イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

中央アジアの小さな町々 バザールぶらぶら歩き

トゥルケスタンは、カザフスタンのなかでもウズベキスタン国境に近い町。15世紀初頭にティムールが建てた「アフマド・ヤサヴィー廟」(世界遺産)があり、最近は観光にも力を入れているようです。

e0063212_925566.gif

●といっても、町のバザールはローカルの色濃く、生鮮食品、生活用品から大工道具、化粧品、衣料品など、日々の暮らしに欠かせない品々があふれています。

●国境の検問はきびしく、空港はわけのわからない難癖をつけ、ホテルのホスピタリティレベルは低く、官僚的な部分だけならばカザフスタンにはあまりいい印象を持てないところでしたが、バザールの人たちは、いたって陽気でおおらかでした。

e0063212_2255329.gif

●旅行好き、写真好きの方は、いろいろと経験されていると思いますが、地域によって写真に対する態度や意識は違いますよね。撮ってくれと次から次に人がやってくるところもあれば、毅然として拒否されるところもあります。撮ったら即アドレスを渡されて送るように言われるところもあれば、シャッターを押せば満足してくれるところもあります。

e0063212_9262034.gif

中央アジアは全体的に、写真を撮られることを楽しむ感じでした。「撮って」とよく声をかけられましたが、送ってくれとは一度も言われませんでした。デジカメで撮ったものはその場で再生できるので、それも楽しいようでした。旅行者にとっては、カメラでちょっとした交流気分を味わえるうれしい地域といえるかもしれません。

e0063212_9365676.gif

● キルギスで朝の散歩をしていたら、露店が立ち並ぶ路地を見つけました。こういうのが、旅行の醍醐味。様々な乳製品を売っている女性(↑)。隣では、おじいさんが新鮮なミルクの量り売りをしていました。買いに来ているのも男性。イスラム圏では、男性がよく買物をしますよね。

e0063212_22564731.gif

●ウズベキスタンにて。フェルガナへ向かう峠にある小さなバザールの夕暮れ。裸電球の明かりに照らされた露店の雰囲気には、独特の旅情があります。ここには、以前紹介した「白丸」(ヨーグルトを丸めて干したもの。酸味と塩気がある)が豊富にあります(↑)。乗り物酔いで大変だったウズベクの女の子、この白丸で元気回復した様子が忘れられません。道端にあるのは正解かもしれません。

e0063212_2257314.gif

●陶芸の里、リシタンのセンター(町の中心地)にあるバザール。小規模ですが、新鮮な野菜が豊富でおいしい(↑)。ナンやドライフルーツも、各店(人)が味を競っています。


☆☆☆ 杏水続報 ☆☆☆
●ドライフルーツと言えば、 杏水続報ですが、、、個人的好みもあると思いますが、「お湯に一晩つけておく」「沸騰したお湯の中で数分間加熱する」、そして「干し杏を取り出す」方式では、どうも “乾燥椎茸を戻した味” になってしまう気がするのです。

●私の感じる「自然な甘みでゴクゴクが最高!」状態になるのは、数日間杏を入れたままにしたとき(冷蔵庫で保存)です。まだ適量や時間がよめません。トライ継続中です。う〜ん、、シンプルなものはむつかしい!?
by orientlibrary | 2007-05-28 23:06 | 中央アジア5カ国