イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

鷹匠のいる草原

◆◆ ミナレットとサマルカンドペーパー ◆◆
前回11世紀〜12世紀頃の事例をいくつかご紹介した「ミナレット」は、モスクに付随して立つ塔であり、礼拝の呼びかけをおこなうために使われます。ミナレットから聞こえてくる呼びかけの声「アザーン」は、旅行者にイスラム圏に来たなあ、という感慨を起こさせます。そんなミナレットの歴史や形状、装飾などについて調べ始めています。が、ちょっと時間がかかりそうです。

e0063212_190268.jpg


もうひとつ、「サマルカンド・ペーパー」についても、少しずつ調べています。こちらは、唐が現在のカザフスタンにあるタラスでアラブ軍との戦いに敗れたときに、捕虜となった中国人が伝えた紙漉きの製法から作られたもの。

これがヨーロッパに伝わり、紙を通して東西文化が接触するのですが、その舞台となったところがフェルガナである点に興味を持っています。また写本や細密画(ミニアチュール)に使われただろうことを想像すると、ちょっとドキドキ。そんなわけで、『紙の道』(陳舜臣/集英社文庫)を手に入れたくて、amazonのユーズドで購入したのですが、本の値段がなんと1円(郵送代は別)。これってなんなんでしょう。封筒代にもならないと思うのですが、、。

以前、70ドルくらいで買った本が12万数千円で売られているのを発見して驚きましたが、最近、「値段」って、一筋縄ではいかなくなっていますね〜。でも、1円で入手できたのは、とにかくラッキーでした。私の知りたいティムール時代までの、かの地の歴史も満載で、うれしい!

長々書きましたが、つまり、書きたいテーマについて書けるところまで至っていないんです(悲)。

e0063212_22561632.jpg


◆◆ キルギス、鷹狩りと天幕 ◆◆
そんなときは、鷹の手も借りたい!ものですよね。キルギスのジェティ・オグスで見たイヌワシ(ゴールデン・イーグル)を使った伝統的な狩りのパフォーマンス。鷹匠と鷹、息があってました。鷹匠の衣装もシブイですよね。かわいそうなのはウサギです、、。1キロほども離れたところから流れ星的速さで飛んできた鷹に喉を直撃され、、ゴメンね。ホントに電光石火の技でした。

e0063212_1902537.jpg


観光ならではで、鷹を腕にのせないか、という次の段階へ。腕力に優れた人たちはサマになります。でも、私は当時まだ右腕の腱鞘炎が完治しておらず、左腕でトライすることに。最初は「鷹は左腕に慣れていないからダメ」と言っていた鷹匠も、結局は「いいよ」ということに(経済原理か?)。

でも、左手って右手よりヨワイものですね。鷹の重さにちょっとブルブルき始めた左腕の上を見れば、「しっかり乗せんかい〜!!」と怒りをあらわにし、今にも飛びかからんばかりの鷹が、、。キルギスの神様のおかげで、今も元気にしている私です。

e0063212_22541646.jpg


狩りパフォーマンスの向こうの山裾野を見てみると、なぜかアヒルがいて、、その向こうでは、なんと「ボウズイ」(キルギスの天幕)を使って夏の茶屋を開く準備をしていました。天幕と彼らの持ち物、しっかり撮ってきました。素敵でした!
by orientlibrary | 2007-08-27 19:10 | 中央アジア5カ国