イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

秋の芋煮&シルクロードじいちゃんズ

◆ 芋煮 ◆

竹林での芋煮&焼き芋会がありました。掘りたてのお芋はほくほくとしておいしかった。インド・ヒマラヤで長く修行した音楽家によるシタールのコンサートも。深まる秋を五感で味わう贅沢な時間でした。

e0063212_13581321.jpge0063212_13582686.jpg






◆ 最高の老後とは ◆
雑談になりますが、先日、新聞で小さな記事を見つけてびっくりしました。「東京都は、旧グッドウィル・グループ(港区、現・ラディアホールディングス)が開設した有料老人ホーム「バーリントンハウス馬事公苑」で、耐震強度の不足が見つかったと発表した。最も低い部分で建築基準法の耐震基準の68%しか満たしておらず、計900カ所で建築確認を受けた設計図面よりも鉄筋本数などが少なかった」。

唖然としました。「平成18年5月にオープン。高級ホテル並みのサービス提供が売り」のこのホーム、以前知人の見学に同行させてもらい中に入ったことがあるのです。入居時数億円+毎月数十万円〜50万円ほどかかります。見学も経済力や地位のある人優先であることが想像されます。同行見学できてラッキーでした。

内部にはびっくり。たしかにホテルのような豪華風内装。プールや陶芸工房からエステ、ペットケアサロン等々、あらゆるものが揃っており、ケア〜医療も充実。さらに最重要ともいえるレストランは、有名店出身の料理人たちが腕をふるう健康配慮のメニュー。これがおいしかった(ランチ付き見学です)。五目ご飯や煮物など和食でしたが、百貨店に入っているレストランより上ではと思いました。

とにかく全体を通して、驚き、カルチャーショックを受けました。が、帰り道は複雑な気持ちでした。老後の安心としては、たぶん日本で最高クラスなんだろうけど、、でもあれが最高だとしたらなんだか淋しい、そんなものだろうか、と。高額の費用を対価とする笑顔のサービス、それが日常。ホテルみたいな暮らしって安らぐのかな。

と、貧乏人を考えさせた超高級施設が、なに〜、耐震強度不足〜?!構造って一番の基本じゃないですか!鉄筋抜いたのか〜、、クラッとします。「旧グッドウィル・グループ」、、以前、あるリゾート地で、細部の設計やサービスがなんかヘン、と感じた施設がありましたが、元々はこのグループが作ったのだと聞きました。細部に出ちゃうんですよね。見えない構造とかにも。勉強になりました。見かけや甘言にまどわされないよう、地に足のついた感覚を持って生きていきたいです。

e0063212_1403621.jpg
(シルクロードじいちゃんズ/写真提供=YSさん/身長は皆7cmくらいです)


◆ シルクロードじいちゃんズ ◆
気分が重いとき、シルクロードのじいちゃんたちに会いましょう。この地域での「老後」については詳しくわかりませんが、じいちゃんたちはチャイハネで茶を飲み、ばあちゃんたちはバザールで野菜を売ってたりします。

e0063212_142245.jpge0063212_1425858.jpg

まだまだ伝統的な暮らし方を大事にしている土地柄、老人の存在感は確かなのではないでしょうか。お人形ひとつとっても、そんな空気が垣間見えませんか。

e0063212_149083.jpg

e0063212_1424490.jpg

e0063212_1431349.jpg


いかにも「シルクロード」というお土産の人形です。最近では、観光地にたくさんの土産物、なかでも陶器が豊富に扱われています。編み目が後ろに見えるものは土産物アイテムですが、編み目はむつかしいと聞きます。割らないで持ってくるのも大変なんですよ。

e0063212_14125417.jpg

e0063212_1434430.jpg


衣装、表情、仕草も、十人十色。机の前などに置いて、ときどきフッと見ています。私の応援団です。

<リシタン陶器について>

ウズベキスタンの様々な工芸の中でも、陶芸は尊敬されるものです。各地に古代からの伝統を受け継ぐ陶芸の流派があります。リシタンはフェルガナ盆地の南端にある町。土や顔料など陶器制作に必要な良質の素材に恵まれ千年以上前から焼き物が作られてきました。天然釉薬「イシクール」を使った鮮やかな青と、繊細な植物文様の絵付けが特徴。中央アジアだけでなく中東諸国、ヨーロッパ、アメリカなどの市場に輸出されウズベキスタンの有力な貿易品目にもなっています。

e0063212_14222724.jpg
(写真提供=FNさん)
by orientlibrary | 2008-11-20 14:18 | ウズベキスタンのタイルと陶芸