イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カスバに咲く陶の花 アルジェリアのタイル

前回、私のタイル「3大哀感」を涙ながらに(笑)ご紹介しましたが、日本ではタイル装飾のある建築として知名度が最も高いのは「アルハンブラ宮殿」ではないかと思います。(なんと私、行ってません。どうも優先順位が後になってしまうんですよね、、。)次いでガウディの作品、あるいはモロッコ<などでしょうか。

e0063212_2321586.jpg
アルジェのモスク/モスクの年代名称等詳細不明/でも、いいですね〜、このブルーのタイル!/写真提供:「Y.Sさん」)

◆ マリーン朝、オスマン朝、ヨーロッパ ◆

装飾タイルの王道は、やはりアナトリアやイランなのですが、「マグレブ(北西アフリカ地域)とスペイン」もタイル装飾が盛んだった地域で、タイルの専門書でもかならず取り上げられています。

そんなマグレブの国、アルジェリアの装飾タイルの写真を提供していただきました。タジキスタンの記事の写真でお世話になった「Y.Sさん」です。けれども、年末年始にアルジェリアを旅行した「Y.Sさん」に写真を見せてもらうまで、私、「アルジェリアのタイル」には、まったくイメージありませんでした。

e0063212_2221762.jpg
(アルジェのモスク外観/いろいろな部位に効果的に使われているようです/写真提供:「Y.Sさん」)

私のテキストである『THE ART OF THE ISLAMIC TILE』を見ても、アルジェリアのタイルは、マグレブの章のモロッコ・マリーン朝の説明の中に小さな写真が2点あるのみです。ところが、「Y.Sさん」の写真には、ミナレットから路地の家々の壁など多彩な場所を彩るタイルがあったのです。

この地域のタイルに疎いのですが、ざっくりした印象では、モロッコのフェズの建造物が有名な「マリーン朝」、そして「オスマン朝」、さらに「>ヨーロッパ(スペイン〜フランス)」という3層のテイストを感じました。歴史的な流れとも、だいだい合致します。いろんな王朝や国が統治したんですよね。もともとはベルベル人の地域でしょうし、タイルって歴史を語りますね。

e0063212_2224429.jpg
(アルジェのモスク細部/幾何学文様と壷に入った植物の絵付けタイルのようです/写真提供:「Y.Sさん」)

首都アルジェは「カスバの女」という歌謡曲で歌われた街でもあります。そんな旅情もあわせて「Y.Sさん」の写真をお楽しみください。なお、タイルオタクのブログゆえ、タイルに焦点を合わせてトリミングしているところがあります。せっかくの構図なのに「Y.Sさん」、ゴメンね〜!そして感謝してます!ありがとう。


◆ マグレブのタイルの歴史や特徴など ◆

以下は、「イスラム建築における陶製タイル」(ギョニオル・オネイ著/多分『装飾タイル研究』だったと思います)の「4世紀から16世紀のスペインとモロッコのムーアタイル」から引用(「」内)しています。

e0063212_2231170.jpg
(アルジェのホテル「エル・ジャザイール」エントランス/色の明るさが独特です。絵柄はロココ調ともいえるような過剰感を感じます。オスマンよりもローロッパの影響でしょうか。このホテルは随所にタイル装飾があるそうです/写真提供:「Y.Sさん」)

「新しくベルベル政権の座についたアルモハッド朝族が、1147-1212年の間、スペインと北アフリカを統治した。アルモハッド時代(注:ムワッヒド朝のことだと思います)を通じて、ムーア芸術(注:ムーア人=北西アフリカのイスラム教徒)はスペイン、北アフリカ地方で開花し続けた」

「ナスル王国(1232-1492)は、彼らがキリスト教徒によってカスティリアから追放されるまで、ムーア芸術の最も印象的な作例を生み出し続けた。グラナダのアルハンブラ宮殿は、ムーア文明が到達した高度の洗練性と栄華を反映している輝かしい作例である。ナスル期の文明と芸術は、マリーン朝がそれによく似た芸術の形態を発展させた北西アフリカに反映されている。特にスペインからのムーア人陶芸家たちによって、北アフリカでなされたタイル装飾は、非常に興味深い」

e0063212_2242935.jpg
(アルジェ・カスバ地区の路地/白の壁にシックに映える絵付けのブルー&ホワイト。ファイアンスモザイクのような華やかさはありませんが、スキッとした清潔感がステキです/写真提供:「Y.Sさん」)

「ファイアンスモザイクは、ムーア芸術のうちで、最も一般的で広く用いられたタイル装飾の一つである。見事な植物文の白スタッコ装飾と合わせて用いられる。これらのタイルは優美な幾何学模様と明るい色合いで、内壁にイキイキとした外観を与えている」

e0063212_224885.jpg
(アルジェの中央郵便局/クエンカタイル?/この郵便局は歴史のある建物でとても雰囲気が良いそうです。必見ですね!/写真提供:「Y.Sさん」)

「クエンカ技法とは、鋳型に文様の輪郭を深く彫り込み、柔らかい素地土にそれを押し当て、鋳型の彫った跡を突出した輪郭として浮き出すものである。続いてそれを焼成し、突出した輪郭によった囲まれた低い部分は、釉薬で満たされる。突出した輪郭は異なった釉薬が互いに混じり合うのを防ぐのである。クエンカタイルは、壁、階段、床、天井、座席、噴水を装飾するために用いられている」☆(注:上のタイルが「クエンカ技法」か「クエルダ・セカ技法」か判別できません。どなたかご教示いただけるとありがたいです!)

下の写真は、私がいちばん好きだったもの。ハンマームの入り口だそうです。東方イスラム圏ではタイルはあくまで権力者が作る建造物のための装飾素材。西方イスラム圏やヨーロッパは、一般の場、しかも床や階段などに使用されているのが特徴のひとつです。

e0063212_22501.jpg
(アルジェ・カスバ地区のハンマーム入口/いろいろなタイルがつぎはぎのように使われていることが逆におもしろさになっています。ブルー&ホワイトはオスマン朝的。模様が独特/写真提供:「Y.Sさん」)
by orientlibrary | 2008-02-28 22:05 | タイルのデザインと技法

日本のタイル史から見えてきた「本来の感性」

「横山大観」展(国立新美術館)を見ました。明治・大正・昭和に渡る画業の長さに加え、エネルギッシュに描き続けた人らしく、まずは作品の量に圧倒されました。全長27メートルという巻物や屏風などの大作も数多くあるのですから、もうすごいです。装飾的で豪奢な濃彩から余白の多い水墨画まで、日本ならではと思える美意識と、美しかったであろう当時の日本の自然美を堪能しました。

e0063212_041552.jpg
(横山大観展チラシより引用)

◆ 6世紀頃の「墫」が先駆け ◆

日本のきれいなもの、やはり好きです。布も建築も庭も絵や彫刻も。そしてもちろん陶芸も!けれども私の最愛の装飾タイルについては、日本での歴史は長くありません。本格的に普及し始めたのは明治時代です。

さらに歴史をさかのぼれば、日本でのタイルの先駆は6世紀に百済から渡来したた墫(せん/中国での煉瓦の呼び名)と言われています。墫は、敷瓦や腰瓦として寺院の床や壁に張られました。鎌倉・桃山時代頃から次第に施釉され、今でいう陶板の感じに。野趣に富んだ陶板は、やがて茶道具に見立てられ、珍重されます。

e0063212_0413484.jpg
(柿右衛門手丸文龍磁器陶板(1677年建立の西本願寺内・腰瓦)/『ディテールがつくる風景』(INAXBOOKLET)より引用)

けれども木造建築が主流の日本では、タイルが建築装飾として活用されるのは明治期を待つことになります。明治になって西洋館が各地に建てられ、タイルは床や暖炉回りの装飾に使われました。また、フランク・ロイド・ライトの作として知られる帝国ホテル旧本館は、焼き物による建築素材によって全面が覆われ、使われたタイルやテラコッタ、れんがの数は400万個にもなるそうです。

e0063212_0425379.jpg
(旧帝国ホテル本館/『水と風と光のタイル F・L・ライトが作った土のデザイン』(INAXミュージアムブック)より引用)

ユニークな焼き物の使用例としては、「染付古便器(白化粧地にコバルトで彩色)」があります。1891年の濃尾大震災直後から突如として大量に作られるようになり、一世を風靡しました。便器にここまで凝るとは、、もう美術品ですよね。日本のトイレ空間はこの頃から突出してたんでしょうか。

e0063212_0421678.jpg
(便所を青と白で華やかに飾った染付古便器/チラシより引用)


◆ 日本でのタイルヒストリー、明治期から ◆

このあたりの動き、「明治維新ちょっと前からのタイル関連の出来事」を「世界のタイル博物館」のサイト、『ディテールがつくる風景 タイル・れんが・テラコッタ紀行』(INAXBOOKLET)などを参考しながら、年表風にまとめてみました。水色で記したものは海外の動きです。

1841 イギリスでミントン社が粉体圧縮法による象嵌タイル使用
1841 スペインのセヴィリア郊外にタイル工場、大量のタイルが市場に送られる
1857〜61 長崎製鉄所建設、建築用煉瓦を焼成。煉瓦国産化
1866 ウォートルス、大阪造幣寮用に大阪で耐火、普通煉瓦焼成
1863 イギリスで粉体圧縮法による色タイル焼成成功
1872 銀座煉瓦街建設開始
1879頃〜 大正時代、本業タイル(絵瀬戸)生産
1896 日本煉瓦製造設立
1888 バルセロナ万博に数多くの陶器出品、ガウディによる多数の建築物 
1891〜 瀬戸の染付古便器が一世を風靡
1900年代前半 スペインのタイルのラテンアメリカ市場への大量輸出
1908 不二見焼合資会社、国産の粉末乾式圧縮法によるタイルを製造
1915頃 煉瓦工からタイル貼り工への転向者が現れる
1918 越山製陶所などでマジョリカ焼生産開始(「マジョリカ」はスペインのマジョリカ島経由で輸出された多彩色陶器。その後イギリスのミントン社が商品名とした)
1920頃 テラコッタ国内製造開始
1922 「タイル」の呼称統一
1923 帝国ホテル竣工(影響を受けて外装タイルの建築が流行)
1923 関東大震災により煉瓦建築多く倒壊
その後、復興需要で鉄筋コンクリートのビルや文化住宅が建つ。そのトイレ、風呂、台所などの水回りにタイルが使われ白色無地タイル需要増大。衛生概念高まり生活改善運動の一端を担う。

e0063212_0563067.jpg
(東京国立博物館本館ロビーの壁面装飾モザイクタイル。このタイルの年代はわかりませんが、同博物館の表慶館ホール床に明治期の大理石モザイクがあります/orientlibrary)

◆ タイル好きの「3大哀感」とは、、! ◆

上の年表、じつはタイルスタディのために紀元前7000年頃からのものを作りました。地域別に色を変えて記入してみました。そして、あらためて感じました。古代から中世までの中近東と中国の文化の華やぎを、その後の近代ヨーロッパによる世界の席巻を。工芸も産業化していきます。タイルやレンガというマニアックな歴史でも、それは明らかでした。

e0063212_10194269.jpg
(『CONFORT』2005.8号表紙より引用/現代の日本のタイルは多彩な色や施工性などから店舗や住宅などの装飾に活用されています。世界的にも評価が高いようです)

中世イスラム世界のタイル装飾の豊穣は、19世紀以降のタイル史には登場せず、脱亜入欧をめざした当時の日本では(そしてその後も)紹介されませんでした。それが下記(↓)に結びついているようです。

私の日本でのタイル3大哀感
<1:日本でのタイルのイメージは「風呂・トイレ」>
<2:タイルに親近感のある人でもデルフトとマジョルカが主>
<3:日本の美意識とは合わない(と思う)ヴィクトリアンタイルの使用>
今しみじみ実感しています。これらはすべて明治以降に形成されたイメージや感性だと。

そして思います。本来の日本の感性は、自然と呼応し粋な装飾のセンスを持つ西アジア〜中央ユーラシアの土の文化と親和性があると。古代メソポタミア、中世イスラム世界の装飾タイルの素晴らしさ、彼の地の陶芸の魅力、きっとこれからだ!と思います。ですよね!?


** ブログ内関連記事 **
  ヴィクトリアンタイル〜イスラム〜日本」、、疑問です@旧岩崎邸
 洋館のヴィクトリアンタイルから もういちどムガルへ
by orientlibrary | 2008-02-21 00:58 | 日本のタイル、やきもの

”ジャナワール”のいる湖、そしてクルドの村の暮らし

以前、東トルコのヴァン(ワン)湖について書いたことがあります。ワン湖〜ワンという街についての資料が見つけられず、村上春樹さんの『雨天炎天』をナビゲーターにするという奇策(!?)を用いました。村上さんも書いているように、ワン湖の水は独特のターコイズブルーで、トルコのタイルのように深みのある色合い。アララット山を背景に、雄大かつ優美な姿で見るものを魅了します。そんなワン湖を舞台にした『怪獣記』(講談社)が今回のテーマです。

e0063212_12223830.jpg


◆ トルコの未知生物・ジャナワール! ◆
e0063212_12195513.jpg
ワン湖(琵琶湖の5倍の大きさ)には、「ジャナワール」というUMA(未確認不思議生物=ネッシーみたいなもの)がいるのだそうです!ジャナは体長10メートルで鯨のように潮を噴き上げるんだそうです!世界のUMAファンが注目するジャナワール!(目撃証言の絵を見ると、ジャンプ中の大型イモムシ!)

そして、あまりにベタ(見え見えのヤラセ)な「証拠映像」に、逆に好奇心のツボを刺激されて、東トルコに乗り込んでいったのがノンフィクション作家の高野秀行さんです。私は、社会派的テーマを爆笑系の筆致で巧みに描く高野ワールドのファン。『西南シルクロードは密林に消える』はドキドキの一冊でした。


e0063212_12203356.jpg
そんな高野さんのジャナワール探しを知ったのは、じつは本の出版される前。このエキサイトブログでリンクさせてもらっている「イスタンブログ〜末澤寧史のイスタンブル流学記」で06年に「高野さんとワン湖に取材に行く」という記事があったのです(カテゴリ・「ワン湖のジャナワール」)。末澤さん(ブログでしか知らない方です)は高野さんの知人で、ジャナ探索行に重要な役割を果たします。

そんなこともあって気になっていたジャナ探索紀行『怪獣記』、先日一気に読みました。次々登場する目撃者や関係者(すべて実在)が皆、人間くさいというか怪しいというか、個性全開、とにかく濃い〜!そればかりか、クルド独立運動、イスラム復興主義、極右など、東トルコの複雑な政治状況が、ジャナ探しにどーっとかぶさってきます。このあたりがキモです。高野ワールドですね〜。


◆ ワン湖の畔の美しいクルドの村々 ◆
あらすじを書くのも興ざめなのでやめますが、私がいちばん好きな部分を少しご紹介したいと思います。それは、目撃証言を求めて湖周辺の小さな村々を回る場面。それらはみなクルドの村なのです。描かれたクルドの暮らしや光景こそ私が求めるものでした。

クルドという民族になぜか惹かれてきた私、でも日本で知る情報は難民やテロのニュースばかりです。もっとふつうの暮らしのことが知りたかったのです。以下は『怪獣記』より引用、一部省略している部分もあります。

e0063212_12105028.jpg
(ワンで購入したクルドのキリムの模様。90-100years old)

 「相変わらず、車内ではクルド音楽が鳴り続けている。もの悲しさがなつかしさにもつながるクルドの調べを聞きながら、木立のつくる緑のトンネルをくぐっていくとその美しさに涙が出そうなくらいだった。湖をずっと眺め続けているわけだからふつうならだんだん美景にも飽きてくるはずなのに、いっこうに飽きない。それどころか、前の美景を超える美景が登場する」

 「風が涼やかだ。人々はすでに冬支度をはじめていた。羊から刈り取ったばかりのウールを洗っている人もいれば、干し草を積み上げている人もいる。ある村では、葦を大量に刈り入れていた。リンゴ、杏、トマト、パブリカを庭に敷いたゴザの上に敷き詰めている家もあった。冬場には家畜だけではなく人間の食料もなくなるので、今のうちから干しておくのだ。近寄ってみれば、トマトやパブリカはすっかり乾燥しながらも鮮やかな赤やオレンジの色を残している。かじってみると甘い」

 「三つ目の村はまるで桃源郷のようだった。エメラルドグリーンの静かな入り江にひっそりと村がある。車を止め、水際まで下りてみた。至近距離で見ても淡いエメラルドグリーンが日差しにゆらめく。南の島だってこんな綺麗なビーチはなかなかないだろう。私は見たことがない」

面白冒険譚的側面もある本のなかで、にじみでてくるように描かれた光景。あのワン湖の畔の村々は、こんなに豊かな美しさを有していたんですね!さらに、食についても書かれています。


◆ 食い倒れ、美食のクルド! ◆
e0063212_12231069.jpg 「運ばれてきたのは極上のクルド料理だった。ふつう、辺境では食文化があまり発達していない。ところがクルド人は例外である。薄焼きピザ「ラフマジュン」や牛肉ハンバーグ「チーキョフテ」、鶏肉の炊き込みご飯など、クルドにしかない料理がぞこぞこある。トルコ東部には「食い倒れの町」と呼ばれる町がいくつかあるが、いずれもクルドの町だ。クルドの宿主は「私たちクルドは、お金があれば、みんな食べ物に使っちまうんだ」と誇らしげに語っていた。さすが世界最大の少数民族なだけはある」

食い倒れなんだ!これまでクルドを描いた映画に涙をふりしぼってきた私には、意外な一面でした。でも、うれしくなってきました。いい感じですね〜!


e0063212_12234477.jpg
正直、UMAにはあまり興味がない私。でもふだんあまり紹介されることのない東トルコ、とくにクルドの暮らしに触れることができて、とてもうれしい本でした。UMAも予想外の展開を見せ、高野さんたちはなんとジャナに遭遇するんですよ!

今回もまた長くなってきました。構想(大げさ?)では、同じ東トルコのカルスという町を舞台にしたオルハン・パムクの『雪』、それと関連してトルコのスカーフ問題にまでいこうとしていました。次の機会にしたいと思います。(*写真の人や子どもは東トルコで撮ったものですが、クルドの人かどうかはわかりません)

********
◆ タイルでバレンタイン ◆
e0063212_12145699.jpg

最後に、先日タイルみたいなチョコレートを見つけたので、バレンタイン記念に写真を撮ってみました。モロッコとウズベキスタンのタイルに囲まれたまんなかのふたつがチョコ(「sadaharu AOKI」)。☆ミルフィーユとローズです。良きバレンタインを!☆


* * ブログ内関連記事 **
 東トルコ・ヴァン紀行。村上春樹と勝手にコラボレーション
 中世のディテールの美。東トルコ・勝手にコラボ第2弾
 ジーエルケバブ@ディヤルバクル&東トルコの壮大で濃い時空間
by orientlibrary | 2008-02-14 12:46 | 中東/西アジア

ショック、、、転じて春の花速報!!

●記事をうっかり消してしまった話(↓)に、あたたかいコメントをいただき、どうもありがとうございました。またいつも訪問していただいている皆さま、どうもありがとうございます。心ばかりのお礼の気持ちをこめて、2月10日現在の春の花速報をお届けします。
e0063212_20335885.jpg
(福寿草)
e0063212_20355591.jpg
(紅梅)
e0063212_20342133.jpg
(みつまた)
e0063212_2034326.jpg
(寒桜)

******************
1週間に一度は更新したい!という悲願のもと、必死で書いた記事を消してしまいました。。ノートに保存のときに、何か変なことをしたようで、、たいしたことではないと思いながらも、現在ショックで、思い出しながらもう一度書くという作業ができません。。はあああ〜〜〜〜、、、

e0063212_145316.jpg
(気分は”壁”、行き止まり、、) 

アラブポップスなど、複数の話題について書いていたんですが、、見出し回りや太字指定も全部すんでアップするばかりでしたが、、

e0063212_1454263.jpg
(行っても行っても壁、、) 

こういうときもありますね、、立ち直るまで、しばし時間をいただきたいと思います。(泣)

e0063212_146893.jpg
(壁の向こうに青空は開けるでしょうか、ブログの春を待つ私です、、あ、でもこの青のお皿キレイですね!、、でも、、シュン、、) 


** <2月8日・記> ** メールやコメント、どうもありがとうございます(涙)。快晴の青空を見つつ元気になっています。昨日は他にもシュンとすることがいくつかあってうつむいていましたが、、、 壁もいい感じと言っていただき(これ、うれしかったです!)、教訓を得ました。
「転んでも 土をつかんで 立ち上がれ」(「土族」orientlibrary)
見ていただいている皆様、今後ともよろしくお願いいたします♪
by orientlibrary | 2008-02-07 14:15 | 日本のいいもの・光景