イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

トルクメニスタンにアハルテケあり!

トルクメニスタン(+カラカルパクスタン)の旅行で、最も感動したのはメインの目的であったホラズムのタイル。そして2番目は、名馬「アハルテケ」の美しさでした。(数々の名だたる遺跡じゃないのか!?という感じですが、、即物的なんでしょうか、私。。)

e0063212_21332483.jpg
(カードにもアハルテケ。「この国が好きだ!」というコピーとともに)

「アハルテケ」は、汗血馬(かんけつば)の子孫ではないかと言われる馬です。汗血馬といえば、『漢書』に「大宛(現在のウズベキスタン・フェルガナ地方)に天馬種あり」と書かれ、「一日に千里を走る」と言われた名馬中の名馬ですよね。

漢の時代の戦闘では、馬の善し悪しは騎馬軍団の能力を決定するもの。また権力の象徴としても、大きな意味があったようです。たしかに、馬に乗っている人って、上から見下ろす感じになり、力強く見えますよね。疾走すれば、さらに!

e0063212_21355788.jpg


中央アジアの馬は、当時の中国の皇帝や将軍たちの憧れ。とくに前漢の武帝はどうしてもこの汗血馬を手に入れようと、大宛に遠征軍を送ったほど。

血のような汗を流して走る」ことから汗血馬と呼ばれるようになったのですが、馬が皮膚の表面に出血するのは、現代では寄生虫によるものとも言われているようです。けれども、吹き出る汗と一体になって流れ落ちる血は、駆け抜ける馬体を赤く濡らし神秘的にも見せたのではないでしょうか。カッコイイですよね〜!

e0063212_21353739.jpg


アハルテケは、1935年に4152㎞(アシュハバードからモスクワまで。うち1000㎞は砂漠)を84日間で走破する記録を作ったそうです。走りますね〜!!乾燥気候に適応し、サラブレッドなど多くの品種を改良する際に利用されているとも聞きました。

見学したアハルテケの飼育場は、首都アシュハバードの郊外にありました。民族ドレスの女性たち(オーナーの娘さんたちのようです)に迎えられ、中へ。最初に目に入ったのは、なんと金色にも見えるアハルテケ!う・つ・く・し・い〜!!足が長く、たてがみが短め。これは汗血馬の特徴とそっくりなんだそうです。

e0063212_21342861.jpg


飼育場の中には、10頭くらいのアハルテケがいました。灰色の馬体のコンテスト優勝馬も。外の一角には子馬たちが。かわいい〜!♪!でも、こちらは柵越しにチラッとしか見られませんでした。宝物状態!?!そうこうしているうちにデモンストレーションが始まりました。

e0063212_21351410.jpg


どの馬もきれい〜!動くと美しさが格段に増します。見とれます。疾走する姿を見てみたい、、。育てるのにさぞや神経を使うのでは、と、オーナーに「アハルテケの飼育でいちばん大変なことはなんですか」と聞いたところ、しばし間をおいて、「金だね」。「・・・」。「金があれば簡単。金がないと大変」。もう少し文学的な答えを想像していましたが、、。たしかに現実はそうなのかも。

e0063212_2224917.jpg


たぶん、ものすごい費用がかかるのではないでしょうか。売れたら1億円とも聞きましたが、、。それにしても、経費は半端な額ではなさそうです。太っ腹そうなこのオーナーは何者?と思っていましたが、、お手洗いを借りるためご自宅に入れてもらうと、 、室内は絨毯の海。本場の、ト、トルクメン絨毯ですね!

e0063212_2243146.jpg


「す、すごいですね〜!」、「オレが作ったんだ」、「・・は!?」。聞けば、絨毯工場を経営しているそうです。なるほどお。納得。馬を飾る毛織物もきっちりときれいだったですよ〜。さすがです!

絨毯とアハルテケ。トルクメニスタンを代表する二つの美しいものに囲まれて(というか、生産して)いるオーナーは、トルクメニスタン一幸せな人ではないでしょうか。堅苦しい印象が強かったトルクメニスタンの旅行のなかで、(唯一?)おおらかな人柄に触れたのも、感動第2位に入った理由かもしれません。(今回は、旅行記風に書いてみました)

e0063212_2152347.jpg
(見とれるような毛並みのお手入れに)
e0063212_21524597.jpg
(人形のアハルテケも脚が長い)
by orientlibrary | 2008-05-27 22:05 | 中央アジア5カ国