イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

シルクロードの実り、ブドウ&陶器と一緒に

昨夜、ウズベキスタンから無事戻りました。

e0063212_1255638.jpg


ほとんど2日がかりの帰り道でした。長かった〜!旅をともにしたのは、なんとブドウ。そして陶器。まずはブドウのお話から。

帰国時、陶器の町リシタンからタシケントへは乗り合いタクシーで。同乗する方(知らない人)のお宅にピックアップに。立派な門構えからチラッと見えた庭に惹かれ、ついつい門の中に入ってしまった私。赤系の木の家の魅力、その広さ、そして庭を包み込むようなブドウ棚とたわわに実ったブドウに「わ〜!!すごい!大きな家ですね〜!」と感動。

e0063212_133473.jpg


すると、家のご主人が息子さんに何か言い、息子さんは「ブドウ取りタワー」(と勝手に名づけている台)に乗りブドウを摘み始めました。

e0063212_1364533.jpg


e0063212_23514697.jpg


手際良く籠(ブドウ用?)が用意され、どうするのかと思っていたら、なんと私に、、。
いえいえ、と(日本人の)遠慮をしていると、タクシーの後ろ、スーツケースの横に入れてくださり、、 一瞬「これ(野菜や果物)って持って帰れるものだっけ」と思いつつ、ブドウの魅力とご家族の笑顔に、つい「ラフマット(ありがとう)!!」。

e0063212_2352297.jpg


それにしても、いきなり現れたまったく見知らぬ外国人に、立派なブドウをたっぷりとわけてくださるなんて、、シルクロードのもてなしだなあ、、私はこういうウズベキスタン、真っすぐで邪気のない人たちが好きだったんだよなあ、、と、久々に初心に帰る思いでした。本当にラフマット!

その後、無事に朝10時頃に出発したものの、途中のガソリン補給の列、たしか4回もあったパスポートチェック(私より地元ウズベクの人たちの方が厳しいチェックにあっていた。独立記念日近し。ふ〜、、)、昼食休憩、同乗の方の用事、交通違反(右折に際してのほとんど問題ないことだった。運転手さんがかわいそうすぎる!罰金かな、免停かな、、)等々で、空港についたのが、なんと午後5時半頃。

チェックインで問題になったのは、ブドウ、かと思ったら、陶器。多すぎるんですよね。わかってます。そこをなんとかクリアして、陶器とブドウに気を使いながら乗り継ぎの韓国インチョン空港へ。

朝9時半について、午後5時発の飛行機待ち。インチョン空港は広々として快適で便利(成田、、)。シャワー(生き返る〜!)とリフレクソロジー(^^)、店見学、カルチャー体験、でもまだまだ時間あり。今回はPC持参だったので、wifiでネット。夜、成田着。

必死に運んできたブドウ、ついに税関で没収か!?無理ですよね、、いい思い出だけでも、それでいいです、、

e0063212_1365955.jpg
(入手した刺繍と一緒に。日本にて記念撮影)

って、、うちに着いちゃいました〜!^^検疫、問題ないですよ!取ってるところから見てるし、最高のオーガニックなんですから。

e0063212_12564176.jpg
(今回購入の青い大皿&アドラスと記念撮影)

でも、ブドウの籠を洗ったらオレンジやら赤やら、絵具の色がめちゃ落ちた。この方がコワイ、、でもブドウよく洗ったから大丈夫でしょう。。

e0063212_12552797.jpg
(運んできた陶器たち。かわいい〜♥ この模様、デザイン、絵付けがナイス!今回は鉢類が良かった)

↑ もしかして、同じものばかり買っていると思われる方、あるのでは?いえいえ!ひとつずつが手仕事なので、ひとつとして同じものはないんですよ。そして、いつもの茶碗ではなく、これは深鉢。

今回は、フェルガナの町を小旅行したいと思っていましたが、所用があり、結局一日しか出かけられなかった。でも、とっても良かった。アンディジャン。以前、暴動が報道され、そのイメージから誤解されがちな町。でも、ここでもウズベキスタンのハートを感じました。そのあたり、また書きますね〜!
by orientlibrary | 2011-08-26 00:36 | ウズベキスタンのタイルと陶芸