イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

「もののあはれ」&「パキスタンバザール」

晴天のゴールデンウイーク。熱烈なファンが多いコンデジ「GR」(リコー/単焦点レンズ/タイルきれいに撮りたいなとウズ前に購入も、オート撮影の私ではどうも微妙で、置いたままだった)、気を取り直して持って出かけました。
大正期の重要な和式住宅として国の重要文化財に指定されている「旧朝倉家住宅」(渋谷区猿楽町/ヒルサイドテラスの裏手)。2008年6月から一般公開。

e0063212_2133677.jpg
(回遊しながら庭園を観賞できる「回遊式庭園」。春はツツジ、秋は紅葉などが楽しめる/青葉がまぶしい/木製レールのあるガラス戸/開き窓、 折上格天井など洋風意匠/杉の間。杉の木目を意匠のテーマにした趣味的 な数奇屋座敷/日本画家らが描いた板戸)

蔵や庭門、当時の車庫なども臨める敷地内の面積は約5,400㎡。主屋は木造2階建てで、ほぼ全室が畳敷き、屋根は瓦葺、外壁は下見板張、一部が漆喰塗り。明治時代から 昭和30年頃までに建設された大きな邸宅の特徴を顕著に表している、とのことです。
見所の多い住宅にもかかわらず、観覧料は100円!代官山散策の折によいかもしれません。海外からのゲストの案内にも、代官山のショップやカフェと合わせ、いいかも、と思いました。

---------------------------------------------

「もののあはれ」と日本の美』(サントリー美術館/6月16日まで)。驚いたり頷いたりしながら、しみじみと見た展覧会でした。日本すごいな!

e0063212_2214834.jpg
(すべて美術館のサイトから引用/ポスター/寝覚物語絵巻/扇面法華経冊子/月に秋草下絵新古今集和歌色紙 本阿弥光悦書・俵屋宗達画/色絵龍田川文皿 鍋島藩窯/銹絵染付金彩薄文蓋物 尾形乾山)

「もののあはれ」とは「自然の移ろいや人生の機微にふれたときに感じる情趣」を意味するのだそうです。なんとなく見聞きしてきた言葉ですが、平安時代から近現代に至る美術工芸品に脈々と流れるその感覚に共感しました。そしてその感性を表現する技法、技巧の匠に心動きました。

<構成>
1:「もののあはれ」の源流〜貴族の生活と雅びの心
2:「もののあはれ」という言葉〜本居宣長を中心に
3:古典にみる「もののあはれ」〜『源氏物語』をめぐって
4:和歌の伝統と「もののあはれ」〜歌仙たちの世界
5:「もののあはれ」と月光の表現〜新月から有明の月まで
6:「もののあはれ」と花鳥風月〜移り変わる日本の四季
7:秋草にみる「もののあはれ」〜抒情のリズムと調和の美
8:暮らしの中の「もののあはれ」〜近世から近現代へ

源氏物語、やはり読まなくては、、日本の工芸、もっと知りたい、見ていきたいです。

---------------------------------------------

空気がガラリと変わって、こちらは上野公園で開催された「パキスタン・ジャパン・フレンドシップ・バザール2013」。昨年の代々木公園から、上野に戻ってきました。快晴で暑いくらいの日和。ステージプログラムも盛りだくさんで、パキスタンの雰囲気を満喫しました。

e0063212_22173715.jpg
(ムガル宮廷舞踊・カタックダンス。型の決まり方がピシッとしてステキでした!/屋台もいろいろ)

e0063212_22193594.jpg
(昨年もおこなわれ人気だったパキスタンのイケメンコンテスト、ミスター・ハンサム・パキスタン・コンテスト。自薦なのか他薦なのか30数名がステージでダンスなどのパフォーマンスを繰り広げます。入賞優勝は会場の拍手で決まるので、関係者の多い人有利。そこは司会者が軽妙に判断し、結局若手の3名がファイナリストとなり〜下段真ん中〜、優勝はパシュトゥーンのお兄さんでした〜下段右)

昨年大きな反響を呼んだカウワーリーのバダル・アリー・ハーン楽団。今年も来日し、大学やギャラリーなど各地で連日演奏を披露しています。5月1日は中野の驢馬駱駝での公演です。(予約受付ほぼ終了の模様。また来年!!)
e0063212_22275615.jpg

e0063212_22363977.jpg
(カウワーリー(パキスタンより来日のバダル・アリー・ハーン楽団による伝統音楽の演奏/熱狂のダンス、パキスタン男子、踊ります!/ドル札を撒くスーツ姿の男性はミスターハトヤマ、なぜかパキスタンバザール。今年もたくさんのドル札が舞いました)

---------------------------------------------

青のfacebook、「青の陶器とタイル好き * blue ceramic museum」よりサマリーです。

e0063212_22401767.jpg
(チャルバクル/鍋島 色絵青海波鶺鴒文皿/トゥラベク・ハーヌム廟/バラハウズ・モスク/ウスマノフ工房作品/ミル・アラブ・マドラサ)

「チョガ・ザンビルの青」は、かなり発見な青だったんですがマイナーな話題だったようです。ウスマノフ工房の青い皿、支持が多かった。強い青ですが、印象的ですよね。「いいね」を通しての、このような反響が興味深いです。

ようやくのブログアップ。日本の工芸を訪ねて、ちょこっと出かけてきます。

=================================================
<コメント欄をしばらく閉じています> いつもコメントありがとうございます。コメント欄へのジャンクメール(海外から?)が増加しています。ご了解頂けましたら幸いです。

facebook応援ありがとうございます!^^

 
by orientlibrary | 2013-04-30 22:49 | 日々のこと