスラム世界では見ることのできない様式で、自身の廟とファティプル・シークリーの都市を建設したのである」 (『インド建築案内』・シカンドラの項)

・・・  「インドにとってイスラムは、外来の進んだ文明ではあったが、それに匹敵する伝統文明をすでにもっていたからこそ、イスラム支配の時代にも伝統宗教や芸術が生き延びることができたのである。そして両者の融合としての建築様式を発展させたアクバルは、まさに文化の擁護者であった」 (『インド建築案内』・ファティプル・シークリーの項)


◆ ティムール朝、タイルの幾何学模様 ◆
ティムール朝のタイル装飾は、流麗で優美な幾何学模様や植物模様で、見るものを魅了します。モザイクタイルの精度はミリ単位。緻密な仕上げの構成単位が反復することにより、無限の広がりを感じさせます。


e0063212_0234829.jpg
(アフマドヤサヴィー廟/初期建造は1374年。ティムール朝初期の建造物として名高く、現在中央アジアに残っている歴史建造物の中で最大級。高さ44メートル、ドームの直径は22メートル/壁面モザイクタイル装飾、幾何学模様)


e0063212_0242268.jpg
(ブハラ/モザイクタイル、幾何学模様ディテール。デザインの複雑さ、細密さ、クリアな発色、バランスなど、見とれます)


e0063212_0243280.jpg
(マゴキアッタリモスク/ブハラ/初期建造は10世紀とも言われる古いモスク。ファサード壁面(制作年代はわかりません)。タイルはありませんが、構成が見えやすいと思います)

焼き物を刻んで集成するタイルモザイクは、想像を絶する手間ひまがかかるはず。それを軽々と見せるティムール朝のタイルには感嘆します。やはりタイルはすばらしい。しかし、石の象嵌というのもすごい。やがて色石による見事な象嵌が、タージマハルを華麗に彩ることになります。
by orientlibrary | 2009-05-27 00:47 | タイルのデザインと技法

バーブルがつなぐ ムガルとフェルガナ

●他の方のブログでウズベキスタンの記事(しかもフェルガナについて)がアップされているのを見たら、急にポンっと中央アジアスイッチが入ってしまいました。今回は、インドからちょっとウズに飛んでみようと思います。

e0063212_2322487.jpg
(フェルガナのハーブ園。いちめんのカモミール。清々しいアロマ)


●インドとウズベクって、まったく違うね、と思われるかたもあるかもしれません。でも、意外と関係が近いんです。今回のインド、ムガル朝のタイルや模様も見て回っていたのですが、ムガルの話を聞くたびに中央アジアのことを思い出していました。

e0063212_23233261.jpg
(フェルガナのハーブ園。爽やかな風、澄んだ空気、風にそよぐ花。庭園好きのバーブルが生涯懐かしく思ったのは、こんな涼やかな世界だったかも)


ムガル帝国を建国したのは、フェルガナ・アンディジャン生まれのバーブル。1526年にローディ朝を破り、ムガル朝を創始しました(文末の関連記事をご参照ください)。デリーやアグラはその拠点ですから、優れた建造物がたくさんあります。シャー・ジャハーンっていう建築マニアの王様もいますしね!

e0063212_23374054.jpg
(フェルガナの杏園。旅スイッチが入ってしまう光景です、、)


●タイル装飾が見事に花開いたティムール朝、そのインドでの継承王朝ともいえるムガル朝ですが、インドは赤砂岩や白大理石という素材にこだわり続けましたから、タイル装飾はあまり発展しませんでした。中央アジアを故郷としつつ、インドの土着性が強く出ているような気がします。

●そんなインドとウズベキスタン、どちらが知名度があるかといえば、圧倒的にインドでしょう。多くの書籍や写真集から憧れる人も多く、情報も豊富です。一方、ウズベキスタンは、「どこにあるの?」と聞かれることも少なくありません。アフリカや南米の国と思っている人もいました。「地球の歩き方」も中央アジア版はけっこう最近なのでは?


●そんなウズベキスタンですが、この3月、すてきな本が出版されました。『体験取材!世界の国ぐに ウズベキスタン』(ポプラ社)。出版社名からもわかるように、子どもを対象として(図書館などに置かれることを念頭において)作られた本です。
e0063212_23215941.jpg

●内容は、「ウズベキスタンってどんな国?」「人びとのくらし」「子どもたちのくらし」「信仰と行事、伝統工芸」の4部構成。見開きで1テーマ。簡潔でわかりやすく、しかも内容はしっかりとして深みがあります。マハラ(共同体)のこと、イスラム教のこと、伝統音楽や工芸のことなど、テーマも多彩。農場や学校を訪問しての取材記事も臨場感があります。「たかまる日本語への関心」のなかには、リシタンの「NORIKO学級」のことも紹介されています。
e0063212_23221224.jpg

イキイキとした写真の豊富さも魅力。スナップ的な写真も多いのですが、対象にグッと寄っているのがいいなと思います。フェルガナ好きの方には、おなじみのご家族の写真もありますよ!値段も2800円とリーズナブル。子ども対象の本とはいえ、というか、それだからこそ、中央アジアになじみのない大人でも、抵抗感なく、楽しくわかりやすく、その魅力に触れることができそうです。


●今回は、上の本のご紹介と、フェルガナのヒーロー・バーブルに敬意を表して、フェルガナの写真です。上から3枚は爽やかな5月の景。下の4枚はコーカンドのタイルや建築です。タイルは模様が独特。どこから影響を受けたのか気になります。

e0063212_23253564.jpg
(コーカンド/タイルは大胆な模様。青がくっきりとしています)

e0063212_23261613.jpg
(コーカンド/ハートのような天井の模様。青のタイルの模様もこれまで見たことのないものです。ロシア〜ロシア正教との関係性は??)

e0063212_23315328.jpg
(コーカンド/イスラムらしい幾何学模様ですがモダンな印象も。色使いも独特)

e0063212_23321638.jpg
(コーカンド/木の柱。細工も見事。天井絵も細密でとても美しいものです)


◆ バーブル、ムガル関連・ブログ内記事 ◆
 「フェルガナ、カーブル、ヒンドゥスターン ムガル花模様の旅」
 「日差しを遮り風を通す 実用と装飾の美 ムガルの透かし彫り」
 「モンゴル系王朝が拓き、輝かせた、装飾タイルの世界」
 「ジャムのミナレット なぜこの青がアフガニスタンの谷間に!?」
by orientlibrary | 2009-05-16 23:50 | ウズベキスタンのタイルと陶芸

巡礼地ハリドワールで「ジェー!」と叫ぶ

イスラム建築や工芸、とりわけタイル装飾に惹かれて十数年がたちました。洗練度の高さ、圧倒的な凝縮力、端正で優美な植物模様等々、私にとってイスラムの美は、これからも見続けていきたいと願う興味つきないテーマです。

けれども、時々ヒンドウーの熱い世界に触れたくなります。鮮やかな色彩の乱舞、人間臭い神様たちとその物語、好奇心満々な人々、うねるような自然の生命力。気候も暑いけど、空気自体が熱い。私も素になります。気取っていてはやっていけない。喜怒哀楽もはっきりしてくる。それがなんだかスコンとして心地いい。

デリーから急行列車で4時間半、巡礼地ハリドワール。夕暮れの祈りに集まる人々。数万人とも。ガンガーに沐浴し、お供えを流します。水量ゆたかな水は、冷たく気持ちいい。シヴァ神への帰依を表明する人々の表情はイキイキとしています。みんな神様が大好き。

今回はハリドワール特集です。何か調べたわけではなく観光写真のみです。今後、落ち着いたらムガルの文様とムガルのタイルにチャレンジしたいと思っています。


e0063212_1521467.jpg
(夕暮れ前はまだ人出も少なく、のんびりした感じ)


e0063212_1514447.jpg
(人が増えてきました。沐浴している人は本当に楽しそう)


e0063212_1515926.jpg
(女性たちは、サリーで囲いをつくって着替えをしていましたが、これは何をしている光景かわかりません。濡れたサリーを乾かしているのかな。長い間、ゆったりと乾かしていました)


e0063212_1531029.jpg
(あたりが暗くなってきた頃、礼拝が何となく始まり、人がわ〜っと増え、どんどん盛り上がってきました。右の青い制服の男性が何やら叫ぶと、皆さん「ジェー!」と呼応します。神への帰依の表明のようです。メインは、この対岸の方。指導者たちがお祈りを捧げます。人々の熱狂、陶酔、歓喜。これが日々繰り返されるのですから、、すごいですね〜)


e0063212_1532794.jpg
(夕暮れを見るためにじっと何時間も座っているって、ふだんありませんよね。暑さの残る午後、空の色が華麗に変化する夕暮れ、薄暗がり。昼から夜へ。そのこと自体が、そんなシンプルで当たり前のことがドラマのようでした。そして礼拝に火は欠かせないものだと感じました)


e0063212_1525351.jpg
(山頂の宗教テーマパークのような寺院へはゴンドラで。ディズニーランドも負けそうなものすごい行列にクラクラ&唖然。なんていう人、人、人の群れ、、。ようやく乗れたゴンドラ。皆さん楽しそうですね〜)


e0063212_1524043.jpg
(山頂の寺へのお供えもの。お祈りのあと半分返してもらえるはずだったのだけど、他の人が持っていってしまったのでした、、私が持っていても仕方ないので、それで良かったかも。全体に、イスラム世界の端正さとは、ずいぶん違います。インドはいろいろとパワーがいるけれど、気を使わなくていいのがありがたい。お行儀悪くていいし(と勝手に思ってる、、)。イスラム地域の旅行は、男女の違いなど私もいちおう気を使います。。)
by orientlibrary | 2009-05-12 02:27 | インド/パキスタン

INDIA 09

今年のインドは猛暑の到来が例年より早かったようで、デリーでも40度台、ラジャスターンでは48度くらいありました。帰りの機内が寒かったせいか、極暑の地からの帰りに風邪ひきです。幸い報道のインフルエンザではないようでホッとしています。今回は写真のみですが、雰囲気をお届けできたらうれしいです。


e0063212_11171948.jpg
(リシケシ。母なるガンガーに朝日がさす。マリーゴールドがゆらゆらと流れ行く)



e0063212_11184295.jpg
(リシケシ。夕方の祈りの時間。クリシュナと夕陽と人々と。火と音楽が捧げられる)



e0063212_11201384.jpg
(ハリドワール。夕暮れの祈り)



e0063212_1120591.jpg
(シカンドラ。鹿が遊ぶ庭。楽園のイメージ)



e0063212_11213497.jpg
(インディアン・スイーツ。蓮の花のよう)



e0063212_11222034.jpg
(シカンドラ。ムガルの数少ないタイル装飾例。黄色が特徴。ムルタンと同じパルメット模様)



e0063212_11232057.jpg
(ファテプールシークリー。今回のインドでいちばんおいしいと思ったのが葡萄。みずみずしさがありがたかった)



e0063212_1140419.jpg
(この色彩がインドの魅力。こんな色の中で暮らしていたら心身タフになるだろうなと思う)



e0063212_1142650.jpg
(ジャイプールの朝。公園で人々がヨガをしている。そう、ヨガをするのが大きな目的だった今回。それは結局ほとんどせずに終わってしまった。反省しつつ、ひとりでガンガーの川辺にいた時間をかけがえなく思う。、、これが私のカルマなのかな、、)



円高でルピーが2円にもかかわらず、物価が上がっている〜高いように感じました。いろいろ感じたことはありますが、まだ元気がわいてきません。じわじわを待ちたいと思います。
by orientlibrary | 2009-05-06 11:47 | インド/パキスタン