イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

ウズの絣、素敵な仕立てで/日本初の移動式メリーゴーラウンド/石とタシケント

まあまあの暑さのこの頃、東へ西へ、小さな訪問旅。

中央アジア・ウズベキスタンの魅力的な絣布「アドラス」(縦糸絹×横糸木綿)「アトラス」(絹)などを使い、手仕事で仕立てた服などの展示会。KANNOTEXTILE「身に纏う色彩と熱」(板橋にて、21日まで)。

e0063212_25495.jpg
(上左:きれいな水色のアドラスのワンピース。大胆な柄なのにかわいさや安心感がある/上中:スカーフのフリンジ。捻って捻って全部にフリンジ/上右:この色合いがウズ/下中:ミラー刺繍をほどこしたサッシュ、稠密な刺繍を白シャツにオン)

女性が好きなファッションの世界も、実際は男性デザイナーが多いですが、KANNOさんはサクサク仕立ててしまうのがすごい。ラインがきれい。また、別名「刺繍男子」。ミラーワークなど多彩な刺繍をこなす。
「あのあたり偏愛系」としては、アドラスやアトラスの布としてのパワーが、日本になじむかたちで開花しているのを見るのがうれしいです。
布と工芸を巡る旅のなか、今後どちらの方を志向していく人なのかまだわからないけれど、これからも中央アジアをよろしくね!☆!

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …*

横浜本牧、米軍ハウスを改造したというスタジオで、汗だくになって作業している人たちが。作っているのは、、「移動式メリーゴーラウンド」。メリ~ゴーランド研究所というメリーゴーランド研究開発ユニットの皆さん。

メリーゴーランドとは、、「回転する床の上に、床の回転に合わせて上下する座席を備えた遊具。座席は馬に似せて作られ騎乗のような体験ができる。1860年頃、フランスで蒸気機関を動力として作られ、1870年頃にヨーロッパやアメリカ等に広まった」もの。「日本で最初に設置されたメリーゴーランドは、1903年に大阪で開催された勧業博覧会。現在、東京ディズニーランド、ユニバーサルスタジオ等に設置されている」のですが、本格的でアート性の高い「移動式」は初めてではないかということです。

e0063212_151741.jpg
(日本とイタリア合作のメリゴ。基礎部分、動力部分も苦心したところ。安全第一でしっかりしています。これから電飾も付き、さらにノスタルジックな音楽が流れるそうです。そのエネルギーは太陽光!3頭の馬は画一ではなくそれぞれ個性。手作りならではです。どんな色合いになるんでしょうね。楽しみです/下左:これが「エコデコ」/下右:カフェがあるとHPに書いてあったのでお茶しようと算段していたら、カフェって冷蔵庫だった(^_^;)。冷えた瓶ビール。暑いですからね、いただきます☆ハサミで栓を抜く技を見せるメリケンのケンさん。煙草は「エコー」。「馬にお金がかかりすぎて、、」)

このメリーゴーラウンドには、開発経緯から構造に至るまで、興味深い点がたくさんあるのですが、土族の私が超反応したのが、馬のボディに使っている「エコデコ」という素材の話。質感がよく、耐久性に優れるそうです。
イタリアのトスカーナ州でカーニバルの山車を作っている「ラ・ソシエタ・デッラルテ」というスタジオが開発。石、木、土を原材料にした土に還る新素材、天然素材の粘土。
そして、、元々はチベットに伝わる素材だというのです。それがなぜイタリアで!?チベットの歴史を考えると、世界に(否応無しに)移住した人がいるのですから、各地でチベットの技能が活用されても不思議ではないのかもしれません。
すぐに固まるので、造作が大変みたいです。でも、確かに質感がいい。きっと完成後にジワジワと違いを感じることができるでしょう。素材の力。
通常の木馬はFRP製。今は「木馬」ではなく「プラ馬」なんですね。が、今回は「土馬」または「石馬」って感じです!
9月中旬完成予定。日本各地で見られる(乗って楽しめる)日も近いはずです。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …*

新宿で、手仕事やパキスタンの話など。そのとき見せてもらったチベット等の石。パキスタンに詳しいTYさん所有のもの。ちょこっとチベットづいてた2日間。
石は赤の印象が強いですね。パワーがビシビシ。

e0063212_2155253.jpg
(居酒屋のテーブルの上で写真撮り。ストールが便利。ともちゃん、ありがとう/石の名前はわからないので、記載なしです〜^^。ちなみにTYさんにパキスタンの短編集の訳本コピーをいただきました。TYさんの訳、素晴らしい!ミステリアスな短編、ラクナウやペシャワールの光景と一体となって心に残ります。パキスタン、興味高まる一方です)

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * … * … * …*

春の「青の余韻」から、もう4か月。早いなあ。桜からツツジの季節だった。その時の写真です。魅惑の青。ウズベキスタン・リシタンの青の皿や茶碗たちです。

e0063212_2211941.jpg
(ウズじいちゃんが持ってるのはメロン。極暑にたいして神様が与えてくれたと思えるような瑞々しい甘さ。甘露)

ユーラシア各地の青が依然気になるけれど、やはりこの青が好き。リシタンの青。
また会いに行ってきます。今回はタシケントも歩いてみようかなと。ちゃんと歩いたことがない首都なのでした。(あれ?上の内容との関連が、、タシケントってテュルク語で「石の町」っていう意味ですよね^^)

アトラス産地のマルギランやフェルガナの濃い町コカンドも行きたいけれど、どうなることか。日本みたいに、スラスラサクサクいかない面があるし。ご縁次第と思っています。
とにかく、無事でいきたいと思います。

そんなわけで、次のブログ更新は9月初旬になりそうです。皆さん、お元気でおすごしくださいね!!
by orientlibrary | 2012-08-20 02:34 | 日々のこと