イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

土壁、土の屋根。土の建築伝統が生きるイラン

「5000年前の日干し煉瓦に勝るものは作れない」、前回記事でご紹介した久住章さんが遺跡の修復に関しておっしゃっていたことです。「作り方が違うようだが、専門家の間でも明らかになっていない」とも。
日干し煉瓦といえば、土に水と藁などを加え枠に入れて成形し天日で固めるもの、もっともシンプルな建築素材、という印象を持っていましたが、様々な工夫が必要なのかもしれません。

e0063212_1124889.jpg
(日干し煉瓦の例ではありませんが面白い形状の壁。イラン北部地方。土壁の段にふくらみを持たせているのはなぜ?きっと何か合理的な理由があるのでしょうね/『IRAN jewel of jewels』・gooyabooksより引用)

◆ 日干し煉瓦の作り方 ◆
●日干し煉瓦について調べたい。土の建築伝統を体現する国・イランを見てみることにしました。こんなとき頼りになるのは、『ペルシアの伝統芸術〜風土・歴史・職人』(平凡社)。建築技術やタイル製作などが詳細に書かれている秀逸本です。期待通り日干し煉瓦製作の工程がくわしく書かれていました。(以下は同書より。読みやすいように書き直している部分があります)

*土の入手=家を建てるときに掘り下げる土を材料として用いる。不足分は近くの採土穴から入手する
* 調整=土は十分な水で細かいものと粗いものを分け余分なものを除去する
* 混ぜ土作り=その土に切り藁を加え足で踏んで混ぜ合わせる。鍬でさらによく混ぜる
* 型置き=煉瓦の型作り職人が地面に切り藁を薄く敷き、木製の煉瓦の型を平らに置く
* 型に入れる=土と切り藁の混ぜ土を型に投げ入れ素手でたたいて隅々までいきわたらせ余分な土をまっすぐな板で掻き取る
* 抜く=素早く型を持ち上げると煉瓦が地面に残る
* 次の煉瓦=型をその隣に置く。こうして煉瓦を型作りし1時間に約250個の煉瓦を作る
* 乾燥=よく乾くように煉瓦を立てて3〜5時間、1〜2日間、日なたで乾燥させる
* 製作時期=空に一片の雲もない暑い夏の数ヶ月のみおこなう

e0063212_11215167.jpg
(イラン北部の景色。雪の中の土の家々/orientlibrary)

工程としては今も変わらないのでは、と思うのですが、細部に微妙な経験則などがあるのでしょうか。神殿や宮殿などではより良い土が選ばれたりするのでしょうか。このあたり私にはわかりません。煉瓦のサイズについても書かれています。

* 現代の煉瓦=20㎝×20㎝×4㎝
* バビロン=40㎝×40㎝×10㎝
* ペルセポリス=33㎝×33㎝×13㎝
* ササン朝=38〜50㎝×38〜50㎝×9〜13㎝
* 初期イスラム建築=23㎝×23㎝×5㎝

e0063212_11325517.jpg
(タフテ・スレイマーン。雪に覆われた日干し煉瓦の建物/orientlibrary)

日干し煉瓦はモルタルで接着して、壁やヴォールトなど曲面にも用いられます。イランの暑さに対処するため外壁の厚さは60〜90㎝必要なのだそうです。厚いですね〜!箱状の空洞を作ることもあるそうです。そして仕上げです。

* 土と切り藁の混ぜ土で下塗りするが、少量の石灰を加えて耐水性を持たせることが多い
* 鋼鉄製の鏝(こて)で下塗りしたあと、木製の鏝で滑らかに仕上げる

e0063212_11262034.jpg
(イラン北部にて。どうして藁を積んでいるのかと謎でしたが、もしかして雨や雪を防ぐため?単に藁の乾燥〜保存のため?/orientlibrary)

◆ 土の建物のメンテナンス ◆
●乾燥しているといっても雨も降ります。気になるのは耐水性です。壁はまだしも屋根や天井はどうなっているのでしょう。

* 天井板などの上に藁で編んだマットを敷き、土と切り藁と少量の石灰の混ぜ土を何層にも分けて敷いていく
* 各層を十分に乾燥させ石製のローラーで固める
* 切り藁の割合が高いアゼルバイジャン地方では50〜63㎝に達する
* 雨が降ったらそのつど屋根をローラーで固める必要がある。そうしないと乾くときにひび割れてしまう。溶けかけの雪は雨よりも早く浸みこむためすぐに取り除く。ローラーは常に屋根の上に置いておく
* シロアリや木喰い虫を防ぐために十分な量の塩をマットに蒔き混ぜ土にも混ぜておく

e0063212_11253391.jpg
(イラン北部にて/orientlibrary)

きめ細かいメンテナンスが必要なんですね。でも、土製の屋根は夏に涼しく冬には暖かく部屋を保ってくれるそうです。同書の著者ハンス・E・ヴルフ氏はこう書きます。「驚くことに、粗末な農家ですら多くの建築資材や技術が用いられている」。日本でもイランでも、そして世界各地で、心地よい住まい作りとその維持のための工夫と努力が続けられてきたんですね。

e0063212_1125332.jpg
(ソルタニエにて/orientlibrary)
by orientlibrary | 2008-04-10 11:46 | タイルのデザインと技法