イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

中世のディテールの美。東トルコ・勝手にコラボ第2弾

ディテールに惹かれます。もちろんタイルが一番好き。でも石、木、漆喰などに施された装飾を美しいと思います。写真の上から3点は、前々回のアニ遺跡、崩れ落ちたアルメニア教会に残る石彫りの細工。アルメニアのディテールは、繊細でありながらも強い求心力があるように思います。

e0063212_19415498.gif
(アニ遺跡・アルメニア教会ディテール)

さて今回も、前回のヴァン編に引き続き "勝手にコラボレーション"with村上春樹!「」内は著書『雨天炎天』からの引用です。

「旅行というのは本質的には、空気を吸い込むことなんだろう」「おそらく記録は消えるだろう。絵はがきは色褪せるだろう。でも空気は残る」「トルコの空気の不思議さは、どこの空気の質とも違っていた」。

e0063212_19422624.gif
(アニ遺跡・アルメニア教会ディテール)

「我々は“トルコ”“トルコ人”という時、それを普通単一の国家、単一の民族として捉えているわけだが、実際に回ってみると、その地域ごとの差の大きさに驚かされることになる。トルコは地域的にはっきりといくつかの顔に分かれている」。

村上さんは感触として、次の5つの部分に分けています。
 1:ヨーロッパ側トルコ=トラキア地方 
 2:イスタンブール 
 3:ソ連・イラン・イラク国境方面=東部アナトリア 
 4:シリア国境から地中海にかけて=中部アナトリア 
 5:地中海・エーゲ海沿岸   

「トルコのそういったいくつかの地域のどこがいちばん面白かったか?もちろんいちばんひどい東部アナトリアだ」「毎日朝から晩まで我々は頭にきたり、消耗したり、毒づいたり、冷や汗を流したりしていた」=今回ご紹介している東トルコの一部です。個人で回れば、いろんなことが起きそうだということは、私にも容易に想像できます。

e0063212_19442769.gif
(アニ遺跡・アルメニア教会ディテール)

けれども、「そこには独特の空気があり、手応えがあった。人々には存在感があり、彼らの目はいきいきとした光を放っていた。それはヨーロッパや日本ではまずお目にかかれない鮮やかで暴力的な光だった。ややこしい留保事項のない、そこにあるものそのまま全部という目だった」「早く言えば出鱈目だった。でもそこには旅行の醍醐味というものがあった」。

イスラム圏や中東に惹かれる人には、上のくだりが親しみを持って読めるかもしれません。きれいなところはいくらでもあるのに、わざわざ大変な思いをして出かけていく。楽しいことばかりではない。でも、光景や人々の存在感が圧倒的に強く、重い。そんななかでは、よくも悪くも自分の輪郭を感じられる気がします。

e0063212_19434533.gif
(エルズルムのタイル)

タイルはあまり見ることができませんでした。上の写真は数少ないエルズルムのタイル。13〜14世紀のメドレセや霊廟が立ち並ぶ一角があり、その装飾の一部です。濃い茶色にターコイズブルーがくっきりとしています。素朴ですが、タイル装飾が開花し始めた時期ならではの力強さを感じます。

ちなみに、これだけ引用しておいてなんですが、私は村上春樹さんの大ファンというのではありません。遠い昔、『ノルウエイの森』を読んで、私の本ではない、と思いました。『アンダーグラウンド』は5分の1くらいで挫折。ただ、東トルコから帰って、関連の本を読みたいと思って調べましたが、超少なくて、、。『雨天炎天』は臨場感があり、文庫本(新潮文庫)なのもうれしいです。
by orientlibrary | 2006-04-02 20:01 | 中東/西アジア