イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

キルギスの不思議な湖と岩絵博物館(?)

●「ずいぶん会ってないけど無事なのか」という感じでブログを見て頂いている方もあるようです。一種の「消息記」でもあるので、ある程度の頻度で書きたいと思っているのですが、そうもいかない時があります。

e0063212_18294960.jpg


●最近はとくに、スタディができていないので残念、、。そんな気持ちで写真を見ていたら、岩がゴロゴロしている写真に目がとまりました。キルギスの「チョルポン・アタの岩絵野外博物館」です。博物館とありますが、野ざらしの、そのまんま。なんというか絵に描いたような荒涼感が、逆に見事という気がします。

e0063212_18302129.jpg


動物の絵はクッキリと見え、素朴な線ですが、大きくノビノビと描いています。

●岩絵の彼方に見えるもの、それは「イシククル湖」。「熱い(イシク)湖(クル)」という意味を持ち、数少ない古代湖のひとつなんだそうです。周囲には多数の鉱山があり、ソビエト時代には外国人の湖畔への立ち入りは禁じられていました。井上靖さんが憧れた湖としても知られていますね。

e0063212_1830405.jpg


●湖にはいろんな不思議があり、冬は厳寒の気候にもかかわらず湖面は凍らないといいます。また多数の遺跡が水没していることが確認されているそうです。遺跡がここに?山の中ですよ。湖畔に陶器など湖底の遺跡のものが打ち寄せることがある、、見てみたいです〜!

e0063212_1831212.jpg


●大きさは琵琶湖の9倍。水深は世界第4位。
透明度は第2位。船でクルーズしましたが、湖面の青色は、前回触れたラピスラズリのようなクリアな濃い青。しかも彼方には真っ白な天山の連山が連なります。晴天に恵まれたこともあり、水色の空と白の天山山脈と真っ青な湖面を堪能することができました。

●、、タイルも、もう少しじっくりスタディしたいです。サクサクのネタで失礼しました。ではまた〜♪

*** ヨロンに行ってきます。お返事等遅れるかもしれませんが、コメントどうぞよろしく〜♪ ネットはできます。では〜! *** 
by orientlibrary | 2007-11-29 18:34 | 中央アジア5カ国