イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

タイルのある光景@日本 (tile decorations around tokyo)

陶芸が盛んな日本、暮らしのなかにやきものが溶け込んでいます。
けれども木造建築のゆえなのか、装飾タイルが壁面などを彩るようになったのは明治時代以降、近年のこと。
そのせいか、装飾タイルの認知度があまり高くないのは、タイル好きには残念ではあります。

とはいえ、いいものは柔軟にうまく取り入れ、器用さと美的感覚で、美しく昇華していく日本のモノづくり、陶を使った装飾も街角で見かけることがあります。
今回は、タイル、ガラスタイル、陶板、やきもの壁面、陶器質タイル、タイル風壁面など、これまで少しずつ集めていたものをアップしてみました。収集場所は、東京渋谷、新宿、横浜など。気をつけてみると、あるものですね。

e0063212_23335589.jpg
(小田急新宿駅)

e0063212_23341361.jpg
(井の頭線渋谷駅からJR渋谷駅に行く途中)

e0063212_23344847.jpg
(上の部分アップ。色使いも楽しく、技法も工夫されています)

e0063212_23352877.jpg
(ご存知JR渋谷駅壁面、ハチ公)

e0063212_23355873.jpg
(上、アップ。かなり厚みがあります。インパクト大)

e0063212_2337174.jpg
(渋谷キリンレモンホールの前にあるタイルの塔的オブジェ?)

e0063212_23374149.jpg
(イズニックのタイル。チューリップ模様)

e0063212_233891.jpg
(モロッコのタイルをイメージしたような壁面。渋谷のブティック)

e0063212_23414990.jpg
(赤坂ミッドタウン内とらや壁面)

e0063212_23385057.jpg
(東急東横線横浜駅。紺色で清潔感ときちんと感)

e0063212_23404149.jpg
(東京国立博物館内部壁面)

e0063212_2341316.gif
(岩崎邸テラス)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

↓は、日本のタイル、煉瓦の歴史、種々の資料を参考にまとめていたものです。ゆえに出典があいまいになってしまっています。出典元の皆様、ごめんなさい。

<日本のタイル ミニ年表>
7世紀:瓦博士により百済より墫渡来か
710:平城京に遷都、興福寺出土緑釉墫
794:平安京遷都、灰釉、緑釉陶器生産本格化
939:各地の陶器生産衰退、寺院の瓦、墫需要も減少(〜鎌倉時代)
1242:加藤景政(初代藤四郎)「古瀬戸」始める(道元に従い入宋、製陶法を学ぶ説)
1138:室町幕府、丹波の立杭による古窯、井部の備前焼、近江長野の古信楽など始まる
1400頃:飴釉瀬戸陶板、六古窯(備前、丹波、信楽、常滑、瀬戸、越前)発達
1583:美濃久尻窯(加藤景光開窯説)、六古窯大量生産体制へ
1593:天草、キリシタン陶板、茶道具関係の陶器隆盛
1598:文禄の役、李参平、朝鮮より渡来
1616:李参平、有田泉山の白?発見し磁器制作
1627頃:酒井田柿右衛門、染付白磁(赤絵)
1652頃〜:伊万里焼大量輸出
1677:西本願寺輪廻蔵建立、柿右衛門磁器陶板
1857〜61:日本初の煉瓦建築物・長崎よう鉄所建設、建築用煉瓦を焼成
1866:ウォートルス、大阪造幣寮用に大阪で耐火、普通煉瓦焼成
1872:銀座煉瓦街建設開始
1879頃〜:大正時代、本業タイル(絵瀬戸)生産
1885:瀬戸で新製磁器タイル生産開始
1886:日本煉瓦製造設立
1908:不二見焼合資会社、国産の粉末乾式圧縮法によるタイルを製造
1910:伊奈製陶所の基礎を築いた伊奈発之丞、モザイクタイルの国産第一号製造
1911:有田製陶所創業
1914:張付化粧煉瓦を外装に使用した東京駅が完成
1915頃:煉瓦工からタイル貼り工への転向者が現れる
1917:東洋陶器設立、京都の泰山製陶所設立、日本の装飾タイルの草分けになる
1918:越山製陶所などでマジョリカ焼生産開始
1919:この頃煉瓦生産がピークに
1920頃:テラコッタ国内製造開始
1921:伊奈製陶所発足
1922:「タイル」の呼称統一
1923:帝国ホテル竣工、関東大震災、煉瓦建築多く倒壊、以後煉瓦衰退しタイルに移行
1925〜35頃:スクラッチ・タイル流行
1929:東洋陶器、日本初のトンネル釜設置
1931:日本陶磁器工業組合連合会結成
1941:タイルは贅沢品として「非国策品」とされる
1946:進駐軍向けのタイル作りが始まる。47 年にはタイル輸出再開される
1948:全国タイル工業協会設立
1957:タイルのJIS規格制定
(INAXブックレット各種及び「CONFORT」2005年08月号より作成)

久々、タイルの話題でした。タイルと土もの、スタディ再開しました!^^
by orientlibrary | 2011-02-26 23:48 | タイルのデザインと技法