イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

青の余韻 青い陶器の春の旅、桜のまちへ

桜咲く街へ。トルコ、イラン、ウズベキスタンの青のやきものたちが旅をしてきました。
題して、「青の余韻」。「青の魅惑 イラン・トルコ・ウズベキスタンのやきもの」(INAXライブミュージアム/2011年11月〜2012年3月)展示作品他、ウズベキスタンの工房の作品が集まりました。

「青の余韻@エスニカ」(4月14日〜5月14日、12時から19時、水曜日休/横浜市青葉区桜台25−5 tel:045-983-1132/概要、会場等は←リンク内ご参照ください)。青の陶器たちは、中国家具やアジアの布といっしょに、くつろいだ表情を見せています。


e0063212_20444075.jpg
(トルコ、メフメット・コチェル氏によるブルー&ホワイト3点。流麗細密重厚優美、オスマン朝最盛期を思わせる。タシュチニ絵付け大壺、皿、蓋付扁平壺)


e0063212_20482589.jpg
(トルコ、アディル・ジャン・ギュヴェン氏のクラシックかつ軽快な世界。和とも共通する「間」のある粋な世界)


e0063212_20505089.jpg
(ウズベキスタン、ウスマノフ工房の青の世界。律儀でおおらか。大胆で細密。中央アジアの空の蒼です)


e0063212_2052034.jpg
(ウズベキスタン、アリシェル工房など、ミックスしたコーナー。中国家具の濃い茶色と青が抜群の相性。白い壁面をカジュアルに飾っています)


e0063212_20533220.jpg
(販売可能なものも少々。すべて手描き。あまり数がありません。なくなった場合はごめんなさい。陶器はとにかく運ぶことが大変なのです、、)


e0063212_20551916.jpg
(青、青、青。ガラスの向こうは桜吹雪)


e0063212_205614.jpg
(韓国の木とアディルジャンさんの染付風小皿)


e0063212_20563210.jpg
(鳥かごとアディルジャンさんの小皿)


e0063212_20572267.jpg
(ウスマノフ工房の細密な絵付け皿)


e0063212_20575090.jpg
(タシュチニ大壺。圧倒的な筆運び。石英分の多い白地の光沢が見事)


e0063212_20585049.jpg
(デジタルフォトフレームで青いタイルや景色の画像をスライドショーしています)


展覧会ではなく規模は小さいですし、販売できるものも少ししかありません。
でも、、かなりカッコいいと思います(自画自賛!?)。
デジタルから大工仕事まで何でもこなすエスニカの田原さん、手仕事クイーンTさんのセンスとスキルのおかげです。多謝!!!

すっかり見とれてました。青、好きだなあ、、と見ていました。
人生で二度はできないと思いつつ(そう言いつつ)、また青の世界へ。ご縁のおかげです。「青の余韻」第一報でした。

 orientlibraryの在店日程=たくさんの日数は行けませんが、土日の午後あたりを中心に考えています。(GW中やGW後の土日はまだ未定です)。
by orientlibrary | 2012-04-14 21:11 | 青の道