イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふしぎなひつじから数寄者まで、秋の美術工芸散歩

◆ ふしぎひつじのファンタジー?  ◆
気持ちのいいお天気の日が続きます。夏好きの私も、今年の秋は、秋という季節っていいなあと思います。そんなある日、通りがかりに目についたのは、懐かしい感じの絵。向井潤吉アトリエ館(世田谷区)での展覧会のポスターでした。

e0063212_13248.jpg


昭和初期に活躍した画家の多くは、安定した収入の一助として本の挿絵や装丁の仕事をしていたそうです。民家の絵で有名な向井潤吉さんも絵本や挿絵を描いており、それらをテーマにした展覧会のようです。

ゆったりした絵の世界、やさしい色合いに惹かれて見ていましたが、一番上左の絵が、妙に気になりました。「ひつじのいるけしき」と題されていますが、ちょっとした違和感を感じました。富士山を思わせる美しい山、水色の湖、たっぷりの草、静かでやさしい、そしてやや密集した風景、そのなかに「ひつじ」がいるのがなんだか不思議感があったのです。

e0063212_131670.jpg
(ひつじのいるけしき/『あそび』8集Ⅰ編一号P2-3/1955)

これって、私の思い込みかもしれません。羊だっていろんな地域にいるのでしょう。でも私がこれまで見た羊のいる光景って、乾燥地帯、沙漠に近いところ、茫洋とした草原。

e0063212_133571.jpg
(ヨルダン/ペトラ遺跡。山羊?羊?)

だから向井さんの絵のように、水と緑豊かな湿潤なところ、そしてこじんまりした風景のなかににいる羊というのが、どうもピンとこないものがあって、、、でもそれが逆にファンタジーのように感じました。

しかもこの(絵の)羊、山羊っぽい。(当初、羊だと思って記事と写真を用意していましたが、ふと、あれ?!山羊?!と慌てて書き換えて、、でも「ひつじのいるけしき」と書いてあったのを思い出し、、、、、非常に混乱しました)。これは写生による絵?それとも想像の絵?(向井さん、羊を見たことがなかったのかも、、という気がしてきました)。皆さんはどんな印象を持たれましたか?

e0063212_14146.jpg


装飾タイルは、幾何学模様、植物模様やカリグラフィーが主体で、人や動物は基本的には表現されません。けれども例外もあります。有名な例のひとつが、ブハラの「ナディール・ディワン・ベギ・マドラサ」(1622)の鳥。(この鳥はスィーモルグ」:エルブルズ山に棲む霊鳥。賢者にも優る知恵を持ち、星に届くほど巨大な巣を作る鳥の王と言われています)。イキイキとしたモザイクタイルが見事です。

e0063212_141215.jpg


そして気になるのが、鳥の下にいる生き物。これって何?スィーモルグの寓話と関係のある生き物なんでしょうか。スィーモルグはペルシア語のようなので、地域的に羊的なものかななどと想像するのですが、この生き物にまで言及した記述を見たことがなく、わかりません。


◆ 日本の美の感性「数寄」  ◆
秋は展覧会が満開です。ジョットやフェルメールなどが開催中なのは知っているのですが、やはり私はこういうのに惹かれます。「茶人のまなざし 森川如春庵の世界」(日本橋の三井記念美術館/11月30日まで)。

e0063212_142627.jpg


チラシのコピーは、「益田鈍翁が驚嘆。16歳で「時雨」を所有した名古屋の数寄者」。「時雨」は本阿弥光悦作。さらに19歳で「乙御前」(同じく光悦)を所持。10代で二つの光悦の名椀を所蔵したその審美眼、感性が益田鈍翁などの数寄者を驚かせ、交友を深めていきました。

そんな森川如春庵のコレクションやゆかりの品々を展示した展覧会は、器から書までジャンルはバラバラなのですが、一貫した趣味のようなものが感じられて見るのが楽しかった。そのテイストを一言でいうと、やはり「数寄」になるのかもしれません。

会場の三井美術館も、重厚な内装で落ち着きがあり、展示も見やすく工夫されていました。休憩できる椅子が各所にあるのも親切。(対照的なのが都心にある陶芸系の某美術館。デザイン主体の心地悪さで行く気がしなくなります)。三井美術館が所蔵する美術工芸品3700点は三井家(三井グループ)のコレクション。昔のお金持ちは、お金もどんどん稼いだのでしょうが、美術工芸に造詣が深く、いいものを集め、公開した人が多いように思います。

「没後七十年 数寄者益田鈍翁 心づくしの茶人」も畠山美術館(港区)で12月14日まで開催中です。(まだ見ていません)

e0063212_144746.jpg


陶芸関係では、出光美術館で「陶磁の東西交流 景徳鎮・柿右衛門・古伊万里からデルフト・マイセン」が11月1日スタートで12月23日まで。テイスト的には正直、好みではないのですが、時間があったら見ようかな。

e0063212_1504.jpg


ぜひ行きたいと思っているのが、五島美術館(世田谷区)の「古渡り更紗 江戸を染めたインドの華」(11月30日まで)。インド更紗の深みのある色合いや図柄の魅力はもちろん、日本での応用(陣羽織や小物などに仕立てられた)も興味があります。

e0063212_15984.jpg


関連して、大倉集古館(港区)で「インドネシア更紗のすべて 伝統と融合の芸術」が開催中(12月21日まで)。

世の中の動き、語られているお金の単位、もうさっぱりわかりません。追いつめられるような気持ちがしてきます。工芸を見ていると、その世界に遊ぶことができます。小さなものに大きな世界が宿っているような気がします。
by orientlibrary | 2008-10-31 01:11 | 美術/音楽/映画

世界の藍&コバルトロード

◆ 世界の藍 ◆
新宿の文化学園服飾博物館で、「世界の藍/indigo blue-costume and texyiles from around the worls」が開催されています(12月22日まで)。

e0063212_3411428.jpg
(展覧会チラシより引用)

「藍は世界各地で古くから用いられている植物染料です。蓼藍、琉球藍、インド藍、大青など地域によって使用する植物の種類や染色方法は異なりますが、広く親しまれてきました。世界各地において、藍は比較的手軽に染めることができ、また色落ちしにくいことから、基本の染料として使われています。そして、絞り染や型染、ろうけつ染といったさまざまな技法と組み合わせたり、他の色と重ねて染めたりすることによって多彩な表情を見せます」(展覧会図録より)

「それぞれの地域によって、藍染の衣装は普段着として、また特別な機会に着る儀礼服として用いられたり、さらに着用者の身分や地位を示すこともあります。また藍染に携わる職人の置かれた状況と藍染にまつまる迷信やまじないなどから、藍染や青色に対する考え方もさまざまであることがうかがえます」(同)

展示は、日本、中国南部〜東南アジア、南アジア、西アジア・中央アジア、アフリカ、中米、ヨーロッパの地域ごとに藍染の衣装が紹介されていました。

e0063212_3413542.jpg
(展覧会チラシより引用)

日本の藍は、やはり落ち着きます。とくに浅葱色の静かな味わいに惹かれました。麻地の帷子(かたびら)の涼やかさも好きです。藍の濃淡、濃紺から浅黄への色合いの変化、白との組み合わせなど、スキッとしつつ大胆な日本の美的感性を存分に味わうことができました。

アジアとアフリカについては、「美しい世界の手仕事プロジェクト」(08年7月〜9月実施)での展示から、藍〜青の衣装をご紹介したいと思います。

e0063212_342098.jpg
(ラオス/柳清子さんのコレクションより)

e0063212_3404764.jpg
(ベトナム/ルー族/望月真理さんのコレクションより)

e0063212_3422412.jpg
(ベトナム/アカ族/望月真理さんのコレクションより)

e0063212_342439.jpg
(ベトナム/サフォー族/ティネの実ビーズ付き上着/望月真理さんのコレクションより)

e0063212_3452184.jpg
(ベトナム/赤ザオ族/望月真理さんのコレクションより)

e0063212_3431724.jpg
(アフリカ/SFさん所有)


◆ タイル、陶器の「コバルトロード」 ◆
中央アジアの文化や人々の暮らしがイキイキと紹介されているブログ「ユーラシア大陸 お仕事日記」に、先日、「シルクロードはキャメルロード!?」という記事がありました。「シルクロードではさまざまな物資が運ばれたのだからシルクロードというのは正しくない。人間や物資を運んだラクダの道、キャメルロードと名付けたい」というある先生の意見が紹介されています。

たしかに、“シルクロード”は、いろいろな角度から見ることができますね。私はタイルや陶器の、各地に共通してある特徴、そして各地ならではの個性、両面に興味があります。また、時間を縦軸、地域を横軸として、その交差のありようをもっと知りたい。

e0063212_343419.jpg
(タイル/ウズベキスタン・ブハラ)

これに関して、ウズベキスタンの陶芸家Aさんは、「イランから中央アジアまでいろんな青がある。”コバルトロード”というテーマの展覧会があったらおもしろいね」と話してくれました。さすが、青で有名な陶芸産地リシタンの陶芸家、青への感性が鋭敏です。

タイルを見ても、イランの青、トルコの青、ウズベキスタンの青は違います。ムルタンの青、マグレブの青、ウイグルの青、、それぞれの魅力があります。「コバルトロード」、追いかけてみたいテーマです。
by orientlibrary | 2008-10-23 03:54 | 絨緞/天幕/布/衣装

身近な美術で小さな旅。アフガン、ウイグル、インドへ

◆ アフガニスタンの写真、絵、陶器 ◆
秋です。美術にちょっと関連のあるエピソードをいくつか。この春、ダリー語などについてお話を聞く機会があったアフガニスタン出身の江藤セデカさんのお店(ハリーロード/新宿区曙橋)を訪ねました。新聞に、アフガニスタン支援のため写真による紹介をお店でおこなうという記事が載っていたのです。絨緞や工芸品の奥にセデカさんの笑顔がありました。

e0063212_051881.jpg

アフガニスタンの村の写真・・・なぜかとても惹かれます。農作業など日常の景色なのですが、重く切ない、でも確かで揺るぎない美しさを感じるのです。(うまく表現できないのがもどかしいです)。これらの村は今どうなっているのでしょう。

e0063212_054297.jpg


子どもたちが描いた絵・・・以前、「アフガニスタン、明日へつなぐアーティストたち」という展覧会(国際交流基金、2003年)で、10代、20代の若い人たちの作品を見て、その成熟した描きっぷりに驚いた(記事はこちら=「大人になる速度・・・戦国時代、草原、アフガニスタン」)ことがあります。彼らは路上で靴磨きなどをして働いており、あるNGOの職業訓練で絵を習ったといいます。観察がたしかで表現が重厚。とくに陰影の表現が巧みだと感じましたが、ハリーロードにあった絵も同様に、ナン焼き釜の熱さが伝わってくるようでした。

また、「イスタリフ焼き」の作品もじっくり拝見することができました。2003年に新聞で紹介されたアフガニスタンの陶芸村イスタリフ、それ以来ずっと気になっていました。2005年には国際交流基金の招きでイスタリフの陶工など15名が来日し、土岐、瀬戸、常滑、砥部などの陶芸産地を訪問したことも記事で読んでいました。その際に通訳兼エスコートとして同行したのがセデカさんだったのです。

e0063212_061151.jpg


「イスタリフ焼きは鮮やかな青や緑が魅力的だ。だが、地元の粘土には鉛分が多く、陶器はややもろい。また、陶芸の技術、皿の模様(絵つけ)やデザインには発展の余地が十分にある。陶工一行は、日本の陶工から、粘土から空気を抜く技術、皿のデザイン、絵つけなど幅広く陶芸技術を学んだ」(国際交流基金ホームページより引用)

本物の青のイスタリフが見たい、とずっと思っていました。それが目の前にあります。たしかにかなり柔らかい陶器のようです。模様もザクっとしており練れていない印象です。

「“内戦によって、存在していたものすべてをなくした”。イスタリフからきた陶工のひとりはこう表現した。 

こうして同じ土地で300年近く続いてきた家業が中断。一行のひとり、アブドゥル・ワーセ氏は、内戦で町を追われ、カブール、そしてパキスタンへ逃れた。陶芸をすることもならず、5年間も皮革業で生計をたてるしかなかった」(国際交流基金ホームページより引用)

訪日した人の多くは現地の窯元の跡取り。陶芸の村はその後、どのように?、、手がかりのひとつが、リンクしている「アフガニスタン/パキスタン駐在日記」さんにありました(2007/09/07)。「陶器のお店が立ち並ぶ」とのキャプションで、たくさんの陶器が飾られた店の写真もあります。先日見たものよりも、特徴である青色を強調している印象です。陶芸の村イスタリフ、彼らの家業が安定して続いていることを願います。


◆ ウイグルの写真、おもてなし ◆
先日、ウイグルからの留学生たちが主催する会がありました。きれいな民族衣装を着た若者で賑わっています。ウイグル音楽の演奏などもあって、明るい雰囲気。展示物を見ていると、来日して4か月という女性が一生懸命説明してくれました。どうもありがとう!

e0063212_064412.jpg


展示してあった写真が、とても良かった。ウイグルってホントに絵になります。また、来場者にはお茶や手作りのお菓子が振る舞われました。心づくしのものをたっぷり。そんなもてなしは、中央アジアや西アジアの魅力。ごちそうさまでした☆

e0063212_071090.jpg



◆ インド細密画の魅力 ◆
『インド細密画への招待』(浅原昌明/PHP新書)という本が出ました。マニアックなテーマにもかかわらず新書なのがすごい。850円の新書のなかに、カラー写真の細密画がたくさん紹介されています。

著者は、1979〜83年、家電メーカーからインドの子会社に出向。そこでインド細密画に出会い魅了され、勤めのかたわら研究を続けてきたそうです。退職後にはさらに調査を深め、トルコやイランにも調査対象を広げているとのこと。内容は、インド細密画の特徴、ヒンドウー教系、イスラム教系、さらにそのなかの派の分類、細密画から読み取る歴史や文化など、わかりやすく解説されています。

写真での実例が豊富に掲載されているのですが、そのなかにどこかで見た絵がありました。この切手持ってる!(日印交流年記念切手)。久々にスキャンしてみました。(切手って精密なんですね。これだけ拡大しても大丈夫、、)。安定したライン、細密な模様、ショールの透け感、そして色が鮮やかでキレイ!「ラーダーの肖像画」(キシャンガール派・1735-48頃)、「インドのモナリザ」と言われているそうです。

e0063212_073948.jpg


インド細密画の本といえば、大好きな『インドミニアチュール幻想』(山田和/平凡社)があります。情感、透明感のあるこの本からミニアチュールへの憧れが強まりました。山田さんのインド本、好きです。インド工芸の目利きであるB氏からいただいた2枚の細密画(↓)。現代のものですが、青好きな私の好みがお見通しなのがすごい。今も大事に飾っています。

e0063212_081135.jpg


e0063212_083147.jpg


イラン、トルコ、ウズベキスタンなどの細密画も好きです。美しいのはもちろんのこと、衣装、植物、庭、天幕、建物、そして装飾タイルなどの模様や色がとても参考になります。細密画、、見れば見るほど遊べる、学べるものだなあと思います。
by orientlibrary | 2008-10-17 00:18 | 美術/音楽/映画

イランと日本の書で感じる、ペルシャのことわざ

◆ 美しい世界の手仕事プロジェクト ◆
桜便りが聞かれる春にお話があり、梅雨の頃から大急ぎで準備を始め、猛暑の夏にスタートし、ゲリラ豪雨や北京五輪、台風などもありながら、肌寒いくらいの9月末に終了したプロジェクトがありました。「美しい世界の手仕事プロジェクト」。

e0063212_0351998.jpg
(ウズベキスタンの刺繍布・スザニ / Oさんのコレクションより)

これまで、なんとなくチラチラと文中に書いていましたが、じつはそれをやっていました。途中まではこちらのブログも続けていたのですが、ある時期から疲れもあり、イスラムアート紀行を更新する余裕がなくなってしまいました。

「美しい世界の手仕事プロジェクト」は、西アジアや中央アジアなど日本ではあまり知られていない地域のことを、きれいなもの、本物、手仕事、工芸などを通じて紹介したいという思いで始めたものです。

150坪という広さの空間に、<第1回:バングラディシュの刺繍布カンタ><第2回:アフリカのリズムと布><第3回:インドシナの染織><第4回:彩りの道 シルクロード>の4テーマで、コレクターの皆さんのコレクションを展示しつつ、関連イベントを開催しました。趣旨やメンバー、内容などについて、もしもご興味がありましたら、ブログ「美しい世界の手仕事プロジェクト」をご参照ください。

カミングアウトもせず会場にいましたが、「イスラムアート紀行」を見ているという方が何人も訪ねてくださいました。ホントに読んでもらっているんだ、、となんだか不思議な感じでした。お話できてうれしかったです。どうもありがとうございました。


◆ 「書展 ペルシアのことわざから」 ◆

さて復活第1話は、、「書展 ペルシアのことわざから」(10月6日〜11日まで、イラン大使館にて開催)についてです。出展者のサブーリさんから資料をいただいて見ていても、どんな展覧会なのかさっぱりイメージできませんでしたが、行ってみてびっくり。ペルシアと日本の書が響きあい、これまで聴いたことのない音楽を聴いているような気分になりました。作品の力が生み出す心地良い緊張感に包まれて、ゆたかで贅沢な時の流れを楽しみました。

e0063212_0175321.jpg
(イラン大使館内の会場)

サブーリさんの作品とイランにある女性だけが陶芸に従事する村の陶器の記事を書いたのは、もう2年近く前になります。サブーリさんとは、その後ときどきお話する機会がありましたが、物静かで知的なお人柄は、備前を愛する彼の作品と呼応するように感じます。

今回の展覧会は、「イランと日本の書を通じて、ペルシャの諺を共感し、感動する空間に。サブーリは陶芸で、深山は新しい技法で表現する」というもの。たとえば、、「善をなせ、川に投げよ」というペルシャの諺があり、解釈は「報酬や利益を期待しない善行や人助けをすすめるものである。よい行いのお返しはいつか行為者に届く、という信念に基づいている」。

e0063212_0204395.jpg
(「善」の諺解説)

この諺を、サブーリさんは陶芸とペルシャ語で表現します。

e0063212_0211921.jpg
(「善」の陶。左に諺、右に「善」の文字)

e0063212_021498.jpg
(「善」のペルシャの書)

一方、日本の書家・伊藤深山さんは、「善」を独自の技法で表現し、脇に和訳された諺の書を添えます。

e0063212_0233763.jpg
(「善」、日本の書)

このような組み合わせで、25の諺がイキイキと表現されているのです。深山さんも気さくにお話してくださり、技法について教えていただきました。ことばではうまく書けないと思うので、ここではご紹介できませんが、金と黒と金の滲みの白が絵画のようで、字の世界を強く印象づけます。

e0063212_0241249.jpg
(「耳」、ペルシアの書。お題の諺は、「壁に鼠あり、鼠に耳あり」)

e0063212_023658.jpg
(「耳」、日本の書)

たとえば、上の「善」は、真ん中の「羊」の部分の回りに人が二人いるようです。「耳」は何かを聞いているようであり、英語の「E」にも見えます(EAR?)。「春」は人がのびのびと両手を広げ、草木が芽吹いているように見えます。

e0063212_0422897.jpg
(「春」、ペルシャの書。諺は、「豊年は春にわかる」)

e0063212_042533.jpg
(「春」、日本の書)

サブーリさんの書は、陶の地色が洞窟の色にも見えて、なんだか古代の壁画を見ているような気持ちになってきました。ペルシャ語がわからないので字のようであり絵のようでもあり、、でも、じーっと見ていると、春は春に、耳は耳に見えてくるのが不思議。

e0063212_0261195.jpg
(「壷」、ペルシャの書。諺は、「水が壷にあるのに、喉がかわいて探しまわる」)

e0063212_026363.jpg
(「壷」、日本の書)

日本の書もペルシャの書も、どちらも洗練されたゆたかな世界を見せてくれました。また諺も、ペルシャと日本、共通した概念のものが多いと感じました。もともとサブーリさんがペルシャの諺を楽しいかたちで紹介したいと思ったのが始まりなんだそうです。そこから生まれたコラボレーション。なごやかで楽しい気分になれる、こんな「遊び」、とてもうれしい。サブーリさん、深山さん、すてきな展覧会をありがとう!

e0063212_02742.jpg
(「壷」、ペルシャの書、第2弾が! これはナスル体のようです)

e0063212_028824.jpg
(「壷」、日本の書、こちらも第2弾で!)

そんなわけで、これからまた、タイルのことや西アジア、中央アジアのことなどを、少しずつ書いていきたいと思っています。のんびり旅ですが、よろしくお願いいたします。
by orientlibrary | 2008-10-09 00:44 | 美術/音楽/映画