イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

中央アジアの子どもたち絵画&陶磁器展覧会、冬のミニ旅までTOPIC祭り

今回は「トピック祭り」。もう、ほんと、いろいろ飛びまくります!

---------------------------------------------

中央アジア五カ国の子どもたちの絵画

まずは中央アジア関係。国立新美術館で2月3日まで開催中の「アジア創造美術展2014」の一角に、中央アジア五カ国の子どもたちの絵画が展示されています。世界各地の子どもの絵、時々見る機会がありますが、中央アジアの国々勢揃いは初めてで興味津々。

e0063212_0113464.jpg


広々とした会場の奥、各国2枚ずつ10枚のパネル。カザフの民族衣装姿で説明してくださるのは、企画から展示まで尽力されたアルマティ在住のKさん(日本人)。この展覧会のために帰国なさっているのだそうです。

先入観があるのかもしれませんが、子どもたちの絵画、中央アジア好きには「この感じ、わかる」とツボでした。子どもたちの事情も様々、画材も様々なのを前提としても、子どもたちが見てきたもの、経験したこと、心のなかにあるものが、かたちや色として表れている。深読みかもしれませんが、象徴性を感じます。国別に見ていきましょう!

e0063212_0111728.jpg
(カザフスタン/太い線で力強く大胆。黄色のお風呂みたいなのはなんだろう?)

e0063212_011272.jpg
(ウズベキスタン/明るい!色合いが華やか。のびのび。表情がニコニコ。人も太陽も動物も笑ってる。スマラックづくりかな)

e0063212_0113720.jpg
(トルクメニスタン/さすが!きっちりで耽美的叙情的な印象。他の国と何か雰囲気が違う。子どもの絵でもそうなのかと興味深い。鹿と蜜蜂?の絵では花がキッチリ描いてあるし蜂の羽根も線が描きこんである。枯木と落葉の絵で左下にいるのは姉と弟?真ん中の緑はなに?不思議トルクメン旅行を思い出す、、)

e0063212_0114718.jpg
(キルギス/「みんなの家」の光景や自然など。日本人と風貌が似ていると言われるキルギス人。人の特徴をよくつかんでいると思う)

e0063212_0122031.jpg
(タジキスタン/版画的なものや立体的な表現もあり感性の良さを感じる。やさしい詩情、山あいの自然の感じが伝わります)

e0063212_0123196.jpg
(カザフスタン/歴史絵巻!文化紹介!)

e0063212_0135540.jpg
(ウズベキスタン/基本の笑顔。オレンジ色の明るい色使い。お洒落が好き。右の女の子のスカート、アトラス柄。建物はモスクっぽいモチーフでレンガ造。ウズだなあ。トルクメンの砂漠からブハラのオアシスが見えてきた時のうれしさ、ホッとした感じを思い出す。心がほどけていくようだった)

-----------------------------------------------

トピック祭りなので、どんどん行きます。デザイン編。国立新美術館の近く、東京ミッドタウンにある「21—21」、「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」(2月9日まで)。見たのがけっこう前で記憶が薄れているのですが、「地域を世界につなぐ〈東北/祈り/ユーモア〉の系」の展示がとても良かった。

e0063212_016286.jpg
(東北は豊かな手仕事の国。シナ布、からむし織、紙衣、ぜんまい織、こぎん刺し、裂織などを受け継ぐ東北。その地の作品と映像が紹介されていた。作り手の仕事と言葉で紡ぐ映像がとても良かった/マタタビそばざる、奥会津編組細工/ペットボトルの山は、たしか1杯の牛丼に要する水量だったような記憶。モノで見せつつ、それ自体に美しさがあるという展示が好みです)

-----------------------------------------------

トピック祭り、北関東編。日本のやきものに興味が高まっている昨今、なるべく産地や美術館博物館を訪ねたいと思っています。たまたまネットで見た「栗田美術館」(栃木県足利市)、景勝の地に敷地3万坪、伊万里、鍋島の収蔵で世界最大級の陶磁美術館とのこと。鍋島ファンとしては行くべきでしょう!と小さな旅に。電車を乗り継いで行ってみると、、とにかくものすごく広い。展示館がいくつもある。1万点という膨大な展示数。が、あくまで陶芸素人&個人の好みなのですが、これは惹かれた、というものがなかった。しいて言えば、蒐集のきっかけになったという染付の徳利がいちばん良かった。ただ、蒐集への熱と無名の陶工への敬意、愛情はひしひしと伝わりました。

あまり調べ込まずに現地を歩いてみるやり方なので、館の創立者であり鬼気迫るほどの徹底蒐集をされた栗田英男さんについて、まったく調べていませんでした。最寄り駅の待合室でiPad。Wikipedia曰く「日本の実業家(肥料商、東京毎夕新聞社主、鉱山経営者)、総会屋、元衆議院議員、美術評論家(栗田美術館創設者)」。趣味に投じた私財は当時500億円とも言われたそうです。

e0063212_016567.jpg
(栗田美術館現地マップ/電車で足利市へ。銘仙の生産地として一世を風靡した足利、一度行きたかったので、いい機会になりました。まちの皆さん、とても親切で、足利織物記念館では銘仙の歴史に触れることができました。織姫神社にも参拝)

-----------------------------------------------

トピック祭り、カシミヤショール編。「アジアの染織 憧れの毛織物 カシミヤ・ショールの歴史」(東京国立博物館アジアギャラリー地下/3月9日まで)。「カシミヤ・ショールは、インド北西部カシミール地方で放牧されたカシミヤ山羊の毛を紡ぎ、細くつややかな毛糸をさまざまな色に染め綴織(つづれおり)で文様(もんよう)を表わした最高品質の毛織物です」。ペイズリー好きには惹かれる展示。ただ、爛熟感のあるヨーロッパ色が濃くなってくると苦手に。ペルシア、ムガルの清楚な草花模様が好きだ〜!

e0063212_0175883.jpg
(左:亀甲繋ぎ文様切嵌刺繍カシミヤ/インド、カシミール/18〜19世紀/カシミヤで出来たフェルト地を黒・赤・オレンジ・青・緑などに染め、文様の形にくりぬいてははめこんで縫い留めている。鮮やかな対比が際立つ、美しい文様が表れる。さらにさまざまな色あいの糸で輪郭や葉脈を細かく刺繍し大変手が込んだもの)(右:白地立木鸚鵡文様刺繍カシミヤ/イラン、ケルマン/18〜19世紀/毛織物/花鳥文で飾られた額模様要の中にメッカの方向を示す窓状のミフラーブ文を表し、立木風のペイズリー文様を中央に配している。ペイズリー文様の内側にもどても細かい草花文様が刺繍で表され、繊細で美しい文様を愛好したペルシアの好みがうかがえる)(東博にて撮影、解説も同館のもの)

-----------------------------------------------

トピック祭り、陶芸編。「茶と美 -柳宗悦の茶 」(日本民藝館/3月23日まで)。

「柳宗悦は「茶」とその「美」について生涯に渡り強い関心を寄せました。なかでも初期の茶人の鋭い直観を高く評価し、併せて茶礼における型の美や、茶と禅との濃い結縁を重視したのです。さらに茶が暮らしと深く交わるよう願いました」。やきもの好きにはうれしい茶器の数々。併設展も「朝鮮陶磁」「丹波古陶」「庄内被衣」など充実で見応え。

e0063212_0195955.jpg
(館内は撮影できないので外の様子。枯れ蓮の大瓶の中に青を見つけた。民藝館の真白のこぶしは春の知らせ。もう芽吹いていた。うれしい)

----------------------------------------------

トピック祭り、建築編。「内藤廣展 アタマの現場 」(ギャラリー間/3月22日まで)。

内藤廣さんの「海の博物館(三重県鳥羽市)」、力強くて好きです。

e0063212_02059100.jpg
(展覧会場では内藤廣建築設計事務所の一部を再現。ひとりの建築家がひたすら走り続けてきた「アタマの現場」、その思考のなかから発せられた語録「言葉のかけら」。やはり、すごい人だ。上段左、インドの木版捺染の型が。面白いものいろいろ。「ISLAM」の写真集で喜んだけれど写真家さんとの関わりからかも)

-----------------------------------------------

トピック祭り、陶板編。民藝の器を中心にしっくりしてデザイン性の高い手仕事を紹介する「SML」(目黒川沿い)。こちらで見ることで勉強になります。楽しい。あるとき、モダンな陶板が数枚あったので、「こういうのも扱ってるんですか」とお聞きしてみたら、奥から出してきて、いろいろ見せていただきました。

e0063212_0214122.jpg
(日本の陶板。いろいろあるんだな〜。タイルとは違うとも言えるし、タイル的使い方をするのも自由。実際にはどのように使われてるんだろう。四角い平面なので作り手も使い手もいろんな表現ができそう)

---------------------------------------------

トピック祭り、芽吹く編

e0063212_0215525.jpg
(民藝館&右上の写真は、近所の八百屋さんで「この時期になると芽が出るんだよ。花よりいいよ、50円でいいよ」と薦められたニンニク。ミニタジン鍋飾りにピタッと納まりました)

* * * 長々でした〜。寒い日々ですが、皆さんご自愛くださいね! * * *
by orientlibrary | 2014-01-26 00:26 | 日々のこと