イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

土祭展覧会/ほんとの水/リシタンの青い魚たち

渋谷に土を。益子の土・森・祭の情景を伝える展覧会「土祭」が渋谷ヒカリエ8階でスタート(6月10日まで)。栃木県益子町「アース・アート・フェスタ土祭」の世界観をベースに「土」「森」「人と祭」の情景を伝えるもの。

e0063212_23224274.jpg
(デジカメ忘れたのでiPadmini写真です/土オブジェ。アートな急須たち。閑かな色合いのやさしい益子泥だんごが生る樹。益子の森とさえずり)

「益子の土の豊かな表情、窯出しの時に生まれたばかりの器が奏でる澄んだ音、里から分け入る深い森の静謐な空気」。思い切った会場構成。そぎ落とした情報の精度と強さ。勉強になります。

土祭(ヒジサイ)」(リンクは音が出ます。自然の音なので気もちいいですが、仕事中の方はご注意を)。今年は行きたい。いや行こう。

---------------------------------------------

『民俗と民藝』(前田英樹著/講談社選書メチエ)。民俗学の柳田國男と民藝運動の柳宗悦。「それらを生み出し、成長させた土壌はひとつのものだ」との認識のもと、「二人の仕事をして輪唱のように歌わせたい」という願望から書かれた本。新聞書評で知りました。そして、そこには最終章の河井寛次郎の言葉が「土壌」の核心であると記されていました。

陶芸素人の私、民藝運動の頃の作家作品も多少見る機会を持ってきましたが、この頃感じるのは、どうも私は河井寛次郎作品が好きなようだ、ということ。

著者は河井寛次郎の文集『火の誓ひ』の短章に「感嘆するほか言葉もない」と書きます。「”民藝”というものが、おのずから止めどなく産まれるのに必要な社会の情勢、人と自然の結びつき、暮らしの仕組みと道徳、そして何よりも底知れない信仰の土台が、活き活きと、心の眼に映し出すように描かれている」。

寛次郎さんの郷里、出雲安岐の町での少年時代。明治中期の山陰の小さい町の暮らし。「陶と農とか分かれていない暮し」。『六十年前の今』のなかの「ほんとの水」のくだりは、ゾクゾクするくらいに瑞々しい。一部のみですが引用。

e0063212_942171.jpg
(写真は多治見市之倉町)

「子供達はここで初めてほんとの水を見た様な思ひがした。井戸の水や海の水や川の水とちがって、ここの水はずっときれいで、生きていた、動いていた、光っていた、ものを言っていた。そしてありとあらゆる物の形の本質ー連続する変化の形態を、ここは子供達に見させた。そしてこれがまぎれもない水の気質であり、体温であるとでも思われるものをじかに彼等のからだに書き込まれた」

本全体も読まなくては。

-------------------------ー-------------------

暑くなって、そして梅雨入り。水つながりで?ウズベキスタンの青の魚たちをご紹介!

e0063212_23354866.jpg
(2012年夏、リシタンのアリシェル工房にて)

e0063212_23345391.jpg
(同。白地が涼しげ。新しいデザインの傾向のようだ)

e0063212_23394361.jpg
(同。のびのびと描いているところが好き。素焼き後、白化粧土をかけ乾燥させた魚皿、鉛筆でササッと下書き。イメージができているのか迷いがない。絵付けも集中しつつスピード感がある。若い職人さんは今どきの音楽でリズムをとったり、ときにはスマホで話も。でも集中度が高い。自由な絵柄はやはり魅力がある)

なぜ魚?ウズベキスタンには海がなく、魚といってもチョウザメの干物をみかけるくらい。雨も少なく水がとても貴重。水に棲む魚は清浄で幸福の象徴と聞きました。

青ですねえ。白とのバランス、緑系の青との組合せも個性。余白が多くなってきたこと、個人的好み。幾枚かの魚さんといっしょに帰って来たのですが、今のところしまったまま。夏に向けて出してみようかな。

--------------------------------------------------

話は全然違うんですが、、 サウジアラビアであった出来事がネット等で話題になっています。「イケメンすぎて国外追放」。なにそれ!?

「事件」が起きたのは、サウジアラビアの首都リヤドで年に1回行われる「Jenadrivah Heritage & Cultural Festival」というイベント。このイベントにUAEも出展。が、サウジアラビアの宗教警察がUAEの出展者の男性3名を会場からだけでなく、国外へ強制退去したというのです。その理由が、、「3人があまりにハンサムなため、女性たちが魅力に感じ、夢中になってしまうのではないかと恐れた」。は〜!!??なにそれ!?大きなお世話だよっ!!と誰もが思うじゃないですか。

が、ネットの力おそろし。その「イケメンすぎる」という理由でサウジアラビアから国外退去させられた人が特定されて、逆に盛り上がってしまってます。

e0063212_032385.jpg
(出典:いずれもkimasoku.doorblog.jpより)

UAE・ドバイのカメラマン兼モデルのOmar Borkan Al Galaさん。た、たしかに!、、、Omarさんのfacebookやtwitterにファンが殺到。国外退去は驚いたと思うけど、モデルでもあり、世界的に知名度が上がったことはよかったのでは?

あ、私がこの話題を載せた理由はですね、、これまでイケメンというような話題では欧米中心。中東メンズとかはあまり登場しなかったように思うんですよね。それがバリバリの民族衣装でスマイル。腕には鷹まで。経済力のあるところに話題が生まれる、ということもありそう。

この流れで、ハリウッドではなくボリウッド映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』について書こうと思っていましたが、長くなりすぎました。いつか機会があれば。キング、シャー・ルクさん、こちらもすごい!
by orientlibrary | 2013-05-30 00:53 | 日本のいいもの・光景