イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

ウズガールズと行く、お正月トーキョーツアー (tokyo outing with uz girls)

連休中の某日、ウズ留学生や旅好き仲間と「お正月プチツアー」をおこないました。その模様をご紹介します☆

e0063212_21472215.jpg
(留学生の出身地サマルカンド/シャーヒズインダ墓廟)

原宿駅集合後、スタートは明治神宮。動けないくらいの原宿駅周辺の雑踏を思えば、ゆったりと歩けることが不思議なくらい。人が多くても、やはり清々しい。樹々の威力ですねえ。そして木漏れ日が、それを中和するように何かのんびりした気分をもたらしてくれます。

今回はウズ女子トリオだったので、賑やかでした。
最初の質問は、「鳥居にはどうして赤いものと赤くないものがあるんですか?」。
さっそくN君、モバイルからwiki。でも「書いてない」とのこと。今PCで見てもよくわからずです。

手と口をゆすぐのはイスラム教と同じ。境内では結婚式も見られてラッキー。ウズ女子たち、「おめでとうございます」と声をかけていました。
お賽銭を用意して、「どうして五円玉には穴が開いているんですか?」。(考えたことありませんでした)。いろいろと説明するN君。

一番難しいのは、神社や寺の説明の中での明治神宮の位置づけ。「江戸時代が終わって」と言いかけたら「1868年」。わお!
彼女たちは日本語の勉強を2年前に始めました。わずか2年なのに自然な会話ができることには、いつも驚くばかり。語学だけでもすごいと思っているのに、歴史や文化もしっかり勉強してきています。さらにロシア語、英語、タジク語はできて普通。トルコ語やペルシア語あたりまで大丈夫な人も。みんな二十歳前後ですよ。本当に優秀だと思います。

e0063212_21481797.jpg


二拝二拍一拝、絵馬、おみくじ、破魔矢、神社建築などの説明。N君、Yさん、ありがとう。
皇族の和歌を見つけたので、今度は私がちょっともったいをつけて声に出して読んでみます。「どんな意味ですか?」→「・・え〜と、新年になって〜の光と影が水に映っている」→「それだけですか?」→「・・・」。
こういう会話って海外の人との間でけっこうあるんですよね。日本の余韻、余白の感覚は独特のもののような気がします。

玉砂利をザクザク踏みしめながらの散策後、竹下通り、表参道。ペットショップの品揃えに驚くウズ女子。わかります。ウズの犬は、とことん犬らしい犬。番犬の役割を十二分に果たす用心棒です。かわいい服着て犬用ケーキなんてあり得ません。

e0063212_21542132.jpg
(竹下通りで「こういうのウズにもある!」)
e0063212_21543653.jpg
(ウズのチャバン)

次は、代々木の東京ジャーミーへ。彼女たちの様子が少し変わります。正座して静かにミヒラーブを見ています。

e0063212_2149817.jpg


ここでSさん合流。静かなモスクで時をすごした後、1階のトルコ文化センターへ。彼女たちは日本語訳のコーランを買いました。「静かできれいなモスクですね。来れて良かった」と、とても喜んでくれました。

e0063212_21483856.jpg


次はシルクロード代表、新宿の「タリムウイグルレストラン」へ。ここで新たにウズ女性と日本女性合流&ワールド音楽好きのナイスな皆様と合流。賑やかです!
ウイグルとウズベクはまったく会話に問題なし。ポロ、ラグメン、シャシリク、サラダなどをいただきました。

e0063212_21492538.jpg
(シャシリク)
e0063212_21495334.jpg
(タリムラグマン)
e0063212_2151113.jpg
(ポロ/ウズベクではプロフ)

その間もウズ女子たちは流れる音楽に興味津々。ついにDJエリアにも進出。音楽を聴くのと踊るのと同意語のように、体が動いています。今回は種々の事情でダンス時間が少なかったのは残念。次回ね!

留学生のみんな、かわいいんだよなあ。「明るい」「礼儀正しい」と初対面の人たちにも好印象で良かった。ウズ(近辺)料理と日本語の会話の機会、また企画するね〜☆

この後、大人チームは吉祥寺で、マリの楽器「コラ」のライブ。繊細で植物的な音の響きにリラックス。

さらに、アラビアンカフェ(シリアテイスト)でシーシャ(水タバコ)とハーブティータイム。アロマ効果のまったりした空気、くつろいだおしゃべり。お酒抜きの安らかな語らいっていいなあと開眼したのでした。

e0063212_21513440.jpg
(マッテというハーブティー。細い銀のストローで。草そのものなんだけどハマる味)

明治神宮からシリアまで、盛りだくさんの一日でした。皆さん、どうもありがとう!
by orientlibrary | 2011-01-10 22:02 | 日本のいいもの・光景