イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

青の道を行く。西アジア・中央アジアの陶芸とタイル

旅先で見た青のタイルに惹かれたのが最初でした。しだいに、西アジア・中央アジアのタイルを、もっと見たくなり、もっと知りたくなり、自然な流れとして彼の地の陶芸にも関心を持つようになりました。
何の専門性も持ち合わせておらず、シンプルに好きなだけ。見ているとシアワセ、見ていると知りたいことが増えてくる、を繰り返しながら、今も単なる「タイルオタク」です。

ご縁があって、トルコに行くことになりました。ミッションがあるので、けっこうドキドキしています。どうなるかわからない、としか言えないし、100%なんてないんだと、年々日一日思うようになっています。
とくにこの半年くらい、「イッシャアッラー」を毎日のように言ったり書いたりしており、実感は日々増しています。その面では、あのあたりの地域に近づいているのかな!?


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … *
こんなふうに植物を表現する子どもたちがいる。

e0063212_1104986.jpg
(植物を愛好したバーブルの生地、ウズベキスタン・アンディジャンの小学校にて。山が連なっていますね。キルギスとの国境に近いところです)

e0063212_11239.jpg
(教室の窓辺にもたくさんの植物が飾られていました。ウズの人たちは皆さん、お花や樹々がとても好きです!)

このような地で生まれ育ち、一筋に陶芸の世界に生きてきた陶芸家。大好きな植物模様を描く匠の技、伸びやかなデザイン、明るい発色。素晴しい。リシタンのアリシェル・ナジロフ氏。

e0063212_1133321.jpg


e0063212_115308.jpg


e0063212_1154120.jpg
(コーランの言葉〜カリグラフィー、鳥、植物、どれも大事なもの。心を映す青の世界)

e0063212_1174951.jpg
(若手の作家たちも日々描き続けている。絵の世界に体も心も入っていることを感じる)

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … *
トルコのやきもの、見てきます。写真も撮ってきます。
行ってきます。

(最近、facebookのいいね!をたくさんいただき、ビックリです、、どうもありがとうございます。m(_ _)m)
by orientlibrary | 2011-09-25 11:14 | 中央ユーラシア暮らしと工芸