イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

トラベク・ハニム、独特なタイルの模様と色に接近!

●華麗な美の世界に目もくらむようなイスファハーンやイスタンブール、煌めく青いタイルが憧憬を誘うサマルカンド、、有名なタイルのある地はいくつかあります。こうしたなかで、ホラズム王国のオアシス都市だったクニャ・ウルゲンチは、ややマイナー。

●けれども、行ってみると「トラベク・ハニム廟」(1370年)のタイルは、とてもとても素晴らしいものでした。前回は、タイル史的に有名な内部天井の宇宙的なモザイクタイルをご紹介しましたが、外部壁面やムカルナス(天井に至る部分の装飾。鍾乳石飾り、ハニカムなどとも呼ばれるイスラム建築の重要な装飾造形)のタイルも多彩でした。素朴でどこか土着的な匂いもありながら、細工は細かく、色の使い方も独特です。個人的には大変惹かれました。紋様に絞ってご紹介したいと思います。


e0063212_20373162.jpg
八角星のなか花模様、その中にまた八角星。煉瓦赤の色使いもポイントです。青が主体のタイル装飾でモザイクの赤の使用はあまり多くないと思いますが(マグレブをのぞく)、トラベク・ハニムでは内部でも外部でもかなり使っているのが特徴だと思います。


e0063212_20374847.jpg
この模様は不思議です。タイル装飾では見たことがないような気がします。でもどこかで何かの模様で見たような気もします。緑色も印象的です。


e0063212_20382179.jpg
アーチ部分の装飾。花模様がとてもかわいい!白が効いていますね。


e0063212_20385112.jpg
不思議なデザイン。真ん中のメダリオン的なものにも、じつに多様なデザインがあります。すごいなあ、ホラズム!


e0063212_203946.jpg
いい模様ですね〜!この組紐模様みたいなものも不思議です。拡大してみたところこの部分はモザイクではなくペイントのようでした。


e0063212_20392560.jpg
入り口のムカルナスの装飾です。これはすごいです。1370年にこのモザイクは、すごいです。模様もそれぞれ違います。もっとたくさんの模様のパターンがあるので載せたいと思ったんですが写真があまり多いと重くなってしまうのでやめました。訪れた時間が夕刻だったこともあり、実際は肉眼ではこの模様は見えませんでした。14世紀の人たちが見えたかどうかわかりませんが、この緻密さのエネルギーはきっと伝わるのだと思います。


e0063212_2039432.jpg
ソルタニエのタイル(オルジェイトゥーの廟/1307〜13)に同じような多星形の(こういう言葉ってあり?)模様があります。ブログ内関連記事(↓)の「モンゴル系王朝が拓き、輝かせた、装飾タイルの世界」上から3番目です。いずれも、とてもかわいい模様だと思いませんか?


* 比較編 *
e0063212_2040112.jpg
ほぼ同時期のアフマドヤサヴィー廟、内部壁面の花模様のタイル装飾。この連続する花模様はティムール期のタイル装飾によく登場するものですが、上のものは落ち着いた色合いで花びらも独特です。写真は室内が暗く撮影禁止だったので(タイルLOVEなのでそこを何とか!)鮮明に撮れませんでした。アフマドヤサヴィーは青いドーム屋根のタイル、外部壁面のバンナーイ(煉瓦とタイルの組み合わせ)が見所です。また美しい多角星のタイルもあるので、次の機会にご紹介します。けれども同時期・同地域であっても、ホラズムと意匠的な違いがあります。ホラズムを知り、あらためてタイルの奥深さを感じています。


e0063212_20402630.jpg
15世紀中頃のタブリーズのブルーモスク内部壁面から同じような模様を選んでみました。メインの装飾ではない壁面のなかの細部ですが、青の発色がいいですね!


* ブログ内関連記事 *
 モンゴル系王朝が拓き、輝かせた、装飾タイルの世界
 巡礼地アフマド・ヤサヴィー廟 待望の訪問
 ”蒼の宝石箱”ブルーモスク&黒羊さんのヒミツ?!
by orientlibrary | 2008-06-28 21:33 | タイルのデザインと技法

トラベク・ハニム廟、至高のモザイクタイル

憧れていました。クニャ(古)・ウルゲンチ。8〜14世紀に栄えたホレズム王国のオアシス都市です。有名ではありませんが、装飾タイル史のなかではかけがえのない足跡を残した地です。

e0063212_035520.jpg


古いタイルが好きな私は、写真で見ている限りでは、「イル・アルスラン廟」(1170年)、「テケシュ廟」(1200年)の素朴さとターコイズブルーのタイルに惹かれていました。(次回ご紹介します)。しかし、実際に見て圧倒的に凄かったのは「トラベク・ハニム廟」(1370年)でした。

1370年、、タイル好きの方ならば、これは何かありそう!と思われますよね。そう、1300年代は装飾タイルがイキイキと力強く開花した時代。「アブド・アル・サマド廟群/ナタンズ」(1307-08)、「オルジェイトゥー廟/ソルタニエ」(1307-13)、「金曜モスク/ヤズド」(1325-34)、「金曜モスク/シラーズ」(1351)、そしてティムール一族の「シャーヒ・ジンダ墓廟群/サマルカンド」(1360年頃〜)、「アフマド・ヤサヴィー廟/トルケスタン」(1397-99/初期建造は1374年))、、トレベク・ハニム廟は、年代的にも地域的にも、まさにその渦中にあるのです!!

e0063212_0352322.jpg


トラベク・ハニム廟の外観は地味です。ドームも壊れており、壁面の装飾もわずかです。しかし崩壊してはいるものの味わいのあるムカルナスに惹かれつつ中に入ると、ほの暗いなかに見えてくる丸天井に息を飲みます。全面のモザイクタイル!

宇宙的な、曼荼羅のようにも見えるデザインは力強く、かつ優雅で、まさに至高の美です。暗いため色の美しさは一見してわかりませんが、写真で見ると多色モザイクの凄さがわかります。ターコイズブルー、コバルトブルー、赤、白、麦わら色、レモンイエロー、緑青色、黒。

e0063212_0353860.jpg


『The art of the Islamic tile』 は、次のように記しています。「類いまれな豪華さのある色調で、とりわけ赤は圧倒的に素晴らしい」「模様は無比の優雅さに満ち、部分的に金色の葉のハイライトがある」「モザイクは極限の繊細さがあり美の到達点にある」「壮大な廟の24角星をメインのモチーフとするデザインはモザイクタイルの究極の傑作である」。

トラベク・ハニム廟のタイルは、まず多色モザイクの色の発色の素晴らしさと、大胆な組み合わせという「色」が素晴らしい!!そして、精緻かつ力強いデザインが圧倒的!!

e0063212_0393113.jpg


廟のタイル写真も本で見てはいたんですが、、なにか実感がありませんでした。行ってみて実際に見て、実感がわいてきました。そして、写真を見たり本を見たりしていると、じわじわとその凄さを感じています。

e0063212_0355381.jpg
(『The art of the Islamic tile』より引用。やはり本の写真を借りないと表現できません、、残念!)

前出の『The art of the Islamic tile』によると、この廟は短命だった二人の皇子(フセインとヤスフ)の安息の場所として建てられたようですが、この地に1335年に滞在したイブン・バットゥータの記述によってトラベク・ハニム(ホレズムのジョチ・ウルス=チンギスハーンの長男ジョチの後裔=の妃)の廟として地域の伝統のなかに受け継がれているようです。

e0063212_036665.jpg
(『The art of the Islamic tile』より引用)

クニャ・ウルゲンチは、2005年に世界遺産になりました。今後、観光も盛んになるでしょう。旅行社の皆さんにお願いです。ここはもう少し、時間の余裕を取って下さい。じっくり見られるようなスケジュールを組んでいただきたいと思います。土から究極の美しさを作り出すイスラムの美の世界を体感できるところです。しかも何度も行けないところです。

せっかくの機会なのです。イスラムの美、ここにあり!なんです。トルクメニスタンで見られる歴史的な工芸美です。さらにいえば、タイル的には<MAUSOLEUM OF NAJM AL-DIN KOBRA>は超のつく必須!!見たかったです。残念、、、でも、行けただけでも私は幸せです。今後もタイル旅を続けていこうと思います。

* ブログ内関連記事 *
 ソルタニエ 土の建築なかの一点の木の美
 モンゴル系王朝が拓き、輝かせた、装飾タイルの世界(ソルタニエのタイル写真)
 サファヴィー建築とムガル建築のお母さん!?・・・ヤサヴィー廟
by orientlibrary | 2008-06-25 00:44 | ウズベキスタンのタイルと陶芸

お茶でもしよか、の景

いっぷくの情景 嗜好文化探訪の旅」という写真展をやっていると聞き、渋谷の「たばこと塩の博物館」に立ち寄りました。入館料が100円と気軽です。大村次郷さんがユーラシア各地で撮影されたタバコやお茶、コーヒーなどの写真が展示されていました。

見ているうちに、お茶の写真、私も少しあるかも、と思いました。そんなわけで、トルクメニスタンを少しお休みして、<orientlibrary・嗜好品特集〜お茶でもしよか、の景>です。(このところ写真頼りですが、、(^_^;))


e0063212_23481533.jpg

原料の茶からスタート!インド・ヒマーチャルプラディーシュ州・カングラの茶畑。カラフルな衣装で茶摘みです。


e0063212_23485487.jpg

ウズベキスタンの人たち、よくチャイを飲みます。乾燥しているせいか、私もどんどん飲みます。素朴な味ですが、ウズベキスタンでは紅茶より地元のコクチャイがおいしい。写真は、ティムールの出生地シャフリサブスのチャイハネです。  話は変わりますが、来日経験のある人たちにとって大きな疑問は、「どうして日本人は冷たい飲み物が好きなのか」。「冷たいのに、さらに氷をガンガン入れているのはどうしてか」と聞かれるのですが、、どう答えたらいいでしょう。「湿度が高いからかも」などと、いい加減なことを答えているのですが、、。


e0063212_2350498.jpg

ウズベキスタンでうれしいのは、チャイのおもてなし杏園におじゃましたら、ちょうどご主人がお湯を沸かしてチャイをいれているところでした。熱々でおいしいチャイです。日本のキャンディーもよろこんでもらえました。  日本のお菓子は、全体的においしいと好評です。ただしジャパンな味だからと選びがちな抹茶味は、苦手な人もあるみたいです。


e0063212_23563645.jpg

パキスタン(たぶんペシャワール?)のバザール、チャイ屋(の写真と思っていましたが、、違う?)。インドやパキスタンでは、暑いなかでフーフーしながら飲む熱くて甘いチャイがおいしい〜☆小ちゃな陶器の茶碗もいい感じ。パキスタンではライムの入った緑茶も爽快でした。* 質問です〜! 左下のびんに入った黒い液体はなんでしょうか??ご存知のかた教えてください〜!

e0063212_23593594.jpg

使いこまれたティーポット。いいですね〜、旅情ですね〜。パキスタンにて。


e0063212_00418.jpg

ミントティー売りのおじさん。お腹に入れたミントがイケてます〜!たしかヨルダンのアンマン


e0063212_011827.jpg

中央アジアや東南アジアで、コーヒーといえばネッスル。最初は抵抗あったけど、、だんだんなじんでくると、旅はネッスル!という感じになってきますよね。カザフスタンにて。


e0063212_03948.jpg

集まってお茶を飲み、お茶菓子を食べる。ヨロン島の昼下がり。アツいヨロンに行きたくなってきたなあ。畑で切ったばかりのものをいただいて帰ったレモングラス、カットしてハーブティーポットで煎れてみたら、香りだけでパラダイス(うっとり、、)。香りというのも嗜好品の大事な要素ですね〜。



by orientlibrary | 2008-06-18 00:21 | 中央ユーラシア暮らしと工芸

ホラズムの景(photo gallery)

アムダリアという憧れ。大河を超え、ディープ・ホラズム、カラカルパクスタンへ。


e0063212_17594691.jpg


パミール高原に源を発するアムダリア。ギリシア語文献ではオクサスと記されている。<トランス・オクシアナ>とは、「オクサス川の向こう側の土地」の意味であり、アムダリアの北のトルコ系の人が多く住む土地をさした。<マーワラー・アンナフル>は、アラビア語で「川の向こうの土地」。「川の向こう」への想像力。


e0063212_180121.jpg


カラカルパクスタン。「カラ」(都城跡)は、20世紀後半までは1000以上も残っていたという。しかしソ連時代に道路作りなどで多くが破壊され、現在ではその10分の1程度のようだ。日干しレンガ作りの城壁、火を祀る神殿などがある。古代ホラズム美術はガンダーラやパルティア美術の影響があるが、東トルキスタンの仏教美術との関連も指摘されているという。


e0063212_1802668.jpg

カラカルパクスタンの女性。強い日差しに負けない存在感と美しさ。


e0063212_1801321.jpg

赤い砂・キジルクム。赤い砂漠に息づく多くの命。多彩な植物や生き物に眼を見張った。


e0063212_1804357.jpg

キジルクムの夕暮れ。遠くにラクダのシルエット。清浄な光。静けさという恵み。この一瞬のためにここに来たのだとしても、悔いはないと思う。


e0063212_1805489.jpg

ユルタホテル。どんなゴージャスなホテルより、私にはここがいい。砂漠と空と一体になれる天幕での夜がいい。
by orientlibrary | 2008-06-13 18:02 | 中央アジア5カ国

オスマントルコ時代の女性の民族衣装にクラクラ!

●なんという眼福!!、、先日出会ったすばらしいトルコの手仕事に、魅了されました。「エメル・アクソイ コレクション オスマントルコ時代における女性民族衣装」。このブログを見てくださっているかたのなかにも、会場(帝国ホテル)にいらっしゃったかたがあるのでは?

e0063212_20391224.jpg


●催しに「展」とつけなかったのは、たった1日、しかも2時間にも満たない時間の開催だった(と思われる)からです。絨毯関係のかたから教えていただき、おもしろそう、と出かけたのですが、受付もなく開催の挨拶もなく、時間になったと思ったらいきなりドアが開き、それが開催の合図。趣旨や概要など全体にわからないままだったのですが(今もよく理解できていません)、会場に入った途端、もう絶句してしまいました。

●なんという美の世界が繰り広げられているのでしょう。イスタンブール生まれのエメル・アクソイさんは有名な政治・文化人の孫にあたる人で、家族から受け継いだドレスから始まり、18〜20世紀のトルコ各地方のウエディングドレスなど、実際に着用された華麗な衣装を蒐集。そのなかの100着が一堂に展示されているのですから、もう圧倒的です。展示演出もわかりやすく、かつ美しいものでした。最高です。

●イラク、ヨルダン、キプロス、スイスなどで開催されたこの催しは、日本トルコ交流100年の記念の意味もあって公開されたようです。ギュル大統領の来日とも重なっており、会場には政治家や皇族の姿もありました。数時間の開催ではあまりにもったいないと思いましたが、とにもかくにも、すばらしいオスマン時代の女性の衣装を見られた幸運に感謝しています。

e0063212_20394468.jpg


e0063212_20393490.jpg


●会場に入って、まず写真撮影の可否を聞いたところ、ダメということでした。が、私が聞いている間に、すでに多くの人たちが写真を撮り始めていました。誰しもそういう気持ちになります。私も撮らせていただきました。最後まで見て、また戻り、好きなものをまた見ているうちに、あっという間に2時間くらいがたっていました。

●ブログに載せていいものか迷うのですが(本来ならば大使館に問い合わせをすべきなのかもしれませんが)、ディテールなど一部を載せさせていただきたいと思います。(本当はもっとたくさんの写真をご紹介したいですが、、)。オスマンというイスラム王朝時代の繊細な装飾、手仕事の圧倒的な美しさ、美の白眉をたくさんの人と分かち合いたいのです。写真集、せめてカタログなどがあれば、と思います。

●ドレスとともに素晴らしかったのが頭飾りでした。レース編みや金銀のかがりで装飾された頭飾りは、地方独自の風習や慣習に基づいた本物の宝石や宝飾品とともに用いられたそうです。ベルト周りにも圧倒されました。金属加工も素晴らしいですね。地方と時代を記したカードがあるものもありましたが、人の多さなどもありメモできませんでした。

e0063212_20453811.jpg


e0063212_2039566.jpg


●オスマン朝は、もちろんタイルでも有名です。絵付けの花模様は可愛らしく華やかで、宮廷の文化の厚みや繁栄を感じさせるものです。ただ、私はもう少し土味のあるものが好きなことから、これまでオスマンタイルについてあまり書いていません。でも、衣装にはノックアウトでしたね〜。刺繍やレース編みの繊細さがなんともいえません。キレイでした〜!トルコ大使館の皆様、アクソイさん、本当にありがとうございました。

e0063212_204095.jpg


e0063212_2040268.jpg



*展示内容ですが、その後リリースなどを確認すると、、
・衣装の年代=上では「18-20世紀」と書いています。メモを取った会場内の挨拶文には19-20世紀になっていたと思いますが、リリースは18-19世紀だったので合わせたのですが、、正確にはわかりません。
by orientlibrary | 2008-06-10 20:56 | 絨緞/天幕/布/衣装

土と生きものの景。キジルクム〜カラクム

e0063212_23524640.jpg

カラカルパクスタン・キジルクム(赤い砂)砂漠。パコパコ、パコパコ、、この足跡は誰のもの?

e0063212_2353839.jpg

●夕陽は砂漠を金色に染めあげます。夕陽をあびて光るころころとしたフンも、この動物のもの?

e0063212_2353293.jpg

ラクダがいました!古代ホラズム王国の遺跡・カラ(都城跡)が点在するキジルクム砂漠。アヤズカラ周辺をゆったりと歩いています。スラッとしておとなしいラクダでした。

e0063212_23535279.jpg

●カラは大半が崩れて土に還っていますが、ホラズムの赤い土の色が美しく味わいがあります。規模の大きさから当時の繁栄がしのばれます。このようなカラは50ほどもあると言われているそうです。も気持ちよさそうに草を食んでいます。


●、、って、ほとんど、「生きもの自然紀行」になってますね〜(汗、汗)

●こうなった原因を考えてみたのですが、、装飾タイルのある場所、土の建築のある場所、古代や中世の趣のある場所、イスラム工芸のある場所、賑わいのあるバザール、、そんなところに行くと、動き回っては地元の人も驚くくらいにシャッターを押している私なのですが、今回のトルクメニスタン旅行では写真が少ないのです。(最も多いのは、フライト変更で予定外の滞在になったブハラのタイルでした)

●ひとつは撮影禁止のところが少なくなかったこと。国境ダメ、街中もけっこうダメ、一部の博物館もダメ、飛行機からダメ、空港ダメ、人にもカメラを向けにくい。面白そうなところは全体的にアウト。

●もうひとつは、行っても行っても土また土で、本来ならば土族感涙のはずなのですが、なぜかわかりませんが、あまりピンとこなかったんです。キジルクムは良かった、ホラズムは良かったんですが、個人的にはトルクメニスタン・カラクム砂漠(黒い砂の意。国土の面積の7〜8割を占める)がどうも単調でした。砂漠大好き!なんですが、、不思議です。私のトルクメニスタンの印象は「不思議」。砂漠もそのひとつなのかもしれませんね。

●なんとなくブログ更新頻度も落ちてしまっていたんですが、生きものたちに登場してもらってテンションを上げつつ、タイルに軸足を移していこうかと思っています。

e0063212_23541594.jpg

キジルクム砂漠のカメ砂の色と同化しているような甲羅の色。模様もきれいです。

e0063212_23544080.jpg

ふんころがし(スカラベ)もいました。見えますか?左下にいる黒いのがふんころがし。けっこう大きくて3、4㎝以上もあったと思います。手を下にして足で転がしていくんですね。器用なものです。かなりのスピードで大きなふんを転がしていましたが、カメラを向けるとピタっと止まってしまいました。

e0063212_2355217.jpg

カラクム砂漠の生きものにも登場してもらいましょう。とかげですよね?土と同じ色ですね。2.3㎝ほどと小さく、動きが早かったです。

●この他、広大なメルブ遺跡やマルグシュ遺跡には、ラクダや羊や牛などがサファリパーク状態で暮らしていました。遺跡というより生活域、ふつうの村という感じでした。

●トルクメニスタンの国境を越えウズベキスタンに入ります。しばらく走ると、遠目にもはっきりとブハラの青いタイルの建物が見えてきました。オアシスの街がすぐそこに!昔日のキャラバンや旅行者にとっての、オアシス都市の光景のうれしさや頼もしさを垣間見た思いがしました。ブハラはウズベキスタンの街ですが、トルクメニスタンの絨毯が「ブハラ絨毯」とも言われるその近さを実感しました。(ブハラはトルクメン絨緞の集散地だったそうです)

e0063212_23561979.jpg

●ウズベキスタンの生きもの代表は、コウノトリです。タシケントのバラクハーン・マドラサの周辺で。コウノトリも、青いタイルのドーム屋根や壁面装飾、うっとり見ているのかな〜♪!?


*生き物系、弱いです。間違いがありましたらお教え下さいませ。
by orientlibrary | 2008-06-05 00:03 | 中央アジア5カ国