イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

星が光り花が咲く、墓廟のタイル装飾

「イスラーム地域の墓廟はモスクやマドラサなどほかの建物に付随することもあるが、独立して立てられるときは多くの場合、方形または正方角形の集中式プランを基本とし、その上に大きなドームを架ける。埋葬方向と密接に関連するため、内部にはミフラーブが設けられる。むろん、地域や時代によって建築用材、ドームの構造や形、装飾様式は異なる」(『イスラームの美術 建築・写本芸術・工芸』より/桝谷友子/東京美術)

e0063212_23265440.jpg
(シャーヒズインダ墓廟/浮彫りのポタポタ滴るようなターコイズブルーの釉薬が魅力的。多角星(あるいは花?)の中心のラピスラズリ色が効いてますね)

中央アジア周辺のタイルが好きな私、好きなタイルは「墓廟」に多くあります。中央アジアには有名な墓廟が多いですもんね。

装飾タイルの萌芽が見られる「ソルタニエ」(イルハーン朝/オルジャイトゥの墓廟)、内部壁面のタイルは素朴ながら古雅の香りに満ちてドキドキするくらいに魅力的です。

ブハラの「サーマーン廟」(サーマーン朝/王族の墓廟)は、焼成煉瓦の組み合わせだけで宝石箱のような華麗な美を表現しています。

トルケスタン(現在のカザフスタン)にあり人気の巡礼地となっている「アフマド・ヤサヴィー廟」(ティムール朝/スーフィー指導者の墓廟)は、堂々とした建築の壁面にタイルが軽やかな模様を描きます。内部のタイルはティムール朝初期の生命感があります。

e0063212_2331680.jpg
(アフマド・ヤサヴィー廟/室内のタイル。撮影禁止なのでピンぼけ、でもいかにもティムール朝初期の可愛さがあるタイルなので何度もアップしてます)

そして「シャーヒ・ズインダ墓廟群」(ティムール朝/11世紀創建の聖人クサムの墓を核にティムール朝王族の墓廟が立ち並ぶ)は、タイル装飾の博物館と言われるほどで、多彩なタイルの美にクラクラします。

e0063212_23284088.jpg
(シャーヒズインダ/ディテールも可愛い。パルメットふう。ティムール朝)

e0063212_23291675.jpg
(シャーシズインダ/コーナーも楽しい。色味の違いもいいですね)

「トラベク・ハニム廟」(ホラズムシャー朝/ホラズム総督クトルグ・ティムール夫人の廟)のドーム内部の宇宙のようなタイルの世界は、タイル装飾の傑作中の傑作です。なぜあのタイルが無名なのか不思議です。

e0063212_23355486.jpg
(トラベク・ハニム廟ファサード壁面/八角星の中に植物模様や星が煌めく。力強い。シャーヒ・ズインダやアフマド・ヤサヴィー廟と同時代。14世紀頃のタイルが最高!!)

パキスタンのムルタンやウッチュのタイル。「シャー・ルクネ・アーラム」や「ビービー・シャビンディー」も聖者廟です。蒼のタイルが本当に魅力的です。こちらも同時代。ベースは中央アジア的なのですが、やはり西のイスラムとはどこか違う気がします。

e0063212_23322966.jpg
(ムルタン/六角星と六角形。じつは複雑な構成。青のバリエと白の組み合わせがリズミカルです)

e0063212_2334884.jpg
(ムルタン/なんだかかわいくて好きです。こういうのは、いいですね〜)

e0063212_2330155.jpg
(シャーヒズインダ/トランプを連想してしまう。黒が効果的。なんだか上のムルタンと同じ匂いを感じてしまいました)

と、墓廟のことを書いているのも、、風邪気味のぼーっとする頭で写真を選んでいて、選んだもの、気がついたらみんな墓廟のものだったからでした。

上に書いた墓廟やそのタイルのこと、これまで何度も書いてきました。まだ知らないことばかり。何度も見てみたいです。なかなか行けませんが、、。

今回は地味なディテールのものを選びました。でも、傾向がありました。八角星や多角星のモチーフ、パルメットや花模様。ティムール朝の特徴ですね。

e0063212_23294480.jpg
(シャーヒズインダ/LOVE!)

タイルの世界で少し遊んでいっていただければ幸いです。
私はちょっとだけウズベキスタンに行ってきます。零下の寒さから少し気温が上がってきたようです。
日本も早くあたたかくなって欲しいですね〜!☆

 タイルに関してはこちらのタグ「タイル」に過去記事全部載ってます!
by orientlibrary | 2010-02-22 23:47 | ウズベキスタンのタイルと陶芸