イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タイル装飾は「簡単」だから発展した?!?

日本では、バブル期までにファッションやグルメは充分に満ち足りて、90年頃以降、「これからは住の時代」と言われてきました。実際にお洒落なインテリアショップも増え、感性のいい若い人たちは、自分の部屋を自分流に演出して楽しんでいるようです。

けれども、「日本のインテリア、充実してきたなあ!」と、手放しで喜べないこともあります。年初に、小さな勉強会ではありますが、「インテリアの歴史」についてのレクチャーを聞きました。講師は、インテリアについての本を上梓された方で、セミナーに引っ張りだこということでした。

e0063212_2353783.jpg


けれども、その方のお話で、唖然とする部分がありました。壁面装飾の歴史についてのくだりで、イスラム圏での展開について、タイルを例にして少し説明されたのですが、、、

内容は=「9世紀からイスラムでは壁面のタイル装飾が発展した」「大発展したその理由は・・・幾何学文様は繰り返しなので製作が簡単だから」「タイルは製作と施工が簡単だから」ということでした。幾何学文様が簡単!?モザイクが簡単!?さらに、トルコ・トプカプ宮殿の絵付けタイルと、「そこで見た」というモザイクタイルの製作例を紹介して「簡単」であることを例示されていました。絵付けタイルの本場であるトプカプでモザイクの実演をしていたというのも不思議な感じがしましたが、まあそのことは置いておいて、、。

e0063212_23533863.jpg


幾何学文様は繰り返しだから簡単、という見識は、インテリアのセミナーとしては、問題があるのではないかと思います。幾何学文様は、具象をおこなわないイスラム美術が生んだ美意識の結晶であり、高度な数学的応用の産物であることは専門書を見るまでもなく明らかではないでしょうか。

e0063212_2354132.jpg


モザイクの製作に関しては、これはもう途方もない時間と手間と技術と費用を要するものです。細密なデザインに合わせて、各色のタイルを焼き、模様をミリ単位に細かく正確に切り刻み、それを再度パズルのように集成し、漆喰でパネル状にして、壁面に張るのです。

e0063212_23543945.jpg


施工しているその場を見れば、事前に仕上げたパネルを貼っていくので、簡単に見えるかもしれませんが、それは現場での施工を簡易にする知恵であり、素晴らしい建築文化であると思います。ドームの場合は角度まで計算してプレでパネル化するのですから、すごい技術だと私などは感嘆してしまいます。

例題にあげられたトルコのタイルは、モザイク製作があまりにも大変ということもあって15世紀くらいから開発されてきた絵付けタイルが主流。華麗な絵柄に合わせて焼き分ける絵付けタイルも、高度な技術と美的感性と手間を要するものであるのは言うまでもないことです。

その一方で、講師の方は、ビザンチンのモザイク(人物の具象)を何度もアップにして映しながら、「大変な手間がかかっている。すごい」と絶賛していました。なぜビザンチンの具象が素晴らしく、イスラムの幾何学や植物文様が「簡単」なんでしょうか。
そこには、建築や美術において、いえそれだけでなく、全般にイスラム文化はヨーロッパの後じんを拝しているもの、という考えが底流にあるように思えてなりません。発想の背景、わかりやすすぎますよ!

なぜイスラム圏でタイル装飾が発展したのか・・・それは、タイル装飾が、かの地の「土の建築文化」の最高の美の表現であること。そして、モザイクタイルをはじめとして、タイルを壁面に使うことは贅沢このうえなく、費用が莫大にかかり、製作施工が大変だったから

つまり、権力の象徴であることが一目でわかる。だからこそ、権力者によって爆発的に使用されたのです。簡単だから、ではなく、逆に簡単ではなかったからこそ発展したのだと私は考えています。

もちろん青の輝きを愛した権力者もいたでしょうし、神のいる天国を思う人もいたでしょう。でも基本は王朝の、都市の文化の厚みと力を内外に示すものだったと思います。また、細かいことですが、「タイル装飾は9世紀から発展した」という認識も、やや注釈付きだと思います。「発展」ということになれば、やはりセルジューク朝を待って語りたいと、私は思います。

e0063212_9432631.jpg
(カラタイ・マドラサのモザイクタイル/ルーム・セルジューク朝時代、1251年/orientlibrary)

e0063212_944123.jpg
(サマルカンド、シャーヒズインダ墓廟、浮彫り幾何学模様タイル/14世紀後半か/orientlibrary)


日本では、タイル=お風呂や水回り、というイメージが強く、装飾的に使われる機会が少ないため、絵画などに比して芸術的な意味では低く見られがちです。けれども、焼き物の国・日本でならば、きちんと情報が伝われば、陶が壁面に使われることの贅沢さ、アートとしての陶板という視点で、壁面タイルを見てもらえると確信します。くどいようですが、素晴らしい焼き物を壁一面に貼っているのです。

だから、「インテリアのセミナー」で「引っ張りだこの講師」さんが、「タイルは簡単」という自説を「講義」として披露されたのは、個人的に大変残念であり、「インテリアを専門とする方にも、そういう認識なのかなあ」と、ショックでした。「どんどん意見をください」とおっしゃっていたので、考えた末、2時間もかけてメール(上記の主旨)を書きましたが、半年たっても「メール着いた」メールも頂いていません。

*写真、上から4点は「TRADITIONAL ISLAMIC CRAFT IN MOROCCAN ARCHITECTURE」より引用。

** モザイクタイルについてのブログ内記事 **
「最も熟練した職人がおこなうモザイク作りのプロセスを見たい!」
「装飾タイルの施釉 輝く青はこうして作られる」
by orientlibrary | 2007-07-28 00:11 | タイルのデザインと技法

風と土、火と土、水と土、人と土

●アッサラーム・アレイコム!1週間ほどブログをお休みさせていただきます。気候が不順ですが、皆様、ご自愛くださいね。

e0063212_11214988.jpg
(常滑の宝石、「泥団子王」@INAXライブニュージアム。土を好きで好きでたまらない人たちが作り出した光り輝く泥)


e0063212_1518869.jpg
(中世からの陶芸の伝統のあるウズベキスタン・リシタンの工房にて。季節の花が咲く中庭に、陶工さんたちが陶器という花を咲かせる。陶工さんと子どもたちは仲良し。おしゃべりにも花を咲かせる)
by orientlibrary | 2007-07-17 11:23 | ウズベキスタンのタイルと陶芸

中央アジア 食器・茶器に隠れた個性が!?

●陶芸の国・日本、誰もが毎日のように陶器を使ったり見たり触れたり、やきものが暮らしのなかに、空気のように自然にあります。他の国はどうなのでしょう。

e0063212_2271996.jpg
カザフスタンのバザールにて。濃紺に鮮やかなピンクの花)

●装飾タイルが美しい中央アジア。なかでもウズベキスタンの陶芸は千年以上の歴史を持ち、リシタン、ギジュドゥバン、ウルグットなど、個性的な陶芸産地がいくつもあります。

●ところが、、、バザールやレストランでも、つい食器を見てしまうのですが、どこで見ても同じような濃紺色に白抜きなどの茶器や食器ばかり。家庭の食卓でも同じものです。どうしてこうも画一的なんでしょう。

e0063212_227473.jpg
カザフスタンのバザールにて。シックな感じ)

●でも、5月のウズベキスタン滞在時、いろいろとコーディネートしてくれたF君が、「今朝は、朝5時から、月1回開催される陶器のバザールに行った」と言うのです。

私:「(驚いて) え〜!私も行きたかった〜!!」
F:「たくさん店が出てすごいよ〜。いろんなのがあって面白い
私:「(ふと気がついて) でも、、みんな同じじゃないの?」
F:「作る人によって少しずつ違うよ。値段も違うし。(値段交渉で疲れ気味)」

e0063212_2281022.jpg
ウズベキスタンの家庭の食卓。ティーポット は綿花の模様かな?ティーコーゼで保温)

●え〜、、、私には同じように見えていた紺色の食器が、違いがあるなんて、、甘かったです。写真をチェックしてみると、色や形は同じなんですが、たしかに、模様が違います。なかなか芸が細かい!?

e0063212_2283141.jpg
キルギスの家庭にて。フェルト風柄がかわいい)

●キルギスのティーポット(↑)はオレンジ色がパッと明るく、キルギス独特のフェルトのような柄です。注ぎ口の先に茶こしがついているのも面白いですよね。

●「隠れ違い文様」の紺色の食器に加えて、花柄などの食器を見ることもあります。また、陶芸産地では特産の陶器が使われるのをときどき見ましたが、普段使いではないようです。

e0063212_2285448.jpg
ウズベキスタンの家庭にて。イチゴが旬だった。家庭料理は野菜が多くてうれしい。手前はリシタンの皿)

●ウズベキスタンの陶器は、焼成温度は1000度ほどで軟陶が多く、色絵で抽象画や幾何学模様が描かれます。軟陶であることから、飾りとしての使用が多く、またはもてなしの場で大事に使われるようです。それもあって、なかなかレストランや家庭の食卓では見かけないのかもしれません。

●もてなしといえば、フェルガナのハーブ園では、これがシルクロードのホスピタリティなのかな、と、うっとりするような時間を楽しみました。

e0063212_2292136.jpg
(ウズベキスタン・フェルガナにて。右下の茶碗はリシタンのもの。青がきれい。のびのびしたデザインに心がなごむ。中はなんとシャンパン!奥の白いものが入ったビニール袋にも注目。香りのいい花が入っていて、袋から匂いを嗅ぐ。うっとりのアロマ。これももてなしのひとつ)

●戸外のスーリにテーブルセッティングして、皿はいつもの濃紺のもの。プラス、リシタンの茶碗があることで、ぐっとオシャレな感じになります。やはり個性的な陶器はいいなあと思います。

●肉類が苦手な私ですが、写真にある炭火焼きの羊のケバブ、生まれて初めて肉というものを「おいしい」と思いました。塩気がきいて柔らかく旨みがありました。シャンパンやハーブ園の空気の良さも応援団だったかもしれません。

●予想外に深かった「おんなじ」食器、これからはもう少し注目してみてみたいです♪
by orientlibrary | 2007-07-11 22:16 | 中央アジア5カ国

七夕記念 ハッピーに巡る世界の人と木

●スーパーなどにある定番のお菓子「ハッピーターン」をご存じですか。長方形で塩味の洋風せんべいといった感じ。でも、この「ターン」は、どこからきているんだろう。不思議ですよね。私にとっても、長年の疑問でした。

e0063212_1748674.jpg
(ふわっとハッピー、そんな笑顔が可愛かったキルギスの女の子)


●「ハッピー」はお菓子だから、ありうると思うんですが、なぜターンなの?「ターン」、、パキスターン、ウズベキスターン、カザフスターン等々、ターンには「〜の国」といった意味があります。  (〜〜正確には「〜スターン」で、「〜が多くある(いる)ところ」といった意味だそうです。失礼しました!& charsuqさん、ご指摘どうもありがとうございました♪♪)

●じゃあ、ハッピーターンは幸せの国?でも、そのためにターンを使うって、かなりのマニア、、。と、長い間頭を悩ませてきたこの問題が、先日あっけなく解決しました。

●新聞の「逸品ものがたり」コーナーで、「バタータン」というハッピーターンの先輩のような欧風かきもちが紹介されていて、こう書いてあったのです。「バタータンのタンは短冊のタン。短冊形に切った米生地を手焼きし焼き上がったところに塩やバターをまぶす」。

●これだったんだ〜♪と納得しましたが、気になってハッピーターンをネットで調べてみると、「第一次オイルショックの影響で日本中が不景気な時期に、文字通り幸せが戻ってくるようにと亀田製菓は新商品にハッピーターンと名付けた」(はてなダイアリー)。

●う〜ん、、バタータンは昭和30年代の発売。ハッピーターンは1977年の発売。とすると、短冊のタンをベースに、当時の時世から新しい意味を込めたのかな。同じじゃ芸もないし!

●そんなハッピーターンのことを考えているうちに、ふと気づくと、七夕ももうすぐ。色とりどりの短冊に書かれた願い事、竹にきれいに飾ります。天に昇るようにスクッと伸びた木に、何かを託す心情、これは今も昔も変わりませんよね。神社のおみくじも木に結んで帰ります。結ぶって、何かを願うことに通じるのかな

聖地や宗教施設、お墓などには、聖木などの植物が植えられていることが多いですよね。そこに願いを込めて何かを結ぶ。そんな光景を、旅先で幾度か見た気がします。


e0063212_174939.jpg

●写真があるものだけですが、、(↑)はウズベキスタンの聖者廟にて。廟の裏手に聖者が瞑想した穴があり、その近くに木があって、布が結ばれていました。


e0063212_17495363.jpg

インドのタミルナードゥ州では、人形などが賑やかに飾られていました(↑)。石(ここでは煉瓦)などを積み上げるのも、聖地などで見られる光景ですよね。


e0063212_17493725.jpg

●木といえば、カンボジアではこんな光景も。タマリンドを取っている?(植物ヨワイです)。手前に干しているのでは?僧侶のオレンジ色の袈裟と緑の木々のコントラスト、東南アジアだなあと感じます。


e0063212_17501980.jpg

●木ということで、こんな「木」がありました。インドネシア・中部ジャワ、マグマが吹き出しているところ(かな?理科ヨワイです、、)に行きました。地獄谷どころじゃありません。日本なら柵がしてあって絶対近寄れないと思いますが、すぐそばまで行けます。近くには温泉がわきだしていました。

●そこのおみやげ物(↑)です。地獄谷の鉱物でできた盆栽?(かな?理科ヨワイです、、)こういうもの、見るぶんには楽しいです。お土産ものひとつにも、地元のひとのセンスや考え方が反映されますよね。

●な〜んて、軽すぎの話題で失礼しました。また次回!
by orientlibrary | 2007-07-05 17:56 | 中央ユーラシア暮らしと工芸