イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

北イタリアの山荘、バスルームの飾りタイル

●絨毯会議「『carpet magic』を読む会」は、ますます快調。

●「もうすぐラマダン」というコアな話から始まって、絨毯需要とヨーロッパ経済及び移民問題、ペルシャ絨毯とトルコ絨毯のビジネス感覚の違い、男性が織る国・女性が織る国について、絨毯のケミカルウオッシュにおける酵素の役割や酸とアルカリについて(このあたり化学の授業を思い出した)等々、いつも通りディープに展開。あっという間の2時間45分。

●そして今日は、マドンナSさんが「土(ツチ)族さんに」と言って、珍しい写真を見せてくれた。
e0063212_1203349.jpg
●1920年代頃の北イタリアの山荘のインテリアなのだが、バスルームの壁面がタイルや陶器の皿で飾られている。トルコあたりのものだろうか。こういうのも、前回勉強したヨーロッパのオリエンタリズムの一例なのかな。バスルームなのに絨毯が敷かれているのもすごい。e0063212_1195330.jpg

●山荘の主、ダヌンツィオ氏はイタリアの詩人。多くの戦争に参戦もしている。波瀾万丈の人生だったことは確かなようだ。この山荘にこもってからは、酒と麻薬の引退生活を送ったらしい。

●バスルームをオリエントのタイルで飾る感性と波瀾万丈の人生との関連はよくわからないが、ダヌンツィオさんと取り巻きの無政府主義者が発布した憲法の中身は「国家の最高原理は音楽だ」だったという。

●Sさん、情報どうもありがとう! 今日は憂無庵さんご推薦の『美の幾何学』もアマゾンから届いて、近々にスタディ開始。 タイルLOVEの日々は続くのだった。
by orientlibrary | 2005-09-30 01:09 | タイルのデザインと技法