イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

日本の型染と、イスラムのきれいなもの

イスラムのタイルや建築に惹かれるようになってから、日本はどうだろうと、振り向くように見ることが多くなりました。その気分は年々強まっています。
そして、いつも思うのです。日本の匠、デザイン、文様、技法、色、どれをとっても、何て素晴らしいんだろう、と。
さらに、「見立て」や「銘」を通して、言葉やイメージを愉しむこともできます。深く美しい世界。日本の美、その入り口で、うっとりとしているのでした。

イスラムテイストに惹かれるということは、抽象的な文様や繰り返しのパターンが好き、繊細優美で細密なものが好きということだと思うのですが、日本にもそのようなデザインはたくさんあります。
共通項がありつつ、違いがある。これを自分なりに発見したり考えるのが楽しいです。

e0063212_2254763.jpg
(「日本の型染」展/文化学園服飾博物館)

先日見た「日本の型染」展(文化学園服飾博物館)では、落ち着きと華やぎを合わせ持つような小紋や中形など、多様な日本の型染を堪能しました。

「型染は、紙や木などの型を用いて文様を表現する染色技法の一つです。日本では古くから行われ、着物をはじめ、公家服飾、武家服飾、芸能衣裳など多くの服飾に型染が見られます。日本の型染は、主として文様を彫り透かした型紙を用い、種々の染色技法が施されています。型染の種類は実に多様であり、日本の豊かな染織文化の一端が示されています。

元来、型染は型を用いることによって同じ文様の染色品を量産する技法です。このため、型染には手描きによる自由な文様とは異なり、省略やデフォルメされた文様とパターンの繰り返しなどが見られます。型の使用という制約こそが型染の特徴であり、そこには整然とした文様や反復の諧調など、型染特有の美を見出すことができます」(展覧会解説)

e0063212_2254336.jpg
(「日本の型染」展チラシより引用)

日本の型染について、「型染・小紋・中形」(日本の染織シリーズ/京都書院美術双書)を見てみると、次のような解説がありました。(抜粋、要旨)

* 日本では、型紙に糊防染を用いたものが世界に例を見ないほど特異な発達を示してきた。 日本の三大染色技法といわれる手描友禅・絞り染・型染が、浸染による絞りはいうまでもなく、友禅・型染が糊を防染剤としてきたことはこのことがおおいに関係していると考えられる。

* 型染は量産性、整然とした繰り返し文様の諧調が好まれて発達してきたものと考えられるが、同時に硬い紙を彫り透かす時に生ずるデフォルメと省略による独特の文様様式が大きな特徴でもある。

e0063212_22593741.jpg
(唐草文様祭礼装束/麻/日本の染織シリーズ 京都書院美術双書より引用)

e0063212_23105542.jpg
(ウズベキスタンの伝統的絣模様/マルギランの工房にて)

* 日本における型染の展開は、こうした日本の文化的特質に基礎をおき、またその一角を形成してきたが、それは良質の素材の供給が可能になったことにも与っている。

* すなわち、第一に楮を原料とする手漉和紙による型地紙の生産、第二に型地紙を貼り合わせる渋柿、第三に糯米による高度な防染糊である。これらの三つの素材が揃ってくるのは、遺品から見て鎌倉時代のことと考えられているが、それ以降、日本の型染は技法、様式ともに豊かな展開を見せている。

* 型によって文様を作り出そうという考え方がいつごろから発生してくるのかわからないが、少なくとも奈良時代には相当の発展を見ている。木版や文様の形に彫った木印によって鑞を置いたもの、文様を彫った板に布を挟んで防染してそめるもの、木版に染料を塗りその上に布を置いて摺り染めたものがあった。

e0063212_22565275.jpg
(屏風袋/麻/奈良時代/正倉院/古く正倉院の宝物に見られる技法は、型を用いて文様を表すという意味で広義の型染ということができる。後の型染の源になったと考えられる/向かい合う鳥のバターンは西方的/日本の染織シリーズ 京都書院美術双書より引用)

e0063212_22571835.jpg
(タイル装飾/向かいあう鳥/ウズベキスタン)

* 型紙もまたいつ頃から作られ始めたか明確ではないが、平安時代に入ると新様式の武器武具の登場とともに用いられ始めたようだ。それは染革を用いる革所を数多く持つ大鎧という形式の甲冑に顕著で、ほぼ今日のような型紙が完成していたと思われる。

* 小紋は裃の流行によって、(江戸時代の)諸大名が各々自家の裃小紋柄を定め、留柄として一般の使用を禁じたことから技法・意匠双方の発展を促し盛行。 江戸時代中期以降の人々の好みに合い、特に女子の服飾に流行した。 一方中形は、絵画的な文様が多く、木綿に染めてもっぱら浴衣に用い、浴衣の別名ともなった。

楮、渋柿、糯米、、四季の自然によってもたらされた日本の素材、そして細密な型を作る道具や巧みな手仕事が、ゆたかな染織文化を育んでいたのですね。

(* こんな放送、見つけました!型紙作り保存の取り組みです。「ストリーミング放送 特集:伊勢型紙 手仕事の世界」。ご参考に=私のMacでは「プラグインがない」とのことで見られませんでしたが、ノートPC(Windows)では見られました)

e0063212_2311518.jpg
(被衣(かつぎ)/菊桐文様被衣/麻/女性が外出するときに頭から被ったもの。発生は不明ながら、型染や筒描を施したものが多い。京都のほか、北前船による都との交易が盛んだった庄内地方でしばしば見いだされる/日本の染織シリーズ 京都書院美術双書より引用)

e0063212_2322163.gif
(ウズベキスタン女性衣装)


日本の多様な型染の中から、二羽の鳥文様、唐草模様、女性の被衣など、イスラム圏と重なるものを選んでみました。
日本と中央アジア、西アジアは共有するものが多いと思います。もっともっと交流が増えればいいですよね!
by orientlibrary | 2010-11-30 23:18 | 日本のいいもの・光景