イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

イズニックで陶散策&「かけら」拝見の至福

イズニック陶散策、続きます。(写真&キャプションだけですが、、(^_^;))

e0063212_2145546.jpg
(青は茶色に映えるんですよね。ボーダーだけの青の量がスキッとした印象ですね)

e0063212_2149424.jpg
(街の各所にあるゴミ箱。タイルでおなじみの様々の模様が描かれています)

e0063212_21504845.jpg
(表札もタイルでした)

e0063212_2152721.jpg
(チューリップ模様の表札。自分でオーダーできるのかな?)

e0063212_21404477.jpg
(窯址。探検したい!)

chinichiniさんの『- イスタンブル発 - トルコタイル通信』というすばらしいブログに、この窯址についてのお話があります。陶の長い歴史のある街なのですね。(下記を引用させていただきたく、、chinichiniさん、勝手にすいません!)

「イズニックの名前は、オスマン朝期に生産された『イズニック・タイル』で有名ですが、それ以前のローマ、ビザンティン、ルーム・セルジューク時代から陶器生産の中心地でした」

「現在の町の中心地近くに、窯址はあります。1960年半ば、イスタンブル大学のオクタイ・アスラナパ教授によりチニの破片が見つけられ、1980年代より毎夏、ここで発掘が続けられています」(chinichiniさんの『- イスタンブル発 - トルコタイル通信』より)

こんな窯址や陶の街を探検すれば、運がよければ見つけられるかもしれない、愛らしい「かけら」たち。まずは、かけらたちの持ち主のアトリエ外観をご紹介。

e0063212_21573465.jpg
(アディル・ジャン&ヌルサン・アトリエ。陶器好きには、たまらない時空間)

e0063212_22173746.jpg
(お家で見せていただいた宝物。ウロコ模様の青がきれい!)

歴史的にも価値の高いイズニックのタイルや陶器の陶片。かけら好きには、たまらない、、、、言葉はわからなくても、皆で見ているだけで、とにかくテンション上がります。

e0063212_2204085.jpg
(赤が盛り上がってますね)

e0063212_2235616.jpg
(愛らしい花模様)

e0063212_2242374.jpg
(白地の多さが好み。個人的に陶器の赤は苦手なんだけど、これは全然嫌じゃない。青とのバランスが素敵です)

e0063212_2255059.jpg
(いいですね〜。こんなの見つけたら舞い上がっちゃいますね!)

e0063212_2262496.jpg
(これ、なんだと思います?「貫入」ですって。貫入がカッコ良く映ったようで、絵付けで再現したんですね。この発想、面白い。世界は広い。そして美観は国境を越える)

写真だけですが、イズニックの魅力あふれるかけら編でした。ちなみに、背景の黒、バザールで買ったオヤ(刺繍)スカーフを敷いて撮りました。スカーフって、いろいろ使えます。

そんなわけで、秋も深まり、もうそろそろ落ち着く、かな??もう少し、体力つけて、がんばろう!

*最近またfacebookのカウントがおかしいです。せっかく「いいね!」にしてくださっているのに、反映がなく残念〜。excite、しっかりして〜!

*トルコ東部の地震、心配です。ヴァンは一度行ったことがありますが、地元の皆さんは、とても親切でした。9月末にトルコに行ったときも、各地で日本の震災への、心からのお見舞いの言葉をいただきました。被災地の皆様、どうぞご無事でありますように。救出がすすむことを祈ります。今年は世界レベルで天災や大きな社会変化があり、どうなっているのかと思ってしまいます。
by orientlibrary | 2011-10-24 22:18 | 世界の陶芸、工芸