イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

魅力全開☆14世紀からのタイル&陶器(tile&pottery around the 14th century)

そんなわけで、愛知県常滑に行ってきました。駅周辺やまちのあちこちに陶のオブジェがあり、やきものの街らしい風情が漂います。

e0063212_2038134.jpg


最近は「東北の手仕事」の諸々のゆえ、イスラムタイルや青の世界と少々離れてしまってましたが、、今回は「イスラームと建築タイル」(『砂漠に燃え立つ色彩』/深見奈緒子さん)より引用(一部要旨)させて頂きながら、14世紀からのタイルに触れてみたいと思います。

<14世紀から>
・ 11世紀以来漸進的に発展をとげたタイル文化は、14世紀中頃になると変貌する
・ モザイクタイルはこの時期までにレンガ色の地や隙間の充填材を残すことなく釉薬タイルでぎっしりと埋め尽くされるようになり、流麗は植物文を描くものも現れる。イランでは全域を飾る例も現れる

・ ラスター彩タイルはめっきり減少し、代わりに「ミーナーイー」や「ラジュバルディナ」と呼ばれる白や空色や紺の釉薬をかけて焼成した後に赤や金彩をまじえて上絵付けする技法が見られる

e0063212_2024476.jpg
(色絵人物文鉢/イラン出土/イスラーム時代、12〜13世紀/玉座に座り盃を手に取る人物とかしずく従者が描かれている。錫白釉を掛け、いったん焼きあげたのち器表に絵付けを施し、再度窯に入れて低火度焼成をして焼き付けている。華やかなイスラーム陶器時代を代表する技法の一つである、ミーナーイ手とよばれる/東京国立博物館にて撮影)

・ これらは陶器の技法が建材へと汎用された過渡期的なもので、注目は「ハフト・ランギー」(ペルシア語で七色の意味)技法の出現。サファビー朝技法の先駆けとなった

e0063212_2032201.jpg
(タイル教室にて。虹色タイル作り。ハフトランギ)

・ その初例はサマルカンド北部にある聖者廟を核とする墓廟群シャーヒ・ズインダーにある。14世紀を通して造営が重ねられ、ティムールの女性家族が葬られた 600年を経た後もタイルの標本箱のようにさまざまなタイル技法を満載、技法だけでなく使用法によってイランやティムール朝建築には見られない雰囲気を醸し出している

e0063212_20333643.jpg
(シャーヒズインダ墓廟)

・ なぜこの時代の中央アジアでタイル文化が躍進したのか。それをとく鍵はシャーヒ・ズインダーに加えてウイグルのイリに1363年に建立されたトゥグルグ・ティムールの廟、また同時代のホラズム地方のコニヤ・ウルゲンチに建立されたトゥラベク・ハーヌム廟に求められる

e0063212_20274894.jpg
(トラベクハニム廟/クニャウルゲンチ)

・ ティムールがサマルカンドを拠点として大帝国を築く直前の中央アジアの建築=この時代のペルシア世界は、モンゴル大ハーン帝国が、イランのイル・ハーン朝、トルクメニスタンのチャガタイ・ハーン朝、ホラズム地方を領有したキプチャク・ハーン朝へと分裂した後、次第に弱体化し、各地で地方勢力が乱立する情況を呈していた
・ コニヤ・ウルゲンチのトゥラベク・ハーヌム廟はモザイクタイルを多用し、そこには流麗な植物文も見られ、イルハーン朝のタイルの影響を現している。トゥグルグ・ティムールの廟のファサードはシャーヒ・ズインダーの初期の墓廟に酷似している

e0063212_20351884.gif
(シャーヒズインダ墓廟)

・ シャーヒ・ズインダーの初期の数例とトゥグルグ・ティムールの廟は、セルジューク朝の文様積みレンガ建築をそのまま釉薬タイルで置き換えたような建築で、幾何学文が多く、部品化に徹している。部品の中には柱頭や大型のパネルもあり大型のせんの文化を持つ中国との関係が想起される 
・ シャーヒ・ズインダー廟最古のクーサム・イブン・アッバース廟が建立された1300年頃に中央アジアにはイランを中心としたイルハーン朝のタイルとは異なるタイル文化の中心があったのでは?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
深見先生の論文からすっかり引用させて頂き、、恐縮です。

そんなわけで、「東北の手仕事」、見たり調べたり驚いたり、しています。
by orientlibrary | 2011-05-25 20:40 | タイルのデザインと技法