イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

ユーラシアの楽器 ユーラシアの本

●2回続いたアルメニア、石造建築や独特の文様、絨毯など、まだまだ追いかけたいことがあります。テーマが見えてきたということで、ここはいったんお休みして、今回は雑談的な話題にしたいと思います。(写真はユーラシアの楽器です。記事との関係はなく、、バックグラウンドという感じです)

e0063212_23101496.gif
●今日はある国の大使館にビザの申請に行ってきました。すこしカルチャーショックでした。暗い玄関の下駄箱の上みたいなところで、領事館のスタッフに教えてもらいながら申請書を書いている女性がいて、なんでここで?と思っていましたが、どうやらそこで書くのが通常のようでした。その次に私もそこで書きました。普通は旅行社の人が記入したものを持参して渡すだけだから?

●「利用者にとってどうか」を反射的に考えてしまう習性から、「コーナーを作って机ひとつでも置けばいいのでは?」と思ってしまいましたが、、でも、スタッフの方は明るく親切でした。



e0063212_2312953.gif


●世界中で観光の振興に熱心な国が多いと思います。日本も「ようこそ!JAPAN」キャンペーンをやっています。旅行の場合、ビザの時点からもうその国との関係は始まっている気がします。そういうのも意外と大事なんですよね、旅行者には!


●帰り道、渋谷の書店で「アジアの本」特集をしており、ストレス解消もあって、ついつい何冊か買ってしまいました。アマゾンに慣れたこの頃、、「本って重い、、」。


●そのなかの一冊、『シルクロード いくつもの夜を越えて』(西東社)はフランス人男性がマルセイユからカシュガルまで1万キロを2年がかりで歩いた体験記です。
e0063212_23123276.gif

●イタリア、バルカン半島、トルコ、小アジア、コーカサス、イラン、中東、中央アジア、アフガニスタン、パキスタン、中国へ。西から東へのシルクロードとそこに暮らす人の生活が描かれています。厚い本ですが、写真もイキイキしていて、読むのが楽しみ。


e0063212_23125230.gif『ユーラシアの神秘思想』(岡田明憲・学研)は、古代ローマの審儀、イスラム教のスーフィズム、ユダヤ教のカバラ、仏教の密教など、ユーラシアに展開されるさまざまな神秘思想が「人類の原思想」ともいうべきひとつの起源から発しているとして、その共通性を探っているものです。ゾロアスター教に関する著書の多い方だけに、こちらも楽しみ。


『素顔のアジア』(三井昌志)。お友達ブログでも、三井さんの写真のファンが多いことがわかってきましたが、この人のアジアの写真、子どもたちの表情がほんとにいいんですよ。まっすぐな瞳を探しての副題のように、迷いのない生命力のあるまっすぐな目が魅力的です。&アジアファンにはおなじみ『新アジア赤貧旅行』(下川裕治)も、さくさく読める中に何か考えさせるものもあって、ついつい手に取ってしまいます。


e0063212_23131867.gif
●今回の楽器編、本来なら楽器について説明があるべきなのでしょうが、この分野は知識がありません。(どなたかコメントで教えてください〜!)。でも、ユーラシアの音の世界は好きです。楽器は土地の材料で作られ、音質はその土地の空気の中で冴えるような気がします。


*写真上から、◆シリア・ダマスカスの街角で。隣のおじさんは写真屋さん。人なつこい人たちでした ◆ウズベキスタン・ブハラで。多分有名な音楽家だと思います ◆パキスタン・北部辺境州の山の中で。バグパイプなど賑やかに突然現れた! ◆インド・ダラムサラで。チベットオペラの演奏です ◆モンゴルのナーダム(競技会)で馬頭琴。草原の響きですね〜。
by orientlibrary | 2006-05-11 23:38 | 中央ユーラシア暮らしと工芸