イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

a happy new year!

● 休止中の当ブログにご訪問いただき、ありがたく思います。どうもありがとうございます。結局資料もちゃんと読まないまま日が経っています、、何かないと読まない、、これも問題。どうしよう、、
● サマルカンドの浮彫りタイルを。コバルトブルーはくっきりと深みがありターコイズブルーは若々しい感じ。白が効いています。パルメットなどの植物模様は安定感のなかに動きも感じます。

e0063212_2049458.jpg


* (ひとつ前の記事でも書いていますが)「イスラムアート紀行」は、しばらくお休みしリフレッシュして再開したいと思います。気まぐれで本当に申し訳ありません。ご訪問くださった皆様には、心からのお礼を申し上げます。どうぞまたお会いできますように。

* もうひとつのブログ「美しい世界の手仕事プロジェクト」は、ゆるゆるぼちぼちとやっております。
* 新規更新(01.08)は、「スーパーテクのポップな工芸を楽しむ@工芸館」です
* 新規更新(01.15)は、「陶、そのふところ深さに酔いしれる」です。
* 新規更新(01.19)は、「ボタンレポート(1) ボタンの歴史を調べてみたら、、」です。
* 新規更新(01.31)は、「食の手仕事。なべしき、とちぼた、いもぼた。」です。


e0063212_2254963.jpg
(ウズベキスタン 今年も”I love tiles!” )


**********

「牛」の映画を見ました。


e0063212_229760.jpg



e0063212_2291839.jpg



e0063212_229269.jpg



皆様の2010年のご多幸をお祈りしております。
by orientlibrary | 2009-12-27 22:18 | ウズベキスタンのタイルと陶芸