イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

パキスタンバザール&ムルタンの青タイル

噴水広場に響くパキスタン音楽、立ち並び味を競うパキスタン料理屋台。3月最後の週末、花見客で賑わう上野公園で「パキスタンバザール」がおこなわれました。

e0063212_035828.jpg


最近、代々木公園などで各国のイベントが開催されることが増えました。行ってみると、いつも多くの人出。屋台や雑貨店、旅行案内等々、お店がもたくさんあり、すごく賑わっています。
「パキスタンバザール」も、在日パキスタン人やパキスタンファン、行楽客などで盛り上がっていました。初パキスタンの人も、音楽や踊りやモノや食べ物から入ると入りやすいですよね。こういう機会は大事だと思います。
ただ、「世界最古のバザール来日!」というものすごく魅力的なキャッチフレーズが意味するところ、示すところが何だったのかは謎です。

e0063212_1073380.jpg


メヘンディをしてもらい、インスタントメヘンディやヘナもゲット。桜を背景にしての民族舞踊もきれいでした。
いちばん気に入ったのは、お人形でした。衣装だけでなく、アクセサリーや靴まで凝っていました。

e0063212_0371974.jpg


e0063212_0405652.jpg


ムルタンの現在の製品も少しありました。

e0063212_041828.jpg


◆ ムルタン(パキスタン)のタイル ◆

ムルタンの陶器つながりで、ムルタンのタイルを少し。イランや中央アジアよりも青の色合いが一段階強く、デザインもどこか土着的で、東のイスラムを感じさせるものがあります。

e0063212_0425124.jpg
(ウッチュ)

中央ユーラシアのタイル文化について、深見奈緒子さんの文章から。(「イスラーム建築とタイル」(深見奈緒子/2001/『砂漠にもえたつ色彩、中近東5000年のタイルデザイン』展覧会カタログより)

*タイルが発展した原因=乾燥地域における土の文化が大きく影響した
* 土を焼成したレンガが被膜材としての位置を獲得するなかで多様な形態をもつようになる
* より美しい被膜材をめざして多様なレンガに釉薬がかけられたものがタイル
* イランや中央アジアには土台となるレンガの文化があったからこそ、タイル文化が育まれた
* 発展の方向はレンガを受け継いだ凹凸で模様をつける時代からはじまり、平滑な面に彩色で文様を現す方向へと進展した
* 注目すべきは12世紀に建築用に開発された技法としてのモザイクタイル
*さらには14世紀後半に陶器の応用から脱して大規模建築の被膜材としての位置づけを獲得した絵付けタイルである

e0063212_0421052.jpg
(ウッチュ)

中央ユーラシアの土の建築文化の流れの中で、ムルタンの青のタイルは独自の輝きを見せています。濃さとゆるさと剛さと温かさが同居しているような、、イスラムタイルの東端の輝きを愛おしく思う私です。

e0063212_0415726.jpg
(ムルタン)
by orientlibrary | 2010-03-29 00:52 | インド/パキスタン