イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

イスラムのきれいなもの、花の美、花の力

●今年後半は、タイルのスタディをほとんどしないまま、日々がすぎてしまいました。時間をうまく使わないとダメだなあと思いながらタイルの写真を見ていたら、、やはりキレイですね〜!「土族」魂がフツフツとしてきました。

e0063212_17425416.jpg
(ブルーモスク・内部壁面タイル装飾・モザイクタイル/タブリーズ/15世紀/キリリとした茎、シンメトリーなのに躍動感あふれる花)

●このところ、「写真でイスラーム」のmiriyunさんが色と花模様に注目しながらトプカプ宮殿のタイルをシリーズで紹介されていました。オスマン朝トルコは、サファビー朝イランと並び、タイル装飾の雄。チューリップやカーネーションなどの愛らしい花模様に特徴があります。

●トルコの花といえば、細密画でも勇壮なスルタンが可憐な花を持っています。同時代のインド、ムガルの細密画では、髭をたくわえた皇帝がなんとも優美な花模様の衣装を纏っています。中央アジアの雄・ティムールも武勇で名を馳せましたが、ティムール期の建築物は花模様のモザイクタイルがなんとも可愛らしいのです。

e0063212_17431793.jpg
(ムガル・インド/ジャハンギールの肖像細密画/『mughal India』 より引用/木版捺染の衣装が優雅!花も持っています。細密画はオスマントルコ、サファヴィー朝の影響を受けています)

●『もうひとつのアフガニスタン・カブール日記』などを撮った土本典昭監督がアフガンに関わるようになったきっかけは、「兵士が銃口を花束で飾っていることを知り、アフガンに惹きつけられた」のだそうです。

●花と武器は一般的には相反するものというイメージがあると思うのですが、イラン、トルコや中央ユーラシアあたりでは、花はなんの違和感もなく勇壮なシーンに溶け込んでいます。細密画や建造物は権力者の力を示し、また何らかの意志を表すものだと思うのですが、花にはどのような「力」があったのでしょうか。

e0063212_17495777.jpg
(サマルカンド/シェルダリマドラサ・モザイクタイル/ティムール期からのウズベキスタンの花模様は愛らしい。ペルシアの職人の影響あり?)

●古代より古今東西、植物は装飾のモチーフになってきました。イスラム以前の中東、ローマ時代、ササン朝、ビザンチンなどでは、アカンサスの葉、蔓、葡萄の房、ロゼッタ、パルメットなどが、デザイン化されました。ガッチリと力強い感じがします。花もキリリとして葉の延長のような印象を受けます。

e0063212_17433937.jpg
(サマルカンド/ティッラカッリマドラサ・モザイクタイル/構成、色、デザイン、、素晴らしい!)

●イスラム美術では、ほとばしるような連続模様を描くなかで、植物文様がより流麗化、魅力化していったように思えます。13世紀、イルハーン朝あたりから、生命感あふれる美しい花が、ラスター彩やモザイクタイル(ヤズドの金曜モスクなど)で表現されています。陶芸やタイル製作の画期的な進歩を感じます。素晴らしい。イルハーン朝からティムール朝あたりのタイルには、本当に惚れ惚れします。

●でも、たとえば同時代のマグレブ、モロッコなどは、幾何学模様が主。植物もデザイン化されたものが幾何学的に構成されていますから、花を花として愛らしく美しく表すのは、時代という要因ではなさそう。イランや中央アジア世界が、花をこよなく愛し、さらに権力者みずからが身に纏うのはなぜなんでしょう。気になる〜!

e0063212_19172244.jpg
(パキスタン・ウッチュ/聖者廟/15世紀頃/この時代のムルターン周辺のタイルは青が鮮烈、かつ花模様がシンプルでとても可愛い。細密なモザイクにはならなかったけど、タイルに込めた思いを感じます。大好きです)

●本を読み始めていたんですが、まだわかりません。ただ、思うのは、花には力があったんだ、ということです。美しいもので他を圧倒するというのもひとつの戦略かもしれないし、何らかの作法や教養だったのかもしれないし、日本の武将が茶室で心を静めたような精神的なものがあるのかもしれない、なんて、思いは広がります。

e0063212_17451076.jpg
(遊牧民のキリムの花模様/orientlibrary所有。見ていると元気になってくる。遊牧民の織物にはそんな力があります/ホラサーンクルドだった?)

●ブログ更新がなかなかできず、タイルスタディも中途半端なまま。こんなブログですが、ゆっくりでも少しずつ続けていきたいと願っています。今年一年、訪問して下さった皆様に感謝いたします。いつも励まされています。どうもありがとうございました。そして、、♪♪来年も、どうぞよろしくお願いいたします♪♪

*** ブログ内関連記事 ***
「ユーラシアの空の下 花咲くタイルたち」
「時空を超えて、パルメット文様、大集合」 
「フェルガナ、カーブル、ヒンドゥスターン ムガル花模様の旅」
「インド・ラジャスターンに咲く サンガネールの優雅なブロックプリント」 
by orientlibrary | 2007-12-28 18:06 | タイルのデザインと技法