イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

中世装飾タイルの都 サマルカンド

<中央アジア関連の番組のお知らせ>
「ユーラシア大陸お仕事日記」さんより、ご案内を頂きました。私も心待ちにしていた番組のご紹介です。

6月4日(金)21:00〜23:24
「ビートたけしと7人の賢者 〜未来への選択〜 人類は滅びるしかないのか」

「ユーラシア大陸 お仕事日記」さんでのご紹介

放送終了しました。青いタイル(施釉煉瓦)、可愛かったですね〜!!!パルメット模様のような感じがしましたが、、。ウズベキスタンやカラカルパクあたり、とくにタイルがあそこまでフューチャーされているとは感動でした。
13、14世紀頃のタイルがいちばんカッコいいです!最高!ミズダハン墓地、これは行かねば!

アラル海の湖底の彩釉装飾煉瓦やミズダハン墓地のタイル、「ユーラシア大陸 お仕事日記」さんで紹介されています。「運命の青い煉瓦」。湖底の煉瓦、これはたしかにチューリップ模様のように見えます。でも、こういう模様、これまで知りませんでした。本当にかわいいですね。なんとも言えません。(6月4日夜:記)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウズベキスタンのオアシス都市サマルカンド、建築物の壁面を彩るタイル。タイル装飾というものは、とてつもなく手間を要するものだと思います。美しさで帝国の力を示す。そのような力ならば歓迎ではないでしょうか。

e0063212_2193957.jpg
(レギスタン)


e0063212_21235774.jpg
(シャーヒズインダ墓廟群)


e0063212_21102389.jpg
(シャーヒズインダ墓廟群)


e0063212_2123884.jpg
(シャーヒズインダ墓廟群)


e0063212_2195963.jpg
(レギスタン)


 しばらく更新があまりできないと思います。こういうこともやっていて=「美しい世界の手仕事プロジェクト」、その他、いろいろと、、、ゆとりがないです・・・mmmmm ・・・ が、気晴らしに!?更新するかもしれないので、また遊びにきてくださいね。see you☆
by orientlibrary | 2010-05-22 21:30 | ウズベキスタンのタイルと陶芸