イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

アフマド・ヤサヴィーの扉

このところ更新が遅く&少なくて、せっかくたくさんの方に遊びに来ていただいているのに、申し訳ない気持ちです。また時期がきたら、どんどんスタディして、皆さんに見ていただきたいなと思っています。こんなブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。(^_-)-☆

先日、コンパクトデジカメがなんだか白っぽく映るようになり、おかしいな、とビッグカメラの店頭で聞いてみたら、「壊れてますね、完全に」「・・・・え?、、カメラって壊れるんですか?」「光学器械ですから壊れます」「・・・・」。カメラを寿命まで使ったことって初めてです。そういえば、このところよく使ったもんなあ、、。そんなわけで思考力もないなか、店の人一押しのリコーの「R8」というのを買いました。

1センチの接写でもホコリまでくっきり映るのが最大のウリ。たしかに全般にくっきりで感心しました。ただ、、問題は色、ですね。色が冷たい感じ。なんとなく機械的で味わいがないようにも思いますが、、でもブレ専門の私にくっきりというのはうれしいです。そんなわけで、しばらくこのコンデジと一緒に出歩くことになりました。

さて今回は、トルケスタン(現在のカザフスタン)にある聖者廟「アフマド・ヤサヴィー」の扉を特集してみました。これまで何回かヤサヴィー廟のタイルについて書いてきましたが、扉も細工が細かくてとても綺麗だったので、私にしては珍しく扉も結構写真を撮っていました。ごらんください。(キャプションはまた少しずつ追加で書いていきます。最近この方式が多くなってます。ご了解くださいませ)


e0063212_9132670.jpg



e0063212_9131444.jpg



e0063212_9134442.jpg



e0063212_914110.jpg



e0063212_9141380.jpg



e0063212_9142451.jpg



e0063212_9143861.jpg



・・・・・・・・・・・・・・

 「巡礼地アフマド・ヤサヴィー廟 待望の訪問」はこちらから。

 「サファヴィー建築とムガル建築のお母さん!?・・・ヤサヴィー廟」はこちらから。

 木材×ペインティングについては「日々を彩る、美への意思。ウズベキスタンのペインティング」。こちらから
by orientlibrary | 2008-08-26 09:19 | 中央アジア5カ国