イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

旅情いっぱい 各地のお茶のパッケージ

●引き続きのプチネタになります。パッケージに惹かれて買物することってありますよね。海外の旅行先には気になるパッケージがたくさん。書かれている文字だって絵みたいで興味津々。

e0063212_0582019.gif

●とくに買ってしまうのがお茶系です。値段が手頃なうえにパッケージに風情のあるものが多くて、、。でもお茶は、その地で美味しくても日本ではあまり、、と感じるのは水の違い?そんなこんなで、結局は捨てるときもあって申し訳ないです。


e0063212_058458.gif

●そんななか、ずっと持っているものって、かなり気に入っているということでしょう。なかでもモロッコの田舎町の商店で買った紅茶?(↑)は、ラクダの絵がなんともいえず叙情的で旅情をかき立て、なんと6年くらいたつのに捨てられません。裏はフランス語のようで「ラ・キャラバン」と書いてあります。いいなあ・・。

**<追記>**  miriyunさんから「パッケージに”緑茶”と書いてある」という貴重な情報を頂きました。じつはパッケージを開けるのを躊躇していて味見していなかったのですが、そっと中を見てみました。すると大きめの茶葉が巻いた状態、中国茶的様相です。パッケージに書いてある「gun-powder」は紅茶を表すものと思い込んでいたのですが、紅茶とは製法の違うある種のお茶なのかもしれません。モロッコは茶の産地で、ハーゲンダッツの抹茶アイスの原料はモロッコと聞きました。賞味期限?の大丈夫なうちに飲んでみるべきでしたね〜。

e0063212_104612.gif

イランで買った紅茶(↑)、スリランカからの輸入もののようですが、このパッケージの絵柄、、お茶の葉、鳥、紅茶ポットを足した感じで、インパクトあります。イランの人たち、砂糖を囓りながら紅茶をすすって飲んでいました。え?と思いますが、慣れるとなかなかイケる飲み方@イランです。


e0063212_0592348.gif

ウズベキスタンのハーブティー(↑)。走る女性の写真、ウエストあたりが不思議な感じで、つい目がいきます。修正しているのかと思いましたが、太いベルトをギューッと締めて細く見せているみたいです。「痩せるお茶」ということでしたが、ベルトで痩せ感を強調!?どの国でもダイエットは大テーマですね。しなしなした紙質(コピー用紙的)も、なんともいえずいいです。
by orientlibrary | 2007-03-02 01:16 | 中央ユーラシア暮らしと工芸