イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

イズニック 陶の街角

なんとかやってます。。いやはや、あたふた、です。
気分転換に、イズニックタイルで有名なトルコの陶の町、イズニックの光景を。
ほのぼのとした光景の写真を見ていると、なんだかこころもおだやかになってきます。
のんびりしていて、いいなあ。時間の流れがちがう。
湖沿いの道、湖の爽やかな朝の空気、静かに暮れゆく空の色を思い出します。

e0063212_22135230.jpg
(カリグラフィーのタイル。街のあちこちにタイルが飾られている)

e0063212_22145220.jpg
(モスクのタイル装飾)

e0063212_22151317.jpg
(タイルって土色に合うんですよね。トルコらしい帆船の図柄)

e0063212_2216963.jpg
(タイル装飾が多い水場。青が爽やか)

e0063212_22165245.jpg
(宿泊した湖畔の小さな宿にもタイル装飾が。のんびりしたおじさんが懐かしい)

e0063212_22172942.jpg
(タイルや陶をテーマとしたモール的な施設の中庭。たくさんの女性が絵付けや商品開発に熱心に取り組んでいました。トルコの人ってみんな器用。何年かの修行で絵付けもとっても上手!)

e0063212_22185545.jpg
(ランチは人気のキョフテ屋さん)

e0063212_22201732.jpg
(このポスターにつられて中に入ったら、ハイテンションのおじさんが登場。ここは普通の陶器やお土産のお店。が、隣の店も自分の店だということで開けてもらって中に入ると、、これって、わんだーらんど・・・??)

e0063212_22213833.jpg
(ある人にはゴミに見えるものもある人にとっては宝物。「病のように古いものが好きな女の子が大好きなんだ」とおじさん、古いものに目がないトコモちゃん相手にもう絶好調でしゃべりまくり売りまくり、トコモちゃん刺繍布やらバケツやら買いまくり、、)

e0063212_2224420.jpg
(私もつられてお買い物。高いのか安いのか、よくわからない。円高のおかげで深く考えずに買ってしまったけど、、。「今度湖の向こうの村をまわって、おばあちゃんたちの嫁入り道具を仕入れてくる(からまた来るように)!!」との強烈なメッセージを背に、朝一の買物を終えました。帰り道に見かけたこのおじさん、しゃべり疲れたのか茫然としてました)

e0063212_22284363.jpg
(博物館。写真が撮れるのがうれしい。ウロコ模様が和も思わせて興味深い。アジアだなあと思う)

e0063212_22294391.jpg
(博物館にいた子犬たち。どれだけいるの?っていうくらいたくさんいて、かわいいのなんの。ほわ〜ん、シアワセ気分。2週間後くらいにイズニックを再訪したルキエさんによると「ますますコロコロ」だそうです。かわい〜!)

書いているうちに元気になったきました〜!うん、元気でいこう☆
by orientlibrary | 2011-10-17 22:39 | 世界の陶芸、工芸