イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

科学論壇で、イスラム装飾タイルの”数学的高度さ”が話題に!

渋谷でアッラー・アクバル!
e0063212_20283040.gif

関東地方の花見のピークとなった4月1日、たまたま通りかかった渋谷で、「アッラー・アクバル!」の声を聞いてびっくり。見れば、緑の旗を掲げた男性たちの一団が、渋谷の最も華やかな通りである公園通りを行進しています。相当数の警官がまわりを囲んで、何やらものものしい雰囲気。

何が起きたの!?とプラカードなどを見てみると、預言者ムハンマドの誕生日を祝うパレードとわかり、ひと安心。日本では一般的にデモや行進でも女性が一緒なので、男性だけの行進にはビックリとしました。女性が入るとダメなんでしょうか。綺麗な民族衣装の女性が入ると、ずいぶんイメージも変わって、いいアピール機会になると思うんですけど、、。

「装飾タイルにみる高等数学」がニューズウイークに載ってました!

e0063212_2029873.gif
(「ニューズウイーク」4月4日号を誌を撮影したもの)

そんなイスラム圏のタイル好きのの私に、憂無庵さんから雑誌『Newsweek』にタイルの記事が載っていたというメール着信。さっそく買って見てみました。すると、ほんとにイスラムの装飾タイルが載ってるわ〜!

タイトルは、「Islam got it first 〜装飾タイルにみる高等数学〜 新説・中世のイスラム教徒は欧米で30年前に発見された概念を知っていた」。科学専門誌サイエンスに先頃掲載された論文に基づく記事だそうです。

記事の記述に沿って、書いていきたいと思いますが、じつは、ちょっとピンときていません。ひとつは、数学が弱いので、説明が理解しにくいから。もうひとつは、何を発見してすごいと言っているのかが、よくわからないからです。

・・・「著者のピーター・ルーとポール・シュタインハートは500年前のイスラム建築を飾るタイルに高度な数学的パターンが潜んでいることを発見した。欧米では70年代になるまで知られていなかったものである」・・・ということで、イラン・マラガの廟の写真が載っています。

でも、、『The art of the Islamic tile』にはどうみても、これと同じ廟が載っているのですが、セルジューク朝イラン1194年に作られたと記されています。500年前って、、??
e0063212_20293935.gif
(IRAN・MARAGA / GUNBAD-I KABUD /1194
e0063212_20301194.gif
(同)

「装飾タイルの存在は、中世イスラム教徒の学識の高さを示す証拠ともいえる」。記事は続きます(以下、要旨)。
・ 「1973年、理論物理学者ロジャー・ベンローズは正五角形を分割した2種類の形(カイトとダート)を使って5分の1回転すると対称形になるパターンを発見した。西洋でこの「5回対称性」の図形を作ったのは彼が初めてだった」
・ 「ベンローズのパターンには極めて面白い数学的発見があった。小さく分割していくにつれ、対称性になるパターンの割合は、人間にとって最も美しいとされる黄金律に近づいていく。黄金律は自然界の秩序を示すフィボナッチ係数とも関連がある。このパターンは原子のレベルでも見られる」
・ 「中性のイスラム教徒はこの数学の一部を理解していたようだ。イランの廟の2種類の大判タイルは円形の小さなタイルの集合体で、その比率がほぼ黄金律に近いことを発見した」「このタイルを作った人物は黄金律を理解し、ギリシア科学の知識を受けついでいたはず」
・「中世からイスラム教徒は5回対称のパターンに魅せられ、デザインに組み込もうとしていた」


ずっと前からそこにあった・・・

e0063212_2031117.gif
(TUERKEY・SIVAS/KEYKAVAS COMPLEX /1219-20

e0063212_20315329.gif
(IRAN・SHIRAZ/ FRAIDAY MOSQUE /1351)(以上、『THE ART OF THE ISLAMIC TILE』・FLAMMARIONより引用)

でも、、このようなパターンってイスラムタイルの本などにたくさん事例が紹介されています。ずっと代表的な模様なのだと思っていました。大好きで、携帯の待ち受け画面にも使っています。どうして今、問題(話題)になっているのか、ピンときません。記事中で専門家も指摘しています。「こっけいなのは、この模様がずっと前からそこにあったことだ」と。

e0063212_21181945.gif
(「IRAN・KERMAN/ FRAIDAY MOSQUE /1369&1559」)(『COLOUR AND SYMBOLIZM IN ISLAMIC ARCHITECTURE』より引用)

とにもかくにも、「高度に進化した社会としての中世イスラム世界のイメージにぴったり適合する」「当時のイスラム世界には計算機もあり医学や数学の知識はヨーロッパよりはるかに進んでいた」ということで、タイルが紹介されたことだけでも、嬉しいことでした。憂無庵さん、どうもありがとうね〜!
by orientlibrary | 2007-04-02 20:57 | タイルのデザインと技法