イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

椰子を編む少女

私の好きなエリアに共通する植物、大事にされている植物、活用されている植物に「椰子」があります。中東ではナツメヤシ、東南アジアではココヤシ

e0063212_172846100.jpg


●同じ椰子でも果実(デーツ/ココナッツ)は形も味もまったく違いますよね。でも美味!デーツの濃縮した甘味、ココナッツのみずみずしさ。旅先で食べる土地のものは最高においしいです。

●今ちょっと気分にインドが入っていて、インドの空気感でテンションを上げていこうとしています。インドの中でも暑いところ。クラクラするような熱が欲しい気分です。

e0063212_9161997.jpg


●そんな暑いインド、タミル・ナードゥ州椰子の葉を編んでいる少女を見かけました。かたわらには椰子の葉で屋根をふいた(と思われる)小さな家がありました。自分で作れる家、その「軽さ」に惹かれます。炎天下で椰子を編み続ける少女の邪気のない笑顔。スカーンと抜けるような思い切りのいい笑顔でした。

e0063212_17291327.jpg


すべてのものが繁茂しようとしのぎを削っている、そんな生命力あふれる世界。想像はどんな時でも自由で、どこへでも行けます。湿潤な風を感じてうっとりしている私です。 (次回よりタイルや建築、再開したいと思ってます!)

e0063212_17295282.jpg

by orientlibrary | 2008-03-26 17:31 | インド/パキスタン