イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

ヒマーチャルの「!?」「・・・」な光景(選)

●ヒマーチャルで見つけたちょっと不思議なもの(手抜き企画!?)。シムラが英領インドの夏の首都だったせいか、その時代の名残がある気がします。インドはだいたいがミラクル&ミステリアスなものが多いんですが、ヒマーチャルはまた独特でした。


(1) 「!?」 <泰西名画風クリシュナと恋人たち>(↓)
e0063212_23235371.gif

●ナラガルのホテルの部屋で発見した「??」。インドで横笛を持っていて女性に囲まれている神様といえば、クリシュナさんでしょう。でも、なんかいつものコテッとしたラブリーなクリシュナさんじゃない!!なんだろう、、そう「泰西(西洋)名画」風、、女性たちもサリーじゃなくてドレスですから。笛の音もバロック音楽?


(2) 「・・・」 <英国映画女優風マハラニ>(↓)
e0063212_23204830.gif

●ヒマーチャルのホテルには、ロビーや廊下を埋め尽くす勢いで写真が飾ってありました。それも正装(しかもヨーロッパスタイルが多かった)したファミリーメンバーのお姿の数々。

インドの人は絶対写真が好きだと思う。お金持ちも庶民も、み〜んな。

●これはシムラのホテルのロビーにあったもの。女優風なマハラニ(姫)のモノクロ写真。たしかに綺麗!だけど、アンニュイな感じで、こういう風情が流行だったのかな。




(3) 「!・・・」 <ラジャスターンからの難民キャンプ>(↓)
e0063212_23212055.gif

●ヒマーチャルのダラムサラにはチベット亡命政府があります。現在6千人以上のチベット人がダラムサラで生活しているそうです。最初にこの難民キャンプを見たときはチベットからの人たちかと思ったのですが、聞けばラジャスターンからの国内難民とのことでした。詳しくはわからないけど、干ばつとか自然災害の影響のようでした。ラジャスターンとヒマーチャル??でも意外と遠くないんですよね。もう故郷に帰れたでしょうか。


e0063212_23213970.gif(4) 「♪♪〜」 <ヒマラヤ杉の間にスリムな線路>(→)



●う〜ん、この線路の狭さは、、


●そう、有名なヒマラヤ鉄道のトイトレインのための線路です。なんかのどかな光景。












(5) 「!?」 <アッパープラグプルのゆうごはん>(↓)

e0063212_2322439.gif●夕ご飯といっても、私がこれをいただいたわけではありません。

●プラグプルの町中から奥に入ったところの民家、食べ物の気配を感じて戸外にある台所に迷い込み発見したのがこれ。

●瓜のような野菜にカレーを挟んだもの?これをどう料理するかはわかりません。炒め煮かな。私は好きだと思う。食べてみたかったな〜。
by orientlibrary | 2006-10-21 23:32 | インド/パキスタン