イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

セルジュークへ

セルジュークへ。時の旅へ。

e0063212_22443270.jpg


ルーム・セルジューク朝(1077年 - 1308年)。セルジューク朝(テュルク系遊牧民オグズの指導者セルジュークおよび、彼を始祖とする一族に率いられた遊牧集団(トゥルクマーン)により建国)の地方政権として分裂して誕生。アナトリア地方を中心に支配したテュルク人の王朝。当初、首都はニカイア(現在のイズニク)。1097年にニカイアが占領されたため、再びコンヤを都とした。「ルーム」とは「ローマ」の意味。ビザンツ帝国(東ローマ帝国)領であったアナトリアの地を指す言葉としてイスラム教徒の間で用いられ、アナトリアを拠点としたことからルーム・セルジューク朝という。

e0063212_2245592.jpg


13世紀に入ると、ルーム・セルジューク朝は最盛期を迎え、東はアルメニアから南北は地中海、黒海両岸に至るまでのアナトリアを征服し、対岸のクリミア半島にまで勢力を延ばすに至り、コンヤはその中心として繁栄を極めた。

e0063212_2246178.jpg


ルーム・セルジュークの治下ではアナトリアの都市にモスク、マドラサ(学院)が多く建設され、この時代にはアナトリアのイスラーム化が進んだ。コンヤには、カイクバード1世の建立したアラエッディン・モスクやセリム2世のセリミエ・モスクなど多くのモスクがあり、アナトリア随一の宗教都市として繁栄したかつての姿を現在に伝えている。

e0063212_22515263.jpg


1228年には中央アジアのバルフ(現在のアフガニスタン北部)に生まれたイスラム神秘主義者、ルーミー(メヴラーナ)がカイクバード1世の招請によってコンヤに定住、1273年に亡くなるまでコンヤで活動し、トルコを代表する神秘主義教団であるメヴレヴィー教団を開いた。

e0063212_22474199.jpg


中央アジアの香りのするアナトリアのタイルの世界へ。
そして華やかなオスマンとも触れ合って。
タイルに会いに行ってきます。Gidiyorum!

e0063212_22483865.jpg
(キュタヘヤ旧市街 青の館にて)

*参照:wikipedia、その他コンヤ関連資料より。
*写真上から5点は、チニリキヨシュク、キュタヘヤ博物館で撮影したもの、orientlibrary。
by orientlibrary | 2014-02-19 22:53